« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

2006年5月31日 (水)

「アンジェラ」

今日はまさやん仲間のKoniと、映画「アンジェラ」を観て来ました。

もちろん、まさやんの新曲「アンジェラ」が、この作品のオマージュ・ソングだからです。
まさやんがリュック・ベッソン監督の「レオン」に感動したというのは知っていましたが、ワタシは「レオン」をはじめ、この監督の作品を観たことがありませんでした。
だから、かえって先入観なしに観られたと思います。

アメリカからフランスに渡って来たのはいいけれど、借金まみれになって、48時間以内に返済しないと殺されてしまうというサエナイ男、アンドレ。もう死んでしまおうと、セーヌ川に飛び込もうとする。・・・ふと隣りを見ると同じように飛び込もうとする絶世の美女が・・・。
先に川に飛び込んだ彼女を思わず助けてしまったアンドレの運命は、彼女・アンジェラによって変わっていく・・・。
というストーリー。まだ公開中なので多くは語りませんが・・・。

ストーリーはありがちかもしれない。でも、ワタシは「ありふれたストーリーの中にこそ、真実がある!」と思っています。
いくらストーリーが凝っていても、イライラしたり、観終わったあと不完全燃焼だったり納得いかない気分になったりする映画は苦手。
このお話、ファンタジックというか、これって男の妄想?という感じもあるけど、ワタシは嫌いではありませんでした。
自分には見えない本質とは何かを考えさせられたし、監督は、人間の一番純粋な部分を描きたかったんじゃないかな・・・。
監督自身、きっとすごく純粋で、ロマンチストなんだろうな~と感じました。
自分にはわからない自分、それを導いてくれるパートナーが、どんな人にも必要なのかもしれないな・・・。

ストーリーはともかく、パリの街とか建物がステキでした。
全編モノクロなんだけど、それがパリの街に似合っていていい感じ。
リュック・ベッソン監督の、“パリ”に対するオマージュ的な映画なんだそうです。
主役のふたりもピッタリでした。ただ、アンジェラ役のスーパーモデル、リー・ラスムッセン。確かにスーパーモデルとしてはいいんだろうけど、そんなにみんなが言うほど美しいかなぁ~と思ったのはワタシだけ?普通に見て背高すぎ、顔も長すぎな気が・・・。アンドレ役のフランスのコメディアン、ジャメル・ドゥブーズが背低いからよけい目立つんだけどね。
でもこの“アンジェラ”役には適役だろうし、この映画に関して言えば、このふたりだからよかったと思います。

しかし・・・。
今日行ったのはすごく小さい映画館だったのだけど、座席はガラガラでした・・・。
監督自身も、これはそんなにヒットする作品ではないと言っているようだけど・・・。
まさやんがちょっとからんでいるというだけでどうしても贔屓目に見てしまうワタシ。
採算とれるのかとっても心配です。

「ダ・ヴィンチ・コード」に負けるな、「アンジェラ」~~~!!!



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月30日 (火)

公立派?私立派?

今日は恒例の三者会談の日。

今日の議題(笑)のひとつに、“私立中学受験について”というのがありました。

あっちゃんとナツ、ふたりの友だちはどちらも女の子ひとりのママで、彼女たちの娘さんはふたりとも優秀。
ひとりは某有名私立校に幼稚園から入学、今年高校を卒業して医大に入学、もうひとりは某有名女子校に中学から入学、来年大学受験です。

以前、「共学派?女子校派?」という記事を書きましたが、それは「公立派?私立派?」ということに近いかもしれません。
ワタシ自身は中学高校と私立だったのですが、部活をやっていたこともあって、6年間の中高一貫はよかったと思っています。特に友人関係は、6年間続いていたからこそのものがあると思います。
でも、リョウヘイの中学時代を見ていて、男女共学でいろいろな子がいる地元の公立の良さも感じています。高校は公立私立どちらに行くにしても、公立中学での貴重な体験ってたくさんあったように思います。

てっちゃんは、どちらかというと公立派。自分の育った地域には、私立という選択肢はほとんどなかったみたいで、私立に行くという発想自体がないのです。
ジジババはモエを私立に行かせたがっているみたい。モエは最後の、しかもただひとりの女の子の孫ということもあるのか、女子校に行かせたいらしいのです。「私立の学校は楽しいよ~」とモエとお散歩に行きがてら洗脳しているもよう。
本人は、公立私立なんて、まだな~んにもわかっちゃいない。
そのくせ、「モエちゃんのことはモエちゃんが決める」とか一人前のことを言っています。

まぁ結局は、公立でも私立でも、その子に合っているかどうかっていうのが一番なんでしょうけどね。

私立受験をさせたい気持ちもあるけど、来年中学受験を控えている子どもさんを持つママたちを見ていると、なんだかとても大変そうです。
高校や大学受験は本人次第だけど、中学受験は親の受験でもある、ってよく言うでしょ。ワタシはきっとそれができない・・・。自分が受験戦争についていけないと思うのです。
こんな母では、子どもに私立を受けさせるなんてとうていムリというもの・・・。

でも一番のポイントは、“私立に行かせるお金なんてナイ!!!”ってことなのよね・・・。







| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月29日 (月)

メガネorコンタクト?

今、メガネブームらしいです。
メガネの芸人さんが流行ったり、芸能人でも伊達メガネをする人も多いみたい。

ワタシも最近新しいメガネに変えました。
前回のメガネはまさやんのメガネとおそろいにしたくて、メガネ屋さんにまさやんのメガネ姿の写真を持っていって笑われたという苦い思い出がありました。
今回はセルフレームのものがほしくて、さんざん迷った結果、茶色っぽいフレームで、少し横に長細い感じのものに決定。
店員さんによると、フレームが一色ではなくて微妙に柄が入っているのがオシャレとのこと。ふ~ん。

そもそも、新しいメガネを作りたいと言い出したのはてっちゃんでした。
実は、てっちゃんもワタシも、言いたくないけど老眼の兆しがありまして・・・。わ~ん悲しい。「老眼」なんて自分とは別世界の話だと思っていたのに・・・。
ワタシは家の中でメガネをかけるのはテレビを見るときだけ。最近、メガネでテレビを見ていて急に携帯を見ると、携帯の字がぼやけてしまうようになったのです。老眼といっても、新聞や本を読むだけだったらたいして不便じゃないんですが、この“遠くを見てから急に近くを見る”というのがどうもつらくなってきたのです。

てっちゃんは遠近両用のメガネを作り(このトシで早くないか!?)、デスクワーク用に近いところを見る専用のメガネも作りました。
ワタシはデスクワークなんてほとんどしないし、まだそこまで老眼もひどくないので、普通のメガネでOKとのこと。遠いところを見てから近いところを見るとぼやけるのは、メガネの度が強すぎたからみたいで、少し度を弱めたら近くも見やすくなりました。

あ~あ、ホントにトシを取るって、不便なことが増えるのね。

ワタシもね、コンタクトにしていた時期があったんですよ。
でも、もともと面倒くさがりなもんだから、手入れが面倒で・・・。それから、リョウヘイを妊娠してなぜかコンタクトが目に合わなくなって、また作りに行くのが面倒で、子育ての忙しさもあり、そのまま今まで来てしまいました。

しかし・・・。
以前、こんなことがありました。
リョウヘイが小学校1年生のとき、リョウヘイをお迎えに学校に行ったときのこと。
その日はメガネをかけ忘れて行ってしまいました。
すると、リョウヘイのお友だちがワタシの顔をしげしげと見て、マジメな顔して、
「おばちゃん、メガネ取ると女だったんだ」。
なっなんだと~っ!このクソガキ~~~!!!と言いたいのをこらえましたが・・・メガネをしていないほうがまだ女らしく(女のように)見えたんですかね・・・。
・・・っていうか、メガネを取ったらいつもと違って女らしくてドキッとしちゃったとか!?

