« 「毎日ちょっと運動」のススメ | トップページ | 似た者親子 »

2007年4月 1日 (日)

お花見日和

桜が満開ですね!今日は暖かくて絶好のお花見日和。
今年は腰が痛くて本格的なお花見(?)はできませんでしたが、近所の桜を見て廻りました。

Dscf1570b

ウチの隣りの公園は、意外に桜がキレイなのに、小さな公園なので人がほとんどいません。おにぎりを買って、お茶を入れたアラジンのポットを持って、プライベートビーチならぬプライベートパークでお花見です。“秒速5センチメートル”で花びらが散る~。なんてキレイなんでしょう。
それから、ふるさと村からこどもの国、TBS緑山スタジオ、桜台の桜並木、もえぎ野公園、モエの保育園、たまプラーザから鷺沼の並木道、など、プチドライブを楽しみました。

ほかの国にも桜が贈られてその美しさが愛でられたとしても、桜に対する日本人の気持ちには、ただ「あ~キレイ。」というだけではない、独特のものがあるのでしょうね・・・。
昔の歌人の歌の中に出てくる「花」というのは「桜の花」のことだと、中学生のとき国語の授業で習いました。咲くのをこんなに待ちわびていても、たった一週間で散ってしまう桜。そのはかなさが日本人の心に非常にマッチしているんですね。

今日仲良しのお友だちが宝塚に引っ越してしまうのを見送りました。
桜の季節は、ワクワクもするけど、ちょっぴり寂しいこともあったりして、それもなんだかおセンチになってしまう理由のひとつかもしれません。

でもやっぱり、桜の季節と、白い炊き立てご飯を食べるときだけは「あ~日本人に生まれてよかった」としみじみ思う私です(笑)。




|

« 「毎日ちょっと運動」のススメ | トップページ | 似た者親子 »

コメント

守口です。ちょっと寄せてもらいました。
桜はホントにいいよね。もちろん、桜そのものが綺麗だということもあるけど、3月終わりから4月はじめに咲いてすぐに散ってしまう、その季節感が絶妙だと思う。別れや出会いの時期。若い人はもちろん、オジサンやオバサンも感傷的になるからね。


投稿: 守口 | 2007年4月 2日 (月) 23:55

タケちゃん、守口のコメントと相前後して、コメントを書いたのですが、消えて?しまいました。くやしい~!。今改めて書く気がしないので、明日でも書きます。どうして、送信したのに。

投稿: むろちゃん | 2007年4月 3日 (火) 00:06

>守口さん

わーい守口さんこんばんは!コメントありがとうございます!

お花見行かれました?
そうですよね。桜って、すぐ散ってしまうからこそ、その美しさが際立つんですね。毎日、まだ散らないで・・・と思いながら見ています。
夏の終わりとともに、桜の季節もおセンチモードの私。
これって「オバサン」だから感傷的になるわけじゃなくて感性豊かだからですよねっ!?

ところで・・・。全然更新されてないんですけど。守口さんのブログ・・・。


投稿: タケちゃん→守口さん | 2007年4月 3日 (火) 01:06

>むろちゃん

あらっ!消えちゃったんですか~!?なんででしょう?このブログのせいかしら?だったらすみません~。これに懲りず明日もう一度書いて下さいよ~。

あ!桜、撮れました?

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2007年4月 3日 (火) 01:09

昼にコメントしようと思ってたら、メンテナンス中でした。。
なので、再度!こにゃにゃちわん^^

桜満開ですね~アラジンのポットって赤いタータンチェックのやつですかぁ?私、前持ってて、嬉しがって仕事に持っていってたんです。
氷いっぱい入れて冷やしたらパリン!!魔法瓶ってモロいんですね~
あっけなく・・コップだけ残ってるわ~・・・・
日本に生まれよかったと思える桜。春。大好き!!
サクラの名曲も次々生まれるわけですね~^^

投稿: 虎風庵おみちゃん | 2007年4月 5日 (木) 00:37

>おみちゃん

メンテナンス長くてごめんね~。

そちらの桜はいかがですか?こちらは昨日なんと雪が降ったんだけど、まだまだキレイに咲いています。

アラジンのポットはね、赤いタータンチェックのやつも持ってるんだけど、こないだ持って行ったのはダンキンドーナツのアンティーク。
あっ私も赤いタータンチェックのやつ、氷入れて割ったことある~!今持ってるのは2代目です。やることは同じだね(笑)

投稿: タケちゃん→おみちゃん | 2007年4月 5日 (木) 21:20

一度コメントしたら消えてしまい、二度目に書こうとしたらメンテナンス中で受け付けてもらえず、凹んでいました。
しかし、花見の季節って本当に短いですね。控えめに咲いたと思っら、1週間ももたずに散ってしまう。儚い花ですね。しかし、日本人はそこに「もののあわれ」を感じ、この花を愛でるのでしょう。

「桜の花は本当に綺麗なのは、たったの三、四日です。日本人はたった三、四日の美しさのために、あの木偶(でく)の坊のような木を日本中に植えているのです。

桜の木なんて、毛虫はつきやすいし、むやみに太いうえにねじれていて肌はがさがさしているし、花でも咲かなければ引っこ抜きたくなるような木です。しかし日本人は桜の花が咲くこの三、四日に無上の価値を置く。たったの三、四日に命をかけて潔く散って行く桜の花に、人生を投影し、そこに他の花とは別格の美しさを見出している。だからこそ桜をことのほか大事にし、『花は桜木、人は武士』とまで持ち上げ、ついには、国花にまでしたのです。

中略  

アメリカ・ワシントンのポトマック川沿いにも、荒川堤から持って行った美しい桜が咲きます。日本の桜より美しいかも知れない。しかしアメリカ人にとってそれは「オー・ワンダフル」「オー・ビューティフル」と眺める対象に過ぎない。そこに儚い人生を投影しつつ、美しさに長嘆息するようなヒマ人はいません」
・・・ご存知、藤原正彦氏の「国家の品格」の引用です。

「悠久の自然と儚い人生との対比の中に美を発見する感性」=「もののあわれ」。これは、日本人がとりわけ鋭い感性なのでしょう。若者とかおじさん、おばさんとかの問題じゃないですよね、タケちゃん!

ところで、その「もののあわれ」を感じようと、桜の写真を撮り歩いたのですが、今年は先週末の土・日曜日と桜の満開の時期がちょうど重なったため、どこに行ってもヒト、ヒト、ヒトでした。日本人は、本当に桜が好きですね。

でも、花見の飲み会は2回できました。夜桜の妖艶な美しさ、心に染み入りました。これが、私が日本人として生まれてきた嬉しさです。ああ、でももう一年、花見もできないんですね。靖国神社の夜桜、これは最高です。では、また。

追伸 日本人が好むのは咲いてすぐに散ってしまう「ソメイヨシノ」なんですよね。「八重桜」みたいに、長持ちするのは人気がないですね。これが、やっぱり日本人の感性なんだなあ。

投稿: むろちゃん | 2007年4月 6日 (金) 23:40

>むろちゃん

すみません~なんかメンテナンスって長いのよね~!

おととい東京は雪が降ったそうで・・・。桜に雪なんて、ほんとに変な気候ですね。
むろちゃんはお花見も満喫したご様子・・・写真もバッチリ撮れました?フォトブログのアップ楽しみにしていますよ!
「国家の品格」は読んでいませんでした。でも藤原先生、私と同じことおっしゃってるじゃないですか~!実家にあるからさっそく私も読んでみます!
私がいくらアメリカンなものが好きといっても、やはり日本人としての感性は忘れたくありません。
いつまでも桜の美しさ、儚さに長嘆息するようなヒマ人でいたいと思います!

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2007年4月 7日 (土) 00:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/14483300

この記事へのトラックバック一覧です: お花見日和:

« 「毎日ちょっと運動」のススメ | トップページ | 似た者親子 »