« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

2005年9月29日 (木)

阪神優勝!

やったーーーーー!!!
阪神優勝ーーーーー!!!
しかも巨人を破って甲子園で胴上げ!気持ちいい~!
時間がたつにつれてじわじわきてるよ~。

今年の阪神は強かった。
印象的だったのは、9月に入ってからの中日との天王山。
最終回で追いつかれたとき、今までの阪神だったらそのままサヨナラ負けだったのに、それを押さえて逆に勝つなんて・・・すごい。
おととしもそうだけど、85年の優勝時みたいにスター選手が勢ぞろいっていうわけじゃないのに、なんか強い。
一時「危ないかな~」と思った時期があったけど、最後は引き離しました。
中日、キライじゃないんだけど、落合監督がどうも苦手・・・ユルシてね、あっちゃん。

岡田監督、おめでとう!
ワタシ、岡田にはけっこう思い入れがありまして。
阪神に入ったときからずっと見てきたから・・・。
学生時代、早稲田のキャンパスで何度か見かけたことがあるのです・・ってことはワタシと同世代。
岡田が入団したときは、うれしかったな~。
選手のときは不遇な時代があって、鳴り物入りで阪神に入団したものの、当時のブレイザー監督に試合に出してもらえなかったり、掛布がいたからサードじゃなくてセカンドやらされて、凡フライを落としたりしてさ~。
ぜんっぜん打てなかったときもあったし・・・。
オリックスに行っちゃったときはホントに寂しかったし、引退したときはもっと寂しかった。ホームランバッターなのに、もともとなんだか地味だしね・・・(顔のせい?)。
でも、引退後も、二軍の監督でがんばっていたんだよね。
監督としては、ある意味カリスマ的な仙さんのあとだったから心配だった。去年は案の定Bクラスになっちゃって、やっぱり一軍ではダメなのかな~って・・・。

だから、今年岡田監督で優勝できたのが、ワタシはすごくうれしいのです。
岡田阪神、バンザーイ!!!

そしてそして、今年こそ、日本一になるのだ~~~!!!

がんばれ!阪神タイガース!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月27日 (火)

あれが私の好きな人なの・・・

会社から帰ってくるてっちゃんを昨日ほど待ちわびた日はなかったわ。

・・・っていうか、てっちゃんが持って帰ってくるDVDをね。

土曜日のまさやんのライブは、WOWOWで生放送してたんだけど、ウチはWOWOW解約しちゃったから、てっちゃんが部下のDさんに録画を頼んでくれていたのです(ほかにも何人かにお願いしてあるんだけど)。
しかーし!こんなに待ちわびていたというのに、てっちゃんが帰って来たのは11時過ぎ。
しかも!Dさんてば日にちを間違えていて後半しか録画できておらず・・・(涙)
やり場のない怒りを抑えて(笑)、そのDVD見てたら・・・、もう涙止まらなくなっちゃって・・・。
寝不足っス。

こうしてDVDでよく見ると、まさやん、目もうるんでるし、力が入りすぎて音もけっこうハズしていたのね。
かなりグッときていたみたい・・・。

10周年は、まだまだ通過点に過ぎないけれど・・・。
でも、山口のいなかでギターを弾いていた男の子が、何のコネクションも持たず、芸能界のことなんて何もわからずに、「歌うたいになりたい」という思いだけでたったひとり上京して、桜木町でアルバイトをしながら、先のことが見えない日々を過ごしていたことを思うと・・・こうやって腕一本だけで、熱狂する20000人のファンの前で歌うミュージシャンになるまでに至った「10年」というのは、まさやんにとって本当に大きな大きな10年だったんだろうな・・・。

まさやんは、心から音楽を愛していて、音楽に愛されているんだな~と、DVDを見ていてあらためて思いました。そして、ファンはもちろんスタッフや仲間たちからもまた愛されているんだなぁ。
そのまさやんが、少年のように無邪気に笑っていたかと思うと、次の瞬間にはエレキギターを激しく弾いている。そのカッコよさといったら・・・。
そんなまさやんを見ていたら、なんだかすっごく誇らしくなっちゃった。
みんなに、「ねえ見て見て!あれがワタシの好きな人よ!」って叫びたいカンジ。

雨だったけど、桜木町の夜景はとてもきれいでした。
まさやん、何度も何度も、「ヨコハマ~~~!!!」って叫んでたっけ・・・。
まさやんの目には10年前の桜木町とどう違って見えたのかな・・・。

さて、当分まさやん熱が冷めそうにないワタシを見て、モエはマジでちょっと心配らしい。
「パパ、ママは世界中で一番好きな男の人はまさやんだって言ってるよ?」とてっちゃんに不安そうに訴えていました。
てっちゃんの答えは、
「だいじょうぶ、パパとまさやんはジャンルが違うから。」

・・・・・ジャンルねぇ・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月25日 (日)

ウチの娘がエスコートいたします♪

あ、当たった~!!!
最近とんとクジ運のなかった我が家ですが、10月1日のマリノス対大分トリニータ戦の「エスコートキッズ」にモエが当選したのです~!!!
初めての申し込みだったから、まさか当選するとは思わず、もうあきらめていて、ハガキが昨日来てたのにも気づかなかったくらい。危うく捨ててしまうところだった・・・。
「エスコートキッズ」とは、サッカーの試合の選手入場時に、選手と手をつないで入場する子どものこと。きゃぁ~Jリーガーと手をつなげるのよ!マリノスの選手とは限らないというのがミソですが・・・。

しかし、せっかく当たったというのに、モエは「緊張する・・・」と半ベソ。「当たるわけないと思ってたの」とのこと。
何をおっしゃいます!選手といっしょに日産スタジアムのピッチに立てるんだよ!きっと一生の思い出になるはず。モエもそれはわかっているようで、「手をつなぐのがトリニータの選手だったとしても、ハユマには握手してって言ってみる・・・」とか言ってますが(ゲンキンな・・・でもそんなことしたら怒られるのかもね)。ハユマが復帰していてよかったわ。
イヤ~親のほうが緊張です。
明日チケット買いに行かねば~!(自由席で見るつもりだったんだけどこりゃメインで見なくっちゃだもん!)

