« 年ご~ろの男の子♪ | トップページ | 雨中の運動会 »

2008年9月18日 (木)

おウチ映画館  『めがね』

前から見たかった『めがね』。
ブログ友のたまさん推奨の『めがね』。
評判イマイチだったらしい『めがね』。

でも私、すっごく好きだわ、これ~~~!!!

普通、「おウチ映画館シリーズ(?)」では、見た映画のあらすじを書くんだけど、この映画は書くほどのあらすじがないんです!
ただ、ひたすら、キレイな海を見ながら「たそがれる」。
それしかないんです。
でも今の私には、とってもとっても沁みました。
私、『勝手にしやがれ』とか、ワケのわからない(私だけ?)映画って苦手なんですが、この『めがね』のワケのわからなさは、心地いいのです。

実際の人生にだって、人それぞれいろいろなことがあって、そりゃぁドラマティックな出来事だってあるだろうし、スリリングなほうが面白かったりする。映画ならなおさらかもしれない。
あるいは、私だけかもしれないけど(そしてトシとってきたからかもしれないけど)、毎日何かしなくちゃいけない、何か忙しくしていないと落ち着かない。そんなふうに思うことありませんか?

でも、結局のところ、人って、生きているだけで幸せなんだ。何もしなくてもいい。

そんなふうに思える映画なんです。
毎日早起きして、体操して、おいしい朝食(食べ物がみんなとってもおいしそうなの!テーブルや食器なんかもイイ)を食べて、そして「たそがれる」。
『かもめ食堂』を見たあともそうだったけど、丁寧に生きたいと思える。それは、毎日を忙しく充実させて、いろいろな経験をして、たくさんの物事をこなすということじゃないんです。ただ、何もせずにいてもいい。食べることは大事にしたいけど、それはおいしいレストランに行って豪華な食事をすることじゃない。

現実の生活では、たそがれている時間さえないことが多いから、だからこの映画がココロに沁みるのかもしれません。
現実にはこんな生活できっこないと思いつつ・・・でも、ゆっくり、じっくり、ただ時の流れと向き合う・・・そんな日がたま~にあるだけで、自分をリセットできるかもしれません。

「たそがれる」。
そう、まさしくまさやんの「ボー」につながることかもしれないわ・・・(笑)






|

« 年ご~ろの男の子♪ | トップページ | 雨中の運動会 »

コメント

あらアタクシの名前がちらりsmile
「めがね」タケちゃん、ついに見ぃたぁなぁぁっ♪
きっと、まさよしファンのかたには好まれるかなと思うんですよ。
なんていうか、感覚的に合うものがあるんじゃないかと。
そそ「たそがれる」と「ボー」も何気に似ているscissors

食べ物もすんごく、美味しそうだったし。
伊勢エビ丸かじりはじゅるじゅるものhappy02で。
その日の難逃れ~の梅に、もたいさん(最高!)手作りあんこのかき氷。
ワタシは梅干しもあんこもかき氷も苦手なのだけど、あそこのモノならいただきたいっ。
「かもめ食堂」同様、日々丁寧に生きるって、できそうでできないだけに。
なんとも、憧れずにはいられなくって。
春だけ過ごす南の島。やってみたい~~~~!!

これ、去年の作品だったっけな?
一気にいろいろ思い出したぞぉ。うー、また見たくなってきたー。

投稿: たま | 2008年9月18日 (木) 17:03

>たまさん

えへへ!たまさんのおススメの『めがね』。
見ちゃいましたぁ~♪
いや~よかった!「ボー」って大事なのね(笑)
この映画、何も起こらないのに、何も説教くさいセリフなんてないのに、なぜ見ると「丁寧に生きたい」って思えるのかな?
映画の中で、食べ物がおいしそうに見えるということって、大事だよね♪
梅干し、あんこ、かき氷。私は大好きなので、よけいそそられる~~~!

この映画も『かもめ食堂』も、な~んか時々見たくなりますよね。
ココロが疲れたときに見ると気持ちがゆったりしそう。
うー、『かもめ食堂』もまた見たくなってきたー。

投稿: タケちゃん→たまさん | 2008年9月18日 (木) 20:24

めがね、アタシも見たいなーー。
おうち鑑賞会、なかなか出来ないんだけど。
これはレンタルしてこようかな。

ほんと、ほんと。
ぼーーーっとたそがれるのが絵になっちゃうあの人。
「かもめ食堂」も、毎日をあんなふうに丁寧に、って思えたいい作品
だったもんね。
シンプルでも、心にしみいるものがいいな。
ご紹介、ありがとう~~

