« 「大晦日スペシャルミュージックアワー(仮)」 | トップページ | セレブなマダム »

2006年12月 2日 (土)

ドラマの中の彼

わーーーん、泣けるぅーーー!!!
私が今ハマっているドラマ「たったひとつの恋」。
横浜が舞台の、貧乏な家の男の子と大金持ちの女の子の恋を描いたお話。女の子のほうは病気だったり、昔の同級生がその彼女を襲ったり、と、ストーリーとしては昔からよくあるお話なんだけど、ひとつひとつの場面やセリフが胸キュン(死語)なのです~!なんたって脚本はあの北川悦吏子先生ですからね~。

気になっている彼がほかの女の子のことを「オマエ」と呼んで頭をポン、ってやるのを見て、「なに?今の。心が凍った。“オマエ”って言った・・・。」とショックを受けるシーン。
冷たいように見えた彼が、お祭りで、自分のワガママを聞いてくれて、つまらないオモチャを釣って来てくれたときの、「オレもアンタだから取って来たんだけどさ」ということばに喜ぶシーン。
彼が「ハイ。」って言って後ろに手を出したとき、手をつながないでオモチャを置いちゃって、「違うでしょ」と言われるシーン。
「好き?」って聞いて、「うん」と答えた彼に、「ちゃんと言って」とおねだりして、「好きだよ」と言わせてしあわせな気持ちになるシーン。
ストーリーそのものより、そういうシーンごとのふたりの会話や雰囲気に胸がキュンとなるのです。まだまだ私も乙女なのね~~~!!!
そして、亀梨クンの弘人役がたまらんのです~~~!!!
これまで、亀梨クン自体にはそれほど興味があるわけじゃなかったんだけど、この役で一気に私の中でブレイク!昔ながらの少女マンガに出てくる男の子の王道を行ってるわ!ちょっと翳があって無愛想でテレ屋で、でもやさしくて強くて純粋で・・・。

ところが、このドラマ、視聴率が低迷しているらしい。なんでや~~~!?と思って調べたら、やはり先ほど書いたように、ストーリーが古臭くてベタすぎるからなんだそうです。
でも、ちょっと待ってよ、みなさん!
みなさんは恋愛ドラマに新鮮さを求めているの!?サスペンスやコメディやSFものなんかは別として、こと“恋愛ドラマ”というのは、奇をてらったものよりも、昔からあるありふれたストーリーと人物像のものこそ面白いんじゃないのか!?もちろん、それには脚本が命ですが。
私たち女の子(爆)は、よくある、ありふれた、ほんのささいなことで、“胸がキュン”ってなるワケでしょ?そういうのって時代が変わってもずっと変わらない。普遍的なものってベタなものなんですよ。よくある話だって、胸キュンならいいじゃないですか。それとも今の子はああいうのに胸キュンにならないのかしら・・・私の世代的にツボなだけ?

しかし、弘人役で亀梨クンがいいな~と思うようになってから、「冬のソナタ」でヨン様にハマった人の気持ちがわかるような気がしてきました。
私は「冬ソナ」は見ていないけど、「あすなろ白書」でキムタク、「白線流し」でTOKIOの長瀬クン、「野ブタ。~」で山ピー、「夜王」で要潤・・・などなど、ドラマの“役”によって好きになることって多いです。
でもまぁ、しょせん“ドラマの中の彼”ですから、そのドラマが終わってしばらくたつと、その熱はすっかり冷めてしまうのが常ですが。

でもひとつだけ例外が。
そう、「奇跡の人」の山崎まさよしだけは、熱が上昇しっぱなしなのです・・・。


|

« 「大晦日スペシャルミュージックアワー(仮)」 | トップページ | セレブなマダム »

コメント

タケちゃん
最後の一言に思わずコメント残しちまいます。
おんなじですわー。全く。
お久しぶりです。
「たったひとつの恋」そんな話だったのですね。もっと若者のごちゃごちゃした恋愛ものかと思って見ていませんでした。
しばらく前に韓流ドラマをよく見ていた頃があって、ドラマの主人公の男達は、ほんと女の子が胸キュンな性格で・・・はまって見てましたが、見終わってファンになった人・・・いません。

いよいよ四国は来週です。
見終わった後の喪失感が怖いんですけど・・・。
楽しんできます。

投稿: きらら | 2006年12月 3日 (日) 08:50

とうとうブログにアップされましたね~。
待ってましたよ。全くド・ウ・カ・ン!
なぁに?「冬ソナ」にはまった人の気持ちがわかるって?そうでしょう、そうでしょう。と言いながら、私もタケちゃんと一緒で、ヨン様に関してはドラマの中の「チュンサン」に恋してただけのいわゆる「錯覚」ってやつで...しばらくしたら夢から覚めたように、なぁーんでもなくなっちゃった。

でも!!!!!これもタケちゃんと一緒。
どんなことがあろうとも、普遍的に愛する人が出来たのだぁ~!!!

「ジ・ソ・ブ!ヨンウォニサランヘヨ!」

投稿: たんこ | 2006年12月 3日 (日) 17:10

>きららさん

ご無沙汰です~!でもブログはしょっちゅう拝見していますよ♪

まさやんがドラマに出てくれたこと、ホントに感謝しています。
ドラマで好きになったからこそライブに行く気になったし、ライブに行ったからこそここまで好きになることができたんだもん。

きららさんのHMAいよいよですね!
見終わった後の喪失感・・・来ますよ~!(笑)
でも千秋楽行けるなんてうらやましいです~~~!!!
楽しんで来てね!!!私のまさやんによろしく~~~(殴)!!!

投稿: タケちゃん→きららさん | 2006年12月 3日 (日) 22:08

>たんこちゃん

確か、たんこちゃんもジソブのドラマのあとファンミに行って間近でジソブを見て、ますます彼にハマったんだよね。
ドラマが終わって、そのまま会うことがなければ、想いもだんだん薄れていって、ここまで好きになっていなかったかもよ?
私も、まさやんのドラマのあとライブに行ってそこでハマってしまったのであって、もしそこでライブに行っていなかったら、いずれ好きになったとしても、ここまで好きになったかどうかわからないな~。
やっぱり恋はタイミングと運命なのよ!

私も一生まさやんを愛し続けるよ~~~!!!


投稿: タケちゃん→たんこちゃん | 2006年12月 3日 (日) 22:16

最後の一言に、ワタシも反応~♪
やばいですよねぇ「奇跡の人」は。ヤスコになりたいと、何度思ったことかしら(アホ)
前半のカワイイ克己も好きだけど、後半のブラック克己がたまらない。
フェロモン出まくりの山崎くんの名演技、また見たいなぁ。
DVDあるけど。止まらなくなるから、なかなか見れないんです・・・(困)

投稿: たま | 2006年12月 4日 (月) 10:21

ママが見ているのー
ママがキャーキャーいってまっせ!
まぁ関係なく!じゃっ!


 

投稿: あいっち | 2006年12月 4日 (月) 19:49

>たまさん

わかる~!あれって見始めると止まらなくなるから日常生活が停滞してしまうのよね~。
前半のカワイイ克己と後半のブラック克己のギャップがまたたまらん!!!
う~無性に見たくなってきた~!

もしあのあと、ドミノめぐりのチケットが手に入らなくてライブに行ってなかったら、次のライブまでに気持ちも薄れていたのかなぁ・・・?
ほかの人と同じように、「ドラマの中の彼」で終わっていたのかなぁ・・・?
たまさんは「月とキャベツ」見て好きになって、初ライブまでどのくらい期間があったの?その期間が長くても、その「好き」な度合いは変わらなかったと思う?
・・・などとたまには真面目に聞いてみたりする・・・。

投稿: タケちゃん→たまさん | 2006年12月 4日 (月) 20:49

>あいっち

亀ちゃんのドラマ、あいっちも見てるの?
あいっちにはまだ早いかな?
ママたちにはたまらなく胸キュンなんだけどね~~~!
タケちゃんは亀ちゃんより田口クン派だったんだけどこのドラマでちょっと亀ちゃんリードです!

投稿: タケちゃん→あいっち | 2006年12月 4日 (月) 20:52

おっ、楽しい質問が♪じゃ、お答えしまーす。
「月キャベ」を初めて見たのは'04年2月。初ライブは同年10月のFCイベントでした。
でもその前の5月に、TFM「僕らは静かに消えていく」試写会に当選したものだから、
事実上の初生山崎は、彼に落ちてからわずか3ヶ月でかなっちゃったんですよね。
でも・・・もし1年待つことになったとしても、気持ちは変わらないと思います。
だって、人生初のひと目惚れなんだもん、彼は(*^-^*)すごい衝撃。
「月キャベ」の存在は、ずーっと前から知ってたのになんか手を出せずにいたのは、その
衝撃を恐れていたのかも?
レンタル屋で手にした日は、すごーく自然だったのに。
その日から、山崎生活の始まり♪
あれが、ホントのタイミングだったのねと、今は勝手に思ってます。

投稿: たま | 2006年12月 8日 (金) 09:35

>たまさん

なるほど、たまさんはまさやんに一目ボレだったのね♪
確かに、「月キャベ」のまさやんはライブのまさやん以外で一番カッコいいかも。私も「月キャベ」でだったら一目ボレしてたかもしれないわ♪

私、もし「奇跡の人」を見てなかったら、少なくともあのときにまさやんのライブに行ってみたいなんて思わなかったと思う。
そして、あのときライブに行ってなかったら、あのときまさやんにハマりはしなかっただろうと思う。
たまさんも私も、「まさやんが役者をやってくれたから、音楽家のまさやんをこんなに好きになった」というのが面白いね。
やっぱり人生、タイミングとか運命ってあるよね♪

投稿: タケちゃん→たまさん | 2006年12月 8日 (金) 18:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/12856689

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマの中の彼:

« 「大晦日スペシャルミュージックアワー(仮)」 | トップページ | セレブなマダム »