« Merry Christmas! | トップページ | ビバ!ヨコハマ »

2006年12月26日 (火)

おウチ映画館・ 『NOEL』

クリスマス・イブの夜に『NOEL』を観ました。
日本では昨年の12月に公開されて、評判もよかったようなのですが、そのときには観に行けなかったので、今年のクリスマスまで待ってDVDを借りました。

クリスマスは、世界中の人々が、家族や恋人や友人たちと過ごす日です。特に女性にとっては、ひとりでいることがとてもつらい日かもしれませんね。
でも、クリスマスに病院で過ごす人や、恋人と別れる人だっています。街中の賑わいや華やかさから取り残されている人たち。この物語は、そういった人たちのお話です。

長年、アルツハイマーの母親の介護をしている40代女性のローズは、バツイチの独身。父も亡くなっており、兄弟姉妹も子どもも、そして恋人もありません。病院に通って一生懸命話しかけてもまったく無反応の母に、むなしさを覚え、人生に疲れています。
若い恋人どうしのマイクとニーナは結婚を控えています。でもマイクの嫉妬深さに耐えかねてイブにケンカをし、結婚することに迷いを感じるニーナ。マイクはマイクで、美しい恋人の浮気をいつも疑ってしまう自分を変えることができずに苦しんでいます。
そのマイクにつきまとう老人アーティは悲しい過去を持っています。
小さいころから継父に暴力を振るわれ、母親に見捨てられたと思って家を出たジュールズは、14歳のときケガで入院していた病院でのクリスマスイブのパーティーが忘れられません。
そして、ローズの母親の隣りの病室の謎の見舞い客は・・・。

とてもステキな映画でした。
お互いがお互いを救い、罪を赦される。ドラマティックな派手な出来事はないのだけれど、クリスマスイブという日に起きた小さな奇跡を描いた物語です。
スーザン・サランドン演じるローズの一生懸命さにジーンときました。がんばっているんだけど、疲れちゃって、うまく電球が点灯しないツリーに八つ当たりするシーン。
それから、ポール・ウォーカー演じるマイクが自分の嫉妬深さを、君を信じられないのではなくて自分を信じられないんだと、ペネロペ・クルス演じる恋人ニーナに言う場面。愛が伝わってきました。そしてそのニーナ役のペネロペ・クルスの美しいこと。マイクの前で、黒い下着姿でラテンダンスを踊るセクシーさには、てっちゃんだけじゃなく私も釘付け!
氷が流れる冷たい川に落ちてしまおうかとするローズを救うのは、隣りの病室の見舞い客だったのですが、その彼は実は・・・というところがポイントです。そしてガラスの天使のオーナメントが、お話の鍵になる小道具として使われているところが洒落ています。

舞台のニューヨークのクリスマス風景がまたステキ。ニューヨークには一度も行ったことがないので行ってみたいのですが、一度だけだったら絶対クリスマスシーズンに行きたい。人々のクリスマスに対する思いも、当然ながら日本とは違います。やっぱりクリスマスは家族でお祝いする日なんだなぁ・・・と思いました。今はそうでもなくなったかもしれないけど、ひところの日本のように、恋人どうしで有名レストランに行ったあとシティホテルに泊まりティファニーの指輪をプレゼントし・・・なんてことはないようです(それはそれで羨ましいけど・・・)。

人は、ほんの小さなやさしさや、ちょっとしたささいなことがきっかけで救われるんだな・・・と思える映画です。
かなりオススメだけれど、やっぱりクリスマス限定で観たいかな。


ところで、クリスマス映画ってたくさんありますよね。
今年のイブも、WOWOWで一日中クリスマス映画を放送していたのでいくつか録画しましたが、やっぱりクリスマスが終わってからだと雰囲気出ないので、まだ観ていないものは来年のクリスマスが近くなってから観ることにしようかな。・・・と気の長い話。

そして、クリスマスになると、やっぱり『8月のクリスマス』で“寿俊”に逢いたくなるんですよねぇ・・・。




|

« Merry Christmas! | トップページ | ビバ!ヨコハマ »

コメント

おー。なんか、紹介文読んでるだけでじーんときますねぇ。
ペネロペ・クルスが恋人じゃ、嫉妬もしちゃいそうだよなーと思ったり(そこかよ)
どかーんとじゃなくて「小さな」奇跡がよいですね。クリスマスはそうじゃなくちゃ♪
「NOEL」気になるぞー。
「8クリ」もこの時期見るの、いいかもね。でもあの映画を見ると、思い出しちゃうんです。
窓ガラス掃除しなきゃって(そこかよ2)今日が強風じゃなかったらなぁ(>_<)

投稿: たま | 2006年12月27日 (水) 10:12

>たまさん

アハハ!「そこかよ2」が面白い!
でも、わかります!
ああやって水かけてスクィージーでザーッと掃除するのって気持ちよさそう。まさやんってああいうのホント似合うよね~。(笑)

「NOEL」オススメですよ♪
エンターテイメント大作も楽しいけど、クリスマスは逆にこういう地味なお話がいいよね。
ぜひ来年のクリスマス頃観てね。

投稿: タケちゃん→たまさん | 2006年12月27日 (水) 21:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/13212410

この記事へのトラックバック一覧です: おウチ映画館・ 『NOEL』:

« Merry Christmas! | トップページ | ビバ!ヨコハマ »