« カラダは正直・・・ | トップページ | 眠れる森の美女 »

2005年7月22日 (金)

奇跡の人

ワタシってけっこうスルドイわぁ~って、自分で感心することがあるんですよ。
たとえば、昔「Mc.Sister」っていう雑誌に、デビュー前後のSMAPが出ていたとき、キムタクを見て、「この子絶対クル!」って予言していたし、Winkとか森高千里とかスキマスイッチだって、まだ流行る前に初めて見たときから、「これは流行る!」って思っていたの。
それから、ギター侍も、「悲しみのアン・ジョンファン斬り!」っていうネタを聞く前から、これは流行りそうと思ったし、ごく最近では、オリエンタル・ラジオを初めて見たときから「これは面白い!流行る!」と言ってたら、ホントにライブのチケット5分で売り切れるようになったらしいし・・・。ヤクルトの五十嵐亮太だって、有名になる前から、「この人キムタクに似てる~」と言って応援していたのよ!すごいでしょ!?

それなのに・・・・・。
まさやんだけは、流行る前に見たとき、ちっともビビビとこなかった。
まさやんをデビューのころから知っていて、小さなライブハウスに聴きに行っていた人の中には、ドラマでまさやんを好きになったファンのこと「なんだ~ドラマからのファンなんだ~」ってバカにする人がけっこういたのですが、そんなことを聞くたびに、なんでもっと早くまさやんのこと好きになれなかったのかなぁ・・・って思ってた。
もっと前からまさやんを好きになって、ライブハウスもガラガラの、ちっとも売れてないまさやんを応援したかった。

でもね・・・あのときのまさやんだったから、あのときのワタシが好きになったのかなって、最近は思うのです。
若いころのまさやんは、今より痩せていて、八重歯のせいもあり(今は抜いています)、鋭い感じがしていたのです。そのまさやんもイイんだけど、ワタシはやっぱりガムシャラな若いまさやんより、少年ぽさを残しつつも、少し余裕が出てきてオトナっぽくなったまさやんが好きなんだな。
ってことは、人を好きになるとき、もともとの好みとかもあるかもしれないけど、やっぱりタイミングがすごく大事なんですね!当たり前のことだけど・・・。

でもそう思うと、誰かと出会って、その人を好きになるということ自体が奇跡的で、しかも相手も自分を好きになってくれるということって、すごくすごーく奇跡的なことじゃない?
どうして、この世の中のとてもたくさんの人に、そんな奇跡が起こるんでしょうね?

そして、その奇跡が良くも悪くも続く人もいれば、また違う奇跡が起こる人もいる。
人の「運命」って、やっぱりあるんだな、きっと・・・。

ちなみに、まさやんを好きになったのは文字通り「奇跡の人」っていうドラマを見て、だったのだけど。
あとになって、そのドラマのビデオをレンタルビデオ屋さんで探そうと、ビデオ屋さんに片っ端から電話したの。でも、なかなか見つからず・・・
何軒目かのビデオ屋さんに電話したとき、「ああ、ありますよ!」という返事があり、急いで十日市場まで車を飛ばして行ったら、なんとそれは「ヘレン・ケラー物語」だったのです・・・・・・。
奇跡的なアホ店員だぁ~~~!!!






|

« カラダは正直・・・ | トップページ | 眠れる森の美女 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/5094188

この記事へのトラックバック一覧です: 奇跡の人:

« カラダは正直・・・ | トップページ | 眠れる森の美女 »