投稿: 月ママ | 2008年9月18日 (木) 22:54

>月ママさん

まさやん鑑賞の5回に1回を映画にしてみたら?(笑)
『めがね』、なかなかよかったです。
なんにも起こらないお話だけど、なんとなくしあわせ気分になれるの。

そうだな~あの役、まさやんでもいいかも・・・(と、勝手に光石研サンをまさやんにしてみる)。ん~まさやんだとちょっと若いかな。
でもたまさんの言うように、まさやんファンならあの映画の良さがわかる気がするなぁ。
月ママさんもぜひ観てみてね♪

投稿: タケちゃん→月ママさん | 2008年9月19日 (金) 20:59

たまさん経由タケちゃん推奨の『めがね』、会社帰りにレンタルで借りて、早速見ちゃいましたよ!これは面白い!実に面白い!最近映画を見ていなかったけど、これにはハマリました!「たそがれる」ってこういうことなんだね。

観光する所などない、ただ海に向って「たそがれる」しかない、「たそがれ」が得意な人だけが集まる南海の孤島。とにかく抜群に透明なマリンブルーの海が綺麗です。与論島が舞台のようですね。

「丁寧に生きたい」、登場人物の生活ぶりを見ていると本当にそう思えます。毎朝の「メルシー体操」から始まり、美味しそうな朝食、悠久の時間の流れ、ただぼうっとしている時間、いつの間にか陽が傾き、そして一日が終わる。また、明日もそんな日が待っている。

何も生きていく上で、力む必要はないんだね。あくまで、自然体。これが「たそがれる」ということなのかな。さりげなく散りばめられた一つ一つのセリフも魅力的でした。

小林聡美と、もたいまさこが絶妙な演技。この荻上直子監督作品、そういえば、2003年に日本テレビ系列で放送されたTVドラマ「すいか」が原型となっているようですね。この作品も、面白いドラマだったけど、視聴率は振るわなかったなあ・・・

投稿: むろちゃん | 2008年9月19日 (金) 21:18

>むろちゃん

むろちゃん、行動早っ!!!
むろちゃんがよかったって言って下さってうれしいです~!!!
与論島の海、本当に綺麗でしたね。与論島行きたくなりました。

自分ではそんなつもりはないんだけど、現代に生きる私たちって、無意識のうちに力んでいるんでしょうね、きっと。
いろいろなモノや情報の中で生きることに慣れているから、「たそがれる」のが苦手だったりする。
けどだからこそ、この映画を観たらとってもたそがれたくなりました・・・。

ところで、「すいか」ってドラマ、ありましたね!
それが原型になっているのですか。
私は見ていなかったんですけど、見たくなりました。
DVDとか出てないかな~?

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2008年9月20日 (土) 10:09

ふたたびしつれーします♪
「すいか」すっっっっごく、いいから~~!DVD出てるはず。
視聴率こそふるわなかったけど、隠れた名作だと思ってます。
「めがね」の女性陣はもちろん、ともさかりえちゃんや浅丘ルリ子さんがまた、
いい味出してるんですよ。みつけたらぜひ見て~~!!
ただし、連ドラなので10話(かな)ほどあるけどねん( ̄ー ̄)ニヤリ

投稿: たま | 2008年9月20日 (土) 13:24

私も、再び失礼します。たまさん、何気に気が合いますね、『すいか』がお気に入りとか、それも絶賛!私も賛同します。(なんて妙に馴れ馴れしすぎ?)

タケちゃんのために『すいか』のサワリの一節。信用金庫行員・売れないマンガ家・女性大学教授・大家の女子大生、年頃も職業も全く異なるワケありな女性達がくらす、賄い付きのオンボロ下宿「ハピネス三茶」。

その下宿を舞台にお互い刺激しあい、少しずつ成長していく人生模様をユーモラスに描いたホームコメディです。小林聡美・市川実日子・ともさかりえ・浅丘ルリ子の面々に、もたいまさこも当然出演、『めがね』の原型というよりは、テイストが共通といったほうがいいかもしれません。

視聴率は平均で10%未満と低調だったのですが、「出演者の演技や脚本への評価は高く、第41回ギャラクシー賞テレビ部門優秀賞、第21回ATP賞テレビ記者賞、第22回向田邦子賞(すごい!)を受賞」(「Wikipedia」より抜粋)、知る人ぞ知る名作です。

なお、TVの連ドラだったため全10回、映画を観るよりはちょっとしんどいかな?機会があったら、ぜひ観て下さい。

投稿: むろちゃん | 2008年9月20日 (土) 17:17

ここで教えてもらって 「かもめ食堂」を
先日 観ました。

なんだあ こんなか 絶対だまされないぞ!って
ひねた見方していたんだけど。

観終わったら 忘れられないの。
心にしみてるのね、あのトーン!

いい映画って このことかと 思いました。
有難う!!

「めがね」も 期待できそうですね!
観ます!

投稿: ちいちゃん | 2008年9月21日 (日) 10:04

むろちゃんさん(でよいのかしら)ほんと、気が合いますね~♪握手~♪♪
「すいか」を見て、ハピネス三茶に住みたいと心底思ったものでした。
このテイストの特徴は、派手なこと(「すいか」はちょっとあるかな)はほとんど起こらない
けれど、あとからじんわりしみてくるんですよね。そこがたまらない魅力で。
そして、登場人物がみな、ちゃんと“生きてる人”として見えることも。
食事のシーンがとにかく美味しそうなのは、そういうことなのかなと。

タケちゃん、三たび登場、しかも横レスごめんなさいm(_ _;)m
というわけで「すいか」おすすめです。コレの食事シーンも美味しそうですよん。

投稿: たま | 2008年9月21日 (日) 13:21

>たまさん

確かにたまさんとむろちゃん、前からなんか意見が合うな~と思っていたのよね♪
あのほわっとした雰囲気、好きな人は好きだけど、「なんだこれ?」って思う人もいるんでしょうね。
派手な映画は派手な映画でいいと思うんだけど、何も起こらなくてもあとからじんわりきて、ココロに沁みる映画、好きだなぁ!

ちゃんとした食事をすることがちゃんと生きることにつながるというのはあると思う!
ネットで調べたら、『かもめ食堂』は食堂のお話だからもちろんのこと、『めがね』の食べ物もすっごく細かいところまで考えられてこだわりを持って用意されているみたいで、ますます好きになりました!

そして『すいか』、さっそくオンラインレンタルで借りちゃった~~~!!!
当分家事がすすまないかな?(いつものことだけど・・・)

投稿: タケちゃん→たまさん | 2008年9月21日 (日) 17:39

>むろちゃん

『すいか』紹介して下さりありがとうございます!
さっそくDVD借りちゃいました!
ドラマって、評価は高くてもそれが視聴率にともなうわけじゃないんですね。
けど、むろちゃんが書いてくれたサワリを読んだだけで、面白そう!早く見たい~~~!

今は見逃したドラマもあとからDVDで見れるからいいですね。
また何かおススメのドラマあったら教えて下さいね♪

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2008年9月21日 (日) 17:47

>ちいちゃん

『かもめ食堂』はちいちゃんが好きそうだと思っていたのよ。
『めがね』は『かもめ食堂』よりさらに何も起こらないから覚悟してね
(笑)
あの手の映画は賛否両論のようで、「雰囲気で観ろ!」って強制されてる感じがするという人もいるみたい。
けど、食べ物がおいしそう!それだけはみんなが思うことだと思う。
そうそう、『めがね』はワンちゃんもかわいいよ♪観てみてね♪

投稿: タケちゃん→ちいちゃん | 2008年9月21日 (日) 17:53

『めがね』がご縁で、同じ荻上直子監督作品『かもめ食堂』、私もついにDVD観ちゃいました!こちらは、多くの映画館でロングラン上映、興行収入もまあまあだったようですね。

オールフィンランドロケだったそうで、ヘルシンキの北欧独特の(?)空気の透明感と、ゆったりとたおやかな時の流れに身を任せていると、不思議と穏やかな気分になれました。心が洗われる清々しい気分です。

さすが、タケちゃん、たまさん推奨の名作でした。たまさんに至っては「この映画、DVD買おうかなと思うくらい大好きなんですよお」という入れ込みようでしたね、当時。分かります。私も2度観ちゃいました。

そこでと・・・何か感想を書こうと、タケちゃんの「おウチ映画館」を読んでみると、書きたかったことが全て書かれているではありませんか。お説、ごもっとも。う~ん。屋上屋を重ねても仕方ないので、もう書きません。

ただ気に入った一節、「大きな事件など何も起こりません」。それでいいんです。ただ、「毎日をていねいに生きたくなる」それが大事なんですよね。のんびりゆったりとしたスローライフな人々との交流。今の自分の生き方を少しでも見直すきっかけになればと思います。

投稿: むろちゃん | 2008年9月21日 (日) 21:48

>むろちゃん

『かもめ食堂』も観て下さったとのこと、ありがとうございます~!
って、宣伝担当じゃないけど(笑)

フィンランドって、なんとなく縁遠い国だったのだけど、あの映画を観てからすごく行ってみたくなりました。
なんか「空気」が違う感じしますよね。
『かもめ食堂』も、たまさんがご自身のブログで良いと言っていたので観てみたのです。

人生、いろいろなことがありますが・・・。
あがいたり、必死に努力してみるのも必要だけど、でもその一番基本は、食べることをはじめとした日々のことを、ひとつひとつ大事にやっていくことなのかな、って思いました。

あ~私もまた観たくなってきたなぁ~~!

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2008年9月22日 (月) 16:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/42515685

この記事へのトラックバック一覧です: おウチ映画館  『めがね』:

« 年ご~ろの男の子♪ | トップページ | 雨中の運動会 »