それにしても、マリノス、勝てませんねぇ。
昨日のライブのときはサッカーのことはすっかりアタマからスッ飛んでいましたが、帰りの電車の中でメールチェックしたら、スコアレスドローだというお知らせが・・・。
てっちゃんやモエに聞いたら、マリノスが押してたんだけどね~とのこと。
レッズにはホームで悔しい負けを喫していたので、今度こそ勝ちたかったのに。
やっぱりテリーがいないと・・・(以下略)
しかしテリーのMETZもまだリーグで一勝もしてないらしい!しかもテリーはケガしているようで・・・。がんばれよぉ。

素朴なギモンなんだけど・・・
いくら弱くても、やっぱりヨーロッパのクラブにいたほうが勉強になるんでしょうか?
マリノスで優勝争いをしてたほうがいいような気がするけどなぁ・・・(今年はダメだけど・・・)
去年も1stはテリーの活躍があったけど、2ndとチャンピオンシップではケガしててココ!っていうとき活躍できなかったじゃん・・・。
ワタシはチャンピオンシップでテリーが活躍できなかったことが心残りでしょうがないのですよ・・・。

まぁ、テリーをもう一度日本で見られる日を願いつつ、それまではマリノスを応援しよう!
土曜日はモエがエスコートしてマリノスが勝利だ!!!

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2005年9月24日 (土)

神様がくれた最高のプレゼント

行って来ました、横浜赤レンガパーク。
台風が来ているとのこと、雨の中での野外ライブは初めてだったけど、これも記念、記念。
なんたって、今年のオーガスタキャンプは、まさやんのデビュー10周年記念の、まさやんだけのライブなんだから。
正直、このトシで雨の中5時間のスタンディング、よく持ちこたえたわ。
まぁ、まさやんのライブが始まってからは全然平気だったんだけど、オープニングアクトの1時間半の間、ぎゅうぎゅう詰めで立ちっぱなし、しかも雨でムシムシするわ、腰は痛くなるわ、ホントまさやんライブの前にブッ倒れるかと思いました。空いている場所に移ろうかとも一瞬思ったけど、Koniとふたり、がんばってダッシュしてゲットしたステージから5列目の場所を動くことはやっぱりできない!シカオちゃんの飛び入り出演があって、なんとか気がまぎれて助かりました・・・。
うしろの若い女の子たちが、「私の荷物の上に座っていいですよ!」と言ってくれたり、前の子がお菓子をくれたり・・・。まさやんファンはいいコばかりだわぁ~~!!!(涙)お年寄りには親切に・・・って、オイ!

そしていよいよ待ちに待ったまさやんのライブ開演。
出て来るなり、ずぶ濡れのみんなを見て「あったまって~~!!!」。エレキのアップテンポの曲中心に歌ってくれました。ジュリーの「勝手にしやがれ」なんていうのも歌ってくれて、ワタシの世代的にはツボでした♪
エレキでの「One more~」、ピアノ&バンド形式での「コイン」や、最近のライブでは珍しい「アドレナリン」。それから「Stand by me」「Every breath you take」「はじめてのチュウ」などのおなじみのカバーメドレーもあり、ライブならではの曲満載!
まさやんといえばアコギ、というイメージがあるけど、エレキのまさやんがまた失神しそうになるほどカッコいいのですよ!なんでステージでギター持つとこんなにカッコよくなるのか・・・(失礼?)
今日のライブは、さすがオーガスタキャンプ、野外のスタンディングだったこともあってか、みんなで楽しもうよ!って感じが出てました。
でも、もちろん、身体の隅々まで染み入るような歌もあり・・・。
「8月のクリスマス」では、案の定涙が・・・。
そして、最後には、シカオちゃんやCOIL、スキマスイッチも来てくれて、みんなで「根無し草ラプソディー」。
そのあと、みんながひとことずつお祝いのことばと花束をプレゼントするというサプライズがあり、オーガスタの社長も出て来たときには、まさやんもちょっと泣いていたみたい。もちろん、ワタシも泣きました・・・。
でもまさやんは涙をこらえて、「なんにもわからず、ただ好きで始めた音楽だったけど、こうして10年やってこれたのは、ボクを支えてくれたスタッフやミュージシャンのみんな、そしてボクの歌を聴いてくれるみなさんのおかげです。ありがとう!」と挨拶。ファンのみんなも、「まさやん、ありがとう!」と叫んでいました。

この日をまさやんとともに、横浜の海で過ごせたこと、ホントにしあわせでした。
まさやんは、会場に向かって、「愛してま~す!!!」、そして、最後に、「一生忘れませ~ん!!!」
そんなまさやんのひとことひとことが、どれだけみんなのチカラになるか、自分ではわかっていないんだろうな。

ワタシがまさやんを好きになってまる7年、その間、どれほどまさやんの存在に助けられたかわかりません。
まさやんの個人的なことなんて本当は何ひとつ知らないけど、まさやんの歌を聴くだけで、まさやんのこと、人として尊敬できるし、信じられるんだ。
まさやんの、ギターを弾いているときのあの楽しそうな笑顔が大好きだから、まさやんの20周年、30周年・・・と、ずっとずっと、おばあちゃんになっても、「まさやんの笑顔を守る会会長」でいるぞ!

