« ドラマ!(06.4~6月) | トップページ | 大学病院 »

2006年5月25日 (木)

おウチ映画館「世界の中心で、愛をさけぶ」

すみません、今さらで・・・。
「世界の中心で、愛をさけぶ」が、「セカチュー」などという流行語を生み出し、社会現象にまでなったのは何年くらい前だったでしょうか・・・。
やはり一般教養ということで、観ておかなければ!と思い、今日の「おウチ映画館」はコレに決定。

なかなかよい映画だったと思います。
高校生どうしの淡い、でも純粋な恋愛。女の子のほうは白血病で亡くなってしまい、残された男が、おとなになって、婚約者の失踪をきっかけに思い出の故郷に帰り、昔を回想するというもの。そして、過去の出来事と婚約者との関係が明らかになります。

森山未來と長澤まさみがよかった。ワタシは大沢たかおがけっこう好きなんだけど、森山クンとはどこか似ているので、違和感がありませんでした。ふたりとも、特別ハンサムってわけじゃないんだけど、なんか雰囲気があるのよね。
森山クンが、どこにでもいるような普通の、でもすごく純でやさしくて素直な高校生を、大沢クンが、過去を封印してある意味心を閉ざしているような少し陰のあるおとなを、対照的に演じていました。
柴咲コウの出演作品は見たことがないのですが、あの役とあの容貌がマッチしないように思ったのはワタシだけかしら。

「8月のクリスマス」にも共通するけど、街並みや山崎努扮する「しげじい」が経営する写真館などの雰囲気もよかったですね。
そして、なんといっても、「ひ~とみ~をと~じて~♪」ですよ。
平井堅の歌は、あまりに歌い上げるものは聴いていて「よし、わかったから!」って言いたくなっちゃうんです。なんでアンタがおじいさんの古時計の歌を歌わにゃならんの・・・なんて思ったり。どっちかっていうとポップな歌のほうが好きだったんです。
でも、この映画には、この曲以外ありえないですね!
今さらながら平井堅って歌うまいわ・・・なんて思いました。
あとは、テレビでよく見るアナウンサーや堀北真希が出てたのとかも面白かったし、ウォークマンや50ccバイクや佐野元春なんかの、時代を感じる小道具とか歌もいいなと思いました。当時はカセットだもんね。

原作を読んだ友だちが言ってたんだけど、原作には、おとなになった主人公の話はほとんど出てこないそうです。
過去の回想から、今自分が生きていることをあらためて実感する、というようなストーリーらしいです。
それに対して映画では、「そうだったのか・・・」と謎解きを見るような、過去と現在との意外なつながりを持たせています。
映画だから、そういった“からくり”があってもストーリー的には面白いとは思います。実際には「え~~~!?そんなことあるか~!?」と思うようなことでもね。

でも・・・。
あれであのふたりはスッキリと結婚生活に入っていけるのかな・・・。
律子は夫に対して、「いつも心の中に違う女の人が棲んでいる」と思ったりしないかな・・・。
「死んだ人には誰もかなわない」って言うでしょ。
亡くなった彼女は美しい思い出のままでいるのに、現実の結婚生活というのはケンカもするし、お互いのイヤなところが見えたりするから・・・。
なんて心配になってしまったのですが、彼らは“後片付け”をして、そういうところはもう越えているのかもしれません。

ひとつ、疑問だったのは、律子(柴咲コウ)は、どうやって「サクちゃんがアキ姉ちゃんの彼だったんだ」って知ったのかということ(要やん!)。
あのときの学校にサクが来ていたことや、体育館での様子などでわかったのかしら・・・。
それから、律子はアキ姉ちゃんが死んでいたことをいつ知ったのでしょう?
写真館で知ったのなら、体育館でサクを見ていたときにはまだアキが死んでいるとは知らなかったってことですよね?
セカチューに詳しい方、教えて下さい。

しかし、考えてみるとワタシ、観る映画観る映画、みんな肝心なトコがわかっていない気がする・・・。

DVDは、劇場で直接観るのにはとうてい及ばないけど、ワタシみたいな理解力のない人間には、繰り返し観ることのできる“おウチ映画館”が一番いいのかもしれません・・・。

|

« ドラマ!(06.4~6月) | トップページ | 大学病院 »

コメント

本当にいまさらながら、この映画観て~(笑)
私も観たけど、細かな部分は忘れちゃったよー。
確かに、森山クンと大沢たかお似てて雰囲気いいし、長澤まさみも当時の高校マドンナっぽくて、味があるけど・・・
私的には、ドラマの方が(山田孝之と綾瀬はるか)心理描写が丁寧でよかったかも^^

ちなみに、今期ドラマ観てませ~ん。ブス恋観たかったんだけど、初回忘れてた・・・。出鼻くじかれて今に至るし。
あゆは萌ちゃんと同じ物観てる♪小学生のハートをつかむ設定か!?藤木クンの歌う「HEY!FRIENDS」はフリもバッチリ★
来年のもりくまさん?の出し物のコーチも出来そうだよ(笑)

投稿: みみこです! | 2006年5月26日 (金) 21:55

>みみこ

なんだよぉ~ワタシの謎には答えてくれないのね!
ドラマも見てなかったからな~。キャスト的にワタシのタイプじゃなかったんだもん。
映画とドラマはストーリーはまったくいっしょなの?ドラマ借りて観てみようかしら・・・(凝るタイプ)

「ブス恋」友だちがハマってるんだって!ワタシも見ようかな。なかなか時間がなくて・・・。

もりくまさん、プロジェクトじゃなくても飲み会でパラパラ踊っちゃえ~!(笑)

投稿: タケちゃん→みみこ | 2006年5月26日 (金) 22:52

おひさしぶりです。セカチュー見られましたか。
本の原作は、私の住んでいる所の近くの町の話なんですよ。
作者の出身地でなもので。映画もロケ地探しには来られたようですが、町の協力が取り付けれなかったとか、いい場所がなかったとかで、原作の町では撮影されてません。
映画に出てくる、あの病院ね、実は愛媛県庁なんです。高校も県立の高校でロケしたみたい。
最初に出てくるテレビのアナウンサーも地元のテレビ局の人ですよ。でも、空港とか、ほとんどは、香川県で撮影されたようです。
って、映画はほとんどまじめに見てないかも。
地元が映るとどうしても気になってしまうのです。
8月のクリスマスを見た高岡の人もこんな感じかもー。

投稿: きらら | 2006年5月27日 (土) 01:49

セカチュ-!!
本、映画、ドラマすべてクリアです。
でも私もどちらかというと肝心なとこわからずの人なので
映画は出きるだけストーリーを把握してから
見たい人(^^ゞ
で、なぜ彼氏だとわかったかって。。。
私がかってに思うには、律子が小さい時、カセットを病院からさくちゃんの下駄箱にせっせと届けてたでしょ。
それで名前はわかってるはずだし。(思い出したんじゃないかな)
最後のカセット届ける途中で事故に会い、届け損ねたカセットが自分の子供の頃着てた服から出てきて聞いた時、さくちゃん、、、と名前呼んでるし、私もうすぐ死ぬの、、みたいな事も言ってなかった?!住んでたいなかも同じだからピン!ときたかと。。
  どないですか~?!
ところでたけちゃん、洋画で「シックスセンス」(ブルース・ウィルス主役)、「A.I」見た?
たまたまどちらにもかわいかった子役のハーレイ・ジョエル・オスメントくん(いま、名前調べた(^^ゞ)がでてるんだけど
これがまた悲しいかな意味がわからず映画館で見終わり。。
「シックスセンス」のほうなんか友達にその意味を聞いて
この映画のおもしろさをあらためて知ったの。
そら、そこがわからなかったら面白ないやろ~とバカにされ。。
たけちゃんはわかる~?!
見てなかったら是非見てみて!!!

話は戻るが映画のセカチュ-の森山くんと長澤まさみはすごく
よかったと思うわ。

投稿: パールピアス | 2006年5月27日 (土) 15:23

P・S
ドラマと映画は内容違うよ~
律子役はいないし、ってことはカセットお届け人物なし!!
で、大人になってからさくちゃんの大学時代?の同級生が出てきた(と思う、、忘れた、、)
その同級生は子連れです。はい!
櫻井幸子です。。
だんなさんいないから、さくちゃん(緒方直人)がよくしてあげてたっていう設定。
あとは見てちょ。
どの本、映画、ドラマもかなり話かわるものね。。

投稿: パールピアス | 2006年5月27日 (土) 15:38

>きららさん

きららさん、こんにちは!
そうか!セカチューはきららさんの地元だったんですね!
原作者の出身地だったんですね。
あの病院、外観とかアーチの造りとかが病院っぽくないな~と思ったんだけど、あれが愛媛県庁なんですか~。
なんか雰囲気のある建物でしたね。
海や街並みや高校も雰囲気ありました。

地元がロケ地だとやっぱり気になりますよね。しかもセカチューみたいな大ヒット作品だと特に。
ウチのほうでも映画の撮影ないかなぁ~!

投稿: タケちゃん→きららさん | 2006年5月28日 (日) 16:51

>パールピアスさん

すごーい!!原作も映画もドラマもすべてクリア!?どれがよかった?
映画はドラマとは違うのか~。
ワタシも、映画って肝心なところがわからなかったりするので、いつもパンフレットを先に買って読むんだ。
でも本当に作者の言わんとしているものを読み取るには、原作を読むのが一番なのかもね。

で、疑問の件なんだけど、最後のテープで、確かに「私もうすぐ死ぬと思う」とは言ってるんだけど、「サク」という名前は言ってないみたいなんだよね・・・(DVDもう一度見て調べたんだけど)
けど、律子が小さい時、カセットを下駄箱に届けていたとき、確かに「松本」という名札がついていた(これも調べた)。
そういえば「松本」だった・・・と律子はあとになって思い出したのかもね。
あとはやっぱり、自分がカセット届けに来たらサクも来て、体育館であんなふうな様子だったから・・っていうのもあるかも。四国に来て、いろんなことが符合したのかもしれないね。

ところでワタシ、「シックスセンス」は見てないの。
よし、その意味を意識しながら見てみるよ!!!
(ワタシも「それがわかってなかったら面白くないじゃん」っていうことがすごく多い・・・)

投稿: タケちゃん→パールピアスさん | 2006年5月28日 (日) 17:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/10241375

この記事へのトラックバック一覧です: おウチ映画館「世界の中心で、愛をさけぶ」:

« ドラマ!(06.4~6月) | トップページ | 大学病院 »