« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月27日 (日)

オーガスタキャンプ2008・10th Anniversary

行って来ましたよ~オーガスタキャンプ!
今年はオーガスタキャンプ10周年、福耳10周年、COIL10周年ということで、10づくしのオーガスタキャンプ。全員のCOILトリビュートもあるし、まさやんに会えるのも今年最後かも?ということで楽しみにしておりました。


↓以下、ネタばれあり!

続きを読む "オーガスタキャンプ2008・10th Anniversary"

| | コメント (16) | トラックバック (1)

2008年7月23日 (水)

「モンスターペアレント」

昨日今日とモエが山中湖に林間学校に行っていました。
モエがいないことはめったにないのですが、家の中静かだったな~!

モエがいなくて静かだったので、録画しためたドラマを一気に見ました。
今日見たのは「モンスターペアレント」。「モンスターペアレント」というのは、学校に対して非常識な要求を出す親のことです。小学校の先生をしている友人がいるのですが、ドラマだから極端だとしても、似たようなことは本当にあるそうです。
子どもに関する悩みって人それぞれで、どこまでを学校に要求するかっていうのも様々ですもんね・・・。本当にたまにヘンな先生もいますが、一方で学校も大変だなぁ~とも思います。

常に大きな仕事を手がけている有能なエリート弁護士の高村樹季(米倉涼子)が、学校や子どもたちのことを一生懸命考えている教育委員会の人たちといっしょに小学校のモンスターと戦いながら、大事なことを見つけていく・・・そんなお話。
大分の事件なんかがあってタイミング悪かったかもね・・・。教育委員会がみんなこのドラマに出てくる人のような人たちならいいんですけど・・・。
このドラマで好きなのが平岡祐太クン。人がよくて素直で優しくてまっすぐな、教育委員会の職員望月を演じています。キレるタカビーな弁護士樹季との掛け合いも見ているとちょっとキュンとします。カワイイんです。
しかし米倉涼子のスタイルのいいこと。そこにまず目を奪われます。ファッションもステキ。
そうそう、また蔵之介が出てるのよね。前回のドラマは「絶対彼氏」が大好きだったけど、これにも蔵之介出てたし~。人気なのですね。ここんとこ、出てないクールないんじゃないかな?
米倉涼子は今回平岡クンか蔵之介のどっちかとくっつくのかしら?


今回のドラマは、「モンスターペアレント」のほか、今のところ「コード・ブルー」、「正義の味方」、「シバトラ」、「魔王」、「ヤスコとケンジ」などを録画しています。熱血教師ものにはあまり興味ないんだけど、思わず月9も見ちゃったんだよね・・・。どうしようかな。
まさやんもまた連ドラに出るといいのになぁ・・・。連ドラって“特番”があるでしょ。「奇跡の人」のときも、あの特番見たからドラマも見ようって思ったようなもので。ミュージシャンのまさやんがああいう番組に出るべきじゃないという意見もあるかもしれませんが、ああいうときの天然ぶりとライブでのギャップがまたよかったりして・・・。「奇跡の人」のときは本当に疲れていて大変だったみたいだけどね・・・。


ところで、モエが林間学校から帰って来て、「ひどいんだよ!モエたちの部屋だけクーラーも扇風機もないの!ほかの部屋はクーラーもあって、しかもモエたちの部屋の2倍の広さなの!」と怒っていました。モエは女子の2グループあるうちのひとつのグループの室長だったのです。いい部屋と悪い部屋があるなんていうことを知らされていなくて、モエがハユマの背番号だからって7番の部屋を選んだので、モエのせいでほかの子にまで迷惑かけてすごく責任感じたみたい。
「それはひどい!不公平だ!最初からわかっていてジャンケンやクジで負けたならしょうがないけどさぁ!」といっしょになって怒りながら、「ン?これってモンスターペアレント?」と一瞬不安になってしまった私でありました。




| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年7月19日 (土)

ギャップの人

ゆうべの「僕らの音楽」で、杏子さんとシカオちゃんがまさやんのことを、“ヤマは、「拙者不器用なギター弾きでござるが何か・・・」みたいな自分の生き方のイメージを持ってて、腕はめちゃくちゃたつ侍・・・でも見た目は海の家のオトウサン”・・・みたいなことを言っていました。私はその話がすごーく気に入って(まさにその通りだと思ったので)、みみこに「不器用なのに腕はめちゃくちゃたつサムライなんてカッコいい~!」と言ったら、「侍にしちゃ“ボー”が長いよね」と言われてしまいました(笑)
でもあの“ボー”がなかったらまさやんじゃないもんね。シャキシャキしてるまさやんなんて想像つかない。ルパン三世の五ェ門だって、いつもジーッとしてるじゃない?あ、ジーッとボーッは違うか・・・。

でもね、世の中の男性諸君。
“ボー”とか“不器用”とかそんな男が、実はめちゃくちゃ腕がたつ。このギャップですよ、モテる秘訣は!!!
まさやんが、見た目もスタイリッシュでおしゃれセンス抜群でしゃべりや身のこなしもスマートで、っていう人だったら、あんなに魅力的じゃないでしょ。いつもはボーとしてるのにギターを持たせたらカリスマ的。そこがいいのです。
少女マンガの男の子だってみんなそう。一見不良っぽくてこわそうとか、無口でクールなんだけど、実は優しくて純粋。サエないサラリーマンのクラーク・ケントがスーパーマンになるっていうのもそうかな。
やっぱりまさやんはギャップの人です。普段はおかしいことばかり言ってて気さくな兄ちゃんという感じだけど、実は女にはクール。だけど無神経ではないというね。まさやんってそんなイメージ(←妄想)。女の子からすればそれがつかみどころがなくて惹かれてしまうのかも・・・。
あ~やっぱりまさやんってカッコいい~~!!!誰になんと言われようと愛してるわ!(結局それ)

男だけじゃなくて、女もギャップって大事なのかも。
よく言うでしょ、図書館の司書をやっているような、メガネをかけて髪をひっつめている堅そうな女史が、家に帰って髪をほどいて黒い下着を着ていたりすると男の人はノックアウトなんだって。男の子みたいな女の子が意外に家庭的とか。
やっぱり男も女も意外性とかギャップがポイントなのですね~。
私に何かギャップってあるかなぁ?そういうのって、自分でそうしようと思ってするものじゃなくて、自然に備わっているものなんでしょうし、自分ではわからないものなのかもしれませんね。誰か、私のギャップを見つけたら教えて下さい(笑)


ところで、前にも書いたけど、昔社長が「ヤマは時代劇に出す!」って言ってたから、私今でも楽しみにしてるんですけど(笑)
普段はボーッとしてるんだけど本当は腕がたつ、っていう、ジョージ秋山の「浮浪雲」みたいな感じで。でなければ、無口でクールで一匹狼の、腕がたつ浪人。こっちもできると思うな。
ウンそうだ、最近オジサンキャラ出し過ぎだから(笑)、こっちでいってギャップを狙おう!







| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008年7月18日 (金)

恒例・ビューティー大作戦

いよいよ来週はオーキャン!ということで、今週は恒例、「怒涛の?ビューティー大作戦週間」でした!

まず、月曜日にネイルに行って、夏らしいキラキラネイルにしてもらいました。そして昨日は美容院へ。「可愛くして下さい!」って毎度のムリな注文・・・(笑)髪、かなり短くしました。

そして今日。私がお世話になっているネイルサロンでは施術金額に応じてポイントがたまるのですが、ネイルでたまったポイントを利用して、初めてまつ毛のエクステっていうのにトライしてみました~!私は今までマスカラもろくにつけたことないし、アイメイクなんてなんにもしていないんだけど・・・でも、やっぱりまつ毛パッチリはアコガレです!まさやんの濃いまつ毛も好き~~~♪(違)

というワケで、今日もネイリストのAbe☆さんのトコにいそいそと出かけて行きました。
ベッドに寝て、まずまつ毛を拭いてから、下まつ毛にテープを貼ります。それからはナゾ・・・(笑)どんなことをしているのかわかりません。爆睡するかと思っていたけど、緊張していたせいか眠りませんでした。
終わってから目を開けて鏡を見ると・・・きゃぁ~これダレ!?エビちゃん!?(殴)
イヤ~ビックリ!まつ毛長~い!クルンとしてるぅ~!!!(コーフン)
しかもヘッドマッサージ付きで、これがまた気持ちいい。私は頭皮がすごく堅いそうです。堅いってことは、頭をよく使ってるってことなんだって(疲れてるとも言う)。毎日妄想ばっかりしてれば、そりゃアタマはフル回転です(笑)
で、それプラス、キャンペーンでヘッドスパ体験もしました!そこのサロンはヘアサロンもあるので、お試しキャンペーンみたいな感じ。これって浮気?ゴメンね、たくじぃさん(笑)
こ、これも極楽~~~!!!肩もマッサージしていただいて、頭も肩もスッキリ!超気持ちイイ!(古)でしたーーー!!!

あ~~癒された~~♪
ポイントでこんないい思いができるのは嬉しい♪
でもなんでもそうですけど、技術も大事だけど、やっぱり気持ちが一番大事だな~って思いました。心遣いがとっても細やかなAbe☆さん、そしてサロンなのです。

しかし・・・
エクステはクセになりそうだけど、私のような庶民にはやっぱり贅沢かもね。半年に一度くらい私のオメメがパッチリしたら、「ポイントたまったのね・・・」と思って下さい(笑)

さて、Koniはビューティー大作戦どうなったかな。
まさやんに会うためにがんばってるオバサンたちがいっぱいいるんだろうなぁ・・・。(「山崎が見てるワケないのに・・・」なんていうダンナたちのツッコミなんて完全にシカトよ)

あと1週間。コワがらずに?待っててね、まさやん~~~!!!






| | コメント (10) | トラックバック (2)

2008年7月17日 (木)

モエの悩みごと

最近、モエはモエのクラスに交流している個別支援学級のAちゃんの話をよくしています。Aちゃんはリョウヘイと同じ自閉症。でもリョウヘイよりずっといろいろなことができるし、モエのクラスでも他の子と同じようにできていることもたくさんあります。
モエは、
「Aちゃんのことを悪く言う子がいて頭にくる。Aちゃんは病気なのになんであんなこと言うんだろう」
「でもその子たちに『そういうこと言うのやめなよ!』って言えないんだよね・・・」
と悩んでいたのです。
Aちゃんを悪く言う子の気持ちもわかる。たぶん、Aちゃんがいるとクラスのペースが乱れたり、空気がしらけたりするのだろうと思います。おそらくモエもそう思うこともあるのでしょうが、それを決して口に出してはいけないと思っているらしいです。でも、口に出している子たちに注意する勇気もなく。それもわかります。

今日モエが学校から帰って来るなり言いました。
「今日とうとう言っちゃった!また○○がAちゃんのこと悪く言ったから、『Aちゃんだって病気になりたくてなったわけじゃないんだよ!それなのにそんなふうに言うなんてひどいじゃん!』って」
どうやら、伝言ゲームというのを2組に分かれてやったときに、Aちゃんがわからないからいつもそちらのチームが負けてしまうようで、負けたチーム(モエのチーム)の誰かが文句を言ったらしいのです。

そういえば、リョウヘイが4~5年生のときもあったっけ・・・。
体育の時間に、2組に分かれてリレーをしたのです。でもリョウヘイは走るのも遅いし、第一リレーの意味なんてわからないから、当然リョウヘイのチームがいつも負けてしまうのです。その日の連絡帳に、「負けてしまったのでチームのみんなにあやまりました」と書いてありました。私は、「リョウヘイのせいで負けたのは申し訳ないけれど、ではたとえばリョウヘイではなくて足が遅い子のせいで負けたら、いちいち他の子にあやまるように指導していらっしゃるのですか?」と書きました。「足が遅いから、意味がわからないから、それであやまらなければならないのだったら、いっしょに体育なんてやらせなくてけっこうです」とも。
他の子は、なんとも思っていなかったかもしれないのに、先生があやまらせたことで「リョウちゃんが悪いんだ」と思ってしまうかもしれないじゃないですか。誰かのせいでリレーに負けても、その子にあやまらせるのはおかしい(自分から「ゴメン」と言うのとは違います)。まして、リレーの意味などわからないのがリョウヘイの障害です。そういう子だから個別支援学級にいるんです。たとえば“親”の私がその話を知って、同じチームのみんなに「そうか~リョウちゃんのせいで負けちゃってゴメンね」などと言うのとは話が違います。“先生”がリョウヘイにそれをさせるのはおかしいんじゃないか?誰かが「リョウちゃんのせいで負けた」と言ったとしたら、それをたしなめるのが先生の役目ではないかと思ったのです。
まぁ今になって思うと、たぶん先生はリョウヘイひとりの担任だったので、“親”と同じ気持ち(いつもまわりに申し訳ないと思っている)になってしまっていたのでしょう。それとも、あやまることを教えたかったのかもしれない。本当はあやまるべきところじゃなくてもあやまったほうがいいときってありますからね・・・。そう思えば、先生の気持ちもありがたいと言えばありがたいんですけどね。

・・・などと、昔のことを思い出しました。
もっとも、リョウヘイの友だちが「リョウちゃんがいるから」とか「リョウちゃんのせいで」などと言っているということが、私の耳に入ったことは一度もありませんでした。
モエの友だちに、Aちゃんを悪く言う子がいてもそれが当たり前なのかもしれない。確かに他の子より手はかかります。友だちに迷惑をかけることもあるかもしれない。
でも、そうやっていろいろなことを通して、お互いに学び、理解し合って、成長していくのでしょう。

先日、モエの学校の個人面談がありました。
先生が、「モエちゃんは介護福祉士に興味があるらしくて調べているんですね。」とおっしゃったのでビックリ!モエは2年生のときは歌手、3年生のときはマンガ家、4年生のときはパティシェールになりたいと言っていましたが、介護福祉士になりたいなどと言っているのを一度も聞いたことがないし、介護福祉士などという言葉も知らないと思っていました。
もちろん親のほうも、モエの人生はモエのものだし、親亡き後もきょうだいとしてリョウヘイのことを少しは気にかけてほしいけど、責任を全部モエが負うことはないと思っています。
でもまぁ、そんなふうにやっぱりお兄ちゃんの障害からいろんなことを感じているんだなぁ~と思った出来事でした。

これからもたくさん大変なことがあると思うけど、ガンバレ、モエ!
そして歌手でもマンガ家でも、好きなものになって、親にラクさせてちょーだいね!(違)







| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年7月16日 (水)

オーガスタキャンプの思い出

今日は福耳の新曲も発売となり、いよいよオーガスタキャンプへのテンションも高まってきました。てっちゃんには「えっ?福耳まだ発売になってなかったの!?」と驚かれましたが・・・。てっちゃんとしては、もうだいぶ前からさんざん聴かされてますからねぇ(笑)

オーガスタキャンプは10周年。
私は1回目から皆勤で参加しておりますが、今までの10回のことを思い出してみると、やはりどうしてもYMAC(まさやんだけのオーキャン)の印象が強いです。

記念すべき第1回目(つたないレポはこちら)は、私がまさやんを本当に好きになって初めて行ったライブでした(その前の『ドミノめぐり』はまだミュージシャンとしてのまさやんをよく知らないで行ったので)。
だんだん日が暮れていく中で聴いたまさやんの声、せつなかったぁ~~~。
ライブ後、まさやん仲間たちとコテージ借り切って初めてのお泊りもして、みんなでまさやんの話して、歌って、呑んで、楽しかったなぁ。帰りも車の中でずっとまさやんの歌聴いて、こぶし振り上げながら『苦悩のマタニティ』合唱して・・・。

2000年のオーキャンは映像が残っていないのがとても残念です。
立川の昭和記念公園の日はひどい猛暑で、ステージまでの長い道のりを歩く途中に痙攣を起こして倒れている人がいたほどの気候で、このワタシの老体にはこたえました。でもゲートが開いたらやっぱりダッシュしちゃうの!!!4列目をゲットしました。このときは荷物を置いて席を取っておけたので、ライブが始まるまでかき氷を食べたりして日陰でのんびりでき、まさやんに会えるまでをピクニック気分で楽しみました。

2005年の赤レンガは、まだ記憶に新しいです。まさやんのデビュー10周年。
あの日も台風という悪天候でした。またしてもダッシュして5列目をゲットしたのはいいけれど、昭和記念公園のときのように席を取っておけなかったので、ライブが始まるまで、雨の中ぎゅうぎゅう詰めで立ちっぱなし、身動きもできない状態で2時間。閉所恐怖症ぎみの私なので、つらかった~。もう本当にあきらめて後ろの空いてるほうに移動しようかと思ったくらい。でも、まわりの女の子たちが優しくて、「アメ食べますか?」とか、「私の荷物に座っていいですよ!」とか言ってくれて、まさやんファンってみんないいコたちなんだぁ~って思いました。まさやんのライブ前にシカオちゃんが気を利かせて出てきて歌ってくれたので気がまぎれました。
まさやんがステージに出て来るなり言った、「あったまってーーー!!!」っていうのがワタシの心臓にバキューーーン!だったっけ・・・。

・・・な~んて、ライブの内容よりもそんなあれこれが思い出されます。


おととい、オーキャンに備えて(笑)ネイルサロンに行きました。1回目のYMACの映像を持って。
アンコールでゆかたを着て岡っ引き走りをするまさやんを見て、ネイリストのAさんが「え!?山崎まさよしってこんなふうにおどけたりするんですか?意外!」と言っていました。え!?意外!?「もっとクールでムッツリしてる人かと思った」だって!世間の目からはまさやんってそんなふうに見えるのでしょうか!?(笑)オーキャンでは色モノ担当なのにね(笑)

あのころからどんどんアーティストが増えて大所帯になってきたオーガスタ。
3人の福耳が好きだったから、あんまりファミリーファミリーされるとちょっと引いてしまうヘソ曲りの私ですが・・・でも、まさやんのいろいろな人とのセッションは楽しみ。それに、オーガスタキャンプは一年に一度のお祭り、イヤ、臨海学校か(笑)。やっぱりうんとエンジョイしなくっちゃね!まさやんには今年はもう会えないかもしれないしね、フン。
そして、今年10周年のCOILの音楽は大好き。
というわけで、ちょっと予習をして臨みたいと思っています。


それにしても、第1回目のオーキャンのとき、まさやんが20代で私が30代。今はまさやんが30代で私が・・・。
なんか今のほうがまさやんと私、トシが近い気がするんだけど!気のせい?






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年7月 7日 (月)

ゆかたの君~は~~♪

今日は七夕。
この土日には各地で七夕のイベントがあったらしく、ゆかた姿のカップルが多かったですね~。フン。
私、なぜか背の高い外国人の方のゆかた姿に萌え(古)なんですけど・・・なんででしょう?けどやっぱりまさやんのゆかた姿が一番かわいいよね~~~!!!

モエってば、毎年夏祭りのときなどに「ゆかた着たら?かわいいよ~」って言っても、
「いい。歩きにくいし。」って即拒絶だったのに、「今年はゆかた着る!」って言ってるんですよ。これって、絶対・・・ちょっと品のない言い方ですけど、「色気づいてきた」証拠よね!?だって女の子のゆかた姿って絶対男の子の目を意識してるじゃない?(←オバサンのひがみ?)
でも、なんかそういうのも青春ですわね~~!!!キャッ♪

普段ジーンズばっかりはいているような女の子がたまにゆかたなんか着るとさ。
Girl 「ごめ~ん待った~?ゆかた着るの時間かかっちゃって」
Boy女の子を見てドキッとして思わず目をそらす。
Girl 「どうしたの?」
Boy 「いや別に・・・」
Girl 「どう?私のゆかた姿!」
Boy 「そうしてみると女に見えなくもないな」
Girl 「ひどーい!」
(ここで大きな花火の音)
Boy 「いや・・・オマエって・・・ゆかた案外似合うんだな」
Girl 「え?なに?なんて言ったの?」
Boy 「なんでもないよっ!行こうぜ!」

はぁ・・・少女マンガの見過ぎですね、ハイ。
もちろん私にこんな経験があるワケないッス。

まぁ、若いころは七夕でも夏祭りでもなんでも青春。
思いきり楽しんでほしいです。(わーーっオバサンじゃんーーー!!!)


さて、私が短冊に書いた願い事は例年同様、「まさやんが結婚しませんように」なんだけど、モエには評判悪いのよね、コレ。まさやんが結婚したら祝福してあげなくちゃいけないんだって。ふう。
モエの願い事は「ハユマがかつやくしてマリノスが5位以内に入りますように」。
七夕の願い事だっていうのに夢が小さいなぁ~!
ま、この小さい願いすら叶えられそうもないのですが・・・・・。
マリノス、がんばれ!私も短冊増やすから!






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2008年7月 3日 (木)

危ない運転

ありゃ~・・・10日近く更新をサボッてしまいました。

ここんとこ、ランチも全然していないのに(笑)ホントに忙しい毎日でした。
リョウヘイの施設見学やモエの学校説明会など、子ども関連の用事が多かったです。こういった用事は一年のうちで決まった時期にまとまってあるので、スケジュール調整が大変です。

そして、運転免許の更新なんていう用事もありました。

私はもちろん優良ドライバーです。
そういえば10年前の更新のときは、引っ越して転居届を出すのを忘れていたために更新通知が届かず、すっかり更新を忘れていて、しかもそういうときに限って初めてスピード違反でつかまっちゃって・・・。40km制限のトコ58kmでよ!「免許見せて」って言われて出したら「切れてるね~」って。パトカーで警察に連れて行かれました・・・。パトカーに乗るなんていい経験?まだ7か月ぐらいだったモエと、7歳だったリョウヘイもいっしょに。警察署では始末書を書かされ、その間署員のみんながかわるがわるモエのこと「カワイイ~抱っこさせて」なんて言ってモエと遊んでいました。その様子を見て、「交通課ってヒマなのね!?」と心の中で悪態ついていました(笑)。そして友だちを呼び出して運転してもらって帰り、後日罰金は払わなくちゃいけないわ、簡易裁判所にも行かなくちゃいけないわで・・・。ま、違反したんだからしょうがないけどさ、なんでたまたま見つかった私だけ!?もっと悪質な違反なんていっぱいあるのにさぁ・・・。

今までの違反はこれだけです。
私は、動物占いだとまさやんと同じオオカミで、運転を褒められると喜ぶタイプだそうで・・・。まぁ私の場合技術的にはうまくもないんだけど、かなり安全運転だとは思います。あと、昔バスケやってたせいか、ビジョンは広いほうかと思います。
ところが!ウチのてっちゃんときたら、超キケン運転なんです!
運転技術としては私よりはうまいんだけど、すごく不注意なの!空いてる道なんかだと「車や人が来ない」ってことを前提で運転してる。そして危ないことがあると、「向こうが悪い!」って言うのです。確かにそういうことも多いんだけど、事故になってケガしたりさせたりしたらどっちが悪かったかなんて意味ないじゃない?しかも、運転してると、いつにもましてキレやすくて、すぐ舌打ちしたり、すぐクラクション鳴らしたりするんです!私、そういうオトコって大っキライ!特に運転においては、常に紳士的であってほしいです。モエも「パパの運転よりママの運転のほうが安心」って言います。そうでしょうとも。結局、運転技術がある人より、安全に運転できる人のことを「運転がうまい」って言うんだと思うのよね。

GWにラゾーナ川崎に行ってケンカになったことはチラッと書きましたが、あのときもそう。
確かに帰りは私が運転していて道を間違えちゃったんだけど、なかなかUターンできなかっただけで怒って怒鳴ったんです!知らない場所で道を間違えてただでさえパニックなのに、そんなオロオロしてる女の子(ン?)に怒鳴るなんて・・・。こういうときに人間性って出るよな~・・・まさやんだったら、ドライバーが道間違えたくらいで怒ったりしないんだろうな~・・・と、そんなときにも私の脳内にまさやん登場でした。
そして、一番アタマに来るのは、自分はすごく危ない運転をするくせに、それを指摘するとすっごく怒るの。その日の行きのてっちゃんの運転だって、道を間違えるなんていうことよりもっと危ないことがあったのよ!
それ以来、ちょっと冷めた目でてっちゃんを見てる私がいるのです・・・。

危ない運転をしていると、夫婦仲まで危なくなるかもね・・・?






| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »