« 爆笑写真 | トップページ | 散々な日 »

2005年10月21日 (金)

今ドキの子どもの遊びとは

モエは、パソコンで遊ぶのが好きみたいです。

「りぼん」や「ちゃお」のホームページを開いて、占いをしたり、ゲームをしたり。
ディズニーランドや、天才てれびくんなどのホームページを見たりもするし、わからないことがあると検索したりもしちゃう。それから、学習ソフトを使ったりもします。
学校でも、小学校一年生からパソコンの授業があり、絵を描いたりぬり絵をしたり、二年生になってからは名刺を作ったりしているみたい。
それくらいならいいけど、昨日驚いたのは、「ちゃお」の掲示板に書き込みをしようとしていたことです。
「私は小学校二年生で、さくらんぼがすきです・・・」みたいな、たわいもないことなんだけど、中には高学年の女の子の、「私には△△クンという好きな人がいて・・・」などという書き込みがあったりします。
でもそれよりなにより、「送信」して不特定多数の人たちにつながることの怖さをわかっていないことが問題です。慌ててやめさせました。
ネットにつなぐことは慎重にしなくてはいけないこと、パソコンをさわるときはパパかママに言うこと、パソコンやゲームなどをするときは時間を守ること、などなど、懇々と言ったんだけど、どれだけわかっているか・・・。

前にも書いたけど、パソコンをはじめとして、ゲームや、たまごっちなどのおもちゃなど、本当はあまりそういうもので遊んでほしくないとワタシは思っているのです。
だけど、そういうものに限って子どもは興味を持つし、また覚えるのもとても早い。
お友だちが来ていてもゲームやパソコンでそれぞれが遊んでいたりするので、「せっかくお友だちが来てるんだから、お友だちとじゃなくちゃできないことして遊んだら?」と言っています。
もちろん、学校や公園で遊んだりもするので、外で「宝探しごっこ」や「ドッジボール」や「泥団子作り」なんてやっているのを見ると微笑ましく、どこか安心するのです。
それって親の理想を押し付けているだけの、単なるエゴなのかなぁ・・・。
時代と言われればそうなんだけど・・・。

今は、いろいろなツールがあって、中学生になると、放課後もそういうツールを使って、家にいても常に友だち同士つながっているのが心配、とイトコのゆうちゃんが言っていました。
昔は、学校から家に帰ればそこで友だちとはサヨナラで、そのあとまた遊ぶとしても、少なくとも夜は友だちとは離れていた。
用がなければ電話もしませんでした。
でも今は、夜遅くまでメールで話せます。特に女の子は、用事というより、「○○ちゃんがどうした」とかいう噂話が多いらしいのです。
佐世保の事件など、本当に人ごとではありません。

なんでも昔のほうがいいわけではもちろんないし、確かにパソコンや携帯がなければもう生きていけない?くらい、便利なものです。
でも、子どもにはまだ、便利なことよりも、あまりよくないことのほうが多いんじゃないかと思います。

「今年はサンタさんに何をお願いするの?」と聞いたら、モエは「スタンプセット」と答えました。
それを聞いてちょっとホッとした母なのでした。                                

                           

|

« 爆笑写真 | トップページ | 散々な日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/6505585

この記事へのトラックバック一覧です: 今ドキの子どもの遊びとは:

» 中くらいの台風 [龍馬の高鼾(リョウマ ノ タカイビキ)]
昭和30年代、小学校の6年間を含む9年ほどを鹿児島市で暮らした。当時の鹿児島は台 [続きを読む]

受信: 2005年10月22日 (土) 10:07

« 爆笑写真 | トップページ | 散々な日 »