« マリノスファン感謝デー | トップページ | わがままな性格がなおさら愛しくさせる? »

2006年1月30日 (月)

唯一の悩み

毎週月曜日と木曜日は、リョウヘイをヘルパーさんにお願いする日です。

リョウヘイのヘルパーのIさんは50代半ばの男性で、とてもいい方です。
本当は、ヘルパーの仕事の中に、学校の送迎や弟妹児の世話は認められていないのですが、とにかく家族全体のことを考えてくれる方なので、なんとかうまい理由をつけて違反にならないようにして、学校の送迎などもしてくれるし、ワタシが熱を出したときモエを保育園に迎えに行ってくれたこともありました。

Iさんは以前、若くして大きな会社の役員さんをしていました。
ところが、10年ほど前に、脳溢血だか脳梗塞だかの脳の病気にかかり、しばらく会社に復帰できず、とうとう退職せざるをえなくなりました。
今まで会社で責任のある仕事を任され、バリバリ働いてきたIさんにとって、それは精神的に相当な打撃であり、実際少し鬱症状になってしまったそうです。

そのとき、人生観が変わったと言います。
そして今の仕事をするようになりました。
たぶん、昔の会社役員の自分のままだったら、このような仕事は発想になかっただろうとおっしゃっています。

人には、このように人生観が変わるできごとが起こることがあります。

まさに、ワタシにとってはリョウヘイの障害がわかったときがそうでした。

それまで、ワタシは中高大学を出て、就職をしてホワイトカラーの仕事をして、結婚して・・・という人生が「普通」だと思っていました。それはてっちゃんも同じでした。
リョウヘイが生まれたとき、てっちゃんは冗談半分に、「リョウヘイにはサッカーをやらせて、将来は慶応大学に入れる!」なんて言っていました(サッカーをやっている子や、慶応ボーイは女の子にモテるから、という理由らしい。自分がモテなかったもんだから、息子に夢を託していたのね)。
ワタシだって、長男であるリョウヘイにはいろんな夢を抱いていました。

でも、その夢は2年と3ヶ月で脆くも崩れ去りました。

そして、障害がわかってから13年半の間、たくさんの葛藤がありましたが、でも今は、「この子はこの子のままでいい」と思えるようになりました。
世の中にはいろいろな人がいて当たり前、どのような人生がいいということはない、人生をどう生きていくかが大事なんだ。そして、様々な人や職業やその生き方に、「普通」も「普通じゃない」もないんだ、どれも大事なんだ、とも、思えるようになりました(まだまだ未熟でそう冷静に考えられない日もありますが・・・)。

それも「人生観が変わった」と言えるのだとしたら、それはリョウヘイが障害を持って生まれてきて、教えてくれたことなのです。

ヘルパーさんも、よく「リョウちゃんには本当に感謝している」と言って下さいます。
ワタシもリョウヘイや周りの人たちに感謝しています・・・(リョウヘイには“飛び蹴り”食らわすこともあるけど・・・笑)。

ただ・・・ヘルパーさんは人生観が変わってから思想・哲学に傾倒しているようで、ワタシにカントやらニーチェやらのお話をして下さるんですが・・・。

こんな俗物のワタシにそんな話をされても、ちんぷんかんぷんでさっぱりわからない・・・。
それがヘルパーさんに関する唯一の悩みなのです・・・。

|

« マリノスファン感謝デー | トップページ | わがままな性格がなおさら愛しくさせる? »

コメント

こんばんは^^
唯一のお悩みとのこと・・・心配しながら読んで、損しました^^
でも、本人にとってみたら辛いことかもしれませんね。
難しいお話は、私も苦手です。
ヘルパーさん良い方で良かったですね◎

タケちゃんさんのお考えは、私ととてもよく似ていて、とても共感できます。

「世の中にはいろいろな人がいて当たり前、どのような人生がいいということはない、人生をどう生きていくかが大事」
タケちゃんさんのこの言葉は、私が、いつもいつも思っていることです。

投稿: わたきち | 2006年1月30日 (月) 23:43

飛び蹴り”食らわすこともあるけど・???マジですか~。
そんな華奢な体で~?
その内反撃に遭いますよ。(苦笑)

でも、たけちゃんは素敵なママでした。
笑顔がとっても素敵なおしゃれなママでした。
私はたけちゃんと出会えたこと本当に良かったと思います。
リョウヘイ君は素敵なママの子で幸せだ~。
(あれじゃパパは何時になっても何処へでも迎えに行くわ)

今日は頭が痛いし、おなか痛いし・・・
お家で大人しくしてるしかないかな~。
港北東急がリニューアルで今日までセールらしいんだけど
ずっと行けなくて、行かないほうが無駄遣いしなくていいか・・・

投稿: | 2006年1月31日 (火) 08:04

いいヘルパーさんに出会えることって、そんなに多くはないと思います!
正直、言い方悪いけど、当たり外れもありますし…
でも、こういう記事を見ると、ヘルパーさんのありがたさが再確認できmすね!
Ⅰサンに、haruからも‘感謝”!!!

…でも、ニーチェは…(笑)

投稿: haru | 2006年1月31日 (火) 10:02

二つ↑のコメントは私です(汗)

やっぱり、調子悪いわ~。
と言う事で雨も降ってるし大人しく家にいます。

投稿: cocochan | 2006年1月31日 (火) 12:10

>わたきちさん

そうなんです~とっても良い方なだけに、お話を理解したいんですけど・・・・・ムリ!(笑)

いろいろな人がいて当たり前ということ・・・リョウヘイが障害を持っていなかったらそんな当たり前のことに気づかなかったかもしれないな~と思います。リョウヘイに感謝、かな?
なんたってホントにワタシって俗物なんだもの・・・(笑)

あっよかったら「タケちゃん」と呼んで下さいね♪(「ちゃん」付けで呼んでほしくてこのハンドルネームにしたので・・・←幼稚~)


投稿: タケちゃん | 2006年1月31日 (火) 12:29

>cocochan

おとといはホントにありがとう!いまだに写真を見ながら親子でニンマリしています。いっしょに撮った写真、メールで送るね♪
cocochanこそ、ステキな人で感激でした~!会えてうれしかったです。今度は息子さんを困らせるほどめちゃくちゃ盛り上がって応援しているcocochanを見てみたいわ!(笑)

体調悪そうね・・・だいじょうぶ?風邪かな?
天気も悪いし、セールはあきらめてゆっくりしたほうがいいよぉ~。
お大事にネ。

投稿: タケちゃん | 2006年1月31日 (火) 12:34

>haruさん

そうそう、友だちの話を聞くと、同じヘルパーさんでも融通きかない人もいるし、事務的にやってる人もいるみたい・・・
リョウヘイはホントに恵まれているわ~。感謝感謝。

でも、ニーチェは・・・・・でしょ?(笑)

投稿: タケちゃん | 2006年1月31日 (火) 12:36

子供から学ぶ事って多いよね。
私は障害を持った子を持って
随分世界が広がったな~と思っています^^
障害を持つ子を取り巻く環境の事なんて
健常の自分は全然知らなかったし
こんな施設、学校があってこんな訓練があって
こんなに沢山の人たちに支えられてるんだなぁ~って
本当に凄いと思うよね。

ウチはヘルパーさんは利用した事がないんだけど
障害を持つ人や子供に携わる仕事をしようと純粋に考えてる人って
本当に凄いなって思います。
私は短大の保育科を出てるんだけど
保母免で福祉施設に就職する事が出来るので
何人かそっちの方へと考えてる友達が居て
今思えば本当に彼女たちを尊敬しちゃいます。
そして、現在障害児を持つ親になった私は
「あぁ、あの頃なんで障害児保育の教科を選択しなかったんだろう」と激しく後悔しているのでありました(号泣)

思想、哲学かぁ~・・・
私には解りませんわぁ~(-_-;)

投稿: もりくま | 2006年1月31日 (火) 16:47

>もりくまさん

うん、ホントそうだよね!私もそう思う~!こういう子どもを持たなかったら、世の中のほんの狭い一部分しか知らないでいたんだろうな、って。

ヘルパーさんは本当にありがたいっす。
障害者の指導とか介助をする人って、やっぱりかなり奉仕の精神がないとできないよね・・・。報酬目当てじゃ絶対できない!
もりくまさんの短大時代のお友だちの中にもそういった方面に行って活躍してる人がいるんだろうな。
でも、もりくまさんもほかの人より子どものことよくわかると思うし、保育士さんになったこと、今、絶対役に立ってると思うよ~!
私の大学にも、福祉科っていうのがあったんだよね~。
今思えば、福祉とか児童心理とか勉強すればよかったな~・・・。

ヘルパーさんはありがたいのだけど・・・思想・哲学の話が必ず毎回出るのだけが・・つらいっス・・・。


投稿: タケちゃん | 2006年1月31日 (火) 17:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/8417468

この記事へのトラックバック一覧です: 唯一の悩み:

« マリノスファン感謝デー | トップページ | わがままな性格がなおさら愛しくさせる? »