« わーーーん!!! | トップページ | CD屋さんジプシー »

2008年3月11日 (火)

デンマークに行きたい

昨日はリョウヘイの養護学校で、横浜市の福祉サービス制度の説明会がありました。
福祉サービスって、なぜあんなにわかりにくいんでしょう。ことばがまずわかりにくいし、仕組みもわかりづらいし、じゃぁ具体的に今からどうすればいいのかということもよくわからない。

よくわからないけど、思うのは、日本の福祉って福祉の本質をとらえてはいないなぁ~ということ。
本当に障害者のために必要なことを考えているというより、まずはじめに予算削減ありきだから、現実のニーズに全然合ってないのです。まったくトンチンカンなんです。
我が家も、みなさんの税金を遣わせてもらっているから、ありがたいと思っています。
でも、福祉サービスを利用しなければ生きていけない障害者ってたくさんいるわけで。そういう人に、生きていくために必要なことを“サービス”だからって自己負担させるなんて、どっかおかしい。だって、重い障害がある人は収入なんてないんですよ。それなのに使った分払いなさいって言われても・・・。“サービス”っていう言い方からして違和感。
もちろん障害があっても、「障害があるんだからしょうがないじゃない、みんながやってちょうだいよ」ってことではなくて、できることは努力していくべきだとは思うけど、やりたくてもできない人がいっぱいいるのです。

もうすぐリョウヘイは18歳になるので、区分認定というものを受けます。
障害の程度を認定して、その区分によって、使えるサービスが決まってくるのです。つまり障害の程度が重いほうがいろいろなサービスを使えるわけです。もちろん重度の人のほうが使えるサービスが多いのは当然です。
問題なのは、区分認定の質問項目は介護保険のそれをベースにしているので、身体が元気な知的障害者の大変さが伝わりにくいということです。特に自閉症は見た目では障害の重さがわからないし、知的障害を伴わないことも多いから一番難しい。小さいころから訓練会や療育センターに通って、一生懸命できることを増やし、問題行動を減らすようにがんばってきたのに、それとはうらはらに、「ウチの子、障害重いんです!」って“アピール”しないとサービスが使えない。おかしな話です。ウチのリョウヘイは知的にも低いのでマシ(これもおかしい言い方)だけど、それでも大変さはなかなかわかってもらえません。おとなしいほうでひとりで通学もできてるから(それだって親子で何ヶ月も練習してやっとできるようになったのだけど)、軽度に見られがち。「おとなしいから楽でしょ?」って、役所の障害者担当の人がそう言うのです。全然わかってない人がそういう仕事やってるから、安心して相談することもできません(福祉に携わっている人はアツくて素晴らしい人も多いことはもちろんなんですけどね)。

国や市町村の財源は限られているのだから、足りなければどこかで削減しなくてはいけないのは当たり前ですけど、福祉のための予算はどうしても必要なもの。
ホント『地団駄(by杏子)』じゃないけど、毎年決算前になるとほうぼう掘り起こしたりするあのムダな道路工事をやめたら?お役人さんの出張とか接待とかをやめたら?

それでも横浜は「日本のデンマーク」と呼ばれているらしいです。
本当のデンマークはどうなんだろう。
一度デンマークに行ってみたい。
そんなに素晴らしい福祉国家なのか。
そしてホントにデニッシュがおいしいのかを調べてみたいです。(違)






|

« わーーーん!!! | トップページ | CD屋さんジプシー »

コメント

そうなんですよー。自閉症って理解してもらいづらいんですよね。
元気だし、自分の思うように動き回っている感じがするから「○○君はストレスがたまらなくていいよね」なんて言われます。
とーんでもない!私たちにはわからない感じ方受け方をしているはずなので、しんどい思いをたくさんしているはず(息子に聞いてみたいもんです)
家族や周囲の協力のもといろいろ努力して、やや過ごしやしくなった今日があるのです。
わかってほしいな~。

予算の削減は必要だと思うけど、きちんと見直したら本当に削減すべきところがたくさん見えてくるのでは?この季節、運転しにくいのよー変に工事多くて!

投稿: プーケイ | 2008年3月11日 (火) 10:59

>プーケイさん

ホント!自閉症ってなかなか理解してもらうのが難しいですよね~。
いろいろなドラマとか映画になって、前よりは理解が深まっているのかもしれないけど・・・。
自閉症って、たとえば私たちがまったく知らない国の未開の地にたったひとりで放りだされたようなものなんだって。
不安で、怖くて、自分の言葉も常識もまったく通じない、みたいな。
本当にしんどいでしょうね、この子たちって・・・。
まわりの理解や工夫があってこそ、安定できるんだよね。

それにしても道路工事。明らかに必要ないじゃん・・・って思うと、渋滞にますますイライラするよね~~!!!

投稿: タケちゃん→プーケイさん | 2008年3月11日 (火) 21:36

そうなんだよね。
自立して生きて行ければなんの問題もなく、それを促す方が是と
される風潮があるけど、この社会でどうしたって困難な人はたくさん
いるんだ。それがなくては生きられない人もいる。
スウェーデンやデンマークは、凄いそうですね。だから税金も凄い。
その代わり、国が全てを保障してる。税金の使い道については
国民は徹底してシビアに追及するそうです。
日本は自分たちで面倒みなくちゃならない。
だから貯蓄率がいいんだって。

うちも、今真剣に考えています。子供の行く先。
なんとか、生き抜いてくれよっ

投稿: 月ママ | 2008年3月11日 (火) 23:41

>月ママさん

そうそう!日本の行政ってやっぱり現実がよくわかっていないのよね。

ふうん、北欧では国民が税金の使い道を徹底して追及するんだ。
その点日本はまだ甘いんでしょうか。
国全体の、福祉に対する意識も違うのかな。
やっぱり行ってレポート書きたいわ。

お互い子どもの将来は心配ですよね。
でも月ママさんの息子さんなら、きっとだいじょうぶ!
本当に頭がよくてやさしいステキな青年だと思うもの。
とはいえ、私たちもできるだけ長生きしないとね!
まさやんに支えられつつがんばりましょう!

投稿: タケちゃん→月ママさん | 2008年3月12日 (水) 22:13

先日『特別児童扶養手当の申請に必要な「愛の手帳確認証明書」』(長いちゅうねん)をもらいに児童相談所に行きました。
そこで簡単な聞き取りを受けたんですけど、何か書類上だけの調査・・・って感じでした。役場の福祉課にも言える事なんですけど。
うちの長男は知的にも低いんですけど、もっと行動面(多動)を知ってもらいたいんです。
『歩けますか?』と聞かれて『はい』と答えると『そうですか。では次・・・』と次の質問に移ろうとするし・・・
『でも「歩ける」と「動き回る」は違いますよね?!』と逆に質問してしまいました。
まだ信号・車などの危険認識も出来ないし一人で外を歩かせるなんて絶対に出来ません。
なのに書類上では『一人で外出可』とされても困ります。
もちろん、手当やサービスをうけて当たり前と思ってる訳ではないしほんの少しでも自立出来る様に努力していくつもりです。
でも、そういうモノに頼らないと生活していけない現実を分かってもらいたいです。

ところでデンマークのデニッシュって美味しいんですか?catface

投稿: シナモン | 2008年3月16日 (日) 23:00

>シナモンさん

ですよね!
歩けるから、動けるから大変だということ、なかなかわかってくれないんですよね。
逆にリョウヘイみたいに、おとなしくて動きが少ない子の大変さもなかなかわかってもらえません。
「おとなしいから楽」ってそんな簡単なものじゃないのにね。
学校でも、役所でも、障害者に関わる人はもっと勉強してほしいな。
もちろんすごくいい人もいるんですけどね。

私もよく知らなかったんだけど、「デニッシュ」というのは「デンマークのパン」という意味らしいですよ。
というからにはきっとおいしいのでは~?
どちらにしても一度デンマークに行ってみたいなぁ~。

投稿: タケちゃん→シナモンさん | 2008年3月16日 (日) 23:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/40458005

この記事へのトラックバック一覧です: デンマークに行きたい:

« わーーーん!!! | トップページ | CD屋さんジプシー »