« 「HAND MY ADDRESS 2006」初日! | トップページ | 「HAND MY ADDRESS 2006」カナケンレポ »

2006年8月 6日 (日)

「HAND MY ADDRESS 2006」初日・八王子レポ

さて、昨日の興奮も冷めやらず・・・なのですが、思い出しながら書き留めておこうと思います。

↓ネタバレ!  コメントにもネタバレがあるので知りたくない方、ご注意を!

定刻を10分ほど過ぎて、いよいよ開演。
まず、キタローさん、ゲンちゃんがひとりずつ登場。
そのあと、まさやんがいつものような感じでフラフラと登場!薄い水色っぽいTシャツにジーンズ、そしてアディダスの山崎モデルのマリノスバージョン!(勝手にマリノスバージョンにしてすまん)マリノスバージョンも買っといてよかった~~!

一曲目は、予想どおり、新しいアルバムから「NEVEL」!
まさやんに、「機嫌直して」「こっちへおいで」「安心して」って、言われてみたいよ~~~!!!
♪ずっと続いてゆくのさ 喜びも悲しみも 君といる世界も 僕の真ん中で抱きしめてゆこう♪
私もまさやんのこと、そう思いながら聴いていました。

次は「陽気なゴースト」「long yesterday」。
「陽気なゴースト」はライブで聴きたかったのでうれしかった!「long~」はそういえば、「アンジェラ」を買ったとき聴いて以来あまり聴いていなかったのよね。早朝のテレビ番組のテーマ曲になっていたのでそれで聴いたりもしていたけど、やっぱり生で聴くと100倍いい~!これはまた絶対聴きたいわ~!

今回のライブは、「HAND MY ADDRESS」ということで、ステージがまさやんの部屋という設定になっていました。
正面に棚があってその前にドラム、その隣りは窓らしくブラインドがかかっていて、その前にキーボード。左側には“山田ピアノ”(笑)、右にソファとテーブル。
絵などもかかっていて、まさやん曰く、「俺の部屋はだいたいこんな感じ」。
「まぁゆっくりしてって下さい」。きゃぁ~ゆっくりするする~!

さぁ、次は私の好きなカッコいい曲連発!
「メヌエット」「十六夜」「Super Suspicion」。
「メヌエット」は本当にいい歌ですね・・・。ゲームの主題歌にこそなったけど、こういう曲こそもっと世の中に出て、みんなに聴いてほしい・・・。「名前のない鳥」や「星に願いを」と同系列の曲とでもいいましょうか、詩も深くて大好き。
「十六夜」は二ール・ヤングのオマージュソングとのこと。てっちゃんが大好きなニール・ヤング。私はあまり聴いたことがないのだけど、この「十六夜」はまさにまさやんの曲という感じがします。「夜毎」「あがないきれない」「仇も」・・・などの、出だしの声がひっくり返るところがたまらん~!!!
「Super Suspicion」、久しぶりに生で聴いて、興奮!カッコよかった~~!!!Koniが興奮すると私の身体を触るので困ります(笑)。
まさやんの基本のアコギの曲はもちろん大好きだけど、エレキのまさやんは本当にステキ。カッコつけた派手なパフォーマンスなんて何もないのに、なぜかとにかくカッコいい。
普段のまさやんとのギャップがいいのかなぁ~(笑)。

次は一転して、ピアノで「8月のクリスマス」。
ピアノを弾くまさやんは、いつも思うのだけど、本当に純粋に音楽を愛する少年のように感じるんだな・・・。出だしの「ありふれた・・・」の「あり・・」の声だけで泣きそうになる。

ここで、トリオバンドライブのお約束?コントのお時間。
ソファに座り、リラックスした雰囲気で、「未完成」「ADDRESS」をさらりと歌いました。この設定がいい!こういう曲を、どうだ!という感じで歌うのではなく、なにげない感じで歌うのがすごくよかった。「未完成」を聴いて、あらためて、まさやんはこれからもずっと変わらずに歌い続けていってくれるんだな・・・と感じたし、まさやん自身、11年目、また新たなスタートを切るぞ、と思っているんだな・・・って思いました。
「ADDRESS」はライブで聴いたら絶対泣いちゃうだろうと思っていました・・・が、私が泣く前に隣りですでに泣いている人、約一名。先を越されたか・・・。この曲聴くと、まさやんに「歌を歌っててくれて、ありがとう・・・」ってしみじみ言いたくなる・・・よね、Koni!

MCで、「ADDRESS」は家で作った部分が多くて、近所から苦情が来たと言っていました。ドアに、「深夜のピアノ、ギター、歌は控えて下さい」みたいな貼り紙がしてあったんだって。えーーー私だったら昼でも夜でもまさやんのギターや歌声が聴けたら最高にうれしいのにーーーっ!!!「歌を聴いて喜んでくれるかと思ったんですけどねぇ・・・。ンなワケないかっ!」と大きな口を開けて笑っていたまさやん、カワイイーーーっ!!!もうメロメロパンチですわ!

次はエレキで「ビー玉望遠鏡」。この曲は、「ADDRESS」であらためて大好きになった曲。
まさやんの夏の歌は、なんかせつない。夏というと、自分にとっては真夏というよりは、夏の初めだったり夏が終わりに近づいていくころだったり・・・って何かで言ってました。すごく共感したわ。途中で「低気圧ボーイ」入らなかった?ってあとでKoniに聞いたんだけど・・・気のせい?カナケンで要チェキ!
そのあと「全部、君だった。」。なんか、この曲を聴くとすごーくせつなくなっちゃうのです
♪時は静かにかけがえのないものを 遠ざかっていくほどあざやかに映しだす・・・♪
本当にそうだよね。

さてさてここで、タケちゃんお怒り事件!(笑)
キタローさんとゲンちゃんが、「なんか寂しいよねぇ・・・」「誰か呼ぼうか」
まさやん「女友達が極端に少ないからねぇ・・・」
キタロー&ゲンタ「じゃ、ナンパしてくるわ」
まさやん「頼むわ」
ということで、キタロー&ゲンタが客席へ!!!若い女の子ふたりを、なんとステージの上に連れて行ったのです!!!
ヘンなかぶりものをかぶせて、ソファのまさやんの隣りに座らせ、写真撮ったりして、いっしょに「中華料理」を~~!!!イヤ~ンずるーーーい!!!許さ~ん!!!「コラコラ、そんな近くに寄るなぁ~!」とか「なに見つめとんじゃぁ~~っ!!!」なんて思っちゃって、なんかもう歌に集中できなかった~~!!!ま、もし私でもまさやんに穴が開くほど見つめちゃうと思うけどさ(笑)こういう企画、タケちゃんの心をざわつかせるわ(笑)

やっと邪魔モノがいなくなって(ごめんね、女の子たち)、「道化者のチャーリー」。まさやんはさらりと歌うけど、この曲、ホントはすごく難しいと思う・・・。
曲が終わったあと、ゲンちゃんが女の子のかつらをつけて「あっ!チャーリー、いた!」
出た!“ゲン子”ちゃん!
まさやん、道化者みたいに、鼻に丸い赤いものを付けて、声を変えてちょっとした小芝居。そして、
まさやん「じゃ、今日は八王子まつりやってることだし、焼肉でもおごってあげるよ」
ゲン子「焼くのは好きだけど焼肉はイヤ」
まさやん「じゃ、イカ焼きは?」
ゲン子「焼くのは好きだけど、イカはイヤ」
まさやん&ゲン子「焼くのは好き・・・焼くのは好き・・・・・・・・・パンを焼くーーーっ!!!」
ということで「パンを焼く」!やっぱりライブにはこれがなくちゃ!会場がひとつになる。まさやん、早口言葉、かんでたぞーーー!
続いて、「Fat mama」、「長男」、そして「アンジェラ」。
「Fat mama」はもちろんだけど、「長男」がまたカッコいい曲なんですね。歌詞はおもしろい。でもメロディーとギターのアレンジがめちゃカッコいいのだ~!昨日のはアレンジ違っていたけれどね。
「アンジェラ」はもう~大好き!この曲のエレキ最高~!ロック好きなてっちゃんもカッコいいなぁ~って言ってる曲です。またまたKoniが触ってくるぅ~(笑)
♪そこから今何が見えますかぁぁぁ♪の、♪ぁぁぁ♪が・・・。あぁ~もうダメ~どうにでもして!

そして・・・「晴男」。
♪Let's make everybody get together♪
オーキャンで聴いたとき、何かの洋楽かと思って一生懸命何の曲か調べちゃったおバカな私。この「晴男」のオリジナルだったということについ最近気づいたのでした。
♪東京に生まれて阪神を愛しててもそれはそれでいい♪
って、私のことわかってるのでは~?(東京じゃなくて神奈川生まれだけど)な~んて、妄想しちゃうような歌詞。そこを昨日は、
♪八王子のサマーランドは冬でもやってるのか?♪
みたいに替え歌してました(私は聞き取れなかったのであとで友だちに聞いた)。
この曲、ライブの新しいスタンダードナンバーですね!
♪僕らはいつだって同じ空を見ているのさ そしてずっとこの先も青い夢を描いてくのさ・・・♪
♪どこにも境目の無い空の下で出会ったのさ そしてずっとこの先も同じ空を見てゆくのさ・・・♪
いっしょに歌いながら、まさやんと同じ場所にいて、まさやんといっしょに同じ歌を歌えるしあわせをかみしめていました・・・。しあわせで泣いちゃいそうだったよ。
まさやんはいつまでも、ずっとずっと青い夢を描いていくんだろうなぁ・・・。そして私は、そんなまさやんのこと、ずっとずっと好きでい続けるんだろうなぁ・・・。
まさやんが手を振りながらステージのそでに消えて行っても、みんなの合唱はやまず・・・。それがいつもの「アンコール!」の手拍子の代わりとなって・・・。

少しして、また3人が出てきてくれました。まさやんは黄色のツアーT。まぁ、私たちが買ったレンガ色は着ないわね・・・。

「セロリ」、そして「月明かりに照らされて」。「月明かり」、迫力あったなぁ~!!!この曲、まさやんのトリビュート・アルバムで和田アキ子が歌ってたんだけど・・・やっぱり、まさやんじゃなくちゃダメなんだよね・・・。
つくづく、まさやんの歌というのは、まさやんの声と歌い方と演奏でなくてはダメなんだ、と思う。そのくせ、ほかの人の曲をまさやん自身の曲のように歌いこなして、元の曲よりカッコよくしてしまうまさやんって・・・やっぱり天才より凄いヤツだよぉ~~~!!!

キタローさんとゲンちゃんが退いて、最後の曲は、ひとり、エレキで「バス停」。
まさやん、歌う前に、これからもずっと、デビューのころと同じような気持ちで、今までと同じように歌い続けていく・・・というようなことを言っていました。その当時作ったこの曲を最後にもってきたのには、意味があるんだね、きっと・・・。
ていねいに歌うまさやんを見ていて、また涙が溢れてきました。みんな、そんなふうに音楽と向き合ってるまさやんが大好きなんだね。

「今日は本当にありがとうございました」
と、何度も深々とお辞儀をするまさやんは、きっといつまでも変わることなく、素晴らしい音楽を作って、私たちに届けてくれるんだよね。
まさやんの歌がいつもそばにいてくれる、そう思うだけで、また明日からがんばろうと思える。
きっと明日も、その先も、私たちを泣かせ、メロメロにして、そして力をくれるんだろうな。
やっぱりまさやんって、すごい!

外に出ると、いつもライブ後、約束してるわけじゃないのになんとなく集まってる宇宙の仲間たちがいました。
そんな仲間たちを私にくれたまさやん。何度も言っちゃう、やっぱり大好き!

また明日・・・この横浜で会おうね!





|

« 「HAND MY ADDRESS 2006」初日! | トップページ | 「HAND MY ADDRESS 2006」カナケンレポ »

コメント

読ませて頂きました!
タケちゃんに脱帽・・・
私のサッカー観戦の情熱とは違った熱さ感じましたよ。
長く愛しているんだもんね~~
そんなにまさやんって凄い?んだ~(感心)

投稿: cocochan | 2006年8月 6日 (日) 21:25

>cocochan

ファンじゃないのにレポ読んでくれたなんて、ありがとうーーー!
そうなの、ホントに、まさやんってすごいの!
パッと見ると、そこらへんにいる普通の男の人に見えるんだけど、ギターを持ってステージに立つと誰よりもカッコいいの!
cocochanにもぜひまさやんライブ体験してもらいたいわ。

でも、cocochanのサッカーに対する情熱もすごいと思うけど~!
それにしても、マリノスからの代表選出にはちと驚いた!

投稿: タケちゃん→cocochan | 2006年8月 6日 (日) 21:48

 すばらしいです…<(_ _)>私まで行ったような気分になれました(*^o^*)ありがとうございます♪♪♪
ほんとにほんとに早くまさやんライヴ行きたいです・・・・・・・!!それにしても、ステージ上にのぼった、しかもまさやんの隣に座った!女の子さん達すっごく羨ましいです。ムキーッ!もし自分だったら…と考えると妄想が止まりません(>o<) 富山でもやってほしいですが、その時は「自分が選ばれる」というのが前提で、他のかわいい女の子だったら絶対耐えられません~(T_T) でも、そういう時って、まさやんに触っちゃっていいんでしょうか?(起こりえないもしもの時に備えて…(苦))

 まさやんのライヴに行けることになってからでさえ頭の中はまさやんでいっぱいなのに、本物のまさやんに会ったらどうなっちゃうんでしょうね…タケちゃんさんのおっしゃる通り、現実に戻れない日々が続くのでしょうね…本当にまさやんは悩ましい男です。

投稿: kanichen | 2006年8月 6日 (日) 23:06

>kanichenさん

kanichenさん、レポ見ちゃってよかったのかな・・・?
自分が行くまで知りたくない人もいれば、予習したい人もいますけどね♪
ホント、「“ナンパ”はやめてほしい!」ってアンケートに書いちゃいましたよ!おとなげないんだけどね(笑)
彼女たちはまさやんと握手してましたよ~。
今から心の準備しておいてね(笑)
ホントに、まさやんって罪な男ですよね~!でもでも、やっぱり離れられないわ~!人を好きになるってつらいのね、思い出しました(笑)

投稿: タケちゃん→kanichenさん | 2006年8月 7日 (月) 00:01

見ちゃいました・・・1分程迷って、予習しておいて当日見逃しがないようにしよう!と思い、とうとう読んでしまいました……(>_<)誘惑に弱いようです。
ライヴレポって難しいと思います。。多分自分だったら、まさやんのライヴの素晴らしさとか感動とかをうまく文章にできなくて歯がゆい思いをすると思います。もっとまさやんはすごいんだよ!!(+_+)という感じで・・・ なので、タケちゃんさん・・・すばらしいです!(>o<)! (すばらしいという言葉しか使えない辺りも語彙の少なさを反映しています(^_^;))

投稿: kanichen | 2006年8月 7日 (月) 00:34

レポ、ありがとうございます。
(そう、そう、そうなのよ!)と、あの時の感動がよみがえってウルウルしながら読ませて頂きました。
「Super Suspicion」、生で聴いたの初めてでしたが、本当にカッコ良かった~。「十六夜」も「アンジェラ」も、あの曲もこの曲も・・・
何で、まさやんってステージ上では、あんなにカッコ良くてSEXYなのかしら~。大袈裟ではなくて腰が砕けそうになっちゃいました(笑)
でも『中華料理事件』(?!)あれはショック!
隣に座って握手まで・・・許せんっ!
ショックと怒りと寂しさで思わず涙が・・・この企画はツアー最終日まで続くのかな~。
もし若い娘でなかったら、ここまで怒らないと思うし、自分は選ばれないと分かってるから嫉妬なんですけどね(笑)
でも、やっぱり、まさやん最高!何をしてても、まさやんの姿がチラついてるし『明日も頑張ろう!』とやけに気合が入ってます。
タケちゃんは今日も、まさやんに会えるんですよね。しかも3列目!
羨ましいです~。私の分まで歌って踊って見つめてきて下さいね!!

投稿: シナモン | 2006年8月 7日 (月) 00:35

…耐え切れなくて読んじゃったよ~!!!(笑)
タケちゃん!レポありがと~!
ご一緒だったkoniサンにも!m(--)m
かなけん、タケちゃん3列目なんでしょ!?
「ナンパ」… ひょっとして、ひょっとするんじゃない?
うぉ~~~~~~鼻血出そう///

投稿: haru | 2006年8月 7日 (月) 09:15

私、他の人の音楽はあまり知らないし、
ライブも行かないからわからないんだけど

こんなにも音楽に対していつも真摯な姿勢で向き合ってる人は
いないのでないでしょうか・・・

ライブの最後にまさやんが深々と頭を下げる時、
いつもなんというか感動と共に厳粛な気持ちになります。

ところで『触る』とは・・・私は変態ではありません~(笑)


投稿: Koni | 2006年8月 7日 (月) 10:54

>kanichenさん

ライヴレポ・・・難しいですよね。
私のはレポではなくて小学生の感想文って感じです。
まさやんのすばらしさをうまく伝えられなくてもどかしいです。
カッコいい!としか言いようがなくて・・・う~んボキャブラリーが不足してる・・・。
音楽を通して、人に何かを伝えたり表現したりできるまさやんって、やっぱりすごいですよね!(・・・って、またまた語彙力不足ですが・・・)

投稿: タケちゃん→kanichenさん | 2006年8月 7日 (月) 12:41

>シナモンさん

ホントホント!まさやんのカッコ良さとSEXYさは、ライブに行かないとなかなかわからないですよね~!(失礼か?)

『中華料理事件』シナモンさんもやっぱりショックだった!?
よかった~こんなにショックだったのは私だけかと思った・・・。
「みんなはサプライズを楽しんでいたのかな~?」とか、「私ってばいいトシしておバカ?」とか思っていたのよ。
前にファンの集いのときに、抽選で当たった人がステージ上へ、っていうことはあったけど、ファンの集いなら、そのイベント性からいって、まぁいいか、と思えるんだけど・・・。
嫉妬以外のなにものでもないけどね(笑)

今日も思いっきり嫉妬心を燃やしてきますわ!!!(笑)

投稿: タケちゃん→シナモンさん | 2006年8月 7日 (月) 12:48

>haruちん

3列目とはいえ・・・ナンパされていたのは若い子でしたが・・・。(笑)
そう言いながら、その時間になったらきっとドキドキしてしまうタケちゃんなのでした・・・。


投稿: タケちゃん→haruちん | 2006年8月 7日 (月) 12:52

>Koni

私もそう思う~!!!
まさやんの音楽の原点は、音楽に対してひたすら真摯に向き合い、音楽を愛してるところからきているのでは・・・
だからきっと、まさやんが歌ってる「たたずまいが美しく」見えるし、こんなにも感動してしまうし、まさやんに感謝してしまうんだ~。

今日もKoniがまさやんのカッコよさに興奮して私を触る場面がたくさんあることでしょう!(笑)

投稿: タケちゃん→Koni | 2006年8月 7日 (月) 12:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/11302959

この記事へのトラックバック一覧です: 「HAND MY ADDRESS 2006」初日・八王子レポ:

« 「HAND MY ADDRESS 2006」初日! | トップページ | 「HAND MY ADDRESS 2006」カナケンレポ »