« クリスマスプレゼント | トップページ | 冷静なファンになる »

2007年12月26日 (水)

恋愛と結婚

かなり前ですが、それほど親しくなかった中高時代の友人とひょんなことから再会して、ご主人の写真を見せてもらいました。
高校時代の彼女はけっこうイケイケ(死語?)で、オシャレだったし、次々にステキな彼氏ができてて、そして今の彼女もキレイなのですが、見せてもらった写真では、ご主人はかな~り年上の、恰幅のいいフツーのオジサンでした。
私が「意外」という顔をしてしまったのか、彼女は言いました。
「お見合い結婚なのよ。だって恋愛と結婚って別じゃない?」

恋愛と結婚は別・・・ってよく言いますよね。
彼女も、たぶんさんざん遊んで・・・そして、結婚はお見合いで高学歴・高収入の人としたのでしょう。
私はそのときは「そういうもんかな~・・・」と思っていたのですが、最近mixiで「理想の男性について」のバトンをしてみて、ハタと気づきました。
「恋愛と結婚って別だわ!」

イヤ、別に、さんざん恋愛してから安定したダンナを見つけるという意味ではありません。
私がバトンをして気づいたのは、私って安心できる人を好きになれないという事実なのです(このトシで何を今さら?だけど)。
だって、
メールや電話をマメにしてくれる人を好きになれない。
女の人のことを追いかけるような人を好きになれない。
饒舌な人を好きになれない。
毎日私に会いたいと思ってくれるような人を好きになれない。
言葉で「好きだ」とか「愛してる」とか言ってくれる人を好きになれない。
なんでも買ってくれたり、ご馳走してくれたりする人を好きになれない。
いつも私を最優先してくれる人を好きになれない。
何かの記念日をいちいち覚えていて花束を買ってくれるような人を好きになれない。
自分が夢中になれるものを持っていない人を好きになれない・・・・・・・・・・・・・・・・。

もっとも、女ってみんなそうなのかもしれません。逆に上のような人しか好きになれないという女の人、いるんでしょうか?そういえば、韓流ファンのmikanちゃんは韓国ドラマの中のめちゃくちゃ優しい男の人が好きだなぁ・・・ってことは、やっぱりそういう人もいるのか。
でもたいていの女の人は、少女マンガの王道を行く男の子のような、不器用でクールで、自分のことを見てくれているんだかいないんだかわからないけど、本当は優しい、ついついそんな男の人に魅かれてしまうんじゃないでしょうか。そのほうがドキドキするもんね。
いつも言ってますけど、いつもそばにいてくれるわけじゃないからこそ、いっしょにいる時間がしあわせなのですよ。それが恋愛の醍醐味でしょ。

でも、結婚となると、そんなこと言ってられません。やっぱり家族の時間を大事にしてほしいし、子どもと遊んでほしいし、記念日は大事だし、メールや電話はコマメにしてほしいし、楽しい会話もたくさんしたいし。自分の好きなことに夢中になって家族を放りっぱなしじゃ困ります。
恋愛時代に好きだった男の人は、結婚には向いていないのです。
恋愛時代はクールで、結婚したとたんマイホームパパに変身してくれたらいいのかなぁ?


まぁ、今の私だったら、音楽に熱中してるカレをそのまま受け止めて、やりたいことをやって、好きなときにだけ帰って来て私のそばで安心して休んでくれればいいわ・・・って思えるけどね。帰る場所が私のところならそれで・・・・・

・・・って友だちに言ったら、「アンタには絶対ムリ」って一蹴されたけどさ・・・。






|

« クリスマスプレゼント | トップページ | 冷静なファンになる »

コメント

…音楽に熱中するカレをそのまま受け止めて…
ムリーー!!!
まさやん、恋人から「あなたを白い部屋に閉じ込めておきたい」
って言われたことがあるって、書いてましたよね。(『そのまま』より)
この、恋人の気持ちわかるような気がするんです。

くらもちふさこさんのマンガの主人公なんて、素敵ですよねー。
「東京のカサノバ」とか大好きでした。

恋愛は妄想だけにしとくわ〜(あたりまえ!!)

投稿: えむ | 2007年12月26日 (水) 23:09

ごめんなさーい(恥)
『そのまま』→『このまま』でした。
「あなたを白い部屋にずっと閉じ込めておきたい」でした。
お詫びして訂正しますーー。

投稿: えむ | 2007年12月26日 (水) 23:36

>えむさん

ありましたねーー!!!私アレ読んでかなりブルーになったんだった!
まさやん、「ちょっとゾッとした」って言ってませんでしたっけ。

その彼女の気持ちはわかりますよね。
でも・・・今の私だったら、疲れたときだけ、会いたいときだけ帰って来てくれればいいや~って本気で思えるんですけど・・・。

ま、そんなことを妄想すること自体ヘンだって言われますけどネ(笑)

「東京のカサノバ」私も持ってます!
くらもちふさこの「アンコールが3回」っていうマンガ知ってますか?
女の子の歌手とマネージャーの恋のお話なんだけど、そのマネージャーがね、主人公に「照明がついてもアンコールもらえるようなコンサート目指そうな」って言うの。そこからタイトルがついてるんです。
まさやんの先日のライブは、まさに照明がついてアナウンスが流れてもアンコールの拍手が鳴りやまなくて、私一瞬このマンガ思い出しちゃいました。
くらもちふさこのマンガの男の人って私の理想です♪

投稿: タケちゃん→えむさん | 2007年12月27日 (木) 17:58

お久しぶりです♪
う~~~ん、女性とは難しい生き物かも…。
その点、男たるもの(?)、単純かもです。
僕なんか、純でしたから、そして、今もそのまんまですから、恋愛の終着点が、結婚というのが、理想だと思っています♪
そして、実は終着点が、スタートで、その後は皆さん、それぞれなんでしょうか…。
すみません、今年最後の忘年会で、かなり酔っ払いです♪

投稿: ゆ~ちゃん♪ | 2007年12月28日 (金) 00:26

>ゆ~ちゃん♪

イヤ、恋愛と結婚は別、なんて割り切ってるのは一部の女性だけだと思いますけど(笑)
普通は、やはり好きになった人と結婚というのが理想だし、私もそう思ってますけど、ただ、好みのタイプの男性が結婚向きじゃないことは往々にしてあるのかな~って。
今さらそんなこと考えても遅いですけどね(笑)

でもゆ~ちゃん♪のおっしゃるように、終着点がスタートですよね!
そこからはやはり多少なりとも努力が必要なんでしょうね・・・。

今日で仕事納めかな?お疲れ様でした!

投稿: タケちゃん→ゆ~ちゃん♪さん | 2007年12月29日 (土) 00:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/17487171

この記事へのトラックバック一覧です: 恋愛と結婚:

« クリスマスプレゼント | トップページ | 冷静なファンになる »