そうよね!今のコンタクトは、使い捨てのものもあるし、性能やコストパフォーマンスも当時に比べたらすごくよくなっているんだろうし。
いくらメガネブームとはいえ、やっぱりコンタクトにしようかな!
メガネじゃワタシの美貌が台無しだもんねぇ!(・・・ツッコミ不可)。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年5月26日 (金)

大学病院

今日は病院に行って来ました。

前にも書きましたが、ワタシは頭の中に良性ですが腫瘍があって、毎年のMRI検査で、それが悪性になっていないか、大きくなったり形が変わったりしていないかを調べています。
腫瘍の大きさは2.7cmあるそうで、そんなのが頭の中の、神経がたくさん通っている場所にあるっていうんだからたまったもんじゃないですよね~。
左耳がよく聞こえないのはその腫瘍のせいかどうかわからないけど、そのほかにも、疲れると左目のまぶたが下がってきちゃうとか、喉がすぐむせちゃうとかの後遺症が今でもあります。

毎年の検査、去年はなんだか忙しくしている間にやりそこなってしまいました。
今年はやらなくちゃ・・・とS大学病院の耳鼻科に行ったら、おととしまで担当してくれていた先生が異動になってもういらっしゃらないとのこと(お気に入りの先生だったのに・・・)。
それなら、もう耳の聞こえで耳鼻科に通うこともないのだから、もともと10年前に、この腫瘍のことで一番最初に診てもらった脳外科の教授のドクターに、これからは診てもらったほうがいいのではないかと思って、今日重い腰を上げて行ったのです。

F教授は、とてもいい方で、やさしいおじさまといった感じ。
10年以上前の患者なのに思い出して下さって、これまでのいきさつを話したら、「10年間、いろんなことがあったんだね・・・」なんて、しみじみとおっしゃいました。
そして、「しばらくMRIを撮っていないからすぐ予約を入れよう」と、その場で検査室に電話してくれたので、即予約が取れました。さすが教授・・・。

いつものことですが、大学病院といえば「待たされる」という印象。
今日も、一応初診扱いになるだろうし、教授を指名しているから、長時間待つだろうな~と覚悟して、本を2冊と雑誌を1冊持って行きました。
ところが、今はシステムが合理化して、待ち時間も昔に比べればうんと短くなっていて、自分がいつごろ呼ばれるのかも電光掲示板でわかるようになっているので、待つストレスはあまり感じないうちに自分の番になりました。

10年以上病院通いをしていて感じるのですが、近ごろ特に私立の病院などは環境がよくなってきたように思います。
案内係みたいな人もたくさんいるし、処方も院外だから待たなくていいし。
ホテルのロビーのような病院だってあるし、レストランだってけっこうキレイでおいしかったりするし・・・。

でもやはり、風邪やちょっとしたケガなどが多い近所の開業医と違って、ぐったりしている人や、検査をいくつも受けなければならなくて病院中をまわっている人や、点滴をつけたまま車椅子で順番を待っている入院患者さんや、ストレッチャーで運ばれている人など、大変な思いをしている人がたくさんいます。
そういう光景を見ると、あらためて、「健康でいることって、すごいことなんだな・・・」と感じます。

どんなにキレイな病院だって、病院なんて来ないで済むほうがいいに決まってる。
順番を待つ間、何の本を読もうかなんて考えられる自分は、きっとしあわせなんだろうな・・・とつくづく思ったのでした。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月25日 (木)

おウチ映画館「世界の中心で、愛をさけぶ」

すみません、今さらで・・・。
「世界の中心で、愛をさけぶ」が、「セカチュー」などという流行語を生み出し、社会現象にまでなったのは何年くらい前だったでしょうか・・・。
やはり一般教養ということで、観ておかなければ!と思い、今日の「おウチ映画館」はコレに決定。

なかなかよい映画だったと思います。
高校生どうしの淡い、でも純粋な恋愛。女の子のほうは白血病で亡くなってしまい、残された男が、おとなになって、婚約者の失踪をきっかけに思い出の故郷に帰り、昔を回想するというもの。そして、過去の出来事と婚約者との関係が明らかになります。

森山未來と長澤まさみがよかった。ワタシは大沢たかおがけっこう好きなんだけど、森山クンとはどこか似ているので、違和感がありませんでした。ふたりとも、特別ハンサムってわけじゃないんだけど、なんか雰囲気があるのよね。
森山クンが、どこにでもいるような普通の、でもすごく純でやさしくて素直な高校生を、大沢クンが、過去を封印してある意味心を閉ざしているような少し陰のあるおとなを、対照的に演じていました。
柴咲コウの出演作品は見たことがないのですが、あの役とあの容貌がマッチしないように思ったのはワタシだけかしら。

「8月のクリスマス」にも共通するけど、街並みや山崎努扮する「しげじい」が経営する写真館などの雰囲気もよかったですね。
そして、なんといっても、「ひ~とみ~をと~じて~♪」ですよ。
平井堅の歌は、あまりに歌い上げるものは聴いていて「よし、わかったから!」って言いたくなっちゃうんです。なんでアンタがおじいさんの古時計の歌を歌わにゃならんの・・・なんて思ったり。どっちかっていうとポップな歌のほうが好きだったんです。
でも、この映画には、この曲以外ありえないですね!
今さらながら平井堅って歌うまいわ・・・なんて思いました。
あとは、テレビでよく見るアナウンサーや堀北真希が出てたのとかも面白かったし、ウォークマンや50ccバイクや佐野元春なんかの、時代を感じる小道具とか歌もいいなと思いました。当時はカセットだもんね。

原作を読んだ友だちが言ってたんだけど、原作には、おとなになった主人公の話はほとんど出てこないそうです。
過去の回想から、今自分が生きていることをあらためて実感する、というようなストーリーらしいです。
それに対して映画では、「そうだったのか・・・」と謎解きを見るような、過去と現在との意外なつながりを持たせています。
映画だから、そういった“からくり”があってもストーリー的には面白いとは思います。実際には「え~~~!?そんなことあるか~!?」と思うようなことでもね。

でも・・・。
あれであのふたりはスッキリと結婚生活に入っていけるのかな・・・。
律子は夫に対して、「いつも心の中に違う女の人が棲んでいる」と思ったりしないかな・・・。
「死んだ人には誰もかなわない」って言うでしょ。
亡くなった彼女は美しい思い出のままでいるのに、現実の結婚生活というのはケンカもするし、お互いのイヤなところが見えたりするから・・・。
なんて心配になってしまったのですが、彼らは“後片付け”をして、そういうところはもう越えているのかもしれません。

ひとつ、疑問だったのは、律子(柴咲コウ)は、どうやって「サクちゃんがアキ姉ちゃんの彼だったんだ」って知ったのかということ(要やん!)。
あのときの学校にサクが来ていたことや、体育館での様子などでわかったのかしら・・・。
それから、律子はアキ姉ちゃんが死んでいたことをいつ知ったのでしょう?
写真館で知ったのなら、体育館でサクを見ていたときにはまだアキが死んでいるとは知らなかったってことですよね?
セカチューに詳しい方、教えて下さい。

しかし、考えてみるとワタシ、観る映画観る映画、みんな肝心なトコがわかっていない気がする・・・。

DVDは、劇場で直接観るのにはとうてい及ばないけど、ワタシみたいな理解力のない人間には、繰り返し観ることのできる“おウチ映画館”が一番いいのかもしれません・・・。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2006年5月24日 (水)

ドラマ!(06.4~6月)

最近、夜、ドラマを見る時間がありません!
あ、違った。“ドラマを見る時間”というより、“日本のドラマを見る時間”だった。
だってmikanちゃんから借りた韓国ドラマ、「ラブストーリー・イン・ハーバード」全16話を毎晩見ていたんだもん。

日本の今クールのドラマは、「弁護士のくず」はどうにかてっちゃんといっしょに見ています。
「海猿」で人気沸騰の伊藤英明。ワタシは「弁護士のくず」の彼のほうが合ってると思うけど・・・と言ったら主婦のみなさんから抗議が殺到しました(笑)。
トヨエツも、今までのかっこつけた役よりいいと思うわ。って、実はトヨエツのドラマはほとんど見たことがないんだけど・・・。「愛していると言ってくれ」とかみ~んな見てて、ワタシだけ話についていけなかったっけ・・・。しかし関係ないけどトヨエツって足が長いね~~!

それから、「クロサギ」。モエといっしょに見ています。
山ピーの決めゼリフ「バーン(ピストル撃つしぐさ)」「まいどあり」。“決めゼリフ”って好き。
山ピーの声が好きなのです。ちょっと鼻がつまったような。声フェチのワタシとしては、トヨエツや、「クロサギ」の刑事役の哀川翔なんかは、声でソンしていると思うのですがいかがでしょうか。

ホントは「トップキャスター」「富豪刑事」「ブスの瞳に恋してる」なども見たいんだけど、見るヒマがなく、録画がたまっていく一方・・・。前クールはこのパターンで結局「白夜行」も「輪舞」も「氷壁」も「アンフェア」も見ないままで終わってしまったのだった・・・。

モエはひとりで「アテンションプリーズ」と「ギャルサー」を見ています。
錦戸クンは「1リットルの涙」で見て、けっこうじょうずだと思ったので、今回も期待。けど、上戸彩の役、あれはいくらホントはいい子でも、やっぱりイカンだろ!非常識だ!
モエは藤木直人がけっこう好きらしい・・・アイツってば気が多い。

前クールは重いドラマが多くて、気軽に見るという感じではなかったのも、見ないままで終わった一因。「小早川伸木の恋」と「神はサイコロを振らない」はなんとか見たけど、見終わったあとなんだか不完全燃焼の感が・・・。ワタシの場合、やっぱりドラマは見終わったあとスッキリいい気分になれなくちゃダメなんだよね~。

今度の月9は亀梨クンだとか・・・。視聴率、キムタクの記録を塗り替えちゃえ~!

ドラマはなんといってもジャニーズのメンバーが出ると視聴率がいいらしいけど、それ以外の若い俳優さんにがんばってほしいな!
将来、海外の映画祭とかで日本を代表する俳優を目指してほしい。
どうも日本の大物俳優というと、演技が大げさなおどろおどろしい人が多い気がするのよね・・・。どうして大物になるとそうなっちゃうのかしら・・・。それとも逆にそうでないと大物になれないのかしら・・・。役所広司なんかはコメディーもできていいと思うけど。
もっといい意味で軽妙なノリのイケメン俳優さん求む!

さて、初めに書いた「ラブストーリー・イン・ハーバード」。
mikanちゃんに、「韓国ドラマ長すぎるよ!」と言ったら、「16話くらいで何言ってんの・・・普通24話とかあるんだよ」と言われてしまいました。
24話!?・・・う~ん・・・ワタシには日本のドラマのほうが向いているようです。せっかちなのかしら。

そうそう、このドラマはキム・レウォンという人が主演で、韓流でもけっこう人気のある人らしいんだけど、ワタシ、どうしても“長井秀和”に見えてしまって・・・。
ごめんね、mikanちゃん・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006年5月22日 (月)

食べることは大事、そしてしあわせ。

先日会ったOL時代の友だちのやかちゃんは、有名中学、有名高校、有名大学を出た才女で、OL時代社長秘書をしていた人です。社内の等級試験でも優秀な成績を収めていました。
そんな彼女は今、自宅の近くで、とあるパートをしているのですが、えっちゃんとワタシが、「やかちゃんみたいな才能のある人なら、もっと違う仕事があるんじゃないの?もったいなくない?」と言うと、彼女は、
「私は全然キャリア志向じゃないから~。野望ないし!」
と言ったあと、こう言いました。
「どんなときでも、絶対に夕食はちゃんと作りたい、それだけは私の信念なの」

彼女が言うには、「家族を持ったからには、家族の健康を守ることはもちろん、家族にこの家の味を覚えてもらいたい」とのことでした。
ワタシ、「エライ!」と思いました。
ワタシなんて、才能もないくせに、それでも今のままでいいのか、何かできることがあるのではないか、なんて、いまだに考えて悩んでいるのに、才能ある彼女がキッパリ割り切って、自分にとって何が一番大事かを考えて実行している、その潔さに感心したのです。
彼女にとって大事なことは、「自分が作った夕食を家族に食べさせること」なんです。

責任ある仕事を持っている人が、家族の夕食を毎日カンペキに作るなんて、現実的には難しい話。仕事か家事か、どこかで妥協しなくてはならないでしょう。
もちろん、夕食を手抜きすることが一概に悪いとは言えません。
夕食を手抜きしても、仕事の責任をまっとうすることも、大事なことかもしれません。
っていうか、専業主婦でも激しく手抜きしてる人もいるし~!(自爆)

食事を作ることは、ワタシにとって、もう20年近くやってきて当たり前のことでもあると同時に、とてつもなく面倒くさいことでもありました。
特に休日なんて、今片付け終わったと思ったらもう食事の準備・・・。

でも、家族に食事を作り食べてもらうこと、それはやっぱりとても大事なことなんだな~・・・と、彼女の話を聞いていてあらためて思いました。

ところで、ワタシ、おとといのお昼ごろからどうも胃の調子が悪く、夕方嘔吐してしまい、それから昨日の朝まで寝込んでいました。
ほかに風邪の症状はなかったし、悪いものを食べた覚えもなかったので、ここのところの疲れで胃が働かなくなっていたのかもしれません。
おとといの夜は何も食べられず、昨日の朝も昼もおかゆを食べました。
昨夜はもうなんとなく良くなっていたので、家族で外食をし、消化のよさそうなものを選びましたが、帰ってからやっぱり胃の調子がイマイチ・・・。
でも、食いしん坊のワタシは、頭の中では、焼肉食べたい~!ケーキが食べたい~!と叫んでおりました。
食事を作るのは面倒なくせに、つくづく「人生の楽しみとは食べることだ!」と思いましたね~。

モエが毎朝毎晩(休みの日には+毎昼)、「今日のごはんな~に!?」って聞いてくるのを、「も~ウルサイな~」って思うけど、やっぱりモエにとっては、ごはんを食べるということは何より楽しみなことなのかもしれないな~・・・と思ったワタシなのでした・・・。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月21日 (日)

先週一週間・20日(土曜日)

昨日は今までできなかったこまごました用事を済ませてから、日産のお店に行きました。

もちろん、車なんて買わないけど、いつもお世話になっているお兄さんが「試乗するだけでもいいから来て下さい~」と言うので、100%冷やかしで・・・。
ウイングロードに乗ってみたけど、自分が運転してるわけでもないのに怖くて緊張してしまった。
このお店に行くのはモエも大好き・・・なぜならジュースやお菓子や風船(3年生でもまだほしいかね~?)がもらえるから。

昨日は、サッカー日本代表仕様のラジコン(TIIDAバージョン)とストラップももらって来ました。

2006_052120064601552006_05212006460154





ウチなんて、「お金ないし、車買えないから!」って宣言しているにも関わらず、こうしていろんなグッズをいただいて(日産なので、サッカーのチケットとか、カレンダーとか、マリノス関係のものが多いのがポイント)、しょっちゅう家にも足を運んで車のチェックしていただいて、ホント、申し訳ない!
今度車買うときは絶対アナタから買うから・・・。

・・・でも、今の車乗りつぶすつもりだけどね・・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

先週一週間・19日(金曜日)

この日はリョウヘイの担任の先生と、進路についての面談がありました。

リョウヘイの学校の高等部は、3つのコースに分かれているのですが、リョウヘイはその中の「自立支援コース」を選択。
そしてそのコースの中に3つの作業班、「木工」「やきもの」「農作業」があります。
中学のころ、リョウヘイはかなづちで釘を打ったり、のこぎりで木を切ったりするのが上手でした。小さいすのこから、大きなベンチ、とんぼ(グラウンドの土をならす道具)などまで、器用に、意欲を持って作っていたので、リョウヘイは「木工」と最初から思っていました。

ところが、面談で、木工の授業ではリョウヘイは集中できておらず、今のところで見ると「やきもの」のほうがいいかも・・・とのこと。
集中力がないか・・・。中学のときは木工が大好きで集中して取り組んでいたんだけどな・・・。
でも先生のお話を聞くうちに納得しました。
もう何度もワークの授業があったのに、今まで机のやすりがけ(紙やすりで)しかしたことがないと言うのです。
それは、機械や道具がまだ何もないから。
新しい学校で、準備が大変なことには、理解しようとがんばっているつもりです。
でも、まだ何も道具もなくて、机を紙やすりで磨くことだけしかできないのでは、「木工」が子どもに合っているのか、どの班にするか、決められるわけないじゃないですか。
それで面談もなにもあったもんじゃないと思うのですよ・・・。
かなづちやのこぎりくらいは、どの学校だって木工には使うんじゃないの?
いくら新設の学校だっていったって、基本的な道具ぐらいは揃えておけたんじゃないかなぁ・・・。

その後「木工」の授業を見学させてもらいましたが、案の定、リョウヘイは紙やすりで机をこすってそれがなんなんだかわかっていない様子。
そりゃ、木工っていったって、のこぎりやかなづちを使うことだけが作業ではないでしょう。紙やすりで板を磨くことだって重要な仕事だと思います。
でもやり方も、ただ紙やすりを渡されて「はい、机をゴシゴシやって」って言われたって、自閉症の子どもにその意図がわかるわけがありません。
どこからどこまでやればいいのか、どうなったら終わりなのか、もっとわかりやすくしてあげないと、やってることの意味がわからないのです。
先生に、「たぶんリョウヘイに集中力がないのは、自分が何をどのくらいまでやったらいいのかわからないからだと思います。たとえば線を引いて、『この中をやって』というだけでだいぶ違うと思うのですが」と言ったら、「そうなんですか?じゃ、さっそくやってみます」って・・・。

う~ん、養護学校って、もっと先生方がプロなんだと思っていた・・・。
生徒は自閉症の子どもだけではないでしょうが、自閉症の子が多いのも事実。
それくらいの基本的な特徴ぐらいは捉えているのでは・・・?
ワタシが甘かったのか?

またまたここのブログがグチモードになりそうな予感が~~~!!!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週一週間・18日(木曜日)

この日は一年に一度のお食事会。
OL時代の仲良し、えっちゃんとやかちゃんと11時に二子玉川で待ち合わせました。

今年はワタシが幹事だったのですが、お店をどこにしようかさんざん迷ったあげく、ちいちゃんとcocochanのアドバイスをもとに、玉川高島屋の南館のレストラン街の最上階にある「代官山ASOチェレステ」に決定。
3年前にワタシが幹事だったとき代官山だったので、ここにしようかと思ったのですが、ちょっと予算オーバーだったのです。
でもここは代官山本店よりちょっとカジュアルな感じで、かしこまっているのかなと思っていたら意外にスタッフの方もフランクな雰囲気。イタリアンだからかな?

01_06










11階だから見晴らしがいいのですが、ちょと曇ってたのが残念。

 
アンティパスト「ホワイトアスパラのパンナコッタと海の幸」

 
プリモピアット「うにのソースのパスタ」


セコンドピアット「4種の香辛料でマリネした仔羊のロースト ペペローネピュレ添え」

おいしそうでしょ?
ドルチェは写真失敗してしまったんだけど、「温かくとろけるチョコレートケーキ ラズベリーソース」にしました。

おなかは満足していたのだけど、まだまだしゃべりたりなかったので、今度は「カフェ ジュヴォー プロヴァンス」というお店でケーキと(まだ食べるのかいっ)お茶を。
こちらも多摩川が見渡せるステキなお店でした。

ふたりのお友だちはダンナさまが会計士と一流商社マンだからそんなことないと思いますが、ワタシなんて玉川高島屋に行くことすら、近くのデパートとは違って、ちょっとだけいつもよりオシャレに気を遣って行くのです。
それなのに、まぁ~場慣れしているヤングママの多いこと。
ASOにもジーンズで、でもオシャレな感じで来ていて、3人で「あれはワタシたちみたいに年に一回じゃなくて月に二回のペースでこういうお店に来てるわね!」などと言いながら観察していました。
二子玉川はいつの間にかセレブの街になってしまったのよね~。
そんな人々のウォッチングも楽しいものなので、また来ようと思います。

年に一度のお食事会。
年に一度だからこそ、楽しいのかもしれません。
ふたりと話していると、目からウロコ!なんていう発見もあるし、それに年に一度と思っていてもあっという間にその日が来てしまう。

来年は銀座になりそう。

今から5月が楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週一週間・17日(水曜日)

16日(火曜日)は買い物に。
翌々日に、OLのときの友だちと一年に一度のお食事会なので、そのとき着る服を見に行きました。
白いパンツを購入。マリンっぽい感じで決めてみようかしら。

そのあと例のごとくリョウヘイの帰りを待ち伏せ。
もうひとりで帰れそうです。


・・・と喜んだものつかの間、17日(水曜日)。

朝、いつものように、リョウヘイが降りるバス停で待ち伏せしていました。
てっちゃんから、「○○番のバスに乗ったからよろしく!」という電話を受け、そのナンバーのバスを待っていたら・・・
そのバスがものすごいスピードでバス停を通過ーーーっ!!!
ちょっとーーー!!!リョウヘイを降ろしてくれーーーっ!!!

どうやら、バスのボタンを押せなかったらしい・・・。
バスを追いかけようにも、ものすごいスピードで行ってしまったのでどうしようもなく、しかたないのでバスの営業所へ行き(ラッキーなことにすぐ近くに営業所があるのです)、事情を説明したら、親切に「いっしょに探しましょう」と言って下さいました。
そのバス会社の方は、終点のバス停に問い合わせてくれて、その間ワタシはそのあたりを探すことに・・・。
ナビで検索したら、どうも学校の近くにいるもよう。
そこで学校の近くまで戻り、チェックポイントに立っている先生に「ウチの子見かけませんでしたか?」と聞いたら、「リョウヘイくんなら、今挨拶してくれて学校のほうに歩いて行きましたよ」。
「えっ!?学校行ってるんですか!?」
学校に電話したら、「リョウヘイくん?来てますよ~」。
チェックポイントの先生に聞いたら、「バス停とは逆のほうから歩いて来た」とのこと。
ということは、バス停で降りそこなって、次のバス停で降りたのか、運転手さんに何らかのアピールをして途中で降ろしてもらったのか・・・。
時間的に、そんなに遠くまでは行かなかったはずなので、たぶん次のバス停かその前に降ろしてもらったと想像できます。

なんだ、やるじゃん、リョウヘイ・・・。
所定のバス停で降りられなかったのはマズいとしても、そのあとの対処はできたんだなぁ。
喜ぶところじゃないけど、でも、世の中には想定外のできごとがたくさんあるわけだから、そういう状況で自分で判断して行動できるかは大事なこと。

・・・しかし、今まではやっぱり、ほかに友だちが降りていたからなんとなく自分も降りていただけだったんだなぁ~。

この先、降りるのが自分だけということだって、当然あるはず。
ちゃんと自分の降りるべきバス停を理解して、その前にブザーを押すことができるようになるまでは、もう少しいっしょに通って教えていかなければならないようです・・・・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週一週間・15日(月曜日)

この日は仲のいい障害児仲間のママたち9人で作っているサークルのミーティングがあり、新横浜へ。
話し合いをして、そのあと学校でのグチからミーハーな話などで盛り上がっていると時間があっという間に過ぎてしまいます。
急いで帰る途中、みみこからワールドカップ代表決定のニュースが。

ドラゴンが落選して、かなり落ち込みました。
しつこいようだけど・・・。
今のドラゴンが絶好調のときのドラゴンとは程遠いことは誰にだってわかることで、体調不良を理由に落とされたのもしかたのないことだと思います。
でも、○○や△△を入れたのにドラゴンを落としたことに納得できず・・・。
だったら今まで、ドラゴンが体調不良でマリノスが代表に出したくないって言ったときムリヤリ呼ぶな!!!
それでがんばって結果を残したのに最後になって落選はないだろ!!!
この4年間のドラゴンのことを思うとせつないわけです。
そして、「ドラゴンの代わりに巻」という報道のしかたも気に入らない。
巻が入ったことは、誰だって納得でしょう。

あと、代表入りして嬉しい気持ちはわかるけど、両親がワイドショーとかに出演するのもどうなの~!?
最近のスポーツ選手は親が出すぎと思うのはワタシだけ?
これもマスコミのせいなんでしょうかね。

まぁ、今さらつべこべ言ってもしょうがないこと。
骨折から復活して100%のパフォーマンスを見せてくれるのであろう柳沢におおいに期待しましょう!(毒)
ドラゴンはマリノスのゲームで暴れてほしいわ!

それにしても・・・。
ワタシ、ドラゴンが落ちてこんなにくやしくて悲しい自分がいたことに驚きました。
4年前、俊輔が代表落ちしたときは、「うそぉ~!」とは思ったけど、くやしいとか悲しいとかじゃなかった。
ワタシはにわかサッカーファンで、4年前までサッカーなんてほとんど興味がなかったの。
ワールドカップでたまたまテリーを見て一目ぼれして、それからなんとテリーが日本に来て、エスパルスに入団。
3年前は、ワタシは横浜国際競技場(現日産スタジアム)の「アウェー席」にいました。テリーがゴールを決めたけど、試合はマリノスにコケ負け。マリノスって強いなぁ~と思ったものです。
その後、テリーがマリノスに来てからは日産スタジアムが「ホーム」になって、テリーのゴールでファーストステージ優勝を見て・・・。
テリーがいなくなった今も、マリノスを応援しています。
もちろん、テリーがほかのJチームに行ってたらまた違ったのだろうけど・・・。

今はやっぱりマリノス!きっとこれからもマリノス!
また、マリノスの優勝が見たい!
だから、今年も日産スタジアムに通います。

がんばれ!横浜Fマリノス!



| | コメント (0) | トラックバック (0)

先週一週間・14日(日曜日)

先週はなんだか忙しく、体調もイマイチで、全然ブログを書けなかったので、まとめて先週一週間の出来事を記録しておこうと思います。

まず、日曜日。
母の日でした。
朝起きたら、枕元にコレが置いてありました。

2006_05202006460153

モエからのカード。









2006_05202006460148そして夜はカレーを作ってくれました(まぁ半分はワタシが作ったんだけど)。






2006_05202006460149
しかもピアスまでプレゼントしてくれたよ~~~!(涙)
一生懸命ためたおこづかいなのに・・・。








母の日って、自分たちの親(特にてっちゃんの)に何を贈るかで悩むけど、自分が何かしてもらえるとは思っていないものなので、すごくうれしかったです。

ワタシって「母」だったんだ・・・とあらためて実感?



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年5月15日 (月)

サプライズ

ドイツワールドカップの日本代表が発表になりましたね~。
外出してたんだけど、みみこからメールもらってビックリしました。

サプライズはマリノスの選手だったのか・・・。
久保が落選。

ここ2年ぐらい、久保はマリノスでも活躍できなかったし体調がおもわしくなかったから、普通だったら納得なんだけど・・・。
やっぱり実際落ちるとショック。
今まで、マリノスでだって試合に出さないで大事をとっているのにムリやり代表に呼ばれて、そのたびに腰や膝を悪化させたことが何度もあって。
マリノスとしては、それでも久保だってW杯に行きたいんだろうからしょうがない、ってずっとガマンしてたのに・・・。
しかも柳沢なんてケガしてて現在試合に出られてないのに入ってるし・・・。
巻は入ってほしかったからよかったんだけど・・・。
佐藤も入れてほしかったな。
それから個人的には松井見たかったな~。

あ~あ。
せっかくテリーが韓国代表に選ばれてテンション上がってたのにな~。
昨日のナビスコもマリノスがレッズに負けるし、なんかテンション下がったな~(もともと代表に関してはテンション低いんだけど)。

ワールドカップは、日本ももちろん応援するけど、いろんな国のすばらしいサッカーを楽しもうっと・・・。

テンション低くてすみません・・・。





| | コメント (10) | トラックバック (2)

2006年5月12日 (金)

まちぶせ

「夕暮れの街角 覗いた喫茶店・・・♪  by石川ひとみ」・・・・・・じゃなくって!

なかなかブログの更新やみなさんのブログ訪問ができない今日この頃です・・・。

なんか疲れちゃってます。
GW疲れもあるんだけど、やっぱりなんといっても「探偵」疲れ。

リョウヘイを尾行&待ち伏せするという「探偵業」はまだ続けています。
朝は、電車を降りるところまではてっちゃんがいっしょに行き、バスにひとりで乗せ、ワタシに「今乗った!」と電話。
ワタシは学校の近くの降りるべきバス停へ車で先回りし、待ち伏せしていて、リョウヘイがちゃんと降りるか確認。
今日なんて、リョウヘイってばそのバス停で降りる気配がない!バスが止まってドアが開いても立つ様子がなく、座席に座ったままなのです。
「おい!早く降りろ!ドアが閉まって発車しちゃう!」と、ワタシは車の中で叫んでいました。
すると、しばらくしてからゆっく~りタラタラ~と降りました。
あとで聞いたら、てっちゃんが運転手さんに頼んでおいたらしく、運転手さんが「降りるんだよ」と言ってくれたみたいです。はぁ~。

帰りはモエを乗せて車で学校に行き、リョウヘイには車で来たことがバレないようにして、「リョウちゃん、ひとりで帰るんだよ」と言い聞かせて、ワタシたちは車でバス停に先回りし、また待ち伏せ。
待ち伏せしていたのは、バス停から死角になっている駐車場。たくさん車が止まっているのでワタシたちの車も目立ちません。
さぁ、リョウヘイがバス停にやって来ました・・・バスにちゃんと乗れるかな・・・。
バスが来て、みんな乗車し、発車しました。
おお、乗ってる乗ってる・・・と思ったとたん、なんとリョウヘイがワタシたちに手を振っているではありませんか!!!
完全に待ち伏せがバレていた・・・。
でも、バスが来るまでは絶対見つかっていないと思うから、バスの中から見つけたのか、それとも「どうせどこかで待ち伏せしてるんだろ」とわかっていたのでしょうか・・・。恐るべし、自閉症児の嗅覚。絶対にそういう能力があると思います。
ともあれバスには乗ったので、それからワタシたちは急いで車を飛ばして、今度は家の最寄の駅に先回りし、またまた待ち伏せ。ちゃんと電車を降りて来るかの確認です。も~イヤ、こんな待ち伏せ人生。
すると改札からヘラヘラ出て来ました。ここで待ち伏せしていることはさすがにバレなかったもよう。
バスに乗ったのを見届けてから、やっとホッとして、買い物して帰りました。

・・・というわけで、どうやら帰りはひとりで帰れるようになりました。
でも、マナーやルールを守っているかも心配だし、まだ当分は待ち伏せ&尾行人生かな・・・。
安心してひとりで登下校させられるのはいったいいつのことでしょう・・・。

「もうすぐ私きっとあなたを振り向かせる~♪」
イヤイヤ、振り向いてほしくないんだけど、尾行してるとすぐ振り向くリョウヘイ。

後ろにも目があるんでしょうか!?



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

GW最終日の調べもの。

とうとうGW最終日。
今日はお昼に「サンマルク」に行って(またモエは“ライス”を注文~!)、夕飯の買い物をして、帰ってからケーキを作りました(こどもの日に作る約束をしていたのですが、横浜めぐりで疲れてできなかったので・・・)。

Dscf0357 こいのぼり・・・に見える?








それと、今日は「調べもの」をしました。

毎年5月に、OL時代の仲良し3人組でランチをすることになっています。
毎年幹事はもちまわり。
去年は神楽坂、おととしは吉祥寺のレストランを、ほかのふたりがそれぞれ担当して予約をしてくれました。どちらもステキなレストランでした。
今年はワタシの番。
3年前のワタシの担当のときには、代官山のイタリアンを予約したのですが、その日はママグループの団体さんが入っていて、当日になってそれを知りガッカリ・・・。
ワタシも団体さんの一員のときもあるから人のことは言えませんが、やっぱり3人くらいでのんびり落ち着いてお話したりお料理を楽しみたいときに団体さんがいっしょだと興ざめですもんね。
そんなわけで、今年は3年前のリベンジ!
二子玉川か自由が丘がいいな~と、ふたりからリクエストがあったので、いろいろ調べているのですが、ここが絶対オススメ!というレストランってなかなかない!

条件としては、もちろんお料理がおいしいこと、サービスも普通によくて、お値段はランチのコースで3000円以内、お店の雰囲気がよいこと。
駅から多少歩くぐらいはこの際目をつぶります。

昨日、バスケ部仲間と行った自由が丘の「マ フィーユ サラサ」というフレンチのお店は、上の条件をかなり満たしていました。

Dscf0356「私の愛しい娘 サラサ」という意味。
「サラサ」はシェフのお嬢様の名前(更紗さん)なんですって。





お料理もおいしかったし、有名なレストランで料理長をしていらしたというシェフが独立して、お料理からデザートまでひとりで作っているとのことで、こだわりが感じられました。お値段も、普段の家族での外食費から比べたらそりゃ怒られそうですが、でもすんごく高っ!ってほどでもなく・・・。
ただ、マンションの2階なのがちょっと気になるかな・・・。
おととし去年と案内してもらったレストランは、ロケーションがとってもよかったんです。井の頭公園の緑や、異国情緒漂うお庭がきれいで気持ちよく、それもお値段のうち、という感じでした。
自由が丘は、お庭がキレイな広々したレストランってなかなかないんですよね・・・。場所柄、開放的な緑の中のレストランというよりは、住宅地の中にある隠れ家的なこじんまりしたレストランが多いのかなぁ。
以前、お庭がステキなレストランに行ったことがあるけど、お値段的に、そのときは清水の舞台から飛び降りたって感じだったので、今回の条件には合わず・・・。

まぁ、隠れ家的なこじんまりしたレストランがウリなんだから、そういうお店の中でおいしいところを探したほうがいいのかもしれないけど・・・。
二子玉あたりで多摩川の緑を見ながらお食事できるレストランってありそうだけどなぁ?

・・・というわけで・・・。
いいレストランあったら誰か教えて下さい~!

今週あたり、下見と称してランチ三昧、行ってみようかな~!?
お財布が悲鳴をあげていますが・・・・・・(涙)

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年5月 6日 (土)

横浜めぐり

あ~あ~・・・ホントなら今ごろまさやんに会ってたハズなのよね~。

今日丸の内ピカデリーで開催されている、リュック・ベッソン監督の映画「アンジェラ」のジャパン・プレミア。
なんとそれにまさやんが特別出演して、この映画のオマージュ・ソングとして作られた新曲「アンジェラ」を歌うというのですよ。
これがカッコいい曲でして、もちろんまだ生で聴いたことがない。聴きたい!!!
Koniとふたり、行こうかどうしようか悩んだ末、結局あきらめたんですが・・・。
なまじチケットがまだあったからかえって困っちゃったのよね。
でも、オールナイトなんですよ。徹夜はやっぱり体力的にも状況的にもムリだし、かといって終電に間に合う時間までにまさやんが出てくれそうになかったし・・・。
会おうと思えば会えるところにいるのに、それが叶わないこのつらさ・・・。くぅ~若くなりたい・・・。

ところで、GWも終わりに近づいてきました。
っていうか、もう、「ただの土日」。
家族が会社や学校に行けば自分の自由な時間はできるけど、やっぱり長い休みのあとは寂しいものですね。

GW7日目の昨日は、横浜めぐりをしましたた。

まずは中華街、しかしこれは激しく後悔。
こんなに混んでいる中華街は生まれて初めて見ました。

2006_05062006460040足の踏み場もないくらい。
そういえば、みなとみらいや中華街って、ゴールデンウィークの人出予想でも常にベスト10以内にランキングされてるんだよね・・・。
なんで来ちゃったんだろう・・・。



ワタシが去年の暮れにまさやん仲間の忘年会で来た「梅蘭」に、家族もなんとしても行ってみたいと言うので、開店時間に行ってみたら・・・。

2006_05062006460066この行列!







でも、ほかのお店もどうせどこも行列だし、今からどこかに変えても同じことだと思い、男組と女組で交替で並んで待つことに・・・。
しかしブラブラしようと思っても、スムーズになんて歩けない。人が渋滞していて全然前に進まないのです。
最後のほうはもうお店を見てまわるのはあきらめて、公園で座って休んでました。

そうそう、この大混雑の中、なんと!「宇宙」のまさやん友だち、ミラちゃんに遭遇!!!
年末の忘年会でいっしょに「梅蘭」に来て以来初めて中華街に来た日に、またここで会うなんてこれぞまさに「宇宙の法則」だ!
でもホントに1~2分しか話せないほど混んでいたので、すぐ別れました。お友だちとはぐれなかったかな?

さて、かれこれ2時間近く待ったかしら・・・いよいよ順番が来て、4階に通されました。

2006_05062006460058これがウワサの「梅蘭やきそば」。
V6の番組にも出たらしい。





2006_05062006460059

カリカリに焼きつけた麺の中から、お肉と野菜のあんかけがトロ~っと出てきます。
家族のみんなも絶賛でした。





ほかにはエビのチリソース、ホイコーロー、玉子ときくらげの炒め物、ギョーザ、五目そばなどを注文。
満足満足・・・でも今度は平日に来てもっといろいろな料理をのんびり食べたいな。

さて、この混雑した中華街を脱出すべく、中華まんと厄除けだけ買って、腹ごなしに港の見える丘公園へ。
公園を抜け、外国人墓地、山手十番館やえの木てい、山手234番館などを見て、また港の見える丘公園に戻り、しばし景色を眺めたあと、今度はマリンタワーへ向かいました。
展望台でベイブリッジやランドマークタワーなどを見ながら一休み。おみやげを買ったり、横浜限定プリクラも撮りました。
そして山下公園をブラっと歩いたあと、県民ホールや県庁、横浜スタジアムを通って関内駅へ・・・。
たくさん歩いた~~~!!!もうヘトヘトでした。

ホントは今日、ハマスタで横浜対阪神戦を観ようと思っていたんだけど、何日か前に見たら外野席は売り切れ!やっぱり阪神戦は外野で見たいからあきらめました・・・といっても、あの疲れようではとても試合なんて観ていられなかったかも・・・。
結果的に昨日は阪神がたくさん打って勝ったから、観たかったなぁ~~~!!!

というわけで、横浜めぐりの一日が終わり、ひじょ~~~に疲れました!!!

そして今日はバスケ部仲間と自由が丘にフレンチを食べに・・・
これはまた明日書きます。

しかし、こんなんで今日オールナイトでまさやんに会うのは(だから「会う」じゃないってば・・・)、やっぱり無謀だったわね・・・。


| | コメント (6) | トラックバック (3)

2006年5月 4日 (木)

いとしのアイスクリーム

GW6日目・・・もうお疲れぎみのワタシです。

GW5日目の昨日は、てっちゃんが急に会社関係のお通夜になってしまったので、ワタシと子どもで実家に帰りました。

今日は、「アイスクリームを食べよう!」というコンセプトで(だから・・ダイエットするんじゃなかったの!?)、グランベリーモールへ行きました。
お目当ては、グランベリーモールに新しくできた“OASIS SQARE”の中にある「コールド・ストーン・クリーマリー」。
「コールド・ストーン・クリーマリー」は、アメリカで人気のアイスクリームショップで、冷たい石の上で、アイスクリームとナッツやフルーツなどを混ぜ合わせて、好きなようにオリジナルのアイスを作れるんだって。
アイスクリームはもちろん、ワッフルコーンも店内で焼いているとのこと。

Muddpie こんな感じ。








しかし!さすがに人気のアイスクリームショップ、しかも新しくできたばかり、アンドGW、ということで、思った以上の長蛇の列!!! お店の前はもちろん、外までびっしり並んでいました。このあいだ「子ぎつねヘレン」を観に来たときはこんなに並んでいなかったけどなぁ~。しかたがないので「コールド~」はあきらめて(ワタシとモエは並んででも食べたかったのに、男連中が並ぶのキライなもんで・・・)、「ハーゲンダッツ」に行ったら、ガラ空きでした。

「ハーゲンダッツ」は、当たり前すぎて今さら・・・って感じではあるけど、大昔、出始めたころはすごく流行って、青山まで食べに行ってました。今は、スーパーでカップ入りのを買って食べることが多くて、こうして店頭で食べることってあまりなかった気がする。
ワタシはバニラキャラメルブラウニー、リョウヘイはベルジアンチョコレート、モエはマスカットを注文。なのにモエってばちょっと食べて「いらない。サーティーワンのほうがいい!」
オイオイ!!!じゃなんのためにココまで来たんだ!
ワタシはもう一軒、ジェラートのお店に行きたかったんだけど、モエのアタマはもうすっかり「サーティーワン」になっていて・・・。結局帰りに「サーティーワン」に寄ってモエのお気に入りのオレンジパッションフルーツソルベを食べましたとさ・・・。

それにしても、アイスクリームってホントにすばらしいスィーツですよねぇ~。
高校生のとき、学校帰りに「サーティーワン」によく寄りました。
ワタシのお気に入りフレーバーは「プレリンクリーム」。キャラメルリボンの中にナッツ類が入っているもの。最近あまり見ないなぁ・・・。
「ディッパーダン」とか「ホブソンズ」とか「ドナテロウズ」とか、いろいろなアイスクリームショップがありますが、やっぱり今でも一番身近なのは「サーティーワン」でしょうかねぇ・・・。

さてさて、今日はなんだか疲れてしまったので、夕食はどこかに食べに行こうということになりました。
ウチの近くに、毎年こどもの日前後の何日間かでJリーグチケット(当然地元のマリノス戦)が抽選で当たるというレストランがあり、そのお知らせのチラシが来ていたので、行ってみました。去年も行ったけど、もちろんハズレ。
今年は、マリノス対レッズのナビスコカップのチケット2枚か、ベイスターズ対ロッテのプロ野球交流戦のチケット2枚のどちらか好きなほうが10組20名に当たるとのこと。ただし、抽選のクジを引けるのは小学生以下の子どもがいる家族だけです。
ウチはもちろんモエが引きました。
するとっ!なんとーーーっ!!!「当選」ではありませんかぁ~~~!!!
思わず家族全員で「バンザ~イ!!!」って叫んでしまいましたわ。
だって我が家は年間チケットを買ってないので、その都度チケットを買わなければならず、このGW明けのお金のないとき(その試合は14日)にチケット代が2人分浮くのよ・・・。う、うれし~~~っ!

2006_05042006460333 でかしたぞ、モエ!







・・・ところで、またアイスクリームの話に戻るんだけど・・・。
今日一日、ずっと気になっていることがありまして・・・。
渋谷の公園通りを駅のほうから上って行って、途中で右折して坂を下る途中の左側にあったアイスクリームのお店、なんていう名前だっけ?(もう今はないと思うけど)
ホラ、すっごいおっきな器に5コも6コもアイスが乗ってるのがウリのお店・・・。

あ~思い出せない!気持ち悪いよ~!

誰か!わかる人、教えて下さいませ~~~!!!

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年5月 2日 (火)

いとしのストロベリーパフェ

GW4日目。
今日も子どもたちは学校なので、またまたてっちゃんとふたりで出かけることに。

目的は千疋屋のストロベリーパフェ。
高校時代、中間や期末の試験の打ち上げという名目で、友だちとよく食べに行ったのですが、かれこれもう何十年も食べていませんでした。春のうちでないといちごがなくなってしまうと思って、急遽思い立ったのでした。
雨が降っていたので、地下通路から行ける日本橋三井タワーの日本橋本店へ。

余談ですが、千疋屋の歴史を調べてみたら、天保5年に、今の埼玉県の「千疋」に果物と野菜のお店を開いたのが始まりだとか。
今日ワタシが行ったのは「千疋屋総本店」の日本橋本店なんですが、「京橋千疋屋」、「銀座千疋屋」とのれん分けをしています。
同じストロベリーパフェでも、それぞれデザインも違うし、値段も違います。
高校時代ワタシたちが食べに行っていたのは原宿店だったのかなぁ。そんな昔(笑)から原宿にあったのかしら・・・。どこに食べに行っていたのか、全然覚えてないんです。でもワタシたちが銀座や日本橋なんかに出かけるわけないからなぁ・・・。確かあの当時1000円ぐらいで、高校生のワタシたちにとってはとてもゼイタクだったことは覚えているのですが・・・。

さて、話を戻して。

パフェを食べにわざわざ日本橋まで来るなんて、それもゼイタクな話。子どもがいなくて身軽だからいいですね。

2006_05022006460123

「総本店」。
すごいですね~。






2006_05022006460122
老舗のフルーツ専門店だけあっていちごもおいしいけど、生クリームとストロベリーアイスもおいしかったです。










2006_05022006460119 果物屋さんなのに、専用のエレベーターもあって、格調高い!












三井タワーで働く新入社員らしき男女がランチを食べていたけど、いつもこんなランチを食べているのかなぁ。サバの味噌煮定食とかが食べられるお店はないのかしら。
って、人の懐具合を心配しているバアイじゃないって(^_^;)ワタシよりよっぽどお金持ちなんだからぁ~。

さて、本当にパフェを食べただけで日本橋をあとにして、帰りに玉川高島屋へ寄りました。
ワタシはキルフェボンのタルトを買おうと思ったのですが、人が何人か並んでいたのでやめました。

それにしても・・・。
昨日「痩せるぞ!」と決意したばかりなのに、その誓いはどこへやら、今日もパフェ食べて、しかも夕方シュークリームも食べちゃった。
キルフェボン、混んでてよかったのかも(汗)

バナナパフェやチョコパフェは一年中食べられるけど、ストロベリーパフェがおいしいのは春だけ。
いろいろなブログなどを見てみると、新宿高野のストロベリーパフェもおいしそう!一度も食べたことがないので、ぜひ行ってみたい!

・・・・・って、全然懲りてないですね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年5月 1日 (月)

一周年目の一日。

今日5月1日は、ワタシのブログのお誕生日です。
今日で開設してから一年たちました。
毎日更新とはいかなかったけど、けっこうがんばったんじゃないか?ワタシ。

はじめはひとつの記事も短くて、その日あった出来事を書いていただけで、時々「ワタシのお気に入り」を紹介したりしていました。
今は記事も長くなって、思っていることや感じたことを書いたり、ほかの方々のブログとのつながりができたり、スタイルも変わってきました。
これからも変わるかもしれないけど、マイペースでのんびり続けていけたらと思っています。
こうして一年間楽しく続けられたのは、読んでくれて、コメントやトラックバックをくれるみなさんのおかげです。
いつもありがとうございます!
これからもよろしくお願いします!

さてさて、今日はGW3日目。
てっちゃんは休みだけど、子どもたちは学校で、放課後も、リョウヘイはヘルパーさん、モエはお友だちの家に遊びに行くとのこと。
それなら、今まで「いつでも行ける」と思っててなかなか行かなかったところへ行こうということになりました。

まずは「トリコポイント」。
ここは、マリノスの試合のときも、リョウヘイ関係の部会のときも、いつでも近くに行くのですが、意外に「今度でいいや」と、行かずにおりました。もう半年ぐらい行ってなかったかも。
スタジアムでもグッズは買えますが、たまには行きたいということで、いざ出発。
じっくり見てみると新しい発見もあります。
今日の収穫は、今年の初戦で買い損ねたマッチデーと、トリコロールの玉にお星様がついたモエのヘアゴムと、ワタシのTシャツ2枚。
Tシャツはスタジアムで見て、「ほしいな~」と思っていましたが、踏みとどまったんです。
なのに、せっかく来たんだから・・・と、2枚買っちゃいました~!

2006_05012006460112_2レディース用の、ちょっと小さめでシェイプされたシルエットです。












2006_05012006460113_1青バージョンも買っちゃった~♪
着るのが楽しみ!












平日だと空いているので、トリコの店員さんもいろいろお話してくれて楽しかったです。

さて、トリコの次は「オートバックス」。
これはてっちゃんがいつも行きたい行きたいって言ってるんだけど、行くとすごーく時間かかるし、ワタシがあまり興味ないもんだから却下していました。
いつもは、ひとりで勝手に行けば・・・と思ってるんですが、たまにはお付き合い。
車内用のティッシュケースカバーやゴミ箱などを購入。

次はウチのわりと近くに新しくできた「APITA」と「スーパートステムビバ」。
みみこが行ったって言ってたのでワタシも行ってみました。
また例のごとく、てっちゃんが「新星堂」でやたら長く居座っちゃって・・・。
時間もなくなり、結局アメリカンな雑貨屋さんでキーホルダーと、トステムビバのほうで車のトランク用のコンテナを買っただけでした。

これで家に帰ったら4時半・・・は~疲れた。

せっかくのデート?の一日、映画でも見て、おいしいランチを食べたりしたほうがよかったかなぁ・・・。
と、な~んかもったいないような気もしたけど、これはこれでけっこう楽しかったかも。

ひとつ、「しまった!」と思ったこと・・・。
今日、暑かったじゃないですか。28度くらいあったんでしょ?
つまり、Tシャツ一枚で出かけたんですよ。
で、ウィンドウに映る自分を見て、慌てました。
Tシャツ一枚は、ヤバイです!おなかのあたりのラインが・・・。
今日買ったあのマリノスのカワイイTシャツも、かなり身体にフィットしたライン・・・。
もっと前から焦るべきだった。

・・・痩せるぞ!!!!!

| | コメント (16) | トラックバック (0)

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »