« 自己嫌悪 | トップページ | 文化の違い »

2007年2月28日 (水)

スガシカオライブin武道館

昨日はKoniと、シカオちゃんのライブ「Shikao&The Family Sugar~FAN-KEY PARADE~'07」に行って来ました!
今までオーガスタ関係のジョイントライブでしかシカオちゃんのライブは見たことがなかったのですが、今回はデビュー10周年の記念すべきライブということで、初めて行ってみました。宇宙人2人に遭遇。ほかにも何名か来ていたもよう。

昨日はKoniのお誕生日だったので、直前まで優雅にお食事なんかしちゃって。まさやんのライブの前だったら食べ物が喉に通らないので、コンビニで買ったパンとかをちょっとかじるくらいなんだけど、昨日はのんびり&がっつり、ホテルでお食事。お化粧も気合入れなくていいし(まぁまさやんのときだって「気合入れたからって何なの?」なんだけど)、ライブTシャツに着替えなくていいし、リラックスしてライブに臨めるのってある意味しあわせ(笑)

しかーし!
そんな緊張感ゼロで臨んだシカオちゃんのライブは・・・「参りました!」って感じでした。
カッコいいし、楽しいし、シカオちゃんも言ってたけど武道館が狭く感じたよ。
席は1階スタンドの前から4列目で、見やすかったです。
花道に焚かれたかがり火の中シカオちゃん登場。1曲目が「愛について」はちょっと意外。その後はもうガンガン飛ばす飛ばす。先日発売になった、「ドンキでも売っている」初のベストアルバム中心にと言っていただけあって、だいたいの曲は知っていました。

なにしろ、バックバンドのFamily Sugarがカッコいいのよ。女性コーラスのアマゾンズ(てっちゃんが大滝裕子さんお気に入り)もいるし、なんか色っぽい。演奏も大人っぽくオシャレで都会的な雰囲気です。
ハスキーなシカオちゃん、しかも少し前までダウンしていたと聞いていたから、後半もっと声が出なくなるかと思ってたけど、思ってたより声が出ていたと思います。
もともとカッコいい曲が多いけど、ストリングスとコラボのJazzyな「これからむかえにいくよ」なんてカッコよかったなぁ~。
「イジメテミタイ」では、アマゾンズがシカオちゃんの両脇に張り付いて、「♪こんなやり方がいいんでしょう?♪」と歌いながら、それぞれがシカオちゃんのパンツの前にあるポケットにゆっくりと手を滑り込ませ・・・。シカオちゃん「♪そんなこと・・言えるわけないじゃない!♪」みたいな。役者ですね~。イヤ~エロいです。
私的には、聴き慣れた「ドキドキしちゃう」「ストーリー」「SPIRIT」「正義の味方」あたりが盛り上がりました。一番好きな「夕立ち」歌ってほしかったけど、昨日の雰囲気はそんな感じじゃなかったのかもね。なんたって「FAN-KEY PARADE」だからね。
その「午後のパレード」は、ええ!踊りましたとも!私は絶対“振りをやる派”ですから(笑)。ダンサーもいっぱい出てきて文字通りお祭り状態。「午後のパレード」用に、紙でできたサングラスが座席の下に配られていて、私たちももちろんかけました。紅白でもこれ歌えばNHKホールも少しは盛り上がったのに。お客さんにもサングラス配って。それなら苦情も来ないだろうし(笑)

Dscf1385_1 
← コレ。






・・・と、まぁこんな感じで、時間もたっぷり10時まで。楽しいライブでした。
私はシカオちゃん単独ライブは昨日が初めてで他のは見たことがない“シカオ素人”なので、きっと本当のシカオファンから見たらまた全然違う感想なんでしょうね。

昨日ふと、たとえばまさやんがこういうバンドでライブをやったらどうなんだろう?と考えました。やっぱりシカオちゃんだからいいのかな。シカオちゃんMCもうまいしね(笑)。
まさやんのライブは、まさやんのギターや歌や声やパフォーマンスはもちろん、「まさやんの存在」自体が私にとって絶対的なんです。下向き加減のセクシーな表情とか、かと思えば本当に無邪気に楽しそうに笑う少年のような笑顔とか、とにかく同じライブの中でもクルクル変わるいろいろなまさやん、そしてその演奏。そういったギャップがまさやんのライブの大きな魅力のひとつだと思うんですよね。それをゲンちゃんとキタローさんがうまく引き出して盛り上げているというか。もちろんアットホームな楽しさもアリで。
それに対して昨日のシカオちゃんライブは、構成も、バンド自体も、ライブ全体がカッコいい。
やっぱり、それぞれの持つ楽曲や演奏の個性、アーティスト個人のキャラクターや雰囲気、それによるファン層などなど・・・いろいろな要素がからまって「その人のライブ」というものができあがるのだなぁ~と思ったのでした。

そんなわけで、初めてのシカオちゃんライブを楽しんだのですが、昨日のライブでただひとつ味わえなかったもの。それは、胸がギュッとなる、あのせつなさ、苦しさ。胸に手を当てて歌声を聴きながら涙する乙女心・・・(笑ってはいけません)。
最後にスクリーンに映し出された「See You Again!(だっけ?)」のメッセージ、まさやんのツアーの千秋楽であれを見たときは号泣したっけ。

やっぱり、どんなにカッコいい男でも、“惚れてる男”にはかないません・・・。




|

« 自己嫌悪 | トップページ | 文化の違い »

コメント

シカオちゃんは、きっとひとりでもいいんだろうけど、あの華やかさの中でさらに輝け
るヒトなのかも?と思いましたね~。いや~、踊った踊った。筋肉痛だ~(^ ^;
私も初シカオだったけど、めちゃめちゃ楽しめましたぁ。行ってよかった。

今回、ついに山崎くん登場はなかったけどそれはそれでいいのかなと。
あの場にカレは、ちょっと浮いちゃいそうだし(おい)
私は、山崎くんが最も輝けるのはOKSTだと思ってるんですよねぇ。
カレはやっぱり、ひとりが似合う。いろんな意味で(笑)
今度会うときは、そんなカレが、いいなぁ。

投稿: たま | 2007年3月 1日 (木) 09:16

>たまさん

たまさん、どう?シカオちゃんに浮気してない?(笑)
まさやん来なかったけど、それでよかったんだよね。シカオちゃんも、そういったシーンはあえて入れずにと思ったのかも。

そうそう!まさやんは「あらゆる意味で(強調)」ひとりが似合うんです!(笑)
私もまさやんの基本はやっぱりOKSTだな。
でも、歌と演奏に限って言えば、どんなバンドとでも、それなりにカッコよくやってのけてしまうんだろうな、とも思うので、一度そんなカレも見てみたい。

それにしても、ライブって、音楽性だけじゃなくてその人のキャラで全然違うんだな~ってあらためて思って、いろんな人のライブに行ってみたくなっちゃった。お金と時間さえあればね・・・。

投稿: タケちゃん→たまさん | 2007年3月 1日 (木) 10:30

27日、まさやん客席にいましたよ。
1階スタンド席、南(ステージ正面)最前列。
オリジナルラブ=田島さんの横。ジャイの隣の隣。
午後パレの辺りでは、体を乗り出すようにして聞いてました。

投稿: 通りすがりの者です。 | 2007年3月 1日 (木) 22:02

>通りすがりの者です。さん

えーーーっっ!!!ホントですかっ!!??
まさやん、私たちのすぐそばにいたんですねっ!!!(私たちはそこより左側の4列目だったんです)
1階スタンドの南(正面)は業界っぽい人がたくさんいるなぁ~と思って、双眼鏡で見てたんですよ!
来てたのかぁ~まさやん・・・。そちらを見ていただけに残念です・・・。

でもまさやんと私は同じ会場で同じ空気を吸っていたのですねっ!
そう思うとなんかうれしいような気もする・・・。
だって同じライブをいっしょに楽しんだんだもんね!

貴重な情報ありがとうございました!
通りすがりとおっしゃらず、ぜひまた遊びに来てくださいね。

投稿: タケちゃん→通りすがりの者です。さん | 2007年3月 1日 (木) 22:52

おひさです♪
スガシカオさんのライブに行ってきたんですか~♪^^
ついに!ついに!
まさやんさんのベストアルバムをコピーしてもらって
聞きましたよ~
タケちゃんには誠に申し訳ないけど
私はスガシカオさんのが好みだわ(^^; 
阪神タイガースもアンティーク雑貨も好みが一致したのになぜなんだろう??
まだまだ奥が深そうなのでじっくり聞いていくつもりですがヾ(´ε`*)ゝ
気の悪いコメントになってしまい(*_ _)人ゴメンナサイ

投稿: 虎風庵おみちゃん | 2007年3月 8日 (木) 11:19

>おみちゃん

えーーーっなんですとっ!?
ちょっとそこにお座り!お説教タイムよっ!!!
あのね、まさやんはライブに行かないと魅力がわからないの。
曲の好みはそれぞれだし、私もシカオちゃんの曲も好き。ライブもカッコよかったんだけど。
けど、まさやんは「聴かせる」人なんですよ!
そして、また笑顔がたまらんのですよーーーっ!!!
だからぜひ一度ライブに行ってみてね!!!お願いよっ!!!

投稿: タケちゃん→おみちゃん | 2007年3月 8日 (木) 14:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/14075802

この記事へのトラックバック一覧です: スガシカオライブin武道館:

« 自己嫌悪 | トップページ | 文化の違い »