« 新しいケータイ | トップページ | 「うつ」の経験 »

2007年9月10日 (月)

手編みのセーター

金曜日、またしてもリョウヘイがポロシャツの裾の縫い目を破いてしまいました。たぶん少しほつれたんでしょう。そういうとき絶対にピピピーーーっと裂かずにはいられないのです。
家に帰って来るなりポロシャツを見せて「破れちゃったね~」と言うので、「破れたじゃなくて破いたんだろうがぁ~!」と思いながら「そうだね。あとで縫おうね(ウソ)。」と言ったのだけど、それで終わるワケもなく。いつまでも「破れちゃったね~」と言ってくるのです。
いつか忘れるだろうと思って着替えさせてそのポロシャツを隠したんだけど、そのうち、「おばあちゃんに縫って。」と言い出したではありませんか!
ママじゃ縫えないだろうからおばあちゃんに頼めってこと!?ムムム・・・まぁそのつもりだったけどさ・・・。
さっそく母に言ったら、「あら!リョウちゃんがおばあちゃんに縫ってって?」と喜んで、今日さっそくポロシャツを取りに来ました。
さっき電話があって、もう縫ってくれたようだけど、「あれはアンタじゃムリだった」って言うの。

そう、私は本当に裁縫や手芸が苦手。
てっちゃんなんて、「ママ、ワイシャツのボタンつけてほしいんだけど・・・1週間あればやれる?パパやろうか?」なんて言うんです!その日にやってあったらもうオーバーに「ウソ!やってある!」とか言うんですよ。
中高時代の家庭科(被服)のパジャマも白衣も浴衣もみーんな母の作品。先生に、「こんなふうに教えた覚えはないけど、すごいわねぇ~」なんてイヤミ言われちゃって・・・。

こんな私が、その昔、一度だけてっちゃんにセーターを編んであげたことがあります。
といっても、そのセーターは、私と、友だち3人、友だちのお母さん、私の母の6人がかりで編んだもの。なので当然編み目もガタガタ。
でもてっちゃんはセーターを編んでもらった経験なんてもちろんないから、すごく喜んでくれました。ただ、着た姿はほとんど見たことないけど・・・。

最近、押入れを整理していてそのセーターが出てきました。意外にもキレイなまま。
私は「もう捨てていいよ!」と言ったのですが、てっちゃんは「まさか!捨てられるわけないじゃない!」と言うのです。アラ・・・そう?

・・・でもそのあと、「いっそのこと虫でも喰って“くれて”れば・・・」と言ったのを、私は聞き逃しはしませんでした・・・。




|

« 新しいケータイ | トップページ | 「うつ」の経験 »

コメント

へぇー、意外だなぁ。私のイメージ(勝手な 笑)ではタケちゃんは料理も上手で、裁縫とかも得意な家庭的なお母さんってイメージなんだけど。。。。違う???(笑)
裁縫ってね、簡単な人には簡単らしいけど、そうじゃない人にはそうじゃないんだよね。
私、裁縫を習いはじめのころから成人するまでくらいは、すごい好きでいろいろ作ったりやってたんだけど、そして、一応娘の赤ちゃんの頃も簡単な本みて作ったりしてね。
でもさ、それで嫌気がさしたのか、今じゃさっぱり。
娘の学校のいろいろも縫うのが面倒くさくって、すぐ買っちゃう。
根気がなくなっちゃったのかなー?もしくは集中力。これってやっぱり歳のせい?それとも恋愛ぼけ(笑)なわけないね。。。

投稿: のん | 2007年9月10日 (月) 23:01

私も裁縫ダメ!!
あーぁ。またタケちゃんと似てるところ発見しちゃった…。

でも、高校生の時に私も、当時好きだった人にセーター編んだことあるの。
袖、前身ごろ、後ろ身ごろ、と順調に編んでいったんだけど、
最後の最後、どうやってそれらを接続するのかがわからなくて断念。
結局その部品たちは何処にいっちゃったんだろ???

そういや、去年の冬もマフラー編んだんだった。
やるじゃん、私。

タケちゃんちはお母さんが得意だからいいじゃん。
うちなんて、母親もヘタっぴなんだよ!?
いつか私に子供が出来たときは、ほつれた巾着袋とかを持って歩くようになるのかな。かわいそうに。

投稿: りょう | 2007年9月11日 (火) 01:05

ワタシも、裁縫まったく、できませーん。もう自慢の域(おい)
ぞうきん縫いで流血するヒトですからっ(^ ^;;
両親は、縫物系の職人だったのに。そーゆーとこはまったく遺伝せず。
家庭科の被服は、地獄の苦しみでしたわん。夏休みも終わらなくて学校
行って、でも完成しなくて最後は親がかり。だはは。

そんなワタシも、やはり経験あるんです。手編みのセーター。
でも。セーター編むと決まってフラれるという過去が。そんなにヒドい出来
だったのかー(泣)というか、要は相手には重かったんでしょね。
以来、軽~くトラウマになりまして、夫には一度も編んだことありません。
「編み棒持ってるなら、何か編んでよ」って言われるけど。
察してくれよぉ。

投稿: たま | 2007年9月11日 (火) 08:33

>のんさん

恋愛ボケだ、絶対(笑)
でもやらなくなっても、基本的には、好きで、できるわけだから・・・
娘さんの家庭科は助けてあげられるね。
モエなんてハナから私のことはアテにしてないと思う・・・。

私のイメージ、相当イイ感じなのね・・・つーか、ギャグで言ってるでしょ!
裁縫も料理も掃除洗濯も大っキライ&大の苦手。
会ったら「ナルホド…」って思うよ、きっと・・・。

投稿: タケちゃん→のんさん | 2007年9月11日 (火) 17:41

>りょうちん

「あーぁ。」ってなんなのさ。その落胆ぶりは・・・。

でもさ、袖、前身ごろ、後ろ身ごろまで編んで、そこでやめてしまうほど私はあきらめよくないけど~!
私だったらそれはなんとしても接続する(してもらう)と思うよ~。

りょうちんトコはお母さんも裁縫苦手なのか・・・。
でも最近じゃ、手作り用品のお店とかで袋物とか何でも作ってくれるから全然だいじょぶ~♪
案外ようちゃんが得意だったりして・・・?(笑)

投稿: タケちゃん→りょうちん | 2007年9月11日 (火) 17:47

>たまさん

ご両親はその関係のお仕事ですか!
う~む、そこんとこの血は受け継がなかったのね(涙)
でもだいじょうぶ!
ぞうきんだって、今や縫ってる人なんていません!
それどころか、モエなんてかわいいキャラクターのぞうきんがいい!って言って、ファンシーショップで買うのよ!
ぞうきんも買う時代なのね・・・嘆かわしい(って縫えないくせに)

手編みのセーターってやっぱり“重い”のかなぁ。
今考えると、好きな人のために手編みのセーターを作ってる自分が好きだったのかもね・・・
でもそんなあの頃の自分がカワイイわ~~(遠い目)

投稿: タケちゃん→たまさん | 2007年9月11日 (火) 18:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/16407647

この記事へのトラックバック一覧です: 手編みのセーター:

« 新しいケータイ | トップページ | 「うつ」の経験 »