今、ワタシがまさやんに言いたいことはただひとつ。

「君は神様がくれた最高のプレゼントでした。」(「8月のクリスマス」より)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2005年9月22日 (木)

主婦のシゴト

今日は1~2ヶ月に一度の「三者会談」の日。
いつもの3人で、朝10時から夕方4時まで、サン○ルクでしゃべりたおしました!
「お前たち、店の迷惑!(by Iさん)」

話題は、オットや子どもの操縦法から、老後の心配、ミーハーな話もあれば恋愛論などなど・・・多岐に渡っています。
そんな中、今日は「主婦のシゴト」という話になりました。

よく言われることですが、主婦業は、年中無休・24時間営業。しかもそれ自体に対して報酬はもらえません!
炊事・洗濯・掃除・買い物・布団干し・アイロンかけに家計管理・・・。
育児は一番大変。特に小さい子どもがいる家庭など、オットが熱を出して会社を休んでもどうってことないけど、主婦は寝込むことすらできません。オットは熱を出せばツマが世話してくれるけど、ツマが寝込んでも誰も世話してくれません。
子どもが幼稚園に行きだせば、親子で家に呼んだり呼ばれたり、ママどうしのお付き合い。子どものしつけ。学校に入れば、友だちはできたか、いじめられてないか、授業はわかっているのか、なにかと心配。
学校のPTA役員や子ども会役員、町内会の役員もやらないと。塾やおけいこごとの送り迎えもある。
子どもが受験なんていう時期には、学校見学や説明会行って。子どもがストレスたまればこっちだって胃が痛くなるし。そうそう、年頃になれば異性関係も心配。
ウチみたいに障害児なんて持ってたらなおさらです。子どもを少しでもよくしようと思うのはもちろん、障害についての勉強や福祉活動もして、支援費の申請やらヘルパーさんの手配やら。一番大変なのは、先生とのかけひき。先生に不満や要望があっても、どこまで言っていいのか・・・(障害については圧倒的に自分のほうが詳しいのに、やはり教育者のプロとしての先生をたてないといけないし・・・)。
オットも外で働いて疲れてるだろうから、帰ってくればいたわらなくちゃいけないし。家族の健康も守らなくちゃいけないし、親の介護もしなければ。近所づきあいもこれまた大変!

つまり、年中無休・24時間営業の主婦は、年中無休・24時間営業のコンビニと同じで、さまざまな種類のたくさんのことをうまくこなしていかなきゃならないのです。主婦なら誰でも当たり前にやってることだと言われてしまえばそれまでだけど・・・。
もちろん、外で働いてるオットは大変だけど、そんなこんなで、主婦もラクなことばかりじゃないと思うのですよ。仕事持ってる主婦ならなおさらのこと。

確かに、オットたちがカレーやざるそばを食べている時間、主婦たちはおしゃれなレストランでおいしいランチに舌鼓を打っていることもあります。寝ようと思えば昼寝することだってできます。
でもね、それで家庭が明るくなって、家族が元気に暮らせているなら、それもある意味「主婦のシゴト」だと思います。
主婦は、家の太陽でありたいもの。
毎日同じような家事をこなし、家族にやさしく接し、平凡な日々を楽しく暮らすには、主婦も楽しみを持ち、ストレスをうまく発散することが必要です。

要するに、まさやんのライブや映画に行くのも、家庭のためってことなのね・・・。(違)

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年9月21日 (水)

「まさやん似」の彼

前から思っていたんだけど、毎週水曜日に来る「らでぃっしゅぼ~や」の配達のお兄さんが、まさやんに似ているのです。
はじめは、ワタシがまさやんのことを好きだから誰でもまさやんに見えるのかと思っていたのですが、今日、ひょんなことからまさやんの話題になって、「山崎まさよし好きなんですか?ボク、山崎まさよしに似てるってよく言われるんですけど」と当の本人が言うではありませんか。
「美容院とかでメガネはずすと特に言われます」。
「ちょっとメガネとってみて~!」と思わず叫んじゃったわ。
そしたら、ホントに似てる!若い頃の、もうちょっと痩せてたまさやんに似ている~!
街で声をかけられることもあるそうなのです!

「山崎まさよしのファンだったら、『月とキャベツ』のロケ地の中之条に行ったことありますか?」と聞かれ、
「行った行った~!伊参スタジオの体育館のライブにも行ったんですよ~!」と言ったら、
「えーーあの体育館でライブですか!?すごいですね~!ボクもスタジオに寄せ書きして来たんですよ!」と話が盛り上がっちゃって・・・。
なんでも、彼のお友だちがまさやんのファンだもんで、彼もいっしょに中之条に行ったとのこと。
今も「らでぃっしゅぼ~や」のトラックの中で、昨日買った山崎まさよしの新しいベストアルバム聴いてたんです、と言ってたけど、そのアルバムって今日発売なのよ?すでに昨日手に入れているとは、なかなか気合が入っとる!

でもさ。お友だちって、「彼女」でしょ!?(「彼女はいない」って言ってたケド)
彼女がまさやんファンだから、発売日前日から新しいアルバムを聴いているに違いない。
まさやんに似ていると言われることが、それほど嬉しくもない様子だったけど(失礼な)、まさやんファンである彼女がアナタを選んだ理由は・・・(以下略)。
ウソウソ、顔だけじゃないよね。さわやかでいい人だもの。
「山崎まさよしのファンっているんですねぇ・・・」なんてしみじみ言われちゃった。当たり前でしょ!ライブ行ったらファンの熱狂ぶりに腰抜かしちゃうよ!

ライブは行ったことないと言っていたので、今度はぜひライブに行ってみてほしいわ。あと、「8月のクリスマス」もね♪
っていうか「月とキャベツ」も観てないのに中之条に行ったってアナタ・・・「月とキャベツ」をまず観なさい!
彼女とワタシの洗脳作戦によって、彼も近々まさやんのライブに行くことになるでしょう・・・。(「彼女はいない」という彼の言葉を完全に無視してるこのオバサン的展開。)

それにしても、ワタシ、こうしてみんなをまさやんに洗脳しようと思ってるんだけど、イマイチ結果がついてこないんだよね~。
やっぱりさ、ライブに行かないとダメなのよ、まさやんの魅力をわかってもらうには・・・。

ってことで、今週土曜日、赤レンガでまさやんの野外ライブがあります!
どうにかしたらチケットは手に入るので、みなさんぜひ行きましょう~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年9月18日 (日)

2005

今夜は中秋の名月。

お月見だんごを作って、お月見をしようと楽しみにしていましたが、ワタシが空を見たときは月は出ていませんでした。
モエも楽しみにしていたから、何度も窓を開けていましたが・・・残念。
みなさんのところからは見えたかな・・・?


「月」って、とってもロマンティック。
いろんな形、いろんな大きさ、いろんな色の月。
その日の自分によって、同じ月を見ても、明るい気持ちになったり、悲しくなっちゃったり・・・

私はまさやんを好きになってから、ますます「月」が好きになりました。
まさやんと「月」はなんだか縁があるように思います。
まさやん主演の映画「月とキャベツ」は大きな月が印象的でした。
まさやんの歌には、「月明かりに照らされて」「やわらかい月」「十六夜」など、タイトルに「月」に関することばが入っているものもあるし、歌詞に「月」が出てくる曲もたくさんあります。
「離れた場所から同じ空を見る 今、月は出てるかい?」・・・・・『坂道のある街』より

さて、私は、季節ごとの行事や風物詩というものを(海外から来たものも含めて)大事にしたいと思っています。
特に子どもが成長してからは、その行事の意味をその年齢なりに理解してほしいから、自分も勉強しています。
また、季節の移り変わりなどを感じて、感受性の豊かな子になってほしいという思いもあります。
夏の終わりは苦手・・・なんて思っている私だけど、四季があるってステキなことですよね。

さて、次の行事はハロウィンかな?
ハロウィンってどういう意味があるのか、もう一度勉強しておこうっと!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月17日 (土)

運動会

今日はモエの小学校の運動会でした。
暑かった~・・・。また日に焼けちゃいました。でも、運動会ばかりは、日に焼けることなんて気にしてはいられない。
運動会って、いくつになっても血が騒ぐのです。

運動会でのワタシの楽しみは、なんといっても「スーパーヒーロー探し」。
高学年の男の子で、イケメンで、足が速くて、しかも応援団だったら、も~言うことなし!

モエは、縦割り学習で同じ班の3年生の男の子が好きらしいのですが(上級生を好きってのがマセてる)、FCに入っててスポーツマンで顔もカワイイ彼を狙ってる女の子は多いらしい・・・。
そしてその子のお兄さんの、6年生のTクンが今年の運動会のワタシのスーパーヒーローです。
Tクンは、サッカーが上手で、真っ白な歯が印象的なさわやか少年。
運動会でも、徒競走は一番だし、リレーはアンカーだし、騎馬戦では大将だし、しかもモエと同じ赤組の応援団。応援団長のYクン(こちらも男前)とともに目立っていて、もちろん応援優秀賞は赤組がゲットしました。Tクンが応援団“長”ではないところがまたいいんです。
当然モテモテのTクン、バレンタインにはチョコを山ほどもらうそうな・・・。
自分の息子が兄弟揃ってカッコいいなんて、親(特に母親)はしあわせだろうなぁ~。

ところで、モエには普段から、「人生楽しんだ者が勝ち」と言っているワタシ。
これは、ワタシが自分に言い聞かせていることでもあるのです。
「くだらね~」と言いながらしかたなくやる人や、「めんどくさいな~」と思いながら消極的に参加する人より、「お祭り男・お祭り女」のほうが、数倍楽しい人生を送れると思うのです。これは、イベントに限らず、生活全般にわたって言えることではないかしら。もちろん、人生、お祭り騒ぎばかりしているわけにはいかないけどね。
保育園のころ、運動会や発表会の前にはモエはいつも緊張して、プチ憂うつになっていました。でも、「運動会も発表会も、いやだなぁ~と思ってやるよりも、思いっきり楽しんじゃおう!と思ってやったほうがずっと面白いし、思い出に残るよ!」と言い続けていたら、だんだん洗脳されてきたのか?小学校に入ってからの行事はとても意欲的に取り組んでいて、特に今回の運動会は指折り数えて待つほど、楽しみにしていました。
応援歌も大きな声で歌っていたし、ダンスもノリノリで踊っていました。徒競走も3位だったけど、ゴールしたあとワタシたちに笑顔で手を振ってくれました。

モエの小学校の運動会は、1~6年までの縦割りで赤・青・黄・白の4つの組に分かれて点数を競うのですが、モエの赤組は3位でした。モエはとても悔しがっていました。そういう気持ちも大事。
応援団長のYクンは、赤組が優勝できなくて悔し涙を流していたそうです。
それでこそ小学生!!!今、運動会でアツくならずしていつアツくなるのだ!

・・・でも、考えてみたら、ワタシってガッツむき出しのアツい男は苦手なんだった。
まぁ、アツい男は、高校生くらいまででいいかな・・・と思う、自分勝手なワタシなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月16日 (金)

ドラマ評論(偏ってます・・・)

ウチのてっちゃんてばさ~「ドラゴン桜」の最終回を見て泣いてるのですよ。
学園ドラマ見たら彼はたいてい泣いてます。
ワタシは昔から学園ドラマに興味がなくて(っていうか、はずかしくて見ていられないの)、金八先生もスクールウォーズもその昔は中村雅俊主演ものも、何も見たことがありません。
まぁ、山元竜一クン(元テレビ戦士♪かわいいの)でも出るなら絶対見ますけどね・・・。

7月からのドラマですが。
月9「スローダンス」は、ウチの近所がロケ地で、ワタシも卒業した自動車学校も出てたので見てましたが、も~イライラしちゃって。「ええい、言っちゃえよ!」と何度叫んだでしょう。スローすぎるっつーの・・・。妻夫木クンはかわいいんだけどね・・・。ロケ隊はしょっちゅう見たけど、彼にはとうとう一度も会えなかったな・・・。
てっちゃんが絶対面白いよ、って言うから、「女系家族」ずっと録画してたんだけど、いまだに第一話しか見てない・・・。米倉涼子は最近ずいぶんオドロオドロした役が多いですね。
今クールはそれくらいしか見てなかったんだけど、みなさんは何が面白かったかな?

