« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月29日 (金)

シチューを食べよう

肌寒くなってくると食べたくなるものに、シチューがあります。
考えてみると、ビーフシチューは外でも食べますが、クリームシチューってお店では食べた覚えがありません。

実家のシチューといえば、“ホワイトシチュー”と呼んでいるもので、牛肉で作る、ほとんどスープといった感じのものでした。父の大好物でした。
私は、テレビのCMで見る、もう少しトロリとしたものがシチューだと思っていたので、そういうのが食べたかったのだけど、父はあまりトロリとしたのは好きじゃなかったのかなぁ。実家の料理ってたいていは父親の好みですもんね。

なので、今のウチのシチューはトロリとしています。
市販のルーは使いませんが、ホワイトソースはレンジで作るので簡単。小麦粉とバターを耐熱ボウルに入れチン。よくかき混ぜてもう一度チン。牛乳を入れ3分ずつ3回チン。その都度よくかき混ぜます。お鍋では鶏肉、たまねぎ、じゃがいも、にんじん、マッシュルーム、しめじなどをスープで煮て、具がやわらかくなったらホワイトソースを合わせます。

お鍋は絶対にル・クルーゼ。
私が作るんだからどんなお鍋を使ったって味は変わり映えしないと思いますが、ビジュアル的にシチューにはル・クルーゼ以外考えられません。

2006_0929070920060047_1 クリームシチューには赤いお鍋がお似合い♪




しかし・・・。
なんとてっちゃんはホワイトソースがキライ。つまりクリームシチューがキライ。
さっきメールで「今日はクリームシチューだよ♪」って送ったら、「じゃ食べて帰る」だって。
ムカ~~ッ!!!



お家へ帰ろう シチューを作ろう 
窓から漏れてく白い湯気が
星屑の隙間を埋めてく

お家へ帰ろう シチューを食べよう
ほんの少しだけ手間かけて
この想いいつか雪になれ・・・

                         
(by 山崎まさよし 「お家へ帰ろう」)






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年9月28日 (木)

コーディネート

昨日おとといと肌寒かったのに、また今日は暑いですね~。
こんな気候のときって、着るものに困ります。いくら暑くてももう夏っぽい格好ではおかしいし、一日のうちでも気温の変化が激しいので、はおるもので調節するしかありませんね。

私たちでさえ難しいこの季節の服装ですが、リョウヘイはもっと大変。
もともと、暑いからこの服、寒いからこの服、と考えることも難しいし、ましてやこの色にこの色は似合わないとかそんなことは全然わからない。リョウヘイの辞書に“コーディネート”ということばはないのです。しかもその上、体温調節が苦手ときています。
中学のころは制服だったので、夏は白のポロシャツに制服のズボン、冬は白いボタンダウンに制服のブレザーとズボンと決めていました。なので私が朝出してあげなくても自分で着替えができていたのです。
ところが、高校になったら服装は自由。ほかの子は、中学の制服を着てきているのですが、リョウヘイは、中学の制服を着たら中学に行くものと思ってしまうのではという不安があったし、何より自分でその日の状況に合わせて服を選ぶことを学んでほしかったので、ウチではあえて制服は着せませんでした。
しかし、これが予想どおり、イヤ予想以上に大変!

リョウヘイの学校は服装は自由だけど“襟付き”の服が原則なので、夏の間はポロシャツを着ていました。でも休みの日はTシャツでいいわけで、この違いをわからせるのにまず一苦労。ホワイトボードにカレンダーを書いて、平日はポロシャツの絵を、土日にはTシャツの絵を書いてリョウヘイの部屋に貼り、寝る前にマグネットをカレンダーの翌日のところに移動させます。そういうのはすぐ覚えて確実にやるから、朝絵を見て今日はポロシャツ、今日はTシャツという具合に自分ひとりで着ることができるようになりました。ここまででもかなりの進歩なのです。

おとといは絵がポロシャツになっていたので、ポロシャツを着て下に降りて来ました。が、おとといはとても寒かったのです。なので、私が「今日は寒いから長袖のシャツに着替えたら?」とひとこと言ってしまったから大変。絵のとおり着たのになんで?と混乱してしまうのです。やっとのことで着替えさせました。
また、その長袖シャツをその日洗わずにいたら、昨日もそのシャツを着て来たのです。同じ長袖でもほかのを着るという発想がない。もう私も面倒くさいから2日続けて同じシャツで行かせました。そして、わざとそのシャツを今日も洗わないで試したら、やっぱり今日もそのシャツを着て降りて来た・・・(T_T)
この色とこの色は合わないとか、この服とこのズボンは合わないとかまではムリとしても、シャツは毎日着替えるとか、寒かったら長袖を着るか何かはおるとか、暑かったら脱ぐとか・・・そういうことってどうやったらうまく教えられるのかなぁ~・・・。
ずっと私が“今日着るもの”を出してあげられるわけじゃなし、こんなふうじゃ将来グループホームでひとりで生活できないよねぇ・・・。

・・・って、てっちゃんに真剣に相談したのに、てっちゃんてば「コーディネートはこーでねぇと!」とかベタなギャグ言ったりしてちっとも真面目に考えないんです。
ホント、男親ってノンキなのよねぇ~・・・(タメイキ・・・)。

もっとも、リョウヘイのこと考える前に、自分のそのワイシャツとネクタイのコーディネートをなんとかしたほうがいいかもしれないけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月26日 (火)

車で聴く音楽は

みなさんは普段、車の中で何の音楽を聴いていますか?
私はもちろん“山崎まさよし”ですが、あまりにまさやんばかりだと家族から苦情が出ます。

モエが3歳ぐらいのころ・・・まだ“まさやん”じゃなくて“ましゃあん”って言っていたころですが・・・、まさやんの曲はみんな知っていて、車の中でいつもイントロクイズをして、出だしのほんのちょっとした音だけで、「しんぱくしゅう(『心拍数』ね)!」とか、「しぇるり!(『セロリ』ね)」とか、全部当てていました。なのに、今はサビまで聴いても全然わからなくなっちゃった。で、まさやんヘビロテしてると「もうまさやん飽きた~」。
てっちゃんの70年代ロックは、ローリングストーンズなんかは私もだいたいわかるのでいいんですが、ツェッペリンとかジェフ・ベックとかはハッキリ言って苦痛。

そこで、家族3人(リョウヘイは無視?)みんなが聴けるのが“ジャニーズベスト”。もちろん我が家独自の“ベスト”です。去年の終わりくらいからのジャニーズのヒット曲を編集したもの。
モエは少し前まで、スキマスイッチとかゆずとかが好きだったのに、最近はとにかくジャニーズファンになっちゃって。
まぁ、女の子としての正しい道を歩んでいるってことかな?(笑)

