« ダメだ、こりゃ・・・。 | トップページ | 恋の季節 »

2006年4月24日 (月)

おウチ映画館・「四月の雪」

今日はヘルパーさんの日でリョウヘイのお迎えもないし、何の用事も入っていなかったので、DVD鑑賞デーにしました。
だいぶ前にオンラインレンタルで借りていた、ヨン様の「四月の雪」。
ちょうど時期的に4月だし、早く返却しなきゃいけないし、ということでこれに決定。

この映画は韓国ではあまり評判がよろしくなかったとか・・・。
ワタシの友だち、ヨン様ファンで韓国にしょっちゅう行っているmは、すごく泣いちゃったらしいですが、今回は、泣き虫のワタシが全然泣きませんでした。

不倫旅行先で事故を起こした男女が運ばれた病院で、出会ったふたり。ふたりは、事故を起こした男女それぞれの夫と妻でした。
今度はその同じ悲しみや怒りを持つ彼らが愛し合ってしまうというもの。

この映画、「8月のクリスマス」のホ・ジノ監督作品だけあって、すごく淡々としていて、セリフも少ないし、途中で劇的な出来事も起こらないし、盛り上がりはありません。情景や役者の表情などで悲しみやせつなさを表すのがこの監督の手法らしく、そういう映画はキライじゃないんだけど・・・ちょっとこの映画は・・・。
自分の妻(夫)の不倫に悩む者同士が、自分たちも同じあやまちを犯してしまう。その、お互いが愛し合うまでに至ったエピソードや心理、そしてそのあとの罪の意識や先の見えない苦悩などが描き足りていなかったように思います。
淡々としたセリフの少ないものならば、それらがほかのもので表されていなければ何も伝えられないではありませんか。ワタシの読み取り能力不足なのか?
ふたりのラブシーンはキレイだったし、ソン・イェジンのその場面の姿は清楚で美しかったけど・・・。

同じソン・イェジンだったけど、先日見た「私の頭の中の消しゴム」のほうが、男女ふたりの個性や気持ちがよく描かれていたと思います(あれでも足りないと思ったんだけど)。
まぁ、今回は最初から最後までほとんど、ふたりとも思い悩む場面しかないから、個性の出しようがなかったのかな。
そうしてみると、楽しいときがあってかつ悲しいことがあるから、そのキャラクターが生きるものなのね。「四月の雪」のように始終悲しみばかりだと、その人が本当はどういう人なのかが今ひとつ描けないのかもしれません。

季節の中で冬が好きだという男。
女は、春が好きだけど、雪は好きだから、春に雪が降ればいいのに、と冗談で言います。
すると本当に4月に雪が降ります。
一度は別れを決意したふたりが、そのありえない出来事によって、もう一度いっしょに生きていく決心をした・・・と、ワタシには受け取れたけど・・・ふたりで死ぬつもりってわけじゃないよね?
・・・って、結局またしても結末がわからなかったワタシなのでした。
どうも韓国映画は最後がよくわからないことが多い気がする。
やっぱりワタシ、読み取り能力不足?

さてさて、この「四月の雪」を見終わったから、いっしょに借りた「妖怪大戦争」もやっと返却できる・・・。
オンラインレンタルで次は何をリストアップしてたんだっけな~。

・・・あ。その前にmikanちゃんから借りている韓国ドラマ「ラブストーリー・イン・ハーバード」見なくちゃ!
これはドラマだから16回分・・・。う~ん覚悟がいるな。

・・・というわけで、また当分「韓流」。
でも、韓流のどの俳優よりも、アン・ジョンファンのほうがカッコよく見えちゃうワタシなのです・・・。

|

« ダメだ、こりゃ・・・。 | トップページ | 恋の季節 »

コメント

う~ん、私ってかなり貧乏性かも・・・

タケちゃんの余暇?の使い方に「なんて贅沢な時間」なんて思っちゃったよ。DVD鑑賞デーなんて・・・
こういう静かな時間を過ごすことも優雅さを保つ為には必要よね。

週末ね、まさやんのあの靴、迷ったんだけど・・・
買わなかった。欲しかったんだけどね。
プーマ(ボンバーのスポンサー)のスニーカー買ったばかりだったし、遠征もあるしね。
でも未だに気になっているのです。
あ~私って貧乏性かしら・・・

投稿: cocochan | 2006年4月24日 (月) 23:16

haruも「四月の雪」観たよ!!!
「8クリ」の時に気になってって、最近レンタルしてたから借りたんだけど…
…haruも???でした(^^;
いや、話的には分かるんですが、静か過ぎて(、。)
「8クリ」も、本物(?)よりも、日本バージョンの方が良かったよ~!
決して「まさやんだから」じゃないよ(笑)

投稿: haru | 2006年4月25日 (火) 17:23

>cocochan

cocochanはアクティブだからな~!
ワタシはこう見えて、基本的に、家でDVD見たり本読んだりするの、けっこう好きなのよ。
でも今は送り迎えもあってままならないので、昨日はまさしくゼイタクな時間だったな~。
cocochanだったら一日時間が空いたら何する?

まさやんスニーカー買わなかったの~?ダメじゃん~。
買っちゃえ~買っちゃえ~♪
あのスニーカーさえ履いていけばマリノスが連勝~連勝~♪
洗脳の呪文でした。(笑)

投稿: タケちゃん→cocochan | 2006年4月25日 (火) 21:47

>haruちん

やっぱりharuちんも???だったぁ~?
そうなのよ静かすぎるのよ!
友だち曰く、メイキングは気持ちの移り変わりとかがもうちょっと丁寧に描かれてるけど、本編ではカットされてるって話だよ。
やっぱり8クリのほうがいいよね~♪
あ、ワタシももちろん日本版派だよん!

投稿: タケちゃん→haruちん | 2006年4月25日 (火) 22:01

まさやんの新曲「アンジェラ」のジャケット見た?

お髭みたいだよ(^^;

投稿: haru | 2006年4月26日 (水) 08:35

>haruちん

見た見たぁ~!
おヒゲは「侍」バージョンかと思ってたのに、これからも続けるつもりなのかしらん!
「アンジェラ」は映画の「アンジェラ」と関係あるとかないとか・・・。どんな映画なんだろ。
今度のmud skiffleもユースケの映画のサントラらしいし、最近映画関係多いな~。

投稿: タケちゃん→haruちん | 2006年4月26日 (水) 20:09

私は最近「私の頭の中の消しゴム」を観たけど
あれはよかった!
泣いたどころか号泣よぉ~~~
あ・・でも最後は・・・(^_^;)
家庭訪問が終わったら映画をバンバン観まくろうと思ってます。イエ~~イ!

投稿: もりくま | 2006年5月11日 (木) 11:29

>もりくまさん

「私の頭の中の~」はよかったよね。
ソン・イェジンが、「四月の雪」の彼女より、かわいかったと思う(役柄が)。
チョン・ウソンもヨン様もいいんだけど、やっぱりアン・ジョンファン・・・(またそれか!)
ワタシも映画を観る時間がほしい・・・。

投稿: タケちゃん→もりくまさん | 2006年5月11日 (木) 20:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/9745942

この記事へのトラックバック一覧です: おウチ映画館・「四月の雪」:

» NO.124「四月の雪」(韓国/ホ・ジノ監督) [サーカスな日々]
弱った「こころ」から、 はじまる「エロス」もある。 「微笑み貴公子」といわれるペ・ヨンジュン。日本で多くの女性を虜にしたのは、やはりクチコミで拡がった「冬のソナタ」(2002年)であった。前年制作の「ホテリアー」をはじめ、過去のTV作品がリリースされるたびに、圧倒的な支持が拡大した。 TVデビューから10年、銀幕初出演は2003年「スキャンダル」。朝鮮王朝の愛欲世界を舞台としたドンファン役を演ずるペ・ヨンジュンは、一部�... [続きを読む]

受信: 2006年5月 9日 (火) 21:44

« ダメだ、こりゃ・・・。 | トップページ | 恋の季節 »