« 2007 横浜F・マリノス トリコロールフェスタ | トップページ | 損なタイプ »

2007年1月30日 (火)

タイムマシンにお願い

先日カラオケで好評だった(すっかりその気)「タイムマシンにお願い」を口ずさんでいたら、モエが、「ママ、タイムマシンがあったらどの時代に行きたい?」と聞いてきました。
モエは、戻りたい過去の時代はないけど、未来に行ってみたいとのこと・・・そうでしょうとも、まだ10年も生きてないんだから・・・。

私のように○○年生きてきた人なら・・・。
「あの頃に戻りたい」と思う人もいれば、「過去なんて思い出したくもない」という人もいるでしょう。私は「楽しかったあの頃に戻りたい」というよりは、「あの頃をもう一度やり直したい」っていう気持ちのほうが強いです。先日も書いたけれど、バスケをもっとがんばればよかったとか、イヤその前に男女共学の学校に行って恋愛を楽しみたかったとか、大学生のときもっと勉強すればよかったとか、あのときの恋の相手にもっと大人の対応をすればよかったとか、小さい頃のリョウヘイともっと遊んであげればよかったとか・・・。私の人生後悔ばかり。
後悔がまったくない人生なんてウソだと思う。やってきたことがみんな正しかったなんてありえないし、そう思い込みたいだけだと思う。当たり前だけど、「後悔先に立たず」。
でも、その後悔をその後にどう生かせるかはすごく大事だと思います。

中高時代、好きだった英語のO先生(女性)が、私の高校卒業のときにサイン帳に、
「人生には努力ではどうしようもないことがある」
と書いてくれました。
この言葉の本当の意味を知るのはずっとあとのことでした。
当時の私を見て、O先生は「もったいない」と感じていたそうです。高校時代は、一番「努力」できるときなのに。たぶん、勉強にしてもバスケにしても、先生から見た私は何事にも中途半端だったんだろうと思います。
先生は、子どもを産んで育てるときに、いろいろと苦労されたようで、「努力してもどうしようもないこともあるんだ」ということを悟ったのだそうです。それに比べたら、勉強やスポーツなんて、自分の努力次第でどうにでもなる(もちろん持って生まれた限界はあるにしても)、ということを伝えたかったのでしょう。

そして、こうも書いてありました。
「命短し、恋せよ乙女・・・・・・いっぱい恋愛していい女になってね」
私にあまりに男っ気がなかったからかしら・・・(笑)。
恋愛に限らず、なんでもトライできて、間違っても失敗しても許されて、無限の可能性を秘めた自由な時代なんて、あっという間に過ぎてしまうんだから、と先生自身感じていらっしゃったのかもしれません。


後悔があっても過去は過去で愛しい。自信を持って「今の自分が一番好き!」「今が一番しあわせ!」と言えるわけではないけど、でも少なくとも今が自分のことを一番よくわかっていると思う。やっぱり“今”が一番大事です。

それでも、もしタイムマシンで高校時代に戻れたら、O先生からの教えの意味を、高校生の私に教えてあげたいような気がします・・・。




|

« 2007 横浜F・マリノス トリコロールフェスタ | トップページ | 損なタイプ »

コメント

若さの価値って、若くなくなってからやっと、気づいたりするのよねぇ(悲)
私も“あのころ”は後悔だらけですわ~。やり直したいことならいくつもあるっ。
でも・・・タイムマシンがあっても、戻らなくてもいいかな。
愚かしくとも、そのときの自分には「今」だったんだし。
けど、もっとトシとった自分は、今の自分を笑うのかなー。情けなく思うのかなー。
いずれにせよ、何かしら後悔するんでしょうかねぇやっぱり(^ ^;

投稿: たま | 2007年1月31日 (水) 10:35

タケちゃんの感想に賛同するな。
僕も「楽しかったあの頃に戻りたい」というよりは、「あの頃をもう一度やり直したい」っていう気持ちのほうが強いな。
僕にとって、その時期は高校生の時。人生50年振り返って、高校3年間の記憶が一番薄い。思い出が少ない。やはり、充実していなかったからだと思う。
何が原因か、男子校だったこと(笑)。でも、これってマジにそう思う。
中学は男女共学が当たり前。それにまつわる、いろいろな切ない思い出がある。大学は、これも男女共学で、サークル・シュバルの存在が
あった。若き青春の思い出が、切なく蘇ってくる。
バンバンじゃないけれど、「いちご白書をもう一度」の気分!?
それらにくらべて高校時代、何に打ち込んでいたか。
競馬はあったな。高校生の身で、競馬場に行って、馬券買って補導される始末(ちなみにこの時一緒だったのは、守口、堀田、矢島)
競馬場では、構内清掃のバイトもやった。これもバイトやりながら、馬券買っていた。儲からないのは分かっていたんだけどね。
早慶戦もあったか。何しろ早慶戦の時は、土曜日は学校が休み。高校生の身分で神宮で徹夜の宴会。
うーん、やっぱり色気ない青春だったな。

投稿: むろちゃん | 2007年1月31日 (水) 16:34

>たまさん

そうだよねぇ~。きっと、タイムマシンに乗って昔の私に会っていろいろ教えてあげても、そのときの私にその意味が本当にわかるのは、やっぱりずっとあとになってからなんだろうな。
愚かしくとも、その愚かしい過去があるから今の自分があるんだよね。
もし未来に行ったら、今の自分に教えてあげたいと思うことがあるのかな?いっぱいあるんだろうね。
人生、後悔の連続なのね~~。
でも、まさやんに会えたり、たまさんに会えたり、私の人生捨てたモンじゃないけどねっ!


投稿: タケちゃん→たまさん | 2007年1月31日 (水) 22:23

>むろちゃん

競馬!?神宮で徹夜の宴会!?
そんな高校時代でも高校3年間の記憶が一番薄いんですかっ!?
まぁ色気はないけど(笑)、十分印象深い高校生活じゃないですか・・・しかも、そんな実名出しちゃっていいんですか?(笑)

私も男女共学に行きたかったな~。
女子校は女子校で良さがあるし、楽しかったんですけどね。
違う学校生活も送ってみたかったです。
男女共学に行ってたらもっと色気のある学校生活だったはずなのに~!

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2007年1月31日 (水) 22:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/13717787

この記事へのトラックバック一覧です: タイムマシンにお願い:

« 2007 横浜F・マリノス トリコロールフェスタ | トップページ | 損なタイプ »