« 自己紹介バトン | トップページ | 離任式 »

2008年4月 5日 (土)

声が聞きたい

今日からまさやんのラジオ番組が始まりました。
TOKYO-FM「音届(おとどけ)~SEND ONE-MUSIC~」、ウチのほうでは土曜日午後12時半からです。
初回からツェッペリンがかかって、我が家(というかてっちゃん)はテンションアップです。「あっ山崎、しゃべりかぶせるなっ!」って言うけど、放送時間短いからしょうがないよね。

まさやんはしゃべりが特に上手ってワケじゃないけど(でも昔に比べたら全然オッケー!・笑)、ラジオから流れてくるまさやんの声を聞いていたら、「私って、つくづくこの人の声が好きなんだわ~」とあらためて思いました。歌う声ももちろんいいんだけど、あの話し声がたまらないのです。こと話し声に関して言えば、若いころより今のほうが断然イイ。あの声で話しかけられたい。名前を呼んでもらいたいーーーっ!
・・・な~んて、いきなり妄想炸裂で、もう臨月になっちゃいそうでした(笑)


好きな人の“声”を初めて意識したのは、大学生のころ、遠距離恋愛をしていたときでした。
当時はパソコンとか携帯電話なんて普及してなかったから、メールももちろんなくて、コミュニケーション手段は手紙か公衆電話。カレは寮にいたのでこちらから電話することもままならず・・・。私は3日に一通ぐらい手紙を書いていました。カレは手紙なんて一度もくれたことはなし。もっぱらカレからの電話を待つ日々でしたが、やっと電話をもらっても、公衆電話で100円玉がガシャガシャ落ちるので、落ち着いて話なんてできなくて・・・。
「もしもし?」
「あぁ、オレ・・・」
「・・・元気?」
「ウン・・・今日何してた?」
なんて、たわいない言葉を交わすだけで「じゃ、また」って電話を切っていたっけ。
あぁ~青春だったねぇ・・・。

電話って、こちらからできないといつ来るかわからないから、待つのがすごくつらかった。メールだったら「返事ちょうだいよ!」って催促ぐらいはできるし、第一携帯電話があったらこちらからもかけられるしね・・・。
あのころ携帯電話があったら、あんなにヤキモキしないで済んだかもしれないし、もしかしたらもっと続いていたかもしれないと思う。
でも、電話がかかってきて「あぁ、オレ・・・」っていう好きな人の“その声”を聞いたときの嬉しさは、味わえなかったかもしれません。

直接会うのがそりゃ一番いい。カレのちょっとしたしぐさを見られるって、幸せ。連絡を取り合うだけならメールも便利。私が好きになる人なら、そっけない2~3行のメールだろうな。それから、癖のある字で書かれた手紙も捨てがたい。手紙というよりは絵ハガキって感じかな。

でも、顔は見えなくて声だけが聞こえる電話も・・・なかなかいいものかもしれません。


受話器を持たない片方の手は
やるせなくいつももてあましてる
存在を今すぐ抱きしめたい

                       (by 山崎まさよし 「ステレオ」)


離れた場所から同じ空を見る
今、月は出てるかい?
強いふりをしてるのがすぐわかる
遠い電話のつくろう声
                     
(by 山崎まさよし 「坂道のある街」)







     

|

« 自己紹介バトン | トップページ | 離任式 »

コメント

そうですよねー、若かりし頃は携帯電話なんてなかったわ。
家からだと家族に聞かれちゃうのが恥ずかしくて、電話ボックスからなんてこともありました←懐かし~ぃ!
男は目で恋をする 女は耳で恋をする ・・・わかるような気がします。
ラジオから聞こえてくる声にキュン!ってなってる方たくさんいるのでは。
はい!私もこの方の声に惚れた一人です。歌声も話す声も。

投稿: プーケイ | 2008年4月 6日 (日) 10:35

あーー。やっとウチにも音届けされましたよー。
相変わらずのまったり加減、耳に優しくとろけそうです。
お話する時の、独特の間合いや空気がいいんですね。
もっとたくさんお喋りしてほしかったな。

投稿: 月ママ | 2008年4月 6日 (日) 10:50

おひさしぶりで~す!!!
今息子達が(5人)BBQしています。
近所迷惑にならないように騒がないように注意しながら(ふ~)

遠距離恋愛
懐かしいな。
携帯とかパソコンの普及とかあったら絶対結婚相手変わっていたと思う。
シンデレラエキスプレスとか山下達郎の世界だった。
当時新幹線は月給の割りに高かった。
とどめはドイツ。こりゃ完全に無理でしょ。
と言うわけで今のダンナと結婚したわけだけど良かったのか悪かったのか。

さてと子供たちは勝手にやらせておいて衣替えでもして来よう。

投稿: coco | 2008年4月 6日 (日) 13:02

私もまさやんの声、聞いてて苦しくなる位、大好きです!
それとあの笑い声・・・・もうホントに好きheart01
臨月どころか産まれちゃいました(笑)
出来れば土曜日の昼間ではなく夜放送の方が落ち着いて聴けるけど贅沢は言えませんねsweat02
でもラジオが決まって嬉しい~

投稿: シナモン | 2008年4月 6日 (日) 13:09

>プーケイさん

そうそう、電話ボックスね!懐かしい~~
しかも私が若いころはコンビニなんていうものもまだ近くになくて、「ちょっとコンビニ行って来る」なんていう言い訳もできなかったんだわ~。
苦労したなぁ。

男は目で恋をする 女は耳で恋をする ・・・う~ん、言い得て妙ですね!
やっぱり「声」って大事。
まさやんにとってはラジオって大きな武器かもしれないですね~♪

投稿: タケちゃん→プーケイさん | 2008年4月 6日 (日) 21:11

>月ママさん

放送時間、実質20分ぐらい?
短いよね~。まぁそれだからこそいいのかもしれないけど・・・。
あの空気感といい、自己ツッコミといい(笑)、「ふははは・・・」の笑い声といい・・・。
聴いてるととってもしあわせ!
いろんな人からのコメントも楽しみですね♪
それにしても・・・一度でいいから「私だけ」にあの声で話しかけてもらいたいもんだわ・・・(妄想モードっす)

投稿: タケちゃん→月ママさん | 2008年4月 6日 (日) 21:17

>cocoちゃん

息子さん達5人って、お友だちが来てたの!?
いいねいいね~~~!!!息子の友だち!!!
母としては友だちチェックも楽しみじゃない?(そんな目線で見てるの私だけ?)

ホントにね。
あのころ携帯とかパソコンが普及してたらどうだっただろうってすごく思う。
達郎の「クリスマス・イブ」聴くと今でもせつなくなるよ~。
(そういえば牧瀬里穂ちゃんってまさやんのライブに来てたの見たことあるけどかわいかった!)

cocoちゃんはとどめがドイツ!?私はスイス~!
やっぱり結ばれないのが「運命」だったってことなのかねぇ~・・・?
しみじみ・・・

投稿: タケちゃん→cocoちゃん | 2008年4月 6日 (日) 21:28

>シナモンさん

わおっ!!!生まれちゃったか(笑)
でもホント、まさやんに普通に話しかけてもらえる人たちがうらやましい!
いっしょに話して、ふはははは・・・・っていう笑い声聞いて。
もうそれだけでいいって思えるわ~。(それ以上何を望むんだ・笑)

昨日はダンナがラジオの予約忘れて出かけちゃったから大変だったの~!やっとのことで録音できましたぁ。私も今年は本当に録画とか録音とか覚えなくっちゃ。
夜放送の方が落ち着いて聴けるけど、ますます妄想モードに入っちゃうかもね(笑)
毎週まさやんの声が聴けて、近況もわかって嬉しいね♪
時間短くていいからずっと続けてほしいなぁ~。


投稿: タケちゃん→シナモンさん | 2008年4月 6日 (日) 21:34

出遅れですが(^ ^;;
ついに始まりましたね~、音届!
いいわぁあの声。歌声もいいけど話声も格別(*^_^*)でも30分は短い~!
夜の生放送のころが懐かしいですねぇ。夜はまた萌えるんだ(おい)
とはいえ、週いちの楽しみができたのは嬉しい~♪♪

ところで、ワタシもケータイのない時代に恋愛してたヒトです。
遠距離ってほどじゃないけど中距離恋愛経験あります。
そう、相手はなかなか電話をくれなくて。待つ時間の長いことったら。
で・・・・・・ワタシ、がまんしきれず、彼の会社に電話しちゃったことがあり
ます。やっちゃいました禁じ手!なんてウザい女でしょ(恥)
それほどまでに、声が聞きたかったんだよなぁ・・・愚かしくも懐かしい若き日。

でも、もしワタシが今のコだったとしても、あんまり変わらなかったりして。
「今なにしてるの」「いつ会えるの」「なんで返事くれないの」カレのケータイ
に何度も何度もメールしそう。
我ながら、ウザすぎる・・・・・・(-_-;)

そういえば、夫とはつきあってた頃もウザい女にはなりませんでした。
どうしても声が聞きたい!ってことも、今思えばなかったなー。
“惚れこまない”ほうがよかったのかも、ワタシの場合。

投稿: たま | 2008年4月 7日 (月) 14:25

>たまさん

会社にまで電話したくなる気持ち、わかります!!!
好きな人からの電話を待つって、ホントーにつらいよね。
けど、たまさんがそうだったなんてちょっと意外だわぁ。
私は当時はモンモンとガマンするタイプだったけど、それが相手にも伝わってしまって、相手が「申し訳ないな・・→だったらもう別れたほうがいいな・・」と思っちゃうパターン。
よく、「女は一番好きな人じゃなくて二番目に好きな人と結婚するのが幸せ」って言うけど、ほんとなのかもね?(って結婚相手に失礼?sweat01
かくいう私も、ウチのダンナとはあっさりしたトモダチ感覚だったけど、だからここまで続いたのかも~。

ともあれ、「大好きなカレ」の声が聴ける土曜日のお昼は楽しみですね。
夜の1時間番組だったら間違いなく毎週臨月だね!(笑)

投稿: タケちゃん→たまさん | 2008年4月 7日 (月) 18:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/40778102

この記事へのトラックバック一覧です: 声が聞きたい:

« 自己紹介バトン | トップページ | 離任式 »