10月からのドラマは、マンガがドラマ化されたものがいくつかあるみたい。
一世を風靡した「花より男子」、これは途中まで読んだんだけど、ワケわかんなくなっちゃって、リタイアしました。主人公がたくさんの男の子にモテる話ってキライ(笑)。
一条ゆかりの「デザイナー」、なぜ今これがドラマ化なんでしょう?もうかなり昔のマンガですよ、これは。
ワタシ、このマンガには思い出があって・・・
このマンガが掲載されていたころ、ワタシはまだ“そういうシーン”の意味がわかっていなくて、「なにしてるんだろう、これって・・・」と、マジで思っていたのです。でも、それって中学生のころだったのよ!?純な乙女だったのね~。
連ドラじゃないけど、「金田一少年の事件簿」は、今回は亀梨クンだそうで。ワタシはやっぱり堂本剛とともさかりえのコンビがよかったな~。「一(ハジメ)」役はちょっとオトボケな感じのほうがいいんじゃないかしら。今度の金田一はどうかな?

「ショムニ」とか「離婚弁護士」みたいな、ありえないかもしれないけど見終わってスカッとするコメディータッチのものをもっとやってほしいな~。
だってワタシ、最近恋愛ドラマがダメみたい。
なんかイライラしちゃって。これってやっぱりオバサンだから?
悲恋ものは論外。
なにしろ、そんなの見る体力がありましぇん・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月15日 (木)

子連れママ

このあいだ、「誰にでも秘密がある」という韓国映画(ビョン様主演)のDVDを観ました。
けっこうエロティックなシーンが多くて、もちろん子どもといっしょに観るものではありませんでした。
けれど、この映画が公開されていたとき観に行ったワタシの友だちは、子ども連れで来ていたお母さんの隣りの席だったそうで、“そういうシーン”のとき、「こっちがハラハラしちゃう!」という感じだったらしく、「集中できなかった!」と怒っていました。

どこにでも子どもを連れて行くママってわりと多いですね。子どもがいてもどんどん外に出て、親も子もいろんな経験をすることはいいことだと思います。今は子ども連れでもOKな場所も多いし、託児室付きのお店や施設も多いし(日産スタジアムにもあるよ)、そういうところを利用するのもいいと思います。
ただ、やっぱり時間や場所は選ばなければいけないと思うのです。

さっきの映画もそう。
まだ“そういうシーン”の意味がわからないような小さい子なら映画館に連れて行ってもまわりの迷惑だし、子どものほうだって迷惑。約2時間の間きちんとしていられるくらいの年齢の子だったらなおさら“そういうシーン”は見せたくないし・・・。そんなおとなの映画に子ども連れで行くのはやっぱりひかえるべきだと思う。
おとなと子どもの一線をきちんと引いて、家族で行っていいところとおとなだけが行くところの区別をつけること、必要なんじゃないかなぁ~。

まさやんのライブでもいるんですよ、子連れで来るママ。
スマップなんかは「ファミリー席」だか「親子席」だかっていうのがあるみたいで、みんなで楽しもうっていうコンセプトだからいいけど、まさやんのライブはちょっと違う。
まさやんの素晴らしい音楽を聴かせたい気持ちはわかる。もしかしたら子どもを預かってくれる人がいなくて、しょうがなくて連れて来てるのかもしれない。
でも、まさやんの歌は、楽しんで聴く曲もあるけど、全身全霊で聴きたい曲も多いのよ。
それなのに、曲の余韻に会場が浸っているとき、子どもが「まさや~ん」なんて呼ぶと、一気にしらけるじゃん。
まさやんはやさしいから、「なんや、今の歌こわかったんか?」とか言ってくれるけど、だからって何度も呼ばせるなっての!!!空気読め!!!野外ならまだしも、ホールでは子どものぐずる声とかもけっこう響くし。子どもがグズったら即、子どもを連れて外に出るのが常識ってもんでしょ。

もちろん、小さい頃から映画や舞台やコンサートなど、芸術に触れさせることは必要だと思いますが、その場が我が子にふさわしいか、また逆に我が子がその場にふさわしいかどうか考えるべきだと思います。

ワタシは、まさやんのライブにモエとは絶対いっしょに行かないと思います。
イヤ、それはマナーとかそういうことじゃなくてね。
まさやんと逢っている(ツッコミ不可)ときのワタシは、「ママ」のワタシではないから・・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月13日 (火)

ソニープラザ様・・・

昨日はホント恥ずかしい思いをしました・・・
午前中、美容院に行って、そのあとソニープラザへ。

ソニプラでは、雑貨やお菓子や服や文房具を見るのも好きだけど、化粧品を見るのに長い時間を要するのです。新しく出たコスメをチェックしたり、口紅やマスカラやファンデを塗って落として塗って・・・これに延々と時間がかかるのです。

で、昨日はチークがほしくて、いろんなブランドのを試していたのですが、結局気にいったものがなくて、リップクリーム一本だけ買って、ソニプラを出ました。
次は紀伊国屋へ・・・そこで少し買い物して、今度は東急スクエアの地下の食料品売り場へ行き、またウロウロ。
けっこうな時間歩いておなかもすいたので、そろそろ帰ろうかと思い、駐車場に向かう途中にある化粧室に入りました。
そこでワタシが目にしたものは・・・
鏡に映った真っ赤っ赤なホッペのワタシ!
これがもう、「チンドン屋」そのもの・・・イヤもっとすごかったかも・・・。
頬が大輔花子の花子みたいに、丸く真っ赤になってるの!
思わず、「キャーー!なにこれっ!!」とトイレで叫んでしまったわ。

ソニプラのコスメコーナーは、蛍光灯の光の加減で、本当の色がよくわからないの。昨日もチークがほしかったからいろいろ試したんだけど、そのたび鏡を見て「あまり色出ないなぁ・・・」なんて思ってたら、実際は思いっきり色がついていたんだね・・・。以前町田のソニプラでも同じ失敗を犯したんだった。そのときはモエがいっしょで、「ママ、ホッペ真っ赤だよ!」と教えてくれたんだけど・・・。ソニプラさん、コスメのコーナーは自然光の入る側に置いてほしい・・・。
思えば、どうもワタシ、人々の視線を感じていたんだよね。美容院からの帰りで美しくなったワタシをみんな見ているの(んなアホな)?と思ったら大間違いでした・・・。

しかし、ソニプラに行ったあとに美容院、でなくてしみじみヨカッタ・・・(汗)。

************************************

         私のお気に入り♪      『ソニープラザ』

なにしろ、ソニプラがまだこのあたりでは銀座にしかなかったころから通ってます。
二子玉川の高島屋にできたときはどんなにうれしかったことか・・・。

blog_015
現在は青葉台店に日参してます。

        

blog_017
毎月出る「S.P.Splendid!」というフリーペーパーは保存して、
一年ごとにファイリング。
これに載っているのに青葉台店にない商品は、取り寄せてくれます。

blog_016
季節のイベントごとのキャンペーンバッグは必ずもらう。
去年のハロウィンのときなんか、青葉台店でキャンペーンバッグがすぐになくなってしまって、わざわざ何店舗かに問い合わせて、渋谷店までもらいに行ったの。すごい執念でしょ。

blog_018
「ソニープラザの本」だって持ってます!
                                                                                                                                                                                                        青葉台店にはカフェもあるので、時々ひとりでふらっと入ってみることもあります。
男の人は(てっちゃんだけ?)どうもソニプラが苦手みたい。
確かに女性向けのものが多いけど、それより、特に買うものも決まっていないのに長い時間ブラブラ見てまわるのが耐えられないって言うんだけど・・・。
でもさ~!てっちゃんがタワレコやHMVに行ったときとまったく同じなんだけど!
やっぱり買い物は夫婦別々がよろしいようで・・・                                                                                                                                                                             

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月10日 (土)

肉体改造

仙さんは阪神続投で落ち着いたようですね。ヨカッタヨカッタ。
中日とも5ゲーム差ついて、優勝に一歩近づきました。しかし、5ゲーム差くらいじゃまだまだ安心できないと思うのが、長年阪神ファンを続けて来た人間の悲しいサガでして・・・。

ところで、ワタシは今「テニス肘」です。
角度によってはお皿一枚も持ち上げられないくらい痛い。しかも両腕。
テニスなんてここン十年やってませんが。なにゆえ「テニス肘」?
近くの整形外科では、電気治療プラス「鍼」をすすめられたけど、「鍼」はやったことないのでちょっと怖くて・・・
「鍼」の経験のある方・・・やっぱり痛いの?

思えば、おととしは四十肩で、腕がまわらない状態になったっけ。運転がつらかった。
去年は確か、校庭ののぼり棒をてっぺんまで登って「見て見て~!」とモエに自慢していたら、降りるときに手首痛めて・・・炎症を起こしてお茶碗も持てなかったんだった。
今年の春にはサッカー観戦のあとギックリ腰になって・・・。まさやんのライブをひとつあきらめるハメに・・・。
もともとバスケをやっていたときから腰は痛めていて、ギックリ腰だってもう何回もやってるんだけど・・・。
でも、毎年こんなにいろんなところが痛くなるなんて、やっぱりトシだわ・・・としか言いようがないよねえ。
本当にカラダ中にガタがきてるよ~。

そこで。
ワタシ、肉体改造することにしたのです!
やっぱり、これから人生後半を楽しく過ごすには、健康(体力)が一番大事!
今までスポーツクラブの会費はドブに捨ててるようなものだったので、ついこの間解約したばかりだったのだけど、また行くことにしました。
今度はプログラムも組んでもらって、ちゃんとマジメに通うつもり・・・。
できればヨガとかピラティスとか、カラダのコアな部分を鍛えるものがやりたいのだけど、今人気で空き待ちらしいです。
体力がついてスタイルもよくなれば一石二鳥なんだけどな~。
ついでにカッコいいインストラクターが・・・(以下略)

それにしても・・・
スポーツクラブにもこの肘が治らなければ行けなさそうだけど、それよりもっと困っているのは、今週末の小学校の運動会!
去年は広報委員で撮影係だったから出られなかった保護者競技の綱引き、この肘じゃ今年も出場できないじゃない~~~!!!(泣)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 5日 (月)

打倒巨人!

今日はプロ野球のお話。

最近はサッカーに浮気?してたけど、ワタシは20年以上前から、「トラキチ」です。
甲子園にだって応援に行ったし、ラインバックや若菜(っていってもみんなわからないか?)のサインだって持ってるさ。「月刊タイガース」だって購読してたし、それにワタシの投稿だって載ったんだから。
昭和60年の優勝のときのグッズや新聞だって大事にとってあるもんね。おととし優勝したときには、お隣りのお宅(正真正銘関西人の阪神ファン)とドンチャン騒ぎもしたし・・・。
今年は、どうでしょう?ドンチャン騒ぎできるかな?現在、2位中日とは3ゲーム差・・・。
ちなみにてっちゃんはカープファン。最下位だからっていうのもあるけど、金本のアニキやシーツが阪神に来て活躍してるのがやるせないらしく、もう野球見るのやめようかな~などと言っております。

それにしても、実力のある選手はみんなメジャーリーグに行ってしまうというのに、サッカーに比べたらまだまだ野球のほうが人気なんだね。
どちらもそれなりの面白さがあるけど、サッカーを見慣れてから野球を見ると、なんかのんびりしてる。サッカーは45分間はドキドキしっぱなしで、目が離せないけど、野球はビール片手に枝豆つまみながらゆっくり観戦・・・っていうイメージ。攻守交替の時間もあるし、試合時間も長い。
そのかわり、サッカーは残り時間1分で4点返すなんてありえないけど、野球はたった一球でサヨナラ満塁ホームランで大逆転!なんて劇的なことも起こるのが楽しい。
イケメン対決でいえば(出た)・・・今はワタシ的にはサッカーの勝ちかなぁ。
そうそう、ユニ姿はあんまりカッコよくないのに、私服だと断然カッコいいっていう人ってけっこういるよね(中田ヒデとか・・・)。これってどうなの?
テリーは私服の趣味が「・・・」なので(奥さんの趣味じゃないのか~?)、ユニ姿のほうが好きだけど、スーツ姿を間近で見たら、背が高くてピシッとスーツを着こなしていてすごくステキでした!スーツ姿で胸に手をやる仕草(韓国では相手に敬意を表す仕草なんだって)は、ヨン様以上にカッコいい~!

話がそれちゃった。

プロ野球に関して、今一番気になるのは、星野の仙さんの巨人入りのウワサ。
これはとんでもないことですよ!
仙さんは、「巨人を倒すために」生まれて来たアツイ男なのに!単なる建て直し屋じゃないのよ!
どこのチームに行ってもいいけど、巨人だけはやめてほしい!
やっぱり、仙さんもワタシも、死ぬまで「打倒巨人」だ!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 3日 (土)

不経済なヤツ

マリノス、また勝てなかった~・・・。
でも、今日はラッキーな引き分けでした。また負けか・・・とあきらめかけていたんだけど・・・。
グラウと山瀬、ふたりともマリノスに移籍後初ゴール。
グラウはマリノスに来たからには応援したいけど、「19」をつけているのが・・・やっぱり違和感~!

今日は日産スタジアムに応援に行こうかと思ったけど、昼間コストコに買い物に行って疲れたのか、子どもの調子がイマイチだったのでやめました。

コストコはアメリカの会員制のスーパーです。
ウチのソファがもうボロボロなので、前々から欲しいと思っていたレザーのソファが今日あったら買っちゃおうかな、と思っていたのですが、季節柄か素材がスウェードになっていたのでやめました。残念なようなホッとしたような・・・。
ソファの隣りにお肉を売ってたりするところがアメリカのスーパーらしいですね。

不思議と、男の人ってコストコが好きです。
ウチのてっちゃんも大好き。
電化製品とか工具とかが楽しいらしいけど、今日なんてG-SHOCKの腕時計とか、BRAUNのシェーバーとか、靴磨きセットとかバンバン買っちゃって、ハッキリ言っていっしょに行くと不経済です。
普段ワタシはコストコに行ってもそんなにお金使ってないのよ!
だってワタシがコストコに行く目的は、アメリカのお菓子や雑貨の段ボール箱をもらうことなんだもん。
そのために年会費4000円って・・・
やっぱりワタシが一番不経済なヤツ・・・?

************************************

 
          私のお気に入り♪      『コストコ』

フランスのスーパー「カルフール」は、日本から撤退すると聞いたのですが本当でしょうか。コストコはだいじょうぶかな。
ウチは一ヶ月に一度くらい、コストコに買い物に行きます。
買うものはだいたい決まっています。

Blog_006_thumb_3   
我が家からは多摩境店が一番近いのかな。

Blog_007_thumb_2 
みんな買ってます、福山雅治も愛用の柔軟剤「ダウニー」。

Blog_010_thumb
あっという間にカリカリベーコンのできあがり!便利です。

Blog_011_thumb
我が家に欠かせない「コントレックス」。
1.5リットル×12本で1668エン、安いです!

Blog_012_thumb
ペーパータオルといえばやっぱり「Bounty」。プリントは限定されますが・・・

Blog_013_thumb
洗剤「Tide」、もうこのパッケージだけで買っちゃう。

Blog_009_thumb
モエの大好物「グリルチキンレッグ」。


Blog_014_thumb
もらってきたダンボールの数々。ほんの一部です。みんなには理解しがたいらしいけど・・・。


アメリカのスーパーって、たまりません。パッケージがみんなカワイイ♪
ただ、なにもかも大きいし、量も多いのが難点・・・
リョウヘイの好きなSKIPPYのピーナツバターとかもパッケージがカワイイんだけど、冷蔵庫に入らんちゅーの・・・。

フードコートでこれまた大きなホットドックを食べて満腹になり、グースカ寝ながら帰るワタシなのでした・・・。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年9月 2日 (金)

夢で逢えたら・・・

明け方、まさやんの夢を見ました・・・
ワタシがどこかの公園のブランコに乗っていると、まさやんがふら~っとやって来て、すべり台で遊んでいたの。そのうち、だんだんワタシのブランコに近づいて来て・・・時々こちらを見ているの。
でも、ワタシは声をかけることもできず、知らないふりをしている・・・
夢の中で、「ずっとココにいてね・・」と思いながら、ブランコをこいでいるワタシ・・・・・・
・・・という、恋する乙女の夢・・・・・・。○○歳の女が見る夢とは思えないが・・・(-_-;)

以前テレビで、「見たい夢を見る方法」というのをやっていたのです。
夢を自由にあやつる民族っているらしいですよ。
見たい夢が自由に見られたらいいよね~~!

見たい夢を見るには、寝る直前に夢で見たいもの(ワタシだったらまさやん)について、できる限り脳にインプットする。
そのことを考えたり、写真を見たり。
そうすると、かなりの確率で、見たいものが夢に出てくるんだって。
ポイントは、その夢を忘れてしまわないよう、見たい夢を見たあとすぐに起きること。
というのは、みんな夢は一晩にたくさん見ているんだけど、朝には大部分忘れているのだそうです。つまり、見たい夢を見ているにもかかわらず、忘れてしまっているのかもしれないということ。
覚えている夢と忘れてしまう夢があるのは、レム睡眠とノンレム睡眠が関係しているんだって。夢は眠りが浅いときに見るけど、その後深い眠りに入ってしまうと、起きたときにはもう忘れてる。
だから、夢を見たあとですぐ起きると、直前に見た夢を覚えているのだそうですよ。
そして、見た夢をその場でメモするといいんだって。
そのときは覚えていても、そのあとすぐまた朝まで寝たら「あれ?見たっけ・・・」ってことになるから。

もちろん、ワタシが試さないワケがない!
眠る前にまさやんのことを考え、まさやんの写真を枕の下に入れて、まさやんの歌を聴きながら寝たのです。
そして、寝入ってから1時間半後に、てっちゃんに起こしてもらったの。
そしたら!本当にまさやんの夢を見ていたのです!
はっきりしたストーリーがあったわけではないんだけど、確かにまさやんが出てきたのです。
わーーいわーーい!これなら毎日夢でまさやんに逢える~!
・・・と思ったんだけど・・・
てっちゃんには「今日一回起こしてやっただけでもありがたく思え!」と言われ・・・。しかたなく目覚ましをかけたのだけど・・・目覚ましでこのワタシが夜中に起きられるわけもなく・・・。
第一起きたとしても寝ぼけてるうちにまた寝ちゃう。それじゃ見たい夢を見たかどうかも覚えてられない。
結局、まさやんの夢を見たいと思って見られたのは、この一回限りとなりました・・・トホホ・・・。

ねぇせめて夢で逢いたいと願う夜に限って一度も出てきてはくれないね・・・
                                 (byドリカム)
・・・あ~あ、せつないわ。

ところで、別に好きでもなかった人が夢の中でやさしかったりすると、翌日けっこうその人のことが気になっちゃったりすることってありません?
好きな人に夢で逢えた日には、いつもよりさらにすっごく好きになってしまったり・・・。
しかしなんといっても、夢の最大の弱点は、いっちばんいいトコで目が覚めちゃうこと!
「続きを見せてくれぇ~~~!」って思ってムリヤリもう一度寝るコト、よくあります。

ホント、夢って不思議・・・。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2005年9月 1日 (木)

ヨン様

今朝、テレビで、「ヨン様号泣」というニュースをやっていました。
いつの間にか日本にいらしていたようで、新しい映画の試写会や、ファンミーティングでの様子が流れていましたが・・・。
う~ん、すごい。あれはホントにすごい。すごすぎる。
ワタシはヨン様のファンではないけれど、あの現象にはすっごく興味をそそられます。
チケットは、オークションで10万円とか20万円で売られていたそうな・・・。

そのファンミーティングに行ってきたという、まさやん仲間のm(ヨン様に浮気中)に、どうだったか聞いてみました。

今回ヨン様のファンミーティングが行われた「さいたまスーパーアリーナ」といえば、何年か前の年末、まさやんが「ジョン・レノン・スーパーライブ」に出演したときに行ったことがあります。
そのとき、会場はガラガラ(イヤ、まさやんの単独ライブだったらありえないのよ)で、とても広く見えました。
そのガラーンとしたさいたまスーパーアリーナが、ヨン様のファンミーティングではギュウギュウの満席で、すごく狭く見えたそうです。

そして、まさやんのライブでは泣いたことのないmが、ヨン様とともに号泣したと言うのだからオドロキです。
「タケちゃんの気持ちがわかったよ~」だって。
えぇ~?ヨン様のファンミーティングで泣いているオバサマたちといっしょにされたくないなぁ・・・なんとなく。
でも、まさやんのライブで泣いているワタシは、みんなから見ると、「はぁ~・・なんなの、あのオバサン・・・」ってカンジなのかもね。
それにしても、「号泣する男を見て引かない?」と聞いたら、ヨン様の泣く姿がまたこの上なくカッコいいのだそうです・・・。そして純粋さがにじみ出ているんだって・・・。
あぁそうですか・・・。何してもカッコいいのね。
でもわかるわかる。ファンとはそういうもの。

mってば、今はココロの中で占める割合の99.9%がヨン様で、まさやんは残る0.1%なんだって。ひ、ひどい・・・。
「なんでタケちゃんはヨンジュンさんのファンにならなかったんだろね??」としみじみフシギがられた。
そう言われても・・・タケちゃんのハートにビビビとこなかったんだもん・・・。
でもまぁとにかくヨン様のすごさは認めるし、そのプロフェッショナルぶりは尊敬に値すると思っています。
このいっこうに衰えないヨン様フィーバーについては、レポート書きたい感じです。
ワタシはやっぱりヨン様よりアン様だけどね♪

mは、ヨン様が行くところ、ほとんど行っているから、よくテレビに映ってたりするんです。
親に見られたら殺される~と言ってますが・・・(ニートなので、ヨン様の追っかけをしていることは親にナイショらしい)。

Koniとワタシも、テレビで放送されたまさやんのライブ映像とか、ライブDVDに、けっこう映ってマス。
まさやんが自分のDVD見るとき、ワタシのことも見てるかもしれないよね~~~!!!
・・・しかし・・・。
無我夢中で踊りまくっている自分を客観的に見ると、けっこうイタイっス・・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »