« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月31日 (木)

乙女心だもん♪

今日スーパーで大学時代の友だちにバッタリ会いました。たまたま結婚してからもずっと近所に住んでいるのですが、普段はお互い忙しくてあまり会えないので、ちょうどお昼どきだったこともあり、TULLY'Sでランチをしました。

ダンナの健康のことや子どもの受験のことなどが話題の中心だけど、彼女は息子さんたちがバスケをやっているので、JBLの話なんかもできちゃって、楽しいひとときでした。
しかし、彼女に今日しみじみ言われたのは、
「○○(私のこと)が好きな人の中で山崎まさよしはホントに異色だよね~!」

・・・そうなんです。すんごくよく言われるんです。「山崎まさよしが好き」と言うとみんながそう言うんです。アナタにしては珍しいタイプだよね~と。
しかもその理由が、
「山崎まさよしって、クラくない?っていうか、おとなしくて静かな人でしょ?今までの人と全然タイプ違うじゃない?」

・・・ち、ちがーーーーーーーうっ!!!全然クラくないっ!!!おっとりしてるところはあるけど、天然ぽいところはあるけど、ボサーッとしてるところはあるけど、クラくないんだからっ!!!
かわいくて、セクシーで、そして何よりカッコいいんだってばっ!!!

どうしてこんなふうに誤解されてるのかしら・・・。
やはり世の人はまさやんの「One more~」とか「僕はここにいる」とかせいぜい「セロリ」とかぐらいしか知らないからなんでしょうね。シングルで出している曲は他にも「Passage」とか「やわらかい月」とか「全部、君だった。」とか、静かな曲が多いから・・・。
そして一番の原因は、テレビの歌番組に出ているまさやんはテンション低いことが多いから・・・。

別にね、いいんです。あのカッコよさ、万人がわかっていなくても。でもね、まさやんほど、ファンから見た彼とファンじゃない人から見た彼が大幅に違う人って珍しいんじゃない?ホントーにカッコよくて、ホントーに才能あって、ホントーにいい男なのに。もったいない。
人から「異色だ」とか「意外だ」とか言われると、洗脳魂がムクムクと湧いてきちゃうんだよね。「あ~そう。そういうこと言うなら、いっぺんライブ連れてったろーか!!!」なんてね。
私が今まで、アイドルとかスポーツ選手が好きだったことはあっても、ミュージシャンと呼ばれる人にハマったことがなかったので、人から見ればそもそもそれが違和感なんだと思うのね。
でも、今まで面クイで知られたこの私が、カッコよくない人を好きになるハズがない。しかも、今までの人生になかったほど完全にイカレちゃってるんだから、山崎まさよしってきっと本当はとてつもなくカッコいい人に違いない!・・・ぐらい想像できないもんでしょうかね~!?


ちなみに、彼女に今はどんな人が好きなのか聞いたら、若い子が好きだとのこと。そして、「たとえばジャニーズなら汚くない感じの人・・・櫻井翔クンとか」だって。KAT-TUNとかはホストっぽくてイヤなんだって(笑)。しかもV6とかTOKIOとかはもうトシが行きすぎていてダメなんだって。
うわ。息子とたいしてトシが変わらない男子が好きとは、完全に「オバサンの発想」だ~~~!

私がまさやんを好きなのはまさしく「乙女心」だから、やっぱり彼女には私の気持ちはわかってもらえないかもしれないわ!

・・・な~んて言うと、ジャニーズファンの友人たちにボコボコにされそうですが・・・・・。






| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月30日 (水)

おウチ映画館 『バブルへGO!!~タイムマシンはドラム式~』

これは面白かった。笑えました!
この「バブル」な時代を経験したことのある人のほうが、やはりより楽しめると思います。「あ~そうそう!あったあった!」なんて言いながらね。
制作はホイチョイプロダクションです。


2007年。やっと回復に転じたと思われていた日本の景気。だが、その実態は、国の借金は800兆円、しかも金利で毎日900億円ずつ膨らんでいた。少子高齢化、大手銀行や大企業の連鎖的倒産、貧富の差の拡大、多数の失業者と治安の悪化など、日本の崩壊は免れない。
この破滅のシナリオを打破するために、財務省大臣官房経済政策課に勤める下川路功(阿部寛)は、極秘で奇想天外な計画を進めていた。
そのころ、元カレの作った借金返済に追われるフリーター・田中真弓(広末涼子)の元に母・真理子(薬師丸ひろ子)の訃報が届く。葬儀の後、真弓の前に下川路が現れ、真弓に、実は真理子は死んだのではなく、バブル崩壊の危機を救うため自作のタイムマシンで1990年にタイムトラベルし行方不明になっている、という事実を打ち明ける。
そして、下川路に依頼され、日本経済と母を救うため、真弓はドラム式洗濯機のタイムマシンに乗り、1990年3月のバブル時代へと向かう・・・・・・



なんといっても、阿部寛と広末涼子のふたりがイイ。
阿部寛演じる下川路は、2007年ではクラいヤツなんですが、1990年の彼は「約束はしたが守るとは言ってない」が口癖の女たらしの遊び人。初めはヒロスエ演じる真弓を口説いていたのに、真弓が自分と真理子との娘だと知ると、急に説教くさいオヤジに変身するところなんて面白かった。
ヒロスエってお子さんいるんですよね?22~3歳の役だったんだけど全然違和感なくて、「ありえなくない?」とか「これ、ヤバイ!」などの若者言葉もハマってるし、プロポーションもスリムだし、1990年ではみんなから浮きまくってるダンスも決まってたしで(クラブではああいうダンスなんですね・・・へぇ~)、今まで別にいいと思ってなかったヒロスエですが、この映画は彼女の魅力全開という感じ。やんちゃで元気な現代っ子を好演していました。

戻る時代が「バブル期」というのがよかった。非常にインパクトのある時代だし、ネタには事欠かない。今とは全てが違って当たり前の江戸時代や明治時代じゃなくて、17年前、という微妙な過去だから、その感覚のズレに笑えるんでしょうね。
ワンレン、ボディコン、ソバージュ、太眉、ティラミス、ティファニーのオープンハート、ポケベル、ディスコ、六本木スクエアビル・・・・・そうそう、そんな時代でした。音楽はクール&ザ・ギャング、M.C.ハマー、プリプリやリンドバーグも流れていました。CMは鷲尾いさ子の鉄骨娘や今井美樹。W浅野が流行って、トレンディドラマのような部屋に住む・・・。映画の中にはそのような懐かしい小物、場所、ファッションなどがたくさん出てきます。
また、芸能人など本人がたくさん出て来て、真弓が、飯島愛に「あなた本書くと売れるよ!」とか、飯島直子に「あなた缶コーヒーのCMに出るといい!」とか、ラモスに「ドーハではロスタイムのコーナーキックに気をつけて!」とかアドバイスするのも笑えました。
「バック・トゥー・ザ・フューチャー」のパロディが挟んであったりするのも楽しかったです。

この映画、バブルの、今思えば恥ずかしいぐらいのハイテンションぶりを揶揄しているとも取れるけど、ホイチョイプロダクションとしてはどういうことを言いたかったんだろ。
また、陰謀家の芹沢局長(伊武雅刀)をやっつけて2007年に戻ると、以前の2007年とは歴史が変わっていて、
「約束はしたが守るとは言ってない」が口癖の下川路がなんと総理大臣になっているのだけど、それって風刺なのかな?考え過ぎ?
そんなことは考えないで、ただバカバカしさを面白がるのが正解なのかな。とすれば、映画に何か意味付けを求める人には向かない映画かもしれません。


私の1990年3月といえば・・・。リョウヘイがおなかにいました。バブル期というのが1996年から1991年ぐらいまでだとすると、私はOL時代~新婚時代~新米ママ時代という変化に富んだ時期をバブル期に過ごしていたことになります。
バブルだからといってお金がたくさんあったわけじゃないけど、ふたりで働いていたから、今みたいに10円でも安い大根を買いに走る!なんてことはなかった・・・
(涙)
クイーン・アリスで食事したり、夏休みはハワイに行ったりしてた・・・あれがウチレベルのバブルっていうものだったのかしら・・・(タメイキ)

それにしても、私からすれば17年前なんてついこの間・・・って感じなんだけど(笑)、そのころまだ駅が自動改札じゃなかったとか、まだJリーグがなかったとかって、「そうだっけ~!?」とあらためてすごく驚きました。
パソコンや携帯電話のない時代・・・。
私ってば、そんな時代に当たり前に生きていたのですねぇ~。
っていうか、言いたくないけど、DVDやビデオや・・・CDだってない時代に生きていたときもあったのよね・・・。はぁ。またしてもタメイキ。

さてさて、17年後の私が今の時代を振り返ったとき、2008年をどう思うんでしょう。
そのためにも今の時代を記録しておかないとね。






| | コメント (8) | トラックバック (1)

2008年1月28日 (月)

涙のはけ口

私は本当はすごく泣き虫なのですが、つらくて泣くとか悲しくて泣くということは人前ではあまりありません。
3~4年ぐらい前にカウンセリングに通っていたことがあるのですが、カウンセリングのときも話しているうちに泣きたくなるんだけど、こらえちゃうんです。先生から、「泣いていいんですよ。なぜ泣かないんですか?」と聞かれました。カウンセリングを受ける人たちは、話しているうちに号泣する人も多いとのこと。
別に、弱味を見せたくないとか、同情されるのはイヤだとか、泣くのはみっともないとか、そんなふうに思っているわけではないんです。でも、泣きたいのになぜか逆に笑ってしまう。
カウンセラーの先生によると、私は「自分の“キャラ”を守りたがり過ぎる」らしいです。人からこう思われたいという枠に自分をはめすぎていて、素直に感情を表現するのがヘタなんだそうで。自分では喜怒哀楽をハッキリ出すタイプだと思っていたので、そう言われたときとても意外だったのですが・・・。結局、見栄っぱりってことなんかな。


そんな私ですが、こと「まさやん」になると、信じられないくらい人目もはばからず思いっきり泣いてしまいます!
ライブや映画をいっしょに観に行ったまさやん仲間からは、「タケちゃんよくそんなに涙が出るね・・・」と呆れられちゃうくらい。「8月のクリスマス」なんか、一番初めにまさやんの顔が出てきたときすでに泣いてたもんね。ツアー千秋楽の終わりにスクリーンに「See You Again」って出ただけで泣いて、「One more~」をまさやんが歌えなくなっちゃったら泣いて、「カバーホールツアー」でまさやんがカッコよすぎてまた泣いて・・・。
まさやんは涙のはけ口か!っていうくらい、まさやんの顔を見るたびに、声を聞くたびに泣いてしまうのです。
まさやんは、「聴いてる人は泣いてもいいけど、やってるやつは泣かせに入っちゃだめ」って言っていました。確かに、泣かせに入ってるな、って感じたら、もうそこで泣けないと思うのね、きっと。淡々としているまさやんだから、かえって泣けちゃうのです。


今日も車で『アトリエ』を聴いてひとり泣きながら運転してました。対向車の人、気がついたらビックリするだろうな・・・。
『アトリエ』は今の季節にピッタリ。この曲を、ライブでまさやんがピアノで歌ってくれたときは、声を出して泣きました(メイワク)。
だってこの曲って、絶対まさやんが私に向けて歌ってくれている歌なんです!・・・って誰もが思ってるんです(笑)


壁掛けの時計は遅れてるけど
あまり気にしないで
目新しいものは何も無いけど
それが今の僕のすべて
付きまとう忙しさを今だけは忘れてくれればいい
このアトリエで

ふとしたことで立ち止まってしまったら
ここに来て話してみて
この窓の向こうの夜は寒そうだから
明かりは絶やさずに
そのうちに君の心が少しずつ暖まってくれればいい

僕がここで描く世界を
少しでも気に入ってくれればいい

いつになってもいいから・・・・・
                    (by山崎まさよし『アトリエ』)



うわ、書いてるだけで涙出そうだ・・・(笑)


たぶん人って、我慢して気持ちを押えて溜め込んでいてはよくないと思うのですよ。
涙をこらえることも必要かもしれないけど、時には思い切り泣いて、気持ちを吐き出してみるのもいいのでは・・・。

・・・ってことで、これからまさやんのDVDを見て気持ちを吐き出すぞ~~~!!!





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2008年1月27日 (日)

誰の責任?

「ねぇママ、まさやんの『ブンブン』の歌詞、“♪闇の中で振り切れば~”じゃなくて
“♪振り切れバット”だって知ってた~?」

「ねぇママ、まさやんの『ブンブン』の最後の場面の時計の針の数字って毎週ひとつずつ減ってるって知ってた~?」

・・・知らなかったよ。みなさんは知ってましたぁ?

「あしたの、喜多善男」はモエには見せていないのに、モエのヤツ、いつの間にかまさやんの主題歌のところを何度も見ていたようで、しかも歌詞情報もどこかでゲットしたらしく、私より先に覚えて歌ってる。まさやんじゃないけど、まだ「私が歌えな~い」!


そのことに限らず、とにかくモエは「なんでアンタがそんなこと知ってるんだ?」っていうプチ情報に妙に詳しいです。情報源はテレビ、雑誌、お友だち、そしてネット(ネットは私がOKしたものだけという約束だけど)。
まぁ、まさやんの主題歌についてぐらいならいいですよ。
この間なんて、「ねぇママ、“OLのH事情”ってどういう意味?」と聞いてきて、冷や汗かきました。彼女の手元には前日てっちゃんが持って来た「L25」が。ミーハーな私はてっちゃんにL25を持って来てもらっていたのですが、即、「もう持って来なくていいから」と断りました。
ホント~に油断もスキもないです。
悪く言えばヘンにませてるし、よく言えば非常に好奇心旺盛。そうかと思えばひどく幼かったり甘えん坊だったりするところもあるんだけど・・・。
ウチでは小さいころから、できるだけ子どもらしくない本やテレビ番組などは見せないできたつもりなんですけど、いったいどこで間違ってしまったのでしょう・・・。
親が一生懸命いろいろな情報源を制限していても、「知りたい!」という欲望のほうが強いのかなぁ。そんなふうに意識はしていなくても、興味があることはごく自然にキャッチするようにできてるのかなぁ。

私は、これはてっちゃんの責任だと思っているのです!
だって、前にも書いたけどウチではいつもテレビがつけっぱなし。私はつけっぱなしが好きじゃないので、「見てないなら」と消すと、てっちゃんすごくイヤがるの。見てなくてもつけていたいらしいのです。それで何度ケンカしたことか・・・。
テレビからの情報ってイヤでも向こうから入ってきちゃうもの。どう考えてもそのせいだと思うのね。
・・・でもミーハーなところは間違いなく私に・・・・・。
う~いったい誰の責任なの・・・。
誰の責任というより、その子の特質なんでしょうかね~?

それとも4年生の女の子ってこんなもんでもいいんですか?
モエの同級生でも、自分が上の子は、弟や妹に合わせて今でも教育テレビの子ども番組やアンパンマンなんかを見ているらしいです。当然ドラマなんて見ていないし、山Pって誰?って子もいます。でも上にお姉ちゃんがいる子なんかは、10時台のドラマも見ちゃってるし、高校生向けの雑誌やマンガも読んじゃってるし。ジャニーズのコンサートだって3年生ぐらいから行ってるし(ママといっしょに)。
でも、そういう子がませてて悪いかというと別にそんなことはないし、興味のない友だちには自然とそのテの話はしないようにするみたいで、そういう子ばかりでかたまって遊んでるわけでもないんです。

もうこのトシならいいかな、って親はどうやって見極めればいいのかなぁ~。私は子どもは子どもっぽいのがいいと思っているフシがあるけど、そう決めつけずに、いろんなことに興味が出る年頃というふうに受け入れて自然にまかせたほうがいいんでしょうか?
あぁ~親って難しいわ。

とりあえず、まさやんの妄想はモエの前では話さないように気をつけよ~っと。





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月26日 (土)

飲み会の華

ゆうべはまたまた大学時代のサークルの飲み会で午前様でした。

昨日は、卒業後秋田に帰ったM先輩が久しぶりに東京に来るというので集まりました。秋田で市議会議員をしているM先輩、国土交通省でプレゼンするために来たというのですが、みんなその話は全然聞いてなくて(笑)、学生時代に戻ってお互いしゃべりまくっていました。でもM先輩は学生時代と変わってなくて、とってもおもしろい人。ご実家の和菓子屋さんのお菓子をみんなにおみやげに持って来てくれました。おいしかった♪


さて、昨日の飲み会の華はなんといってもS子先輩です。
ミスW大学になったこともあるというS子先輩は、私より2コ先輩。美人で才女でいいところのお嬢さん、と、3拍子揃っていて、私がいたころのサークルでは、私の大学の先輩のY子先輩と双璧をなしていました。
しかも!美人は性格が悪いと相場が決まっているのに(超偏見)、ふたりともめちゃくちゃ性格がいいんですよ!!!おっとりしているけどユーモアもあって、後輩にも優しいし。みんなのアコガレでした。どうも昨日は男性陣の出席者がいつもより多いと思ったんだよね~。
S子先輩、学生時代と全然変わってなくて、相変わらず美しく、中年太りなんてまったくしてないし、お肌だってすごくキレイ。着ているものもエレガント~♪ダンナさまもさぞかし素敵な方なんだろうな~。
S子先輩は用事があって一次会で帰ってしまったのですが、そのときの男性陣の反応・・・「え~!S子さん帰っちゃうの?・・・じゃ、またオマエたちだけかよ!?(←あっちゃんとナツと私のこと)」・・・って、失礼すぎっ!!!
「でも私たちがいるからS子先輩も『それなら私も行こうかしら・・・』って来てくれたんだよ」と言ったら、「そうか!オマエたちの唯一の役目だな」だって!(怒)

二次会で、「なぜ男は若い女が好きか?」という話になったのだけど、S子先輩を見ていると年齢はあんまり関係ないかなって思う。
自分にムリすることなく、自然体なんだと思うのです(自然体であれだけキレイってどういうこと?)。もちろん美しさをキープするための努力はしているのだと思うし、「私なんてもうオバサンだもの~」とかは言うけど、だからといって見た目を若作りしているわけでもなく、年齢に焦っているわけでもなく、若くいようとがんばっちゃってるわけでもなく・・・(アレ?それって私のことか?)。
年齢を素直に受け入れた上で、自分にできることを自然にしているっていう感じ。
キレイなことにも憧れるけど、そういう自然な感じにすごく憧れます。

・・・ま、もとが違うって言われればそれまでなんだけどさ・・・






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月24日 (木)

ポジティブでいこう!

ここんとこ失敗続きです。

先日ネイルに行ってコートを脱いだときに、ネイリストのAさんが、「ちょっと失礼しますね」って言って私のセーターの首のところを何やらいじっているので何かと思ったら、クリーニングの札がついていた。
失敗するはずのない超簡単お魚レシピ、生焼けだった。
駐車料金のためにムリして2000円以上買い物したのに、駐車券を失くして、見つからなくて駐車料金1000円払った。
洗濯機のフタを開けたら洗濯物がティッシュまみれになっていた。
気に入っていた薄緑色のお皿を割っちゃった。

あ~あ、ひとつひとつはたいしたことじゃないとはいえ、なんか最近ボケてる。
でも、物事はポジティブに考えるようにしている。

仲良しのAさんに気づいてもらえてよかった!
生焼けでももう一回焼けばいいじゃん!
駐車券失くしたら普通もっと支払わなくちゃいけないかも?1000円で済んでラッキー!
よかったぁ~一万円札じゃなくてティッシュで!
これで違うお皿買う口実ができた!

というように。

今朝もこんなことがあった。
今日はリョウヘイが宿泊学習なので、ここ数日健康観察をしていたのだけど、おととい36度7分だったのに、先生から「明日は様子を見たほうがいいのではないでしょうか」と言われたので、昨日学校を休ませた。平熱が36度4分くらいだから微熱があるってことなのかなぁ?36度7分で様子を見ろだなんて、やっぱり養護学校の先生は慎重だわ・・・と思っていたら、私ってば間違えて37度6分って書いていた。リョウヘイ君、昨日はズル休みだったね・・・今朝教室で先生方に笑われた。
しかも、お泊りだっていうのに、リョウヘイが毎朝毎晩飲んでいる薬(抗てんかん薬)を忘れてしまって、学校にいざというときのため常備している薬を持って行くことに。
先生、ダメな母でホントごめんなさい。
でも、家にいるときは薬を飲み忘れることなんて絶対にないリョウヘイだから、私がいろいろ世話を焼くより、リョウヘイにまかせておいたほうがよっぽど確かなんだわ!リョウヘイってエライんだわ!
ポジティブ。

そうそう、今、私の左手の薬指には指輪がない。
ネイルサロンに忘れて来てしまって、サロンから電話があった。「大事な結婚指輪ですもの、大変でしょう?」と言われたけど、

「取りに行くまで私ってば独身だわ~!!!」

と思っている私。
ポジティブ!

「薬指に指輪がないからってオバサンに何が起こるワケ?」とてっちゃんからは失笑されているけれど・・・。
やーね、てっちゃんってば心配しちゃって。カワイイ~。

ポ、ポジティブ~~~!!!





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年1月23日 (水)

夢を実現するということ

横浜にもとうとう雪が積もりました。
今日は美容院に行きたくて、悩んだあげく思い切って車で出動。このあたりは“坂道のある街”で、しかもウチの前の坂道は車の通りが少ないので雪がなかなか溶けずに凍ってしまい、車の運転がとってもコワイのですが・・・。

Dscf3417b
帰って来るころには雨混じりになって雪も溶けてきました。よかった・・・



美容院に行くのは楽しいです。
店長のたくじぃさんは30代半ばの、穏やかで優しくユーモアもある、しかも男前(ジョニー・デップ似、ただし自称・笑)な美容師さんです。
まさやんの妄想話やオットのグチをニコニコと聞いてくれて、時には相談に乗ってくれたり優しくお説教?してくれたりします。奥様のお話によると「普段家にいるときはボーッとしていてかなり天然(笑)」らしいんだけど、ひとたびハサミを持つと、頼れるカッコいい美容師さんに変身しちゃう(ン?誰かさんみたい?)。
たいていは私がしゃべってばかりだけど、今日はたくじぃさんの駆け出し美容師時代のお話をしてくれました。

たくじぃさんがまだインターンだったころは、美容師さんの世界はわりと封建的で、先輩後輩の上下関係も厳しかったようです。仕事もキツかった上に、理不尽なことで怒られたり蹴飛ばされたりしたらしいです。一種のイジメみたいなものかも・・・。たとえば先輩たちのお昼ごはんを買いに行かされて、たまたま頼まれたものがなくて違うものを買って行くと怒鳴り飛ばされたりとか・・・。
そのころは、「やってらんねー!」と思ったことも多々あったとのことだけど、美容師をやめようと思ったことはなかったとか。そして、そういうイヤな先輩に対しては「絶対こいつより上に行ってやる!」という思いがあったそうです。
そんな日々を過ごしてきて、今は美容室激戦区と言われる場所に素敵なお店を持つに到りました。
でも、きっとそこまで来るにはいろんな苦労や努力があったのだと思います。お店を持った今でも、休みの日には勉強に出かけています。

まさやんにしても、五十嵐クンにしても、アンにしても、ただもともと才能があってカッコいいというだけじゃない。夢を実現したいという強い思いと行動力、そしてたゆまぬ努力があるから、人を惹きつけられるんですよね。


そういうことを考えていると、「私ってホントだめだな~・・・」って思ってしまうワケで。
もちろん、そんなに大それたことを考えているわけじゃないけど、でも、私の夢って、私がしたかったことって、私が努力したことって・・・?みんな中途半端で、結局何一つできてない。

・・・というわけで、私もこのまま何もせず死んでいってはいけない!と思ったのです(イヤまだまだ死なないけど)。
やっぱり、人間「努力と根性」は大事ですよ!
トシを取るにつれて年々いろいろな可能性が小さくなっていくのは現実としてあるけど、その年齢なりの努力ってできるはず。
ただ「まさやんカッコイイ~きゃぁ~」って言ってるだけじゃなくて、まさやんのファンにふさわしい努力をしよう!と今日の雪に誓ったのでありました。

ただ困ったのは、何を努力すればいいのかわからない・・・・・・
なので、何を努力すればいいのか考える努力をしないと・・・・・・
う~ん疲れる・・・・・





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月19日 (土)

単純にものを考える

昨日はモエの授業参観でした。図工の時間でペン立てを作っていて、楽しそうでした。
見ていて、4年生ぐらいになると男女の精神年齢がかなり違ってくるんだな~という感じがしました。モエがいつも言っているように「男の子って単純」。でもそれがカワイイの。「単純」って子どもらしい。でも、私たちオトナでも「単純」がいいこともある・・・と思う今日この頃です。

私、昔から本当にすぐ落ち込んでしまって、クヨクヨするタイプだったんです。ちょっとしたことでもこの世の終わりのように悩んでいたので、てっちゃんに「そんなくだらないことでよくそんな長い間悩んでいられるね」とか、「わざわざ物事を複雑にしてない?」とか、「先のこと考えたってしょうがないじゃん。そのことが起きてから考えれば?」とか、しょっちゅう言われていました。
今も私のそういう性格はあまり変わらないけど、でも、もしかして立ち直りは早くなっているかも。いい意味であきらめがよくなったのかもしれないし、かなりポジティブになったかも。リョウヘイのこととか、耳のこととか、いろいろあって、だんだん鍛えられてきたのかもしれません。

ここ数年、私は常に「物事をシンプルに、単純にとらえる」ように意識しています。
こんなこと言うとみんなから「出た!」って言われちゃうんだけど(笑)、まさやんの歌の影響もあるかも・・・。


私の座右の銘は、まさやんの歌『ツバメ』の歌詞。

単純にものを考えるようにしてる
そうでなくたって手に余るから
僕にできること ただそれだけを・・・



なにか考え込んでしまったときなど、この歌詞を紙に書きます。

ほかにも、まさやんの歌には「単純」という歌詞がいくつか出てきます。


なんとなく僕が日頃考えているのは
理想はいつも単純で現実はややこしい
(by「NAVEL」)


考えてみたら単純な問題でも なぜか遠回り
コロンブスでも なかなかうまいこといかないね
(by「晴男」)


なんだかんだいっても
つまりは単純に君のこと好きなのさ
(by「セロリ」)


肝心なところが見えてこない 単純なこと案外難しい
あと少しで手につかめそうなのに 絶えずいいとこではぐらかされる夢

          
(by「アイデンティティー クライシス~思春期の終わり~」



たぶん、まさやんもいろいろ考えてしまうタイプだからこそ、こんな歌詞を書くんだろうなぁって思う。世の中単純にはいかないことばかりだとわかっているけど、でも逆に、もっと単純に考えればいいんじゃないかということも多い・・・ってことなのかな。
一生懸命こねくりまわしてあれこれ考えたり、ヘンに小細工をしたり言い訳したりしないで、事実をあるがままに受け入れ、それに対して自分はどうしたいか、どうにかできることなのか、誠意をもって考える・・・。
そういうことも大事なのではないかなぁ、と、このトシになって思うのでありました。
「単純」って、ホントに案外難しいよね。


そうそう、てっちゃんに「オマエは単細胞だ」って言われるけど、それは「単純」とは違うのか・・・?





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月18日 (金)

カレーの思い出

火曜日に「あし喜多」(「あしたの、喜多善男」のことです!まさやんファンの間ではもはや「昨日『Boon Boon』見たぁ?」で通るかも?)を見ていたら、むしょ~にカレーが食べたくなってしまいまして、昨日の晩ごはんはカレーにしました。
もちろん市販のインスタントのルウだけどね。
イヤ、私だって、一応昔辻クッキングスクールを優秀な成績で卒業しているので(大ウソ)、スパイスをいろいろ使った手作りルウのカレーだって作れないことはないのよ。
でも、てっちゃんとモエが市販のルウのほうが好きなんだもん。
・・・ハイ、本当は面倒くさいだけです。

以前「カラーバトン」をやったときに、「カレーライスのような人になりたい」と書きました。
カレーというのは、どこにでもあって庶民的でありながら、奥が深い食べ物ですよね。辛くもあるけど、甘味もあって。
世の中にはいろんなカレーがあります。先日下北沢のベトナム料理のお店で食べたカレーは、ミルクっぽい色をしていました。甘いんだけど、スパイスが効いているからあとでピリッとくる。北海道育ちのご主人を持つYちゃんちのママのカレーはスープカレー。小さいころ家で母が作っていたカレーは「ヒデキ、カンゲキ!」のバーモントカレーでした。
まさやんが作るカレーはかなり本格的なようですね~。食べさせてくれっ!!!


カレーといえば思い出すのが、大学3年生のころのことです。
いつもは4~5人の仲良しグループで行動していて、お昼もいつもいっしょに学食で食べていたのですが、その日に限ってほかの人が誰もいなくて、私ひとりだけで学食に行きました。ほかに知っている人も見当たらず、ひとり寂しくカレーを食べました。
そのとき思ったのは、「カレーってひとりで食べるとまずい」。

私はそのときまで、ひとりで行動するということがあまりありませんでした。さすがにトイレはひとりで行けたけど(笑)、買い物も、食べ物屋さんも、旅行も、コンサートも、ほとんど誰かといっしょだったので、ひとりのお昼ごはんがなんだかすごく寂しく感じました。
でもその日、その話を当時付き合っていた彼にしたら、「オマエひとりじゃなんにもできないの?」って言われたんです。
彼は友だちと飲むのも好きだけど、ひとりでバイクで日本中出かけてしまうような人だったから、私はひとり取り残されて寂しい思いをすることもありました。
そのとき私は、「これじゃいけない!いつでも友だちや彼といっしょでなきゃ行動できないなんて。これからは何でもひとりでやってみよう!」と思いました。
そして翌日、かねてから習いたかった英会話の学校にひとりで申し込みに行きました。前日までは、「誰かいっしょに行く人いたら習おうかな」と思ってた。でも、それからはひとりで行動することを意識してやってみるようになりました。
彼は「英会話学校なんてひとりで行くのは当たり前」って言うかな~と思っていたら、「その一歩が大事。えらいぞ!」と褒めてくれました(まぁ今思えばいつも自分を待っているような彼女じゃたまらないよね・・・。でも若かりし日の私ってかわいかったわぁ~~)。


ひとりでカレーを食べたぐらいでオーバーな・・・と思うけど、今思えばあのカレーは私の自立の味だったのかも!な~んて思っちゃいます。

誰かといっしょにいろいろなことをするのは楽しいし好きだけど、今は「ひとり」もわりと好きです。
ひとりの自由さや気楽さ、そしてちょっぴりの寂しさを味わいながら、またカレーを食べてみようかな。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月17日 (木)

「まさやんライブファイル」と「まさやんダイアリー」

とうとう養護学校のB高等部(知的障害のほう)も学部閉鎖になっちゃった~。ウチの学校だけ?インフルエンザ大流行は。


リョウヘイは熱はたいしたことないんだけど、どちらにしても今週いっぱいはお休み。
私もどこにも出かけられないので、今日はまさやん映像の整理です。

今はライブツアーの映像の整理をしています。「まさやんライブファイル」を作っているためです。
自分が行ったライブの会場データとか、セットリストとか、グッズのチラシとかをファイルして、そのライブの映像のDVDをセットしておこうかな~って思ってます。


そこでまさやんファンのみなさんに質問。
次の2つのライブ映像だけがどうしても見つからないのですが、そもそもこれらの映像ってあるのかしらん?

①2000年のまさやんだけのオーキャン(私は立川の昭和記念公園に参加)の映像。
DVDにはなってないと思うんだけど、TV放送あったかな?

②2001~2002年の「Transit Time TOUR」のライブ映像。これは複数の人から、DVD発売もTV放送もなかったのでは?とのお答えをいただきましたが、どうでしょう。なんでこれがないんだ!?このライブ、カッコよかったのにーーー!!!


今年はまさやんのものはてっちゃんに管理してもらうのはやめて、まさやん出演のTV番組やライブ放送は自分で管理することに決めました(今さら!?)。

というわけで「まさやんダイアリー」にするノートを無印で購入。これにCDの発売日や、ライブ予定、テレビ番組放送予定などをすべて書き込んでおこうと思って・・・。
でも今はイマイチ書くことないんだよね・・・。まさやんスケジュールでぎっしり埋め尽くしたいのに。早く新曲発売にならないかな~。早くアルバム出ないかな~。そしたらぎっしりメモっちゃうのに。

「いつまで続くことやら?」と思ったそこのアナタ!
・・・・・私もそう思います。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月16日 (水)

初インフルエンザ

なんと!
昨日からリョウヘイがインフルエンザで寝込んでおります。
インフルエンザって、去年暮れにちょっと流行って、「普通インフルエンザは2月頃がピークなのに今年のインフルエンザは早い」って言ってたんですよね。年明けたらインフルエンザなんてすっかり忘れていました。
しかも、リョウヘイは熱の出る風邪にはほとんどかかったことがなく、インフルエンザももちろん未経験だったので、我が家は3人だけ予防接種を受けて、リョウヘイの予防接種なんて考えてもみませんでした。

昨日はてっちゃんがお休みで、子どもたちが学校に行ってる間に遊びに行こうと企んでいたんですが、朝リョウヘイがいつもにもましてボーーーッとしているから、おでこに手を当てたら、なんかちょっと熱い。熱を計ってみたら7度6分。リョウヘイにしては珍しい~と思って学校は休ませ、鼻水も出していたので念のためてっちゃんがお医者さんに連れて行きました。
すると、その間に学校から電話があって、「インフルエンザが大流行していて、今朝は学校が混乱しています。小学部とA高等部は学部閉鎖になります。もしかしてリョウヘイ君もインフルエンザではないかと思ってお電話しました」という先生のお話ではありませんか!
「まぁ~リョウヘイに限って」とは思ったけれど、てっちゃんに「インフルエンザじゃないか一応調べてもらって」とメールしました。てっちゃんもドクターも「まぁ一応やってみますか」って感じだったらしいのですが・・・よかった、やってもらって。
担任の先生の予感的中。初インフルエンザでした。
10代の人にはタミフルが出せないということで、吸入の「リレンザ」とかいう薬をもらってきました。うまく吸えてるのかなぁ~、リョウヘイ。

今お昼の1時ですが、朝8時頃朝食を食べて薬飲んで、それ以来ずっと自分の部屋で寝ています。
コワイよ~。
熱もそれほど高くはないし、食欲は昨日も今日もわりとありましたが、さすがにここまで寝続けられるとやっぱり心配になってしまいます。
・・・と思って見に行ったらやっぱり寝てる~~~。息はしてましたが。


おかげで私は出かけることもできないので、録りだめていたドラマを見ています。
昨日の「あしたの、喜多嘉男」(ややこしい)、見逃したところがあったので最初からもう一回見ました。面白くなってきましたね~。

えーと、これから「デスパレートな妻たち」と「斉藤さん」と「貧乏男子」とそれから・・・・・・
たくさん見られそう。

・・・でも、やっぱりリョウヘイ、早く元気になってよ~~~!!!






| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年1月14日 (月)

下北沢散策

昨日はまさやん仲間5人で、下北沢散策を兼ねた新年会。
みんなとは去年の11月のカナケンのライブのとき会いましたが、下北沢は私、すごーーーく久しぶりです。例の「アターシャ様」の着ぐるみのバイトをしていたとき、その事務所の人たちが下北の劇場で芝居をやっていたのでそれを見に行ったのが最後でした。そう、かれこれ25年ぐらい前になるんじゃないかしら。なので今回の下北散策はとても楽しみにしていました。


1時に南口に集合して、まずはランチ。「カラテチョップ」というベトナム料理のお店へ。

Dscf3368b_3
Dscf3367bDscf3369b

雰囲気のある人気のお店です。お店の前にはベトナム雑貨も置いてありました。

Dscf3372b_2 Dscf3375b

↑私はチキンと野菜のカレーを選びました。ココナツミルクが入っているのでマイルドなお味。とってもおいしかったです。
デザートはココナツプリンと蓮茶。これもおいしかった。
器もチープな感じなんだけど、雰囲気に合っていてかわいいのです。


ランチをしてから、ギャラリーや雑貨屋さんを見て廻りました。
下北沢は、ひとことで言うとレトロと手作りが似合う街。アンティーク雑貨のお店や、古着のお店、手作り雑貨のお店、小さい劇場やギャラリーがちょこちょこあります。広い街ではないので、ブラブラ歩いているのが楽しい。

Dscf3380b_4Dscf3382_3Dscf3383b_2

Dscf3394bDscf3386b_2Dscf3387b_2

↑いろいろなタイプの雑貨屋さんがありました。
書籍から洗剤から衣類まで、あらゆる雑多なものを売っているお店や、アンティークの小物のお店、ひとりにひと箱のスペースを貸して個人の手作り品を置いているお店など(上段)。
美容院もレトロ(下段左)。狭い裏道には雑貨屋さんの看板がいっぱい(下段中央)。私の好きなファイヤーキングのお店の看板も。アドマグはあまりなかったけど、ファイヤーキングを置いているお店もたくさんありました。
寒かったけど、とても賑わっていました。下北らしいファッションの人が多かったな(下段右)。



Dscf3388b_2 Dscf3392b_3


↑レトロな建物。古い民家を改造したのかな?そこにいくつかのお店が入っています。

歩き疲れたのと寒かったのとで、お茶をしようということになり、この建物の中の「ミケネコ舎」というカフェに行きましたが、5人グループは入れないとのこと。はじめから2人と3人に分かれて他人のふりをして入ればよかったのかな?(笑)


Dscf3391b
↑なので、すぐ近くにあるレストランに入りました。ここもとてもいい雰囲気のお店です。こちらは、先に入っていたお客さんにわざわざテーブルの移動をお願いしてくれて、席を作って下さいました。やっぱり、そういうお店のほうが嬉しい。


Dscf3396b
↑ティータイムのデザートセット。私はチーズケーキとカフェオレをチョイスしました。おいしかったです♪
 

駅までの帰り道に、おいしいと評判のパン屋さんがあって、Koniがそこで買い物をしているとき、なんとニコニコ会仲間のカンカン一家に遭遇!!!これもやっぱり「宇宙の法則」か?だって、私も彼女の家族も、下北沢、何年ぶりっていうくらい久しぶりだったのに・・・。それにすごく混雑していたんです。なんだか嬉しかったなぁ。


下北沢はとても雰囲気があって、また来たいと思わせてくれる街でした。
こまごました雑貨の中から、宝物を見つける楽しみ。
歩き疲れて、お茶をしながらおしゃべり・・・。
ここは家族とではなくて、気の合う仲間と来るのが楽しい。昨日はしあわせな一日でした。
hyoko、お年賀ありがとう!そしてマム、幹事ありがとう~!

今回はおとなしく(?)夕方に解散でしたが、夜の雰囲気もなかなかのようなので、今度は飲みながら妄想話に花を咲かせようということになりました!

妄想話!ジンジャエールで全然OK。まかせといて~!!!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年1月13日 (日)

ケナゲなオット

昨日は大学時代のサークルの新年会でした。
ほかのみんなは大学ラグビーの決勝戦を観に行ったのだけど、ラグビーはまったくわからないので私は飲み会のみの参加(笑)。昨日は冷たい雨でみんなびしょびしょだったけど風邪引いてないかな~?

ってなワケで夕方4時40分から夜11時までひたすら飲み会・・・途中寝ちゃった人もいたりして・・・みんな飲みまくっていたなぁ・・・。私はジンジャエール4杯ですっかり酔っぱらいました(笑)。みんなが酔っていると自分も気分的に酔えるのです、便利でしょ。なにはともあれ、いつも“時間無制限”のお店を予約してくれるあっちゃん、感謝です。


昨日は、私のブログを見たI先輩に「遊んでばっかりいるようだからお説教してやる!」と言われていたのですが、むろちゃん(I先輩より先輩)が味方してくれたので助かりました(笑)
I先輩曰く、「てっちゃんがかわいそうでかわいそうで仕方ない」そうなのですが、てっちゃんは「とにかくママがキゲンがよければパパも嬉しい」という人なので、I先輩が思っているほどかわいそうじゃないんですよ。イヤほんと。

これは別にノロケとかじゃなくて、うちのてっちゃんってホントにそう思っているようなのです。それだけ私のキゲンが悪いときがオソロシイということなのか・・・?(笑)
もちろんリョウヘイみたいな子どもがいるから気分転換はしたほうがいい、というのはあるんだろうけど、もともと付き合っているときから束縛はまったくしないタイプでしたね。
休みの日に私がどこかに行くのも「え~またぁ?」「まったくママは自由でいいよねぇ」とかは言うけど、本当にイヤな顔をしたり怒ったりはしません。自分もライブ好きだから、まさやんライブも、むしろ「行きなよ!」って感じだし。
そしててっちゃんの一番のポイントは「オタク」であること。まさやんのものを買うのにも、イヤな顔をするどころか、「買え!」と奨励してくれます。まさやんのアナログ盤なんかも「買っといたほうがいいぞ!」って言うし。アナログBOXの34000円は主婦として出せなかったけど、昔の『ドミノ』のアナログ盤はてっちゃんが買ったほうがいいって言うんで買いました。今も、「なんでウチには『ぢ・大黒堂』ないんだ!?ダメじゃん!」とか言ってきました。私のため、というんじゃなくて、オタク気質なんでそういうのが許せないらしいのです。
だからまさやんの映像や音声の管理もみんなてっちゃん。ありがたいようなありがたくないような・・・。

一見いいダンナじゃないって思われるかもしれません。
でも、口癖のように「オレじゃなきゃママは絶対やっていけないよ」って言うんですよ。すごく自信持ってことあるごとに何度も言うの。
で、ほかの人たちにも、「すごいがんばってるケナゲな夫」を何気に(無意識なのかもしれないけど)アピールしてるんですよ!だから私はみんなに「悪妻」と思われているんです。時々「それはこっちの言うセリフなんだけど!」と思います。だって人を束縛しないかわりに自分もすごくマイペースです。すぐ元に戻るけどすぐキレるし。わかってくれる人はわかってくれると思うけど、私だってけっこうてっちゃんのこと心配したりしてるのにさぁ、な~んか私のほうが不利なんだよなぁ。
まぁ私が「ホント、てっちゃんのおかげで私は楽しい毎日を送れるんだよね~」っていうスタンスでいけばきっとウチの夫婦はうまくいくんだろうとは思うんだけどね・・・。
そうはわかっていてもうまくいかないのが夫婦なんですね~。
う~ん、難しいものです。


さて、私はこれからまさやん仲間との新年会。
・・・やっぱり、I先輩の言うように、少しは家のこともちゃんとやらなくっちゃいけないかなぁ(笑)。



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年1月 8日 (火)

心で聴けるから

昨日、「浜崎あゆみの左耳が聞こえなくなっていた」というニュースをやっていましたね。
私、あゆのファンでもないし、今まではどちらかというと・・・だったのだけど、そのニュースを聞いて一気に「あゆ、がんばれ!!!」モードになりました。
だって、私も同じなんだもん。

私も15年ぐらい前、リョウヘイの様子がおかしいな~と思っていたころに、左耳に膜がかかったような、トンネルに入ったときのような症状になり、耳鼻科に行ったら「突発性難聴」との診断。そのときはステロイドの薬で一時治りました。その何ヶ月か後、激しい耳鳴りとめまいと吐き気に襲われ、今度は大学病院で検査したら耳の奥に腫瘍が見つかりました。
その後何年かして今度は電話が左耳で聞こえなくなって。病院に行ったら原因不明の難聴と言われて、昔の突発性難聴の後遺症あるいは再発か、腫瘍の影響か、はたまたメニエール病などの違う病気か・・・結局お医者さんにもわからずじまい。前にも書きましたが、聴力はおかしいなと思ってから3日間が勝負だとのこと。私は左耳で電話が聞こえなくなってから自然に治るのをしばらく待ってしまったので、「聴力は早く治療することが一番大事。どうしてもっと早く来なかったの!?」とすごく怒られました。そのときはあゆのように、「でも手術すれば治るよね?」と思っていたけど、もう手術のしようもなく、私の聴力は戻りませんでした。
あの時もっとこうしていたら・・・と後悔もしたけど・・・今となってはどうしようもありません。
今も電話は左耳では聞けないし、誰かと話すときも右耳でしか聞こえないので左側にいさせてもらうようにしています。ちょっとうるさい場所だと相手の会話が聞きとれないし、その人が誰に話しかけているのかもわからないんです。左から呼ばれても右に行っちゃうし。遊園地でも廻る乗り物には絶対乗れないし、めまい止めの薬は安定剤代わりに持ち歩いています。テレビの天気予報はBGMのほうが大きな声で聞こえてしまって肝心の天気が聞きとれないし。左の耳の中ではいつもセミが鳴いてるし(耳鳴りね)。聞こえなかったのに、てっちゃんに「シカトするな!」って怒られて泣いちゃったこともあります。Koniとまさやんライブに行っても電車に乗っても歩くときも必ず私が左側。飲み会でもランチでも座るのは左端。それができる関係の人たちばかりならいいんですけどね。

もう聴力が戻ることはない・・・って聞いたときはとてもショックでした。もし右耳も・・・と思うとすごく怖いし、片方の耳が聞こえないとバランス感覚が無くなって、首から上が自分じゃないみたいな感じがして不安でした。
でも、そんなときもいろんな人に支えられました。
まだ右耳だけで聞くことに慣れなかったころ、ライブでまさやんのMCが聞きとれなかったときはすごく悲しかった。でも、「私のお気に入り・ドクター編」で書いたように、補聴器を作るとき担当のドクターが、まさやんのライブが大好きな私のことを親身になって考えてくれて、すごくやさしくしてくれたんです。
そして、「宇宙のひみつは・・・」の掲示板にグチを書いたら、みんな励ましてくれて、中でもすごく印象に残っているのが、
「大丈夫、多少耳の聞こえが悪くても、ヤツの歌は耳じゃなくて心で聴けるから!」
っていうレス。嬉しかったな。
で、まさやんのMCは、ほかの人たちでも聞き取りにくいことをそのとき知りました(笑)
また、そのころモエはまだ3歳ぐらいだったけど、「モエちゃんがママの左耳になってあげるからね!」って言ってくれたのも嬉しかったです。

普通の主婦でも片方の耳が聞こえないだけでこんなに不便なのだから、音楽をやる人がそうだったらとても大変だと思う。あゆの「右耳がいけるところまで、限界まで歌い続ける」というコメント読んだときには涙が出そうになりました。
でも、あゆも、きっと家族や友だちやスタッフ、そしてファンの人たちに支えられて、これからも歌い続けていけると思います!がんばってほしいな!


なお、まさやんのMCはボソボソしてるのがいいのです・・・だから聞きとれなくてもしょうがない。
誰か、通訳お願いします・・・(笑)



| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年1月 7日 (月)

今日から出勤~!

はぁ~~~!!!
やっと今日からてっちゃん出勤です!!!
いつもてっちゃんがいる土日は嬉しい私なんですけど、年末年始はすごくつらかった~。
たぶん、お互いのバイオリズムが悪いパターンになっていたんだと思います。もう~やることなすこと全て「カッチーン!!!」ときちゃって。向こうも同じだったんだろうな。ウチの夫婦、年に何度かそういう期間がありまして。

でもって、新年早々、そう元日から大ゲンカ。原因は例のごとくくだらないことなんです。元日の晩に、筋肉バトルみたいな番組があって、それにバスケの日本代表選手のリョータ君が出るので、録画を前々から頼んでおいたのよ。それなのに失敗してて。それが、てっちゃん専用のDVDがあるのに、てっちゃんが私とモエ用のDVDに「Rock Legend」とかいう音楽番組を延々と録画していたために、筋肉バトルが途中で切れてしまっていたのです。私も自分が録画とか覚えればいいんだけど、ウチってDVD3台にWOWOWやらスカパーやらケーブルテレビやらオーディオやらがつながっていて、ヒジョーに複雑な配線になっているのです・・・私にはわからないの!!!
前々から何度も確認したのに・・・と思って私も頭に来たんだけど、録画を失敗したということに頭に来たと言うより、てっちゃんってそういうとき絶対あやまらないんです。一言「あ~Rock Legend録ってたからか!ゴメン!」って言ってくれれば、五十嵐クンじゃぁないし「ま、しょうがないか」ってすぐに思えたんですけどね(リョータごめん)。なんでゴメンって一言言ってくれないの?と言うと、「そんなにあやまらせたいのか!?」って逆ギレするんですよ。そこから先は売り言葉に買い言葉で、どんどんエスカレート。「もうオマエの山崎関係もサッカー関係もバスケ関係も一切なんにもやらないから!自分でやれ!」ってブチ切れちゃってさぁ。私も「あっそう!?言ったね?言っちゃったね?もういいよ、絶対頼まないからっ!!!」って。
そのときは本当に腹が立って、絶対もう頼むもんか!って思いました。ホント、今年は録画とか編集とか覚えようかと思います!誰か教えて・・・って、人頼みなのがいけないのよね・・・。
まぁ、例の通りO型男のてっちゃんは、そのあと夜のティータイムには「ママ、お茶は?お菓子何食べる?」ってすぐにフツーになるんだけど、私はムリ。「お茶なんて飲む気しないから」って言ったけど、「まぁそう言うなって~」と言われ、イヤイヤ飲みました。ま、翌日にはまた録画頼んだけどね(笑)。

今日出社して行ったときには「あ~行った行った!」と思ったけど、よくよく思い返してみれば「年末年始、働かせ過ぎちゃったかなぁ・・・」なんて反省したりして・・・。
やっぱり夫婦って、ある程度距離があったほうがうまくいくんじゃないかな~。


さて、明日からは子どもも学校!
一番嬉しいのは家でも車でも思いっきりまさやんが聴ける~~!
クリスマスにはクリスマスソングしか聴いちゃいけなかったし、お正月休みはそれぞれの好きな音楽を公平に交互に聴くというルールだったから、ジャニーズとかワケわからんロックを聴かされてたんだもん・・・欲求不満だっつーの。

今月からリョウヘイの作業所の見学が目白押しで忙しくなりそうだけど、まさやんの歌声に癒されて、がんばるぞ~~!!!






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2008年1月 3日 (木)

三が日も終わりです・・・

今日はたまプラーザのバーゲンに行きました。ショートコートとバッグを買ってちょっとゴキゲン♪


さて、夜は恒例の家族のカラオケ。
私のテーマは「まさやんカバーのカバー」のリベンジ(笑)。『M』と『あなたに会えてよかった』を歌いましたが、年末のニコニコ会のときよりはよかったんじゃないかな~?
あとは、一青窈『ハナミズキ』、ドリカム『サンキュ』、定番の森高千里『私がオバサンになっても』、山下久美子『バスルームから愛をこめて』など・・・。だんだん古くなってくな・・・。

てっちゃんは、歌はうまいほうだと思うんだけど、フォークか演歌かムード歌謡しか歌えないの。それなのにムリしてコブクロの『蕾』とかレミオロメンの『粉雪』とかKinki Kidsの『ビロードの闇』とか歌うもんだから、もう血管切れそうでその顔を見ているだけで大笑いできます(笑)。しかもモエにいちいち「違う!」とか「遅い!」とかダメ出しされちゃって。『コモエスタ赤坂』なんか歌わせたらそりゃ~うまいんですけどね(笑)。
桑田さんの『月』を歌って、「どう?山崎よりうまくない?」って・・・はぁ~。それは無謀というもの。「フン!山崎はプロのミュージシャンだからうまくて当然じゃん!」って・・・。張り合うなっつーの。
試しにジュリーの『ス・ト・リ・ッ・パ・ー』歌わせてみたけど、やっぱり、「(笑)」になってしまって、凹んでました。「オレが得意なのは『灰とダイヤモンド』なんだよ!」なんて言ってました。渋いね~。
やっぱり堀内孝雄の『影法師』が一番上手だったよ!(笑)

モエは絢香の『三日月』とか、大塚愛の『恋愛写真』とか、YUIの『CHE.R.RY』とか・・・、これがめっちゃうまいんです!よし!モエは歌手にする!(笑)

でもって、なにしろ一番泣けるのがリョウヘイの歌です。
リョウヘイは養護学校でレクリエーションの時間というのがあってカラオケもするんですが、先生がまさやんの曲をかけると「オレだな・・・」とばかりに前に出て行くらしいのです。
今日も、最初『セロリ』を入れたら、上手に歌えました!自慢じゃないけどリョウヘイは字なんてろくに読めないんですよ。でも画面の歌詞が読めなくても、歌詞はちゃんと覚えているんです。あとリョウヘイの好きな『琥珀色の向い風』と『ただ ただ・・・』も入れたけど、ほぼカンペキです!出だしとか、音を伸ばすところとかもしっかり歌えるんです!ああいうゆったりした曲って歌うの難しいと思うんだけど・・・。車ではジャニーズなんかもよく聴いているけど、やっぱりリョウヘイはまさやんの曲が好きなんだと思う。そして、その中でも特に自分の好きな曲があって、その曲が心に響いているんだと思うのです。
まさやんの歌って、障害があるとかないとか関係なく、人の心に響くんじゃないかな~きっと。まさやん、養護学校にチャリティーライブで来てくれないかしら(笑)


今日で三が日も終わり。てっちゃんも子どもたちもまだお休みではありますが、明日からは少しずつ普通の日モードに戻ろうかと思っています・・・できるかしらん。





| | コメント (16) | トラックバック (0)

2008年1月 1日 (火)

2008最初の日

あけましておめでとうございます!

お正月、いかがお過ごしでしょうか。
まさやんは何してるのかな~栗の甘露煮でも食べてるんでしょうかね・・・(笑)


ゆうべは紅白のあと、ジャニーズカウントダウンを見て、桑田さんの年越しライブを見ました。

紅白はなんだかんだツッコミを入れながら見てました。
「やっぱり平井の堅ちゃんだよね~!盛り上げるね~!」とか、
「なんといってもコブクロだよ!レコード大賞なんだから~」とか、
「秋川雅史、すばらしー!そこまで力入れるか~」とか、
「サブちゃんこの歌でここまでできるとはやっぱすごいわ~」とか。
もちろん、誉めてるんですよ。紅白を盛り上げる人はエライと思うもん。

ドリカムには泣けました。美和ちゃんが涙をこらえていたのにプロ根性を感じてかえって泣けた。
最後、阿久悠4連発もよかった!和田アキ子や五木ひろし、ジュリーの映像見てたらまさやんを思い出しちゃった。
なんといっても石川さゆりの「津軽海峡冬景色」、よかったッス!歌い方をヘンに変えないでいるのに好感持てました。
思うに、もちろん年月とともに歌い方って変わってくると思うけど、歌のうまい人にありがちな“タメ”とかさ、こねくりまわした歌い方ってキライ。シンプルに、ストレートに、淡々と、訥々と歌うからこそ、その曲の良さが伝わることって多いと思うんです。あまり技巧に凝って歌われると「わかったから」って思っちゃう。シンプルに熱唱、が好きです。

ジャニーズカウントダウンは・・・すごいですね。東京ドーム。歌なんか聴こえるのか?あの中に知り合いが何人かいるんだわ。まぁ、ジャニーズは・・・あれはあれでいいんだと思います。やっぱり修二と彰が好きかな♪

桑田さんは天才です。結婚して、子どももいて、あんなに胸キュンの曲を作るなんてすごいです。しかも、メロディーはシンプルでかつ印象的。その上歌がうまい!
桑田さんの『月』もよかったです(当たり前か)。私はまさやんの『月』の低音のトコが好きなんだけど、桑田さんのは高音のトコが好きです。


さて、我が家は毎年2日に私の実家に年始に行くと決まっているので、例年1日は初詣に行ったり家の周りをウロウロしています。
今年は思い立ってららぽーとに行って来ました!
すっごい混んでて、「元日早々、なんでみんなららぽーとなんかに来るの!?」と怒っておりました(笑)。セールで何か買いたかったけど、あんな混雑では購買意欲も萎えますよ~。結局何も買わずに大丸でお菓子だけ買って帰って来ました。

今週はてっちゃんもずっと休みなんだけど、モエが4日から塾。4年生からそんなに早く塾って始まるんだ~。はぁ。大変なんだね。
明日は実家に行って、あさっては恒例の家族カラオケ大会(?)ですよ。
「まさやんカバーのカバー」にリベンジだ!


・・・と、相変わらずの私です。
本年もどうぞよろしく!!!





| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »