« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月28日 (金)

壊れた・・・。

ガガーーーン!!!ショック!!!

リビングで一番“カナメ”のエレクターシェルフが壊れてしまった!!!

これは、我が家のAV機器のほとんどを乗せている棚。
アンプ、チューナー、CD、MD2台、カセットデッキ、アナログプレーヤー、テレビ、DVD3台、ビデオデッキ、スカパーとケーブルテレビのチューナー、タイマー・・・そして上の段には、それらのソフトや、家で頻繁に使う文房具や様々な備品が置いてあった、私たち家族にとって一番よく使う大事な棚なのです。
配線をいじるとき動かせるよう、キャスターが付いていたのですが、キャスターを付ける本体の金具がポッキリ折れてしまいました・・・。
エレクターは耐荷重が大きいのがウリなのですが、さすがにこんな重いものを乗せてキャスターをしょっちゅう動かしていたらポッキリいくのもムリないか・・・。
折れた側の板を買えば済むのかもしれないけれど、今後のことを考えると、もうこの幅のエレクターではムリなんじゃないかという結論に達し、もう少し幅が狭い棚を複数使うということになりました。

2006_0728070920060003_1今は応急処置で、キャスターの高さの分、雑誌を積んでバランスをとっているのですが、子どももいるし危ないから至急買い替えなくては・・・。











でもね~・・・エレクターってけっこうなお値段なんですよ。
よく通販やホームセンターなどで売っている安くて似たような棚でも、耐荷重って同じなのかな?調査してみよう・・・。

それにしても、最近、我が家のモノが次々と壊れているのです。
つい先週、14年間愛用したソファがボロボロになったので、思い切って買い替えたばかり。

2006_0723070920060001_2 ←ちなみにコレ。
無印良品の革のソファ。
ホントは私は別にほしいソファがあったんだけど、ナ、ナント28万円もするので、言い出すことすらできずあきらめました・・・。



その前にも、DVDとCDプレーヤーがほぼ同時に故障して、修理したばかり。
そのちょっと前には冷蔵庫の取っ手が壊れて(現在ビニールテープでぐるぐる巻きにして使っている)、その前には衣類乾燥機が壊れ、その前には結婚以来何度も壊れながら直し直し使っていたレンジがとうとうダメになり・・・。そうだ、電話の子機も壊れたんだった。
パソコンももう古いし、液晶テレビも買いたいのに~。
あ~ん。なんでこう一気に壊れるの?
お金に羽がはえて飛んでゆく~・・・。こっちが壊れそうだっつーーーのーーー!



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月27日 (木)

すべてはママのために!

今日のリョウヘイは朝からゴキゲンもよく、ヘルパーさんとお出かけ。自由が丘のケーキ屋さんめぐりをしたもようです。朝10時から夕方5時までしっかり遊んで来ました。

なんだ、全然元気じゃん。ってことは昨日具合が悪くなったのは風邪などではなくやっぱり発作だったのか、はたまた熱中症だったのか・・・。
本人が「イヤ~暑くてなんかクラッときちゃってさぁ~」なんて言ってくれたらどんなにいいでしょう。健常のお子さんを持っている人ってしあわせなのね~~。

そんなリョウヘイくん、なんだか今日はケーキを違うお店で2個食べたらしいですよ。
ひとつは「モンサンクレール」という有名なお店、もうひとつは「パリセヴェイユ」というお店。こちらも有名なパティシエの方が開いたお店らしく・・・。
私は前にも書いたように、アンナミラーズのおっきなバナナチョコレートパイや、シャトレーゼのモンブランだって大好きなもんだから、こんなフランス菓子なんてかえって味がわからないと思うのですが、リョウヘイは少なくとも私より舌が肥えており、ペロッと平らげたそうです・・・。で、おみやげに「パリセヴェイユ」のパンも買ってきてくれました。優雅だ・・・。
月曜日はアメ横と銀座に行って、「ペルティエ」というお店の焼き菓子がおみやげだったし・・・いいのかしら、こんなんで。
でも、切符を買って電車に乗って街に出たり、外でごはんやスイーツを食べたりすることも勉強だと思っているので、ヘルパーのおじさんにおまかせしています。

それにしても、これも前にも書いたけど、リョウヘイが私よりいろいろな街を知っていて、いろいろなおいしいものを知っているってのはどうなのよ?
リョウヘイが生まれてからの16年間というもの、私は都会に出て有名なお店でゆっくりおいしいものをいただく・・・なんていうことはできなかったのに~。

よし、私の将来の目標は決まった!
リョウヘイを無事就労させて、グループホームに入れて、そのころはモエもお姉さんになってるから、そしたら時間なんて気にせずに、友だちとおいしいものめぐりをする!東京や横浜だけじゃなく、ちょっと足を延ばして名古屋とか大阪、北海道や九州にだって・・・。イヤイヤ、フランスやトルコや中国にだって・・・!

よーーーし、がんばれリョウヘイ~!!!
すべてはママのために!!!



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月26日 (水)

粗食やめようかな?

リョウヘイの学校は夏休みに「夏季セミナー」というのがあって、調理、農作業、運動、手芸、音楽など、いろいろな活動をさせてくれます。まぁ、時間的には2~3時間ですが、家にいてもやることがない・・・余暇を過ごすことが苦手な・・・子どもたちなので、家ではなかなかできないことを学校で見てもらえるのはありがたいことです。
リョウヘイも調理や運動や手芸に参加しています。

今日は9時から12時まで運動の日でした。
行きは送って行きましたが帰りはひとりで帰れるので、帰って来るのは1時ごろかな~と思っていたら、11時半ごろ学校から電話が。
なんと、リョウヘイが熱中症になったので迎えに来て欲しいということでした。

慌てて迎えに行くと、何人もの先生方が心配してくれました。
どうも、貧血っぽい状態になって、顔色が真っ青だったとのこと・・・。でも、付いて下さっていた先生の話によると、「眠そうだった」というので、熱中症ではなくて、もしかしたらてんかんの発作かも・・・と思いました。
小学校4年生以来、発作らしい発作は起こしておらず、薬も毎日ちゃんと飲んでいるし、最近では脳波もキレイらしいのですが・・・。

リョウヘイが初めて発作を起こしたのは5歳のとき。
療育センターで、机に座って、型はめかなにかの課題をしているときに、急に眠ってしまったのです。今まで普通にしていたのに。
そのときは体調が悪いのかと思ったのですが、それ以来何度か同じようなことがあったので、児童精神科のお医者様に診ていただいたら、てんかん発作とのこと。自閉症児の約70%がてんかんを持っているらしいのです。
本当にバタンと倒れてしまったり、痙攣を起こしたりする人もいるけれど、リョウヘイの発作は、突然、寝てしまうのです。顔色が悪くなるし、あまりにも突然眠ってしまうので、体調が悪いのとは違うのがわかります。
18歳くらいまで抗てんかん薬を飲まなければいけないと聞いて不憫でしたが、本人に合った薬さえちゃんと飲んでいれば、生活は普通の人と何も変わらないとのことだったので、そのときから投薬を始めました。
慣れないものを口にするのがとにかく苦手な自閉症児。最初は薬を飲ませるのが大変でした。今ではすっかり慣れているので、朝晩、絶対に忘れることなく飲んでいます(これは自閉症児のいいところ)。

今日は学校から帰ってから、ずーーっと寝ていました。お昼ごはんも「いらない」と言って全然食べず、また寝てしまい・・・。
さっきやっと目を覚ましましたが、ニコニコしてヘンなひとり言を言っているので、もう大丈夫みたい。
身体が大きくなったので、薬の量が足りなくなったのでしょうか・・・。ちょうど夏休みに脳波検査や主治医の先生の診察があるので、相談してみようっと・・・。

なんて言って、ホントは単に体力がないだけだったりして!
だって、このひょろひょろ加減ではホントに風に飛ばされそう。身長は私より10cm以上高いくせして、体重は私と同じ・・・。イヤ、これは参考にならないな(^_^;)

やっぱり粗食はやめて、毎日“肉食”にしようかなぁ~・・・。




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月24日 (月)

ビキニの私・・・

先月、「発掘!あるある大事典」で放送された、「たった2週間!腹ヤセ最強プログラム」を見て、私たち夫婦は腹ヤセを決意しました。
だって、モデルとなった主婦の方々、本当に2週間で“くびれ”ができて、おなかが凹んだのですもの!
2週間ならがんばれるかもしれないと思って、7月初めから始めました。私はちょうど、まさやんに会えるオーガスタキャンプまでに、という目標もありまして・・・。

プログラムは、以下のとおりです。
1週目は朝晩2回の3分間の体操、これは有酸素運動と無酸素運動を30秒ずつ交互に3回やります。
食事は、玄米、スキムミルク入りヨーグルト、きのこを食べます(これ以外は間食、お酒を控えれば、普通に食べてよい)。
2週目は朝昼晩3回の3分間の体操。食事はワカメと、キムチや納豆などの発酵食品を摂るというもの。

なんと、ふたりでやったせいか、3週間一日も欠かさず体操を続けることができたのです(てっちゃんは2週目の昼間の体操はできなかったみたいですが)!今までの私たちならまずありえない。これもまさやんに会うために・・・という乙女心のなせるワザ?
しかし食事のほうは、スキムミルク入りヨーグルトやワカメなどはがんばって食べていますが、きのこを1日100gなんて食べられない!しかも、普通に食べるんじゃなくて、小さく刻んで煮て食べるんですよ。ムリ。
玄米もキライではないけど、やっぱりホカホカの炊きたての白いお米が食べたい~!
「間食を控えれば」?・・・それができれば苦労しないっつーの!

というわけで、結果はというと・・・。
少しウエストは細くなったかと・・・思いたい・・・。でも、“くびれ”にはまだまだほど遠いのです・・・。
まぁ、てっちゃんはもともと目標というほどのものはなくて、健康のため、程度の気持ちなんですが、私は違います!
8月初めに、今度はまさやんだけのライブツアーが始まるのです!
しかも・・・Koni様がけっこう前のほうの席を当てて下さいまして・・・。まさやんから見えるじゃん!!!このくびれなきウエストではいけないわ!

そこで、私は荒ワザに出ました。
なんと、4年ぶりに、新しい水着を買ったのです!
しかも、ビキニですよ!!!
ビキニなんて、もうかれこれ20年以上着ていません。もちろん、その上に着るタンクトップと、ショートパンツが付いてますけどね・・・。そりゃ、この私がビキニだけで砂浜を歩こうなんて思っちゃいません・・・。でも、いくらタンクトップとショートパンツを着るといったって、やっぱりこのおなかではマズイわけで。
まさやんに会うまでに、毎日この水着を着て自分を戒め、腹ヤセに励む所存であります!

でもね~。思うんですが、オバサンはもちろんのこと、若い子でもビキニの似合う人って少ないと思いません?日本の女の子って、やっぱり痩せすぎというか、貧弱な気がします。多少ボリュームがあっても、ボン!ってしてるほうが、ビキニは似合うでしょ。
そして、ビキニの上に着るショートパンツやパレオが似合う人もまた少ない。なんか、潔くないというか・・・。特にオバサンが身体の線を隠そうと思って着るとかえってオバサンぽいのよ。でも着ずにはいられないし。もうっ!どうすりゃいいんだ!(水着姿にならなきゃいいんだよね・・・)

しかし・・・ビキニ姿の私を冷たく見ている家族の視線がイタイ・・・。
ふたこと目には、「誰もオマエのことなんか見ちゃいないって・・・」。

ふんっ わかっちゃいるけど、もうあとには引けないわっ!!!
絶対“くびれ美人”になって、てっちゃんを見返してやるーーーーーっ!!!
・・・って、目的はまさやんに会うためだったっけ・・・。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月23日 (日)

オーガスタキャンプ2006・・・PART2

さぁ、いよいよまさやんの番!

まさやん、「め組」のハッピ着て、白いパッチ穿いて、まといをクルクル投げながら、火消しの格好で登場!BGMは“サブちゃん”です!
昨日、まさやんから、「今回のテーマはお江戸でござる」という意味不明のメールが来たんだけど・・・これだったのね・・・。もぉ~お茶目なヤツ。34歳でもこの少年らしさがたまらん~!「てやんでぇ!」「べらぼうめ!」みたいな江戸っ子ことばを連発していました。
そのいでたちでエレキギターを持ったまさやん。
1曲目は・・・なんと「星降る街角(知ってる?)」!「♪カドカドカドカド曲がり角!」お約束だね!
2曲目はもんた&ブラザースの「ダンシング・オールナイト」!モノマネしてたけど、けっこう似てる~~!
3曲目がヒデキの「ギャランドゥ」!な~んか私の世代的にはツボですわ~。ハッピ姿にエレキのギャップがいいね♪
4曲目は細川たかしの「北酒場」!「♪夏の~オーガスタキャンプには~女を~酔わせる恋がある~♪」だって。私的には、「タケちゃんを~酔わせるヤマがいる~♪」って感じなんだけど(笑)
まったくどういう選曲なんだか・・・。
さて、気を取り直して(笑)、次は「アンジェラ」。
この曲、まさやんのエレキ、絶対聴きたかったから、うれしかった。でも、私が一番好きな部分「♪そこから今何が見えますかぁぁぁ」の「ぁぁぁ」のトコ、もっとセクシーに歌ってほしかった・・・ってマニアックなリクエストかしら。
そのあと「琥珀色の向かい風」「妖精といた夏」と、夏の野外にピッタリな曲。
「琥珀色の~」は、「ただ ただ・・・」という記事で書いたように、ウチのリョウヘイが全然ことばがなかったころに、突然はっきりと歌い出した曲でして、それを手紙に書いてまさやんに送ったことがあるという、私にとってちょっと特別な曲なので、聴いていてウルウルしてしまいました。
次に、モニターに文字が映し出されると同時に「S・A・T・U・R・D・A・Y・NIGHT」!
えっ「SATURDAY NIGHT」?と思いきや、そのあとに「アレルギーの特効薬」!
そして、空から金色のテープが降って来たぁ~!必死でつかんで、そのテープを首にかけました。途中いつものように「What'd I say」も入り、会場とCall&Response。「What'd I say」、カッコよくて大好き!まさやんの、ちょっとかすれたり裏返ったり、それからうなるような声も大好き!まさやんといっしょに歌えるこの曲、ライブならではの楽しさです。
そして最後の曲は、新しいアルバムから。
洋楽なのかな、何かレゲエの曲なのかな、わからないんだけど、「♪Let's make~together(ヒアリング能力なし・・)」っていう英語の曲をはじめと合間に歌いながら、「晴男」!これ、大好きな曲だし、絶対歌うと思ってたので、私も大きな声でいっしょに歌いました。ステージと会場がひとつになって、すごく楽しかった。
そしてメンバー紹介をして、ステージを去るまさやん・・・。
楽しかったけど、物足りないよ~!もっと、もっと、まさやんの声が聴きたかった~!
今日は全部エレキでした。アコギのまさやんは基本だけど、エレキのまさやんにめっぽう弱い私・・・。カッコいいわ~。
新しいアルバムからは、「アンジェラ」「晴男」だけだったけど、ツアーでたっぷりとね!

“トリ”はスキマスイッチ。人気あるのね~。大ヒットした「全力少年」以外よく知らないんだけど(またまたごめんね)、パフォーマンスは上手になったよね・・・MCは相変わらずだけど(笑)
Koniってば「スキマも成長したね~」・・・って、保護者かいっ!でも、ホント8年通い続けると、なんかオーガスタのアーティストはみんな身内みたいな感覚になっちゃって、保護者のような気持ちになるものなのよね~。

残るは福耳。
全員出て来て、「惑星タイマー」。「♪流星群みたいに降る夢」やっぱり、まさやんの声が一番好きだ~。
まさやんは赤いTシャツ着ていました。絶対オレンジとふんでいたのにな~。
続いて「星のかけらを探しにいこう」。もちろん、私もまさやんパートを熱唱しましたわ!
そして、花火が上がり、楽しかったオーガスタキャンプも終わり・・・。

お天気はほとんど晴れたりくもったりで、時折日差しが強くなったときもあったけど、涼しい風も吹いて、ちょうどいい感じでした。途中富士山も見えた・・・らしい(ステージからは)。

オーガスタキャンプ8回のうち3回は、まさやんだけのオーキャンだったのですよね。
なので、私みたいに「まさやん、まさやん、まさやん!」っていう人には、今年のオーキャンはちょっと物足りなかったかも。セッションも少なかったし、福耳のアンコールも短かったし。
でも、他のアーティストとのからみなどを見てると楽しいし、まさやんって愛されてるな~って感じます。
そして、私はほかの野外のジョイントライブなどにはほとんど行かないので、野外イベントの楽しさ、気持ちよさはオーキャンでしか味わえないもの。
だから、来年も行くぞ~!

そんな心地よい疲れに、帰りのバスの中で眠りに落ちた私たちなのでした。


| | コメント (10) | トラックバック (0)

オーガスタキャンプ2006・・・PART1

昨日は楽しみにしていた「オーガスタキャンプ2006」に行って来ました。
場所は富士急ハイランドコニファーフォレスト。ここでのオーガスタキャンプは、初回のまさやんだけのオーキャン以来4回目です。

7時半に横浜駅から出るツアーバスに乗るため、家を5時45分に出発。早目に着いてしまったので、駅の売店でバスの中で食べる朝ごはんを物色。
まさやんが晴れ男なら、私も自他ともに認める晴れ女!きっと晴れるだろうと思っていたのに、横浜は雨・・・。う~ん、Koniとおそろいで買ったカッパの出番ありか?
バスは予定どおり7時半に出発して、富士急に9時には着いてしまいました!
なんと、富士急は晴れていました!やったぜ、晴れ男!そしてタケちゃんエライ!
2時の開演まで、ハイランドリゾートホテルでのんびりおしゃべりして、お昼を食べて、おみやげを買って・・・いざコニファーフォレストへ!

ライブの楽しみのひとつ、ライブグッズショッピング。

2006_0723070920060010_1まさやんカラー?のオレンジは人気だったようで、masaがあとで見たら売り切れていたとのこと。





2006_0723070920060011必ず買うものは、パンフとTシャツと携帯ストラップ。
オーキャンでは手ぬぐいとうちわも定番です。





2006_0723070920060012ストラップはお気に入り。









 
席はBブロック一番前の列でした。Koniに感謝~♪

オープニングアクトでオーガスタの新人さんふたりが熱唱。秦基博クンと長澤知之クン・・・う~む、がんばってほしいけど・・・「マカロニグラタン」は聞いた人じゃなくちゃわからないけどインパクトあったな・・・。

さて、いよいよトップバッターCOILの登場!ヨースケさんもすっかり元気になったのね、よかったよかった。妙に人気があったわ。COILの曲はいいと思うけど、最近のは全然知らなくて、ごめんね。最後にRCサクセションの「雨上がりの夜空に」のカバー。清志郎~早くよくなってね!

次は元ちとせちゃん。黄色の民族風の衣装で、いつものように裸足で、ひらひら踊り、歌う。やっぱり独特の雰囲気があるなぁ。前より明るくアップテンポの曲が多いみたい。これも題名よくわからず・・・ごめんね。

次は杏子さん。おへそが出たタンクトップと短いショートパンツに、ブルーのキレイなワンピースのような衣装をはおり、元気に登場!そのあと脱いだり着たり・・・杏子さんはいつも簡単なお召し替えするのが楽しい。MCも面白いし、ダンサーをしたがえたダンスはセクシ~!全部新曲だそうです。最後に、幕末なんとか・・・って曲で、会場のみんなと「ワッショイ!」のCall&Response。杏子姉さん、エンターティナーだわ。
そうそう、余談ですが、開演前に時間をつぶしてるとき、ホテルのロビーで杏子さんに遭遇。キレイだけどごくナチュラルで華奢な杏子さんが、ステージではパワフル&セクシー。あれで○○歳とは・・・オドロキですね。

お次はシカオちゃん。シカオちゃんの最近の曲もまったくわからないの~またまたごめんね。「SPIRIT」と「このところちょっと」「真夏の夜のユメ」くらいかなわかったの・・・。
シカオちゃんはMCが面白いし、知らない曲でもカッコいい曲が多いし、パフォーマンスがカッコいいから、ファンじゃなくても聴いてて楽しい。
途中、さすが雨男シカオちゃん、ポツっと一粒の雨が・・・でも、なんとか降らずに済んでくれました。

それぞれのアーティストの合間には、みんなを飽きさせないように、モニターにいろんな映像が映るのです。でも、合間にトイレに行かないと、6時間の長丁場・・・。
帰り、規制退場だと、バスの発車時間までにトイレに行けるかわからないから、なるべくライブの後半でトイレに行こうと思っていました。
で、次はスキマかな~と思っていたので、このへんでトイレに行こうと席を立ったら、トイレが激混み!あ~あ、スキマの一曲目には間に合わないかな?なんて思ってステージを見ると、どう考えてもセットがまさやんのセットじゃん!!!
もうトイレはあきらめて急いで席に戻り・・・。

やっぱり、まさやんだった~!!!
よかった、あのままトイレに並んでいたら、まさやんの登場に間に合わなかったかも!

さてさて、我らがまさやんは・・・。

PART2につづく・・・



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月21日 (金)

夏休みの宿題

今日から子どもたちの夏休み。
夏は好きだけど、夏休みは・・・ママは大変。

特に、お昼ごはんが面倒ですね~。
自分ひとりだったら、残り物やカップラーメンや菓子パンでいいんだけどねぇ・・・。
リョウヘイは、おそうめんやおそばやうどんがキライ。夏休みのお昼の定番なのに・・・ホントに不便です。インスタントのラーメンや冷し中華もダメ。チャーハンみたいにいろんなものが混ざってるごはんもダメ。サンドイッチもダメ。
も~っどうすりゃいいのよ!!!
結局、焼きそばとか、丼ものとか、パスタになってしまうのです・・・。
なにか簡単に作れるものないかしら?夏休みランチのアイディア募集中~!

ところで、夏休みといえば“宿題”。
私が小学生のころは、「夏休みの友」とかなんとかいうワークブックや、絵日記や、読書感想文などが宿題でした。何か作品を作ったり観察日記とかもあったような気がする。
なのに、今の小学生って、宿題少ない!
学校によって違うのかもしれないけど、モエは算数プリント7枚、漢字練習プリント7枚、交通安全ポスター1枚だけ。あとはリコーダーの練習をしようとか、歯みがきカレンダーに色を塗ろう、とかいうもの。
リョウヘイなんて、宿題なし!!!去年までの個別支援学級では宿題が多すぎて親が本当に苦しんだので、宿題少ないといいなぁ・・・と思ってはいたものの、実際まったくないとなると・・・いいのか!?
まぁ、生活の中で、買い物とかお料理とか刺し子などをやらせようかなぁ、と今は考えていますが、終わってみたら「やっぱりなにもやらなかったな~」ってことになっていそうな予感もしたりして(笑)

さて、なんとモエは、昨日・今日で、算数プリントと漢字プリント、そして交通安全ポスターを終わらせてしまいました!それから、中学年の課題図書も2冊読んじゃった。
「いっぺんにやっちゃダメじゃない!毎日コツコツやることに意味があるんだから!」とたしなめたけど、「あ~私も昔、一日で宿題終わらせちゃおうなんて思ったっけな~・・・。わかるわかる・・・」なんて思っているものだから、あんまり説得力ないのよね・・・。
それにしても今の子どもたちはいいよねぇ~・・・。
ネットで過去の天気も調べられるなんて、ホント便利な世の中になったもんだわ・・・。

なんて、感心してるバアイじゃないんだけどさ。
でもまぁ、3年生の夏は二度と来ない!夏休みはたっぷり遊ぶべし!
親がこんなこと言ってるからダメなのかなぁ~!?



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月19日 (水)

おウチ映画館・「ALWAYS 三丁目の夕日」

ずっと観たくて予約していた「ALWAYS 三丁目の夕日」。
2ヶ月近く前に届いていたのだけど、ワールドカップがあって見る暇がなく・・・やっとこの連休に観ることができました。

陳腐な表現だけど、本当に心温まる映画でした。

昭和33年。東京タワーができた年。
東京の下町。小さな自動車修理工場「鈴木オート」を営む鈴木則文(堤真一)と妻トモエ(薬師丸ひろ子)、その一人息子の一平(小清水一揮)、そこに集団就職でやってきた六子(堀北真希)。そして、その家のお向かいに駄菓子屋を構える、しがない小説家の茶川龍之介(吉岡秀隆)。
茶川は想いを寄せる飲み屋のおかみ、ヒロミ(小雪)に頼まれ、母親に捨てられたという少年・淳之介(須賀健太)を引きとることになります・・・。

昭和33年といえば、さすがのワタシも(笑)まだ生まれてはいませんでしたが、生まれる少し前の話です。
「電気冷蔵庫、電気洗濯機、テレビ(もちろん白黒)」が“三種の神器”と呼ばれていたのは、ワタシも知っています。
ワタシが物心ついたときには、家に三種の神器はあったけど、氷で冷やす冷蔵庫が普通だった時代と、ワタシが生まれた時代はほんの少ししか違わなかったのか!ということにまず驚きました。
シュークリームが珍しかった時代。
テレビが来た家に近所のみんなが集まって、力道山のプロレスを見た時代。
駄菓子屋さんのお菓子が10円でいくつか買えた時代。
扇風機の風に「あ~~~」と声を震わせて遊んだ時代。

そして、戦後13年たっているとはいえ、まだ戦争の傷跡が残っている時代でもあったのです。
奥さんと子どもを空襲で失くしたお医者さん宅間先生(三浦友和)は、娘が好きだった焼き鳥をヒロミの店からおみやげに持って帰ります。誰もいない家に。
また、茶川にプロポーズされた翌朝、ヒロミは父親の借金のために踊り子に戻っていきます。
ワタシは、自分のことを「戦争を知らない子どもたち」だと思いますが、それでもまだまだ戦争の名残のある時代に生まれていたんだなぁ・・・と、この映画を観て初めて感じました。

そんな貧しい時代ではあったけど、集団就職で上京してきた住み込みの女の子のことを本気で怒ったり、見ず知らずの子どもを預かったりと、人々がホットな心を持った時代でもありました。
淳之介がお金持ちの本当の父親に引きとられて行く車を茶川が追いかける場面、そして淳之介が戻って来て、「実の父親のところへ行けよ、金持ちなんだぞ!」と言う茶川と「おじちゃんといっしょにいたい」という淳之介が抱き合う場面、本当はもっと大声上げて思いっきり泣きたかった!(てっちゃんといっしょに観てたのでガマンした)

ワタシとしては、「野性の証明」や「セーラー服と機関銃」のイメージが強い薬師丸ひろ子が、血気盛んで単純で、でも人情に厚いダンナの堤真一をたてながらうまくフォローする、「あの時代のお母さん」を演じていたのが、なんか感慨深かったな~。
それから子役の子たちが泣かせる~!ドラマでもよく見る健太クン!泣けたよぉ。
堀北真希ちゃんも、今ドキのオシャレギャルではなくて、ああいう役が合ってる~!かわいかったな~。

「携帯もパソコンもTVもなかったのに、どうしてあんなに楽しかったのだろう」

という宣伝コピーのとおり、今に比べたらひどく不便な時代。
液晶プラズマテレビやデジカメや電子レンジやエアコンや、DVDどころかビデオだってない。
でも、今より不便でも、今の時代にはないものが確かにあったのだと思う。
きっとある意味では、豊かな時代だったのでしょう。何より、みんな一生懸命生きていたんだな~と思います。戦争が終わって復興しようとするエネルギーがあったからだとしたら、皮肉なことだけど・・・。

携帯もパソコンもテレビも、ワタシにとってなくてはならないもの。電子レンジもDVDもなかったらとっても困る!
だから、何でも「昔はよかった・・・」とは思わない。
でも・・・、あの時代に生まれたこと、なんだかちょっとだけ、うれしいような気もします・・・。






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月18日 (火)

少しでも長く、少しでも多く・・・。

「梅雨を楽しむ!」なんて言ってる場合じゃないですよ・・・。
天気予報によると、来週の半ばくらいまで梅雨は明けないかもって・・・。怒るよ、ホントに・・・。
だってだって・・・今度の土曜日はオーガスタキャンプ、久しぶりにまさやんに会えるんだもの。

オーガスタキャンプも今年で8年目かな?
もちろん、皆勤です。
富士急、立川の昭和記念公園、千葉マリンスタジアム、そして去年の赤レンガパーク・・・。猛暑あり、台風ありでした。
立川では、猛暑の中、朝早くから並んで熱中症になったらしく痙攣を起こしている人もいました。去年の赤レンガではワタシだって具合悪くなっちゃったし。
まさやんがステージに出てきたら、具合悪いのなんて忘れちゃうんですが、野外イベントってそれまでが長いんだもん。
いつまでこの野外イベントに参加できるのか、最近とても心配です。
まぁ、自分の体調の許す範囲内の席で、参加することを楽しめばいいんですけどね。
でも、まさやんがそこにいる!と思ったら、どうしたって少しでもそばに行きたいのがファンというもの。あ~悲しい性だわ・・・。

ワールドカップのときにも書いたけど、いったいいつまでこうしていられるんだろう・・・と思うことが、年々増えてきました。
精神年齢はいつまでも18歳のつもりなのに(笑)、身体がついてきてくれない。学生時代、OL時代は、バスケで鍛えていたせいか、風邪を引くこともそれほどなかったし、会社だって休んだ覚えもあまりありません。
でも、子どもを産んで、特に腫瘍が発見されて以来、本当に身体には自信がなくなってしまいました。

リョウヘイの中学の担任の先生に言われたことばが印象的で、よく思い出します。
「やりたいことは借金してでも、今しておいたほうがいい」。
先生は女性ですが体育の先生で、身体には自信があったらしいのですが、ご主人を失くされ、ご自身も乳がんになり(回復しましたが)、今は足も悪くしてしまいました。
いくらやりたいことがたくさんあっても、いっしょにやってくれる人がいなかったり、身体が言うことをきかなかったりでできなくなってしまうことがある。お金なんてあとで返せばいいけど、健康は失ってしまったら取り戻せるかどうかわからない。だから、自分も家族も元気なうちにやりたいことをやったほうがいい・・・ということでした。
それを聞いてなるほどな~と思いました。
お金がたまったら海外に行こうとか、そんなこと言ってたら行けなくなってしまうかも。
いつまでも健康を保つよう努力することも大事ですが、やりたいことがあったら即実行!というのも大事なのかもしれません。

だから、お金なんてなくたって、ガマンなんかしない!
今のうちに、今のまさやんの声を聴きたい。
これからもずっと、まさやんのライブに行きたい。
少しでも長く、少しでも多く・・・。

とりあえず、土曜日、晴れますように・・・。



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月13日 (木)

優しくされるのはうれしいけれど・・・

まさやんに会えるオーガスタキャンプまで、あと10日を切りました。
今日はその日に備えて美容室へ。
ゆうべ、Koniから「美容室もう行った!?ワタシは明日行って来る!」というメールが。
「ワタシも明日行くよ~!」「切りたてだと心配だけど、切ってから一週間くらいで落ち着くと思うから・・・」「そうそう!」
恋する女の考えることはみんな同じなのね。
「まさやんから見えやしないって・・・。っていうか見えたとしてもどうだって言うの?」とツッコまれるのなんてへっちゃらさ~!

ところで、美容室(ヘアサロンっての?)って、なんか緊張するんだけど。ワタシだけ?
思うに、若いころならともかく(ワタシは若いころだってなかったけど)、主婦になった今(しかもかなり経った今)、男の人に優しくていねいに対応してもらうことってないじゃないですか。
きっとすごーく美人だったりお金持ちだったりしたら、美容室だけじゃなくって、高級ブティックだって、レストランだって、ちやほやされるのは当たり前なんだろうけど・・・。
普通のサラリーマン家庭の主婦だったら、優しくしてくれるのなんて美容室くらいのもの。
ふたりがかりでロットを巻いてもらったりとか、帰るときドアを開けてお見送りしてもらうだけで「なんか悪いな~」って思っちゃう。優しくされればされるほど、なんか気恥ずかしいっていうか・・・。
つまり、男性に優しくされることに慣れていないのよ!ワタシだけ?

女は誰でも男の人に優しくされたい。
それなのに、日本の男性は女性に優しくするのが苦手です。本当は優しくても、それを表現するのが苦手。
テレビ番組で、主婦がホストにハマるっていうのをよくやっているけど、それも、普段優しくされることに慣れていない日本の女性が、優しくされる快感を覚えてしまったからなんじゃないでしょーか!
どう?これってけっこう当たってると思うけど・・・。
韓国の男性みたいに(って知らないけど、ドラマとかで見ると)、いつも優しくて、「愛してる」って言ってくれて、ことあるごとにお花とか贈ってくれたら、女は優しくされることに慣れるのではないでしょーか!そして、いつまでも彼のためにキレイでいなければ!って思うのではないでしょーか!
美容師さんとかって、ワタシたちの話をよく聞いてくれるじゃないですか。くだらない話でも笑ってくれたり反応してくれるじゃないですか。これってすごく大事なことだと思うのですよ。
たとえば何か贈り物をしてくれるとか、荷物を持ってくれるとかいう優しさだけじゃなくて、自分に興味を持ってくれる、話を聞いてくれるっていうのが大事だと思うの。
ま、美容師さんも家に帰れば奥さんの話なんて全然聞いてないみたいですけどね(笑)

しかし・・・女にとっては優しい男の人がいいと思いつつ、そういう愛情表現してくれる人をなぜか好きになったことがないワタシ・・・。うまくいかないな~。
そばにいてくれるだけでいい、と思えてしまうのが恋なのでしょうか・・・。

優しくなくていいよ クールなまま近くにいて・・・
                              (byユーミン 「天気雨」)


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年7月11日 (火)

ワールドカップ閉幕・・・。

やってくれちゃいましたね、ジダン・・・。
あの頭突きはかなり強烈でしたね~。マテラッツィはいったい何を言ってジダンを怒らせたのかしら・・・。まぁ、もう終わったことですけど、気になりますよね。ワールドカップの決勝戦、現役最後の試合。その最後の最後に頭突きで退場とは・・・。もちろん、いけない行為ではあるけれど、これもまた逆に「伝説」になるんでしょうね。

優勝したのはイタリア。強かったです。
「カテナチオ(“鍵をかける”という意味だそうです)」と呼ばれるイタリアの守備はすばらしいものだったけど、攻撃もすごかった。スピードはあるわ、セットプレーは正確だわ、誰でもシュート打てるわ。そして、PK外さないわ。
日韓大会のときのしがらみのせいなのか自分でもわからないけど、イタリアというチームが今ひとつ好きになれなくて、イタリアの試合はいつも、どっちが勝ってもいいんだけどどちらかといえば相手チーム寄りで観ていたのです。が、総合的に見てやっぱりイタリア強かったなぁ~と思う。
そういえばイタリアに限らず、どちらかといえばこっちかな~と思ってビミョーにそちら寄りで観ていたチーム、ことごとく負けた。ワタシって疫病神?
強いチームを観ていて、やはり守備って大事だな~と思いました。でもブラジル・アルゼンチンの南米勢みたいな、ワクワクする攻撃はもうちょっと見たかったな。あとスペインとか。

決勝トーナメントはさすがに強いチームばかりで、しかも負けたら終わりだから、手に汗握る迫力があり、見ごたえもありました。
でもワタシは、あえて「予選リーグが面白い!」と言いたい。
予選を突破するのは当たり前のチームだったら関係ないのかもしれないけど・・・。
グループのほかのチームの出来が大きく左右する予選リーグ。今回も、アンの韓国が属していたGグループは、当然フランスがとっとと予選突破を決めて、あとの3チームでもうひとつの椅子を争うものと思っていたら、スイスが一抜けという意外な結果。確かにスイスは無失点で敗退したのだから強いチームだったんですけどね。そういう予想外の出来事もあり、ほかのチームの勝敗を見ながらのかけひきも面白い。勝敗だけでなく得点数も大きくものをいいますしね。

あらためて思うのですが、アンを好きになった前回のワールドカップでは、まだ何もわかっていなかったので、ある意味気楽に見られたんですよね。
今回は、韓国の試合のときなんか、気持ち悪くなっちゃうくらい緊張して、朝3時半に目覚ましが鳴る前に目が覚めてしまったのです。普段ならありえない!
今回、初めてワールドカップをちゃんと観て、ワールドカップで勝ち進むのって大変なんだ~と今さらながら思いました。すごいチームばっかりなんだもん。
前回、韓国が予選リーグを突破して、決勝トーナメントでもイタリア・スペインを破ったのって、ホームだったことや審判問題があったとはいえ、すごいことだったのね・・・と今あらためてつくづく思います。
日本も韓国もそれぞれ監督も変わって、これから楽しみです。でも、次回の大会からアジア枠減らされて、オーストラリアも入ってくるとのことだけど、日韓、出られるのかなぁ。
アンは、ワールドカップまではムリでも、もう少しだけ代表にいてくれればテレビで観られる機会もあるので、がんばってほしい!

この一ヶ月間は、寝不足だったけど、毎日楽しかった。「今日はどことどこの試合?」というのが朝の挨拶代わりでした。
終わっちゃって寂しいけど、これからもたくさんサッカーを見ながら、南アフリカ大会を楽しみに待ちたいと思います。

さて、もうすぐJリーグも再開します。日本のサッカーを強くするには、やっぱりJリーグをもっとレベルの高いものにしていかなくては。それにはどんどん試合を観に行く人の数を増やさなくては。
よーし、夏もマリノスの応援に行くぞ!次のワールドカップ、マリノスから誰が出場するのか、今から楽しみです。





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

七夕の願いごとは・・・

7月7日は七夕です。
この季節は雨で星が見えないことが多いので、「織姫さまと彦星さまは会えるのかなぁ・・・」と毎年心配しているモエ。子どもは純粋ですねぇ~。

今年も笹の葉に飾りつけをして、お願いごとも書きました。

2006_0707070920060139
笹の葉さ~らさら~♪







2006_0707070920060140 モエのお願い






2006_0707070920060141
リョウヘイのお願い







2006_0707070920060142
パパのお願い








2006_0707070920060144
そして、これがママのお願い





こ、これはマズイですよ。ママのお願いがこれでは・・・。
なので、

2006_0707070920060146
こっちにします!





ところで今日、ワタシの耳の奥の腫瘍のMRIとCTの結果を聞きに病院に行ったら、特に変わりないとのこと。また来年検査しましょうと言われ、ホッと一安心。
でも、腫瘍は、耳の奥にあるかたつむりの形の骨を圧迫しているので、それを侵食してしまうようなら、何らかの処置(切除か、放射線か・・・)をしなければならないとのことでした。あの場所に腫瘍があるのなら、やっぱり腫瘍と難聴やめまいは関係あるのかな・・・という感じでした。

てっちゃんの願いごとが叶うとうれしいですが、左耳が聞こえなくてもなんとかなります。
やっぱり一番の願いは、家族や友だちや・・・大好きなみんなが元気でしあわせに暮らせますように・・・。



| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年7月 6日 (木)

女3人寄れば・・・

みなさんにご心配いただいた「バス事件」も、なんとか一件落着いたしました。
今朝、てっちゃんとふたりで校長先生に直談判に行ったら、けっこうアッサリ「なるべく早く、私が直接バスの営業所にお願いに行くことをお約束します」と言って下さいました。やっぱり校長先生に直接、しかも父親が行くと違うのかな。

今日はそのあと、大学時代の友人のスガちゃんとあっちゃんとランチ。
仲町台の、スガちゃんのお友だちのご家族がやっている「蕎麦茶房 楽」というお店に行きました。手打ちのコシのあるお蕎麦と、アジアンスイーツのお店。作りもオシャレで、お蕎麦もデザートもおいしかったです。ワタシはとろろせいろと、ミニスイーツ3種セットをいただきました。

2006_0706070920060124_1  2006_0706070920060127_1

あまり長居するのもナンなので(っていうか十分長居したっつーの)、場所を移して、近くの「パークサイドカフェ」へ。ここはせせらぎ公園の緑の中のお店で、ちいちゃんオススメ。ドラマの撮影などにもよく使われるとのことでした。
木漏れ日が気持ちいいテラス席で、ミルクティーをいただきました。

2006_0706070920060128_1 2006_0706070920060131

そのようなステキなお店でお茶をしながら話す内容といえば・・・
夫の話より、子どもの話より、ましてや色っぽい話より・・・
サッカーの話です!!!
このふたり、お上品な奥さまなんですが、見かけによらぬ大のサッカー好きなのです。
スガちゃんは、日本代表GK川口能活の高校生時代からの大ファン、あっちゃんは海外サッカー通でデルピエロファン。
日韓ワールドカップでサッカー好きになったにわかサッカーファンのワタシなんて、4年間Jリーグに通って、海外サッカーも勉強して、なんとかふたりの話についていける程度。

それにしても、いつまでこうしてサッカー観て、みんなと熱く語り合っていられるんだろうなぁ・・・。
スガちゃんなんて、ヨシカツが4年後も代表GKであることを信じて、南アフリカに行くためのお金ためようかな・・・なんて半分マジメに言っていましたが・・・。
お金もないとダメだけど、4年後も8年後も12年後も、サッカーを楽しく観ていられるように、やっぱりいつまでも元気でいないとね!

女3人寄れば、おしゃべりも延々と続きます。
家族の話や妄想話?も楽しいけれど、なんたって旬の話題はコレですよ!
ステキなテラスでお茶を飲みながら、“サッカー談義”で盛り上がろう!



| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年7月 5日 (水)

バーゲンセール開催中。

世間ではバーゲンセール真っ盛りです。
先日、最寄りの駅のビルの駐車場に朝10時ごろ車を入れようとしたら、最上階まで満車。平日10時なら、いつもは3階か4階くらいには止められるのに、なんでだろうと思ったら、夏のバーゲンセール初日だったのです。

確かに、セールは楽しくて魅力的。
ちょっと高いからあきらめていたものが安くなっているのを見つけると、すごくトクした気分。逆に、自分が正規の値段で買ったものが安くなっているとクヤシイ!
とても気に入ったものがあって、「セールになったら絶対買おう!」と思っていると、そのお店だけセールはやらない、なんてこともあるのね。セールなんてしなくても売れちゃうからなのか、タカビーだ~!
また、セールになったら買おう!と思っていても、もうそのころにはいいものやピッタリのサイズがなくて、でもなんか買いたいもんだから、たいして気に入ってもいないものを買ってしまったり。
ほしいものはみんないっしょなのか、10時の開店と同時に行っても、もうすごい人だかりで、それを押しのけてゲットするパワーもなく、あきらめちゃったり。
「半額なんておトク!」と思って買って、家に帰って着てみると全然似合わなかったり。
セールでの失敗も数知れずです。

最近思うのは、夏のバーゲンセールが7月の初め(6月終わりっていうところもある)からって、早くないですか!?
だってまだ、夏来てないじゃん!
ワタシの中では、夏は梅雨が明けてから。梅雨の間はまだ肌寒い日もあるし、ノースリーブや素足ではくサンダルなんてあまり買いたいと思わなくない?
今年はどんなものが必要だから買い足そうとかいう計画がまだ立てられないうちにセールなんだもの。
夏を過ごしてみて、「あ、あんなのがあったらいいな」ってわかってからセールやってほしい。
・・・と友だちに言ったら、「それじゃ夏の終わりにほんのちょっと着れるだけじゃん。来年になったらもう流行も変わるから、やっぱり夏の初めにその年の流行のものをセールしてくれないと困るよ」とのこと。そうか、オシャレな人は、前もって今年の流行や自分のワードローブなどを把握した上でセールに臨むのね・・・と反省したのでした。

それにしても、“さぁ夏本番!”となるころには、セールも一段落して、売れ残っている夏物もあるにせよ、店頭はすでに秋の装い。
あれってすごく寂しいのよね。

年々、季節に追い立てられるような気がしてしまう・・・。
これもやっぱりトシのせいなの!?



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月 4日 (火)

まだまだこれから!

なんか、ワールドカップの番組も話題も、だんだん少なくなってきちゃって、寂しい。
でも、でも、今夜(明朝)から、準決勝なのよ!!!

そこんとこへ、ヒデの引退なんていう話が出てきちゃったし・・・。
確かにヒデはすばらしいサッカー選手だったのだと思います。技術的にもそうだし、フィジカルも強いな~って今回の大会で思った。アジアの選手みたいに体格に恵まれない場合、フィジカルが強いっていうことは精神的にも強くないといけないだろうし・・・。
でも、サッカーはチームプレーだから、“すばらしいサッカー選手”というのがどういうものなのか、日本代表のヒデを見ているとよくわからなくなりますけど・・・。
彼はカズみたいに現役にこだわり続けるタイプではないらしいから、本人が決めたことならしょうがないんでしょうね。だけどやっぱり29歳で引退は早いよね~。

アンは30歳だけど・・・まだまだやるよね?サッカー。
アンの引退なんて想像したくない!
彼は、引退したらサッカーとは違う世界を経験したいと言っていました。もちろん芸能界には興味がないとのことだから、引退したらもうテレビでも見られないのね~!(涙)
今、プレミアリーグやスコットランドのチームからのオファーがあるとのことだけど、この先どうなることやら・・・。まぁヤキモキするのも慣れたけどね。

さて、ワールドカップ準決勝は、ドイツ対イタリア、ポルトガル対フランスの欧州対決です。
ブラジルがいないよ~。ブラジルのあの楽しそうなサッカーがもう観られないのは残念です。ブラジルは、個々の能力もあって、かつチームとしてもまとまっていたので、まさか負けるとは思いませんでした。ジンクスってあるんだな~。
8強の中ではイングランドを応援していたので、ベッカムの涙は見ていてつらかったです。ルーニー・・・あれで一発レッドは厳しいと思ったけど、自分をコントロールできないヤツはやっぱりダメよね。それに比べて、ポルトガルの若手C.ロナウドは熱いけど冷静だったな。最後のPKすごかった。でも誰かさんみたいに、倒した相手国のクラブチーム解雇されたりしないよね?(笑)

日本、韓国が去り、その後、スペイン、アルゼンチン、イングランド、ブラジルなど、ビミョーに応援していた国が去り・・・。
準決勝・決勝は、ある意味すごく純粋に楽しめそう!?

本番はこれから!
まだまだまだまだ寝不足覚悟でワールドカップを楽しもう!!!



| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年7月 3日 (月)

バス事件顛末

今朝、先日のバスの運賃の件で、てっちゃんとふたりでリョウヘイの学校に行きました。
このあいだの運転手さんの言うことが正しいのなら、きちんとその分の運賃を支払うので、バスの運転手さんに障害児の運賃のしくみを周知徹底してもらうよう学校から申し入れてもらえないかと、お願いしに行ったのですが、あっさり「親御さんとバス会社で個々に対応してほしい」とのお返事。学校は介入したくないみたい。でも、ウチだけの問題じゃなくて、今まで無料パスで乗っている子は多いから、今後もこういうことがあるとまずいんじゃないかなぁ。特に県立の養護学校なんだから、通学だって学校と関係ないことではないはずなのになぁ。ちょっとガッカリしました。

それなら自分たちで言おうと、その足でバスの営業所へ。
主任さんに話を聞いてもらったんですが、対応は悪くありませんでした。
定期券売り場などは電鉄の社員が委託されてバスのこともやっているので徹底できていなかったのは申し訳ない、とか、今まで川崎市分も無料で乗っている子どもが多いことは運転手さんから報告が出ていたので学校に申し入れていた、でも相変わらず無料パスで乗る子が多いのでその子たちに言ってもわからないだろし、どうしようもなかった、とかいうお話でした。周知徹底できていないというよりは、たいていの運転手さんは見逃してくれていて、たまたま生真面目な運転手さんがリョウヘイに注意したらしいのです。話を聞く限りでは、バス会社はバス会社で、困っていたみたいなのです。どちらかといえばバス会社よりも学校の対処が悪かったんじゃないか~という印象でした。
結局、川崎市分の100円は支払わなければいけないものだけど、どうにかならないか考えてみると言ってくれて、無料にはならないにしても、子どもたちにわかりやすく支払いやすくするにはどうしたらいいか考えましょう、と言って下さいました。
ワタシたちはもちろん、100円払うのが惜しくて言っているわけではなかったので、誠意を持って対処してくれたことに感謝して、返事を待つことにして営業所をあとにしました。
それにしても・・・学校は頼りにならない!

そのあと、ちいちゃんのおウチで、『ニコニコ会』のビーズ講習会がありました。
『ニコニコ会』は、リョウヘイが小学校2年生のとき同じクラスだったお友だちのママ仲間で結成?したグループで、子どもたちはそれぞれ高校生になって違う学校に通っていても、ママたちはずっと仲良しで、ランチをしたり、アウトレットモールやコストコに買い物に行ったり、時々はこうしてビーズを作ったりして楽しんでいます。
同じクラスといってもリョウヘイは交流させてもらっていただけなのに、こうしていつまでも仲良くしてもらえるのは、とってもありがたいのです。

苦手だと思っていたビーズも、やってみればできるもんだなぁ~♪
かわいい指輪が完成。
実はビーズひとつにテグスを通すところ、ふたつに通っていたりするんだけど・・・気にしないっと!

バス事件のこともすっかり忘れ、楽しいひとときを過ごしたのでした。




| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »