« 昔の彼に会いたいですか? | トップページ | リョウヘイのいない日 »

2008年4月14日 (月)

美術教室

昨日はリョウヘイが通っている美術教室の作品展のお手伝いに行って来ました。

リョウヘイが好きなこと、興味があることは何かと探していたときに、モエの保育園のお友だちが通っている美術教室を紹介してもらって、それ以来もう5年ぐらいお世話になっています。その教室はもちろん健常児向けのもので、リョウヘイのクラスは小学生ばかり。その中にひとり身長176cm(誰かさんと同じ)のお兄さんが混じっているというワケ。でも先生をはじめお友だちもそのママたちもみんなとてもよくしてくれているようで、リョウヘイはその美術教室が大好きです。

先生は、何でも自由にやらせる主義で、「こういう絵を」「こういう作品を」「こういうやり方で」というようなことは絶対におっしゃいません。
自閉症児というのは、初めと終わりがハッキリしているもの、目で見てわかりやすいものが得意だから、形がピタッとはまってピースが余ることが絶対にないパズルなどは、健常児よりずっと上手です。図工などでも、モデルがあってそれを見て描いたり作ったりするのは得意です。
でも、「自由に」描いたり作ったりするのはもっとも苦手なのです。「自由にやって」と言われても、何をしていいのかわからない。イメージする力、想像力というものも乏しいので、具体的なものはわかるけれど、抽象的なものは非常にわかりにくいようです。
この美術教室でも、初めは何をしたらいいのかわからず、ボーッとしていたり、先生に「やって!」と訴えていたそうです。私は「そうだろうな~やっぱりリョウヘイには向いてないな~」と思い、先生に「この子には無理かもしれません」と言ったのですが、先生は、「様子を見てみましょう」とおっしゃいました。そして絶対にリョウヘイの作品に手を出しませんでした。初めの何ヶ月かはそんな風で、何をしに行っているんだかわからない状態でした。
ところが、何ヶ月かたつと、初めはまわりの子を見ながら自分も何となくマネしてやってみたり、似たようなものを作ったりし始めて・・・。そして、その後はどんどん意欲的になっていき、自分で自分の作品を作るようになっていきました。今では教室に着くとサッサと自分のやりたいことを始め、自由に描いたり作ったりするまでになりました。
そして、やはりリョウヘイの作風というものがあるようで、リョウヘイ独自の見方、感じ方があるんだなぁ・・・と思います。

作品展には、美術に関わる先生方もたくさん見に来られ、みなさんリョウヘイの作品に興味を持たれていたと聞いて、とても嬉しかったです。

Dscf3660b
↑特に好評だったのがこれらしい。どういうイメージを持ってこれを描いたのか、興味深いようです。

この美術教室の先生の紹介で、ドラムの先生にも出会えました。そのドラムの先生が引っ越しされてしまってドラムの授業は終わってしまったのですが、リョウヘイ、もしかしたら山木さんやゲンちゃんみたいにドラムの才能があったかもね~!?(笑)
やっぱり、出会いって大事ですよね。本当に、先生方に、そして毎週教室に連れて行ってくれるヘルパーさんに感謝です。


ところで、パズル好きのリョウヘイは、余暇にジグソーパズルをして過ごしていることが多いです。自閉症の子にパズルが得意な子はとても多いのですが、1000ピースくらいなら、完成図を見ながらやってないんじゃ?という感じなのですね、これが。不思議です。

Dscf3666b
↑2004年のまさやんのファンクラブイベントのグッズだったジグソーパズルをリョウヘイはすごくやりたそうなのですが、なんかもったいなくて今は隠してあります。やるなら私がひとりでやりたいし!
でもジグソーパズル好きのリョウヘイにやらせてあげたほうがいいのかなぁ・・・。
目下の悩みです。






|

« 昔の彼に会いたいですか? | トップページ | リョウヘイのいない日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/40880515

この記事へのトラックバック一覧です: 美術教室:

« 昔の彼に会いたいですか? | トップページ | リョウヘイのいない日 »