我が家の“ジャニーズベスト”に入っているのは、トラジ・ハイジの『ファンタスティポ』、修二と彰の『青春アミーゴ』、TOKIOの『宙船』、KAT-TUNの『Real Face』、NEWSの『サヤエンドウ』、タッキー&翼の『Ho!サマー』、Kinki Kidsの『夏模様』、V6の『グッデイ!』、嵐の『アオゾラペダル』、GYMの『フィーバーとフューチャー』などなど。SMAPだけがなぜか入っていないんですが・・・(SMAPファンの方ゴメンネ)。

私たち夫婦は同い年で、ちょうど歌謡曲世代なんですね。歌謡曲を聴いて育って来ているのでそのテのタッチの曲が好きなのです。
ジャニーズの曲はまさに歌謡曲。昨日“HEY!HEY!HEY!”の特番で、この13年間にミリオンセラーになった曲のランキングっていうのを見たのですが、たいしたことない曲も多かったな~。っていうか、なんか「あぁ、この曲ね・・・」っていう思い出がない。このグループならどんな曲だってミリオンいっちゃうっていうのも感動がない。もっと一曲一曲が心に残る曲であってほしいなぁ~。もちろんミリオンいって当然といういい曲も中にはありますが・・・。
それだったらジャニーズの曲のほうが親しみが持てます。
考えてみればジャニーズの曲って、昔は筒美京平やら山下達郎やら吉田拓郎、今だったら中島みゆきやらB'zの松本やらが作っているんだから、いい曲のハズなんだよね。『アオゾラペダル』なんか、カッコいいイントロだなぁと思ったらシカオちゃんだった。昔でいえばひろみの『よろしく哀愁』なんて名曲だったよね~。
最近のコたちはまぁそこそこ歌えますしね(もともと私は、音程が正確とか声量があるとか音域が広いとかいうことが“歌がうまい”ということではないと思っていますが、さすがにト○ちゃんぐらいヘタだとちょっとね)。

・・というわけで最近、家族で車に乗るときはジャニーズ。けっこう飽きないのよ、これが。
もちろんひとりのときは即まさやんに変えるけどね。

みなさんも、まさやんばっかり聴いてて彼氏やダンナや子どもにブーイングされたらお試しあれ。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月22日 (金)

お姫様占い

今日、初めて“デジタルパーマ”というのをかけてみました。
デジタルパーマとは、髪を巻くロッドにコードがついていて、電気でロッドを加熱してかけるパーマです。髪が乾いてもカールが取れないし、髪にもダメージが少ないそうです。
機械とロッドがつながっているので、加熱する15分の間は頭が動かせない・・・そう思うとまた具合が悪くなるんじゃないか?と心配でしたが、担当のSさんが「15分間寝ていたら?」とか、「具合が悪くなったらロッドむしり取っていいですよ(笑)」とか言ってくれたので、リラックスできて、平気でした(情けないなぁ~・・・)。
出来上がりもけっこう気に入りました。・・・が、ロッドを外したときは一瞬、『サザエさん』みたいなクリクリ頭になり、「ちょっと・・・やってくれちゃったわね・・・どうしてくれるの?」みたいになるのでご注意を。

ところで、今日美容室で読んだ雑誌に、“お姫様占い(タイトルちょっと違うかも)”というのが載っていました。
これは生まれた星座と血液型によって、自分がどんなお姫様のタイプか占うもの。
ふたご座A型の私は「かぐや姫タイプ」。
このタイプは、「常に凛としていて芯を持っており、自己犠牲を払えるタイプ」だそうで・・・。Sさん曰く「全然当たってないじゃないですか」。・・・って、オイッ!
男の人がどのプリンスのタイプに当てはまるかも載っていて、獅子座O型のてっちゃんは「光源氏タイプ」だって。「フェロモンたっぷりで、たくさんの女性に愛される甘え上手」・・・こっちのほうが当たってないやんっ!!!

そこから、ディズニーのお話の王子様の中で誰が一番好きかという話に・・・。
私は絶対『リトル・マーメイド』のエリック王子!一途にひとりの女性を愛し、その人のためにあんな巨大タコの化け物と命をかけて戦うなんて、ステキ♪
次は『眠れる森の美女』のフィリップ王子。彼も愛するオーロラのためにいばらの道を切り開き、怪物と戦う凛々しい王子様。
一番ダメなのはシンデレラのチャーミング王子!ただ理想の女の人を待つばっかりで、容姿がキレイだからってシンデレラに一目惚れして、ガラスの靴を手がかりに彼女を探すのだって家来まかせ。ダメだねぇ~。白雪姫の王子様もダメ。自分は何もしないで一番おいしいトコだけ持ってっちゃってさ~。
そういえばちょっと気になるのは、ほとんどの王子様って、お姫様の容姿に一目惚れしてるじゃない?いくら心がキレイでも、容姿が美しくなかったら目に留まらなかったってことでしょ?やっぱり女は顔ってこと?おとぎ話がそんなんでいいのか?
・・・というようなことをてっちゃんに言ったら、「そういう夢のないこと言うなよな~」と言われました。

ところでお姫様も、やっぱり『リトル・マーメイド』のアリエルが好き。自分の大事な声を失くしてでも、好きな人に会いたいと思うまっすぐな気持ちと勇気ある行動は、自分の意思をきちんと持っている現代的な女性って感じでいいわ・・・と友だちのあっちゃんに言ったら、
「え~~私は白雪姫か『眠れる森の美女』のオーロラ姫がいいなぁ~。だって寝ているだけでステキな王子さまが来てくれるなんて楽でいいじゃない?」なんて言うんです。

そういう夢のないことを言ってはいけません!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月20日 (水)

『デスパレートな妻たち』

あーーーーーっ!!!ぐやじーーーーーっ!!!ヤナギのバカぁーーーっ!!!
ナビスコは獲る!と思ってたのに!!!
ふ~脱力・・・。
マリノス、今日の試合には勝ったけどアントラーズとの2試合のトータルで負け、ナビスコカップ敗退となりました・・・。アウェーゴール方式なんてキライ!
リーグ戦も優勝には遠いし・・・、よし、天皇杯こそ・・・。

こんな大事な試合を興奮しながら見ていたというのに、途中でてっちゃんからメールが。
「ドームの42番ゲートから地下鉄の水道橋駅にどうやって帰ればいいのかわからない」
・・・は?
てっちゃんは今日東京ドームのマドンナのライブに行っているのです。
ライブが始まる前にメールをよこしたみたい。けど、アナタの帰り道のことなんか私がわかるわけないじゃん・・・。
「私に聞かないで係員の人に聞いたら?」と返したら、
「調べてくれると思ったのに」だって!
・・・・・・。
だから、アタシあなたのママじゃないっ!!!by山口百恵 だってば!
なんでそんなこと私に聞いて来るわけ?第一、終わったら地下鉄方面に帰る人もゾロゾロいるだろっつーの!もしそれでも帰り道が心配なら事前に調べて行けば!?
・・・と思いつつ、やさしいタケちゃんは、メールが来たときはまだマリノスが勝っていたので、てっちゃんの座席から駅までの行き方を調べてメールしてあげました。
でも、マリノスが負けてから思い返してみるとハラ立つ~~~っ!!!

ムシャクシャするから、DVDを観ることにしました。

今私がハマっているのは、アメリカの連続ドラマ「デスパレートな妻たち」。
日本で言えば「金妻」の街みたいな郊外の住宅街に住む奥さま方のお話。
夫と離婚し、素敵だけど謎めいた独身男性に恋している妻、完璧すぎて夫婦仲がうまくいかなくなった妻、お金持ちだけど夫に満足できず年下の男の子と不倫してる妻、キャリアを捨て家庭に入って子どもに振り回されている妻・・・。
「金妻」はドロドロしていてあまり好きではなかったのだけど、この「デスパレートな妻たち」はドロドロではなくサスペンスドラマ。ところどころコメディタッチなところがアメリカっぽい。でも内容よりもむしろ、インテリアとかお料理とか、アメリカのライフスタイルが興味深いのです。
このDVD、出始めたころはどこにでもあったのに、今はどこに行っても“貸し出し中”。「24」などをはじめ、アメリカのドラマって流行っているのか、オンラインレンタルでも借りるのが難しくなっています。
なので、ホントは字幕がいいんだけどしょうがないからBSで夜中に放送しているのを録画しています。

さて!早いトコ子どもを寝かせて、お茶でも飲みながらゆっくり観るとするかな。
てっちゃん、ライブゆっくり楽しんで、終わったらどこかで軽く飲んで来てはいかがかしら?(「自己中な妻たち」)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年9月19日 (火)

目指せマッチョ!?

いよいよ今日、mikanちゃんといっしょにスポーツジムに入会しました~。

まず、これは定期的にやるらしいのですが、身体のサイズをはじめ体脂肪ほかいろいろなデータを測定しました。
その結果によると、私はもっと体重を増やしたほうがいいんですって!一瞬有頂天になったのですが、よくよく話を聞いてみると、要は筋肉が足りないとのこと。今は割合からいくと、脂肪が多いんだそうです!!!ガ~ン!
そして、代謝がこの年齢の平均より低いとも言われ、ちょっと・・・イヤかなりショック。身体が歳相応より老いてるってことじゃん!
どちらにしても、これは“筋肉不足”だそうで、筋肉は脂肪より重いから、筋肉をつければ体重も増えて、バランスがよくなり、かつ代謝も上がるらしい・・・。なので、どちらかというと有酸素運動よりもマシンのサーキットトレーニングを真面目にやって、筋肉をつけて下さいね、と言われました・・・。
学生時代からずっと体育会系で身体を動かすのが好きだったから、自分が平均より筋肉がないなんて思ってもいなかったのよね(スポーツやめてからもう何十年もたってるっつーの・・・)。
よ~し、がんばるぞ~~!マドンナとまではいかないまでも、目指せマッチョ(?)。

10種類くらいのマシンを順番に使って、マシンとマシンの間はエアロビみたいな有酸素運動。目安は2周半、ちょうど30分で終了です。マシンを順番に全部使うので、まんべんなくいろいろな部分が鍛えられるし、30分で終わりというのも主婦にとっては時間を有効に使えていいのです。帰りはすぐ近くのスーパーでお買い物できるし。
終わったあと、2周半なんて楽勝じゃん~なんて調子に乗って、今度は自由に使えるランニングマシンをやってみました。一度スイッチをオンにすると20分間動きます。はじめのうちは、「1km走ったらやめよう」とmikanちゃんと言っていたのに、だんだん疲れてきて・・・結局途中の500mでやめました・・・。「はじめから張り切りすぎるのもよくないよね!」と言い訳しながら・・・。


ところで、インストラクターのうちのひとりに、マリノスサポーターがいらっしゃいまして・・・。
その方のご主人は応援団だそうで、いつもおっきな旗を振っているらしいです。なのでその方もいつもゴール裏にいるのだとか・・・。
「じゃ、見かけたら声かけますね!」と言って帰って来ました。
置き薬屋さんのお兄さんもマリサポなんですよね・・・。彼はギリギリに行くことが多くてたいてい2階のゴール裏にいるって言ってたから、まさに我が家の定位置じゃん。
さすが地元、マリサポ多いのかしら。

これでスポーツジムに行ったらマリノス話に花を咲かせられるわ!
楽しみなのだ~~!(・・って、ジムに何しに行くんだ・・・?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年9月18日 (月)

運動会のヒーロー

モエの運動会は暑いくらいのお天気で、ジジババも見に来てくれて、楽しく終了しました。
モエの赤組は2位。またも優勝は逃してしまいましたが、とても楽しかったようです。親のほうがエキサイトしちゃって、全然知らない子の名前を叫んで応援したり、「なんで!?今のは赤のほうが早かったじゃん!!!」などと文句言ったり。
モエが赤組なので、我が家は全員赤いTシャツ。去年も赤組だったので、アンの韓国代表のシャツを着たんだけど、今年はわざわざ3人分のシャツを新しく買ったという気合の入れよう。アホな親よね・・・。

私は、地域の人や保護者とのふれあい競技と、PTA競技に参加しました。
PTA競技に参加するには朝8時45分にリボンをもらいに行かなければならないのだけど、私ってばお弁当が間に合わず・・・てっちゃんにもらってきてもらいました。
ふれあい競技は、生徒のみんなといっしょに大玉を転がして(頭の上で)送る競争。リョウヘイも参加しました。これは2チームずつの対抗でしたが、引き分け。
PTA競技は、ふたりペアになってなわとびを持ち、走って行って、なわを並んでいる味方チームの足元をくぐらせたあと(並んでいる人たちはジャンプする)頭の上を通して(並んでいる人たちはしゃがむ)次の人にバトンタッチするもの。
私はモエのクラスの男の子のパパと組みました。これは赤組がみごと一位!私だけじゃなくみんなけっこうマジだった・・・。

さて・・・。モエ自身の結果は置いといて・・・(笑)
恒例の「ヒーロー探し」ですが。
今年目立っていたのが、青組のKクン。応援団長で、リレーもアンカー。速かったな~。Kクンは背が高いので、ストライドが大きい。走り方が違うって感じでした。
やはり優勝は青組。リレーも青組が一位、応援団賞も青組がゲットしていました。
モエのお気に入りの、ひとつ上のTクンも、身体は小さいけれど足は速かった!リレーで青組が一位になったのは、Tクンのおかげと言ってもいいんじゃないかしら。

運動会を見ていると、つい考えてしまうのは、「もしリョウヘイが健常児だったら・・・」。
足は速かったのかな・・・応援団とかやるタイプかな・・・騎馬戦はやっぱり馬かな・・・。なんてね。
たぶん、もし障害がなくても、「のんびりタイプ」かな~とは思います。足も遅そうだし、応援団もやらないだろうし、騎馬戦はやっぱり馬だろうな・・・。
こんなふうに、本当のリョウヘイはどうだったんだろう?と思うこともあるけど・・・でも、今のリョウヘイが「本当のリョウヘイ」なんだよね。
それに、リョウヘイの小学校の運動会は、モエの運動会とは違う感動がありました。リョウヘイのがんばりとみんなのやさしさ。あの運動会はリョウヘイにとっても家族にとっても、宝物みたいな思い出だもの。

どちらにしても、リョウヘイが「運動会のヒーロー」になることはなかっただろうなぁ~。
よ~し、こうなったらモエを「運動会のヒーロー」とくっつける!!!(違)

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2006年9月15日 (金)

楽しい運動会

明日はモエの運動会。
運動会は大好きなんだけど、アタマが痛いのがお弁当です。イヤ、別に凝ったものを作るわけではなく、毎年同じなんですけど、リョウヘイの中学時代にお弁当を作っていたときと同様、早起きしなきゃ、っていうのがプレッシャーなんですよ・・・。まぁ、学校はウチのお向かいなんで、あとでゆっくり持って行けばいいんだけど、ホラ、モエの出番以外のところも見ていないとイケメン君を見逃してしまうかもしれないじゃない?

お弁当作りは苦手だけど、なんでも形から入るタイプなので、グッズには凝ってます。
ライゼンタールのキャリーバッグに、アンティークのダンキンドーナツのサーモ(魔法瓶)とアンティークのカップ、ロゴスのレジャーシート。
2006_09150709200600032jpg_1
ランチボックスは100円ショップのラッピングコーナーで売っている箱を利用します。ひとつにおにぎりを、もうひとつにおかずを入れます。この箱はけっこう頑丈で、ぬらさないように気をつければ何かに再利用できるし、家に帰ってから洗わなくて済みます。フルーツは保冷剤を入れたタッパーに入れて行きます。

お弁当の中身は毎年変わり映えしなくて、鶏のから揚げと玉子焼き、簡単な煮物とか野菜のゴマ和えとか。
そうそう、から揚げと竜田揚げの違いって知ってますか?私は下味をつけるのが竜田揚げだと思っていたんだけど違うのかなぁ。外で食べる竜田揚げって、衣が真っ白にフワフワについているでしょ。あれって家ではできないのかな?片栗粉に何か混ぜているのかしら・・・誰か知ってたら教えて下さい。
私は添加物にはうるさいので、できるだけ家で下味をつけて揚げるんですが、お弁当みたいに急いでいて、かつ冷めてから食べるのにオススメなのが、何年も前に友だちに教えてもらった日清の「たつ田揚げ粉」。リニューアルする前のほうがおいしかったんだけど・・・でも、ただまぶすだけで簡単なのにしっかり味がついて冷めてもおいしいです。

2006_0915070920060004_1置いてないスーパーもあるので、見つけたら買いだめしちゃうくらいのお気に入り。オススメ!









競技のほうは、子どもに楽しんでもらいたい、それだけですが、もし子どもが男の子だったらそうは言っていられないかも。やっぱり運動会って、男の子にとっては自分をアピールできる最大のイベントですからね~。リレーのヒーローはやっぱりカッコいいもん。
さぁ、明日のヒーローは誰かな~~?
それが一番楽しみな、ミーハーな私でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月14日 (木)

まさやんのポスターげっとぉ~!

わーい!まさやんの「アサヒ プライムタイム」のポスターもらっちゃった~!

少し前ですが、スーパー成城石井の店頭で「プライムタイム」のキャンペーンをやっていました。お酒が飲めない私の興味は、もちろんビールより、そこに置いてあるまさやんのパネル!
「プライムタイム」はまさやんのおかげでとても売り上げが良いそうです!でも、お店によってはまさやんのポスターやパネルを飾っていないところもあって、「まさやんのポスター飾ればもっと売れるのに・・・」と常々思っていたのです(ファンとはそういうもの)。そんな中ちゃんとパネルを置いている成城石井、グッジョブ!
「いかがですか?」と試飲を勧めるお姉さんに、「あの~・・・ビールはいらないんですけど・・・イヤ、買ってもいいんですけど・・・このパネルいただけないものでしょうか?」と聞いてみたのです(てっちゃんに恥ずかしいと怒られた)。
すると、販促物はお譲りできないことになっているんです、とのお返事。まぁ、そうかもしれませんね・・・。「せめて写真撮らせて下さい」とお願いしたらそれはOKとのこと(ますますてっちゃんに怒られた)だったので、写真を撮って寂しく帰って来ました。

毎週一回来てくれる、らでぃっしゅぼーやのお兄さん・Tさんにこの話をしてグチっていたら(どーゆー客だ)、「僕の知り合いに聞いてみましょうか」と言うではありませんか!「えっホント!?お願い!!!」とは言ったものの、半分は社交辞令かと思っていたのです。
ところが昨日、3種類のポスターを3枚ずつ持って来てくれたのです!
Tさんのお友だちのお友だちまで手をわずらわせたらしいです・・・。わーん、感謝~~~!!!Tさんもお友だちもそのまたお友だちも、みんなありがとう~~~!!!
おまけに、モエがジャニーズ好きだからって、V6のポスターまでくれました。これもジャニーズファンの妹さんに頼んでもらってくれたらしい。なんていい人なの~~~!

お礼に、いつもは頼まないお肉を注文しました(これってお礼になるか?)。
らでぃっしゅぼーやは品物はいいのですがお値段もいいので、お肉なんて買ったことなかったのです。
というより、私はカタログを見て食材を注文するのが苦手。計画性がないから来週に使うものを見越して注文ってできないの・・・。生協もいつも頼み忘れて、こちらのお兄さんにも迷惑をかけているのよね・・・。だから自分は何もしなくても勝手に野菜をみつくろって配達してくれるらでぃっしゅぼーやは楽でいいのです。

珍しく注文なんてしたもので、Tさん、「わっ!注文書だ!」とすごく驚いていました。そして、「注文してくれたことより、カタログをまだ捨ててなかったってことに驚きました!」だって。
私って信用ゼロなのね・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月12日 (火)

野毛散策

というわけで、スケッチ展の帰りに、野毛散策をすることになりました。
天気予報が見事にハズレて、カンカン照りの暑い日でしたが、風に吹かれながら、ふたりでまさやんゆかりの地をブラブラ歩きました。

2006_0911070920060095まさやんが振り向いた?旅館前の階段。
味のある場所ですよね。
野毛はみなとみらいとは違う、“雰囲気”があります。







2006_0911070920060098

成田山不動尊。
階段下の池には相変わらず亀の大群が・・・。





2006_0911070920060103

紅葉坂から見たランドマークタワー。
ここの景色お気に入りで、年賀状にも使ったことがあります。











2006_09110709200601052jpg_1まさやんが住んでいた家。
ポケットに手を突っ込んで階段を上って行くまさやんが目に浮かぶ~










2006_0911070920060111_2野毛山動物園。昨日は月曜で休園日でした。
この動物園は今年開園55周年だそうです。
またリョウヘイとモエを連れて来ようかな。

時間に制限があるのと、暑かったのとで、ざっとまわっただけでしたが、気候のいいときにまたゆっくり来たいなぁ~。

それにしても。野毛にはKoniとも何度か来ていますが、方向オンチの私たちはどっちに行っていいのか全然わからず・・・。地図を片手に行ったり来たり・・・。しかもしゃべっているうちに通り越しちゃったり・・・。ホント、何度も来たことがあるにもかかわらず、全然覚えてないじゃん。私たちっていつもみんなについて行くだけだったのね・・・。
でも、さすがに今日ぐるぐるまわって、覚えたわ!


2006_0911070920060110_2ちっちゃくてかわいい「はまちゃんバス」。これに乗って桜木町の駅に戻りました。
野毛山~桜木町の、普通のバスでは通りにくい細い道を通っているとのこと。
西区役所が試験的に運行させているそうですが、なくならないでほしいな~。だって、野毛山動物園まで坂を上って来たらもうヘトヘト。こんなかわいいバスで野毛の町並みを見ながら桜木町まで戻れるなんてしあわせだったもん♪

2006_0911070920060126クイーンズタワーの「Hard Rock Cafe」でランチ。
私たちってば若いわ。
でもホントにかかっている音楽はハードなロックでした・・・。

桜木町の観光案内所のオジサンとお姉さんに、みなとみらいバスのこととか、横浜に新しくできたスポットのこととか、いろいろ教えてもらいました。
彼らは、私たちのこと完全に観光客だと思っただろうな・・・。それほど私たちって横浜中心部のこと知らないのよね・・・。横浜市民なんだから、もう少し勉強しなくちゃ!

やっぱり、青葉区に住んでて“ハマっ子”を気取っちゃいけないね!まさやん!(笑)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月11日 (月)

スケッチ展に行って来ました。

夏の疲れが出たのか、夏の終わりが苦手なせいか、ここのところ少し鬱々とした日々を送っていました。特に何かきっかけとなることがあったわけでもないのですが。

そんなとき、リョウヘイの訓練会の大先輩のNさんのパパから、「花と旅のスケッチ展」のお知らせをいただきました。なんとなく気分がふさいでいたので、何か芸術に触れたら気分が晴れるかも、という気持ちもあり、同じ訓練会だったKoniといっしょに、今日行って来ました。

紹介文によると、作者のIさんは息子さんに知的なハンディキャップがあり、30年も前に横浜の養護学校でPTA会長を務められ、グループホームの設立などにも尽力された方だそうです。その後岩手に移られましたが、画家であるとともに音楽家でもあり、ご自宅に隣接して音楽ホールも作られたとのこと。
PTAの会報の挿絵が絵の世界に入るきっかけとなったというのも驚きでした。

花のスケッチはやさしいタッチと色調で、思わず表情が和らいでしまうような絵でした。きっと自分のまわりにあるほんの小さなものでも慈しんでいる方なのだろうな・・・。ご自分でも「何気ない風景や道ばたの草花のひとつひとつに感動し、スケッチを楽しんでいる」とおっしゃっています。そしてその感動する心を育ててくれたのは知的ハンディを持つ息子さんだったと・・・。
一方旅のスケッチは、花のスケッチとはまた違い、外国の建物や町並みが繊細なタッチで描かれており、自分がそこに立っているような気がしました。
どちらの絵も、ものや人や生活や、いろんなものに対する愛情を感じました。

私、すごく反省したとともに、元気が出ました。
やっぱり、ステキな人ってエネルギーがある!不思議にまわりの人たちを元気にするオーラがあるんです。すごいなぁ~!とKoniとふたり感動しました。
考えてみれば私も、リョウヘイのおかげで、ちょっとしたことがうれしかったり、感激したり、感謝したりするようになった気がします。今まで気づかなかったもの、気に留めようとしなかったものを意識するようになったり、物事を深く考えようとするようになったり・・・。
まだまだイライラすることも多いけれど、ギスギスして暮らしていくより、まわりにあるものに感謝して、自然体で、のびのびと生きられたらな~と、スケッチを見て思いました。このトシになっても、つくづく私って青くて甘チャンなんだわ。もっと強くならなくちゃ!

それから感じたのは、“出会い”の大切さ。今日元気が出たのはこのようなステキな絵とIさんに出会えたおかげ、そしてこのステキな絵が見られたのは先輩のNさんと出会えたおかげ、感動を誰かと共有することができたのはKoniと出会えたおかげ。
今まで生きて来たン十年の中には悲しい別れもありましたが、それだけに出会いは大事にしたいです。


さて・・・。このスケッチ展のあった場所は桜木町の野毛だったのですよ・・・。
野毛に来たとあってはこのまま帰るわけにはいかないでしょ!
このあとKoniと私の野毛散策が始まりました。

明日につづく・・・。(笑)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

結婚式は教会で?

今日は久しぶりの日産スタジアム観戦だったのに、負けました・・・。
対フロンターレ戦。“神奈川ダービー”なんて言ったって、一度も勝ったことないじゃん!!!同じチームに負けてばかりなんて、悔しい!監督が変わってすぐに強くなるわけではないと思ってはいたけどね・・・。次こそ頼みますよ~!


今日は子どもと3人で観戦に行きました。
てっちゃんは部下の結婚式なのです。
披露宴は青山のレストランだそうです。式は近くの教会で挙げて、そこからレストランに移動して披露宴。そういう形式が流行っているのかな。

遠い昔の話ですが、実は私たちも、結婚するとき目黒のサレジオ教会で式を挙げようと思っていたんですよね~。兄が神父さまと知り合いだったので、「妹さんはぜひ当教会で式を挙げて下さいね!」な~んて言って下さっていたのですよ・・・。
ところが、結婚する何ヶ月も前にその方に聞いてみたら、式の予約が殺到していて融通を利かせられないとのこと。え~?そんなに人気がある教会だったの?と思ったら・・・。
そのワケは、その少し前にサレジオ教会で、あの松田聖子が神田正輝と式を挙げたからだったのです!それ以来、人気が急上昇しちゃったらしいです・・・。
私はクリスチャンではないからいいんですけど・・・。みんなミーハーなんだから!!!(アンタが言うなって?)

そういえば、友だちの結婚式や披露宴で知り合った人、または再会した人とお付き合いするっていう話がよくあるけど、本当にそういう例は多いのでしょうか。
私が次に出るのは姪か甥の結婚式でしょ・・・。
・・・ってことはそこにはてっちゃんもいるから・・・・・・チェッ ダメかぁ~~~!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 8日 (金)

ウワサのマンモグラフィー

今日、急に思い立って、S大学病院に乳ガンの検査を受けに行きました。
朝起きたらなんとなく右の脇の下に違和感があるような気がしたのです。子宮ガン健診は去年受けたけれど、乳ガン健診は受けたことがなく、そろそろ定期的に受けなくては・・・と思ってもいたので、この機会に行くことにしました。

乳ガンの専門は婦人科ではなく外科なのですね。
S大学病院は、初めての科にかかるときは紹介状がないとお金がかかるのですが、受付に行ったらいつもかかっている脳外科と同じ外科だからそれはいらないとのことでした。
外科に行ってまず問診票を書き、待つこと約1時間、診察室に呼ばれました。
そこでいろいろお話をしてから触診。座ってと寝てと両方しました。触った感じでは、しこりなどはないと言われましたが、年齢のこともあるし気になるところがあるのだったら、マンモグラフィーと超音波をやってみましょうと言われました。超音波は今日の予約はいっぱいで、来週に予約を取りましたが、マンモグラフィーは今日できるとのこと。
ウワサに聞くマンモグラフィー・・・。痛いという評判ですよね・・・。ちょっとビビりながらX線の検査室へ・・・。

検査の前に女性の技師さんが説明してくれました。
「男の人でもはさめるんですヨ」って・・・。ン!?どういうこっちゃ!
片方ずつ、上下左右にはさんで4枚撮りました。手動なので、「まだ大丈夫ですか?」といちいち聞いてくれて徐々にはさんでいくんだけど、私けっこう平気で、相当ぺしゃんこになるまではさめたと思う!ものすごい覚悟で行ったせいか、たいして痛くありませんでした。・・・これって胸の大きさと関係あるのか!?
来週超音波検査、その次の週には「乳腺外来」に結果を聞きに行きます。

私の知り合いにも乳ガンを患った人が何人かいます。いずれも今は元気にしています。そしてやはり彼女たちは健診で早期に見つかった人たちです。
乳ガンではなかったけれど、去年の夏亡くなった友だちもガンでした。そして自覚症状があって受診してからではもう手遅れだったのです。私と同い年の友だちでした。
私は主婦健診などもろくに受けていませんでした。でももうそんなことを言っていられる年齢ではありません。ただでさえ体力もなくなってくるのだから、やれることは全部やっておこう、と思うようになりました。

今年は脳のMRIとCTも撮ったし、マンモグラフィーも撮ったし・・・。
まだ結果が出たわけではないけれど、乳ガンの検査結果がOKだったら、今度はこれまた苦しいとウワサの胃カメラ検査を受けてみようかと思っています・・・。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

リョウヘイの性(サガ)

今朝、学校の先生から、「リョウヘイくんが来るのがいつもより15分遅かったのですが・・・朝何かありましたか?」と電話がありました。
いーえ、何にもありません。いつもどおりにてっちゃんとふたりで家を出ました。
でも、今日はてっちゃんが電車のドアのところで自分はホームに降りずにリョウヘイと別れたらしいので、もしかしたらそこからひとりでバスに乗って所定のバス停で降りて学校まで歩いて・・・という行程の中で、何か失敗があったのかもしれません。前みたいにバス停で降りられずに乗り過ごしたとか・・・。でも本人何も言ってくれないから、何があったのかを知ることはできず・・・。とりあえずもう少し早く家を出るようにしますとは言いましたが・・・。やっぱりもう少しのあいだ、バスを降りるところまでついていかないとダメなのかな~。それとも夏休み明けでまだ勘を取り戻してないのかな。

朝そんなことがあったところへ、またしてもリョウヘイのバカタレが。
なんとジーンズをビリビリに破いてきたのです!
ちょっと長めに穿いていたので、裾が擦れてきていたのです。それがカッコよかったのに。どうも、その擦れた部分から、ビリビリ・・・と破いたらしいんだな。
そうです、これは自閉症の性(サガ)なのです。
ちょっと破れていると、全部破かないと気が済まないようなのです。
私のクラッシュジーンズのことも、いつもジッと見ているのよね。私のジーンズもいつかやられちゃうかもしれないわ!
リョウヘイの友だちは、旅行先の旅館の壁紙の張り合わせた部分がちょっとはがれていたのを、一気にバリバリ破いてしまったそうで、泣く泣く弁償したと言っていました。ソファの張り生地にちっちゃな穴が開いていたのをビリビリ~っとやっちゃった子もいます。他人の家でもやってしまうから、そのために保険かけている友だちもいます。知能が高い子でもそういう傾向はあるみたいなので、ホントやっかいです。
リョウヘイは背が高い割に細いので、合うパンツ(ズボンね)がなかなかないのですよ。今のメンズのジーンズって、28インチからしか製造してないそうなのです。28インチだとウエストが大きいので、やっとのことで売れ残っていた27インチのジーンズを見つけてきたというのに。
リョウヘイってば、私に怒られると思って恐れおののいてんの。顔をガードしてたわ。そんなに私が怖いのならやるなっつーの!

我が家では、リョウヘイには格好だけでもちゃんとしてほしくて、家族の中で一番いいものを着せているのです!
それなのに、今回のリーバイスのジーンズの前には、ラコステのポロシャツをビリビリにしてくれたし、その前はラルフローレンのセーターを、その前はJ・PRESSのシャツを、その前はアディダスのTシャツを、その前は・・・・・・・もぉ~イヤっ!!!

・・・だけど不思議なことに、ユニクロの服だけは破いたことがないんですね、これが・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2006年9月 6日 (水)

スポーツジム体験

mikanちゃんと、スポーツジムの体験に行って来ました。

40秒ずつ交互に、有酸素運動とサーキットトレーニングを繰り返します。
サーキットのマシンは、腹筋、背筋、二の腕、腿・・・など、身体のいろいろな部分を鍛えるものが10数種あって、マシンとマシンの間にエアロビみたいな運動をします。途中、脈拍を測る時間があって、年齢による目安の脈拍より多ければ少しペースを落とし、逆に少なければペースを上げるよう、自分で調節するんだって。でもお手本どおりやるのに精一杯で、調節なんてできないっス・・・。2周半やればちょうど30分。30分が一回の運動時間の目安だそうです。今日は体験なので1周だけやりました。

マシンは使い方がわからず、私ってば全然違う使い方をしようとして、インストラクターのお姉さんに笑われちゃった。
エアロビは、お手本がモニターに映っていてそれを見ながらするんだけど・・・お手本どおりできない~~!!!「ムリだったらただ足踏みするだけでもいいんですよ」と言われたけれど、「やだ!お手本と同じにやる!」と意地になってやりました。なんかヘンな踊りになっていたような・・・。鏡があったら笑えただろうな~。
普段私はあまり汗をかかないタイプで代謝が悪いのかと思うのですが、今日はジンワリ汗をかきました。2周半やったらもっと汗かくだろうな。
来ている人たちはオバサンばっかりで、オシャレなウエアを着なくてもいいし、気が楽でした(大昔OLのころ、青山のジムに体験に行ったことがあるんだけど、みんな何を競っているの?という感じだったので)。でも、何でも“形から入る”タイプの私・・・。やるならやっぱり可愛いウエア買いたい気も・・・(金欠なんでしょ by mikan)。

けっこう面白かったです。続けて通ったら痩せる気がするので、やっぱり入会しようと思います!

それにしても明日の筋肉痛が心配だな~。
・・・あ、あさってか!?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 5日 (火)

おウチ映画館 『THE 有頂天ホテル』

やっと借りることができました、「THE 有頂天ホテル」。
大晦日のお話だからいっそのこと年末に観ようかと思っていたんだけど、やっぱりガマンできずに観ちゃった♪

大晦日のホテルを舞台に繰り広げられるさまざまな人間模様を描いたこの作品。
三谷幸喜監督で、なおかつこれだけの豪華キャストで、面白くなかったら怒るよ!

あまりに期待しすぎていたせいか、「もぉ~サイコーっ!!!」ってほどでもなかったけれど、公開されているときに映画館で見ていたら、「もぉ~サイコーっ!!!」になっていたのかもしれません。なにしろエンターテインメントですから。
限られた時間と空間の中で、何人かの登場人物とそのストーリーが同時進行していくこのようなスタイルを「グランドホテル形式」というそうです。「グランドホテル」って昔見たような気がするんだけど覚えてない・・・(汗)。
こういうお話、普段の私だと、どの登場人物がどの人だったかわからなくなるので、DVDで巻き戻したりしながら観るんだけど、この「有頂天ホテル」は登場人物があまりにも豪華で個性的なのでそのような混乱もなく、これなら私でも、劇場で観てもわかっただろうと思われます(笑)。

とにかく、うまくできている作品です。大爆笑というよりは、小爆笑がそこここにちりばめられているといった印象(これも劇場で観たら違うのかも)。
まぁ、役所広司が鹿のかぶりものをつけてマン・オブ・ザ・イヤーになりすますところなんかはやりすぎじゃ・・・?って感じだけど・・・。それでもいいジャン、コメディだから。カタイこといいっこナシ。
印象に残った俳優は、役所広司とYOUと香取慎吾かな。
役所広司って、バカ真面目すぎるからこそ笑える、という役ができるからいいですよね。「笑の大学」でもそうだったけど、こういうのがハマる人なかなかいないんじゃないかな?
YOUの最後の歌、よかったですね。昔のことだけど、YOUはフェアチャイルドというバンドのボーカルだったので歌はまぁうまいハズ。でもなんといっても声がいいですね。ジュディマリが出てきたときなんか、YUKIはYOUに影響されたのかな~なんて思ったくらいでした。フェアチャイルドは解散しちゃって残念だったけど、YOUはアタマもいいし勘のいい人だから、バラエティでも面白いし、演技もソツなくこなしちゃうのね。
あと香取慎吾。彼には今まであまり興味なかったのだけど、この役は合っていたと思います。大げさにうるさくもなかったし、素直な演技でよかったと思います。等身大(ホントは違うけど)って感じでした。
彼が持っていたキタナイ人形(幸福の人形?)が、次々にいろいろな人にめぐりめぐって、最後に自分に戻ってきたのが印象的でしたね。

これってお正月映画だったんですよね?
お正月に観るにはちょうどいい作品かもしれませんね!

なんだかんだ言っても、こういう映画はやっぱり三谷さんならではでしょ。
古畑任三郎をはじめ、やっぱり彼の作品はドラマでも映画でも観ようと思うもんねぇ。

ということで、三谷さんの次の作品が楽しみになった作品でした。

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2006年9月 4日 (月)

私、脱いだらスゴイんです。(古)

今日はちいちゃんやmikanちゃんなど、いつもの会のメンバーが集まり、近所のイタリアンレストランでランチをしました。
リョウヘイが2年生のときからの仲良しママグループなので、考えてみたらもう10年近いお付き合いになります。子どもたちはそれぞれ違う中学・高校に行って、会うこともなかなかなくなりましたが、ママたちは一ヶ月か二ヶ月に一度、ランチやビーズ作りなどをしながらおしゃべりを楽しんでいます。小学校のママ友だちがこんなに長く、定期的に集まるくらい仲のいいのも珍しいかもしれません。特にウチは個別支援学級だったけど、こうして親子とも仲良くしてもらえたので、小学校生活を楽しく過ごすことができました。

そのうちのひとりのママが、「今日はヨガの日だからお先に失礼するね」ということで先に帰りました。そこからスポーツジムの話で盛り上がりました。

実は、先日mikanちゃんと、近くに新しくできたスポーツクラブの見学に行って来ました。
そこは女性専用で、内容は有酸素運動(エアロビのような運動)と無酸素運動(マシンによる筋トレ)を3分ずつ交互に行って、30分で終了するというもの。
私はパッと見て太っているようには見えないかもしれませんが、脱いだらスゴイんです!
部分的におなかと二の腕を細くしたいのです。逆に顔は痩せたくないし、特にこれ以上胸がなくなったらホント困るの!(切実)
7月からてっちゃんといっしょに「あるある」でやっていたおなか痩せ体操をしていますが、どうも効果はイマイチ・・・。特にてっちゃんがギックリ腰になって体操をやめてからは、私もサボりぎみ・・・ホント私って意志が弱いのよね・・・。
なので、ここはひとつジムに通って、プロと相談しつつ、本気で痩せようと思うのですよ!で、そこのインストラクターさん曰く、部分痩せというのは非常に難しく、ジムのマシンでそこだけ痩せようとするよりも、有酸素運動と全身の筋肉のトレーニングを組み合わせたほうが、結局効率がいいとのこと。
料金もお手ごろだし、ちょっと体験に行ってみようと思ってます。
今日先に帰ったママが通っているヨガは、区の公会堂にあるスポーツセンターでやっていて一回500円なんだって。さまざまなエクササイズがあって、ヨガもいろんな種類があるらしいです。ピラティスもあるとのことなので、こちらも見学に行ってみようかしら・・・。
そのほか、青葉台やたまプラーザに新しくスポーツクラブができるらしく、オープニングキャンペーンなんかがあるかもしれないからそれを待つ、と言っているママ友もいました。みんな健康や美容のことはいろいろ考えているのね。
よーーし、私もがんばるぞ!

11月には、ウエストがくびれ、ツアーTの袖からほっそりとした腕を出した私と会えるはずよ、まさやん!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年9月 3日 (日)

秋めいてきました。

涼しくなってきましたね・・・。
エアコンもほとんど必要ないくらいだし、冷え性の私は素足にミュールじゃもう寒い。それにもし残暑がぶり返したとしても、もう夏の格好は似合わない季節になってきました。街にはハロウィングッズもちらほら・・・。待ってよ~そんなに季節の先取りしなくても・・・ついて行けないじゃない。

さて、この2週間あまり毎日楽しみにしていた世界バスケは、きょんの予言どおり?スペインの優勝で幕を閉じました。
私はアメリカかアルゼンチンかな・・・と思っていたんだけどね~。今はNBAにもアメリカ以外の国の選手がたくさんいるし、バスケはアメリカの独壇場ではなくなってきたのですね。もっともアメリカはここんとこ国際試合ではいい結果を出しておらず、前回の世界バスケなんて6位。今回は最後は意地で3位に入りました。やっぱりアメリカのスーパープレイは見ていてワクワクしますね。

それにしても決勝は意外にもあっさりスペインが勝ってしまって、ちょっとあっけなかったかな。
私としては準決勝のスペイン対アルゼンチン戦が一番面白かったです。
アルゼンチンが第2クオーターで逆転されてからは、決めても決めてもスペインも決めるので、僅差でありながら追いつけなくて、アルゼンチンはかなり熱くなってしまっていて・・・。精神的に乱れてもうダメかなと思ったら、そこから立て直してきて、最後の最後で追いついて。結局最後の攻撃でジノビリがシュートを打てず、1点差で負けたけど、でもすごくメンタルが強いな~と思いました。スペインはこの試合の最後の最後で大黒柱ガソルが足の指を骨折してしまって、同点で延長になっていたらどうなっていたかわからないという状況だったけど、ホント最後よく守りました。
そして、今日の決勝、もちろんガソルは出場できず・・・でもそれでもアメリカを破った欧州チャンピオンのギリシャを降して優勝、これはすばらしいです。ガソルが出られないことでみんながひとつになったということもあるかもしれないけど、やはりこれは相当精神的に強いんだと思います。逆にギリシャにはもうちょっと粘ってほしかった・・・。
私はサッカーでもスペインとアルゼンチンはけっこう好き。特にスペイン人のルックスは私好みです(出た)。私は金髪に青い瞳の男子より、黒髪に黒い瞳の人のほうが好きみたい♪(誰もそんなこと聞いてないか?)

ところでそんなに楽しみにしていた世界バスケの決勝ですが、最後まで見られませんでした。
なぜなら、9時からはオーガスタキャンプが同じスカパーでオンエアだったんだもん!
画面に私たちが何度も映るのには笑いましたわ。Koni曰く「念入りにお化粧しといてよかった!」・・・イヤ、そこまで顔は映ってないよ。でもふたりしてうちわを振り回して踊ってました。しかしアンジェラ省くなよな・・・。
7月22日・・・思えばまだあの日は夏の初めだったのね~。梅雨も明けていなくて、毎日雨続き、でもあの日だけ奇跡的に晴れたんだった。晴男、最高!

あれから一ヶ月ちょっと。そうしてみると、この夏はやっぱり短かったな・・・。
次にまさやんに会えるのは、もう街にクリスマスの飾りもきらめくころ。

なんとか秋のうちにもう一度まさやんに会うことはできないものか、あれこれ画策している私たちなのでした・・・。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年9月 1日 (金)

秋の楽しみ

とうとう今日から9月。秋ですねぇ・・・。なんか雨も寂しいよ・・・。
♪9月の雨は冷たくてぇ~♪(by太田裕美)・・・・・・古っ!

さて、リョウヘイの新学期も始まりました。養護学校は3学期制です。
モエの小学校は2学期制なので30日から始まっていましたが、、“新学期”ではないので、始業式もなくいきなり授業もあり・・・なんとなく「学校が始まる」という感じがなくて、こちらとしてもピンと来ないんですよね。しかも、10月の連休に続けて秋休みというのが2日間あるんだけど、その日はパパもリョウヘイもいないし、ひとりだけ休まれてもね・・・。ま、それは私の都合なんだけどさ。ママが仕事してる人なんかはホントに困るみたいです。秋休みなんてなくても、夏休みを8月31日までにすればいいのにねぇ~。
学校の先生をしている友だちによると、3学期制だと行事などの関係で特に3学期が忙しくて、ていねいな指導が難しく、子どもも大変だとのこと。先生も通信簿をつけるために徹夜続きになるそうです。2学期制のほうが授業時間にもゆとりができるとのことですが・・・。

それはともかく。
子どもたちの学校が始まり、自分の時間が持てるようになるのが楽しみです。
秋のファッションをブラブラ見たり、雑貨屋さんめぐりをしたり、部屋の模様替えをしたり・・・。
本もたくさん読みたいし、まさやんのDVDも観たいし、映画も観に行きたい。ガーデニングもしたいし、そうそう、スポーツジムにも通いたい!
イベントとしては、楽しい運動会(イケメン君探し?)もあるし、今年はぶどう狩りなんかもしてみたいな。サッカーも涼しくなって観戦もしやすくなるからいっぱいスタジアムに行きたいし。
やりたいことがたくさんあって忙しいです。

秋は、読書の秋、スポーツの秋、行楽の秋、芸術の秋。
でも、なんといっても食欲の秋でしょう!
秋にしか食べられないものを食べたいな。
今年やってみたいのは、おいしいケーキ屋さんのモンブランの食べ比べです。シャトレーゼのモンブランも捨てがたいけど(笑)、やっぱり秋の和栗のモンブランが食べたい~!リョウヘイのヘルパーさんに東京スイーツの本借りようかしら・・・(笑)

・・・あれ?でも私、11月にまさやんに会うまではダイエットするんじゃなかったっけ・・・?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »