« 目の保養 | トップページ | TOKYO-FM 「DIARY CHIRISTMAS LOVERS」  at マルキューブ »

2008年11月11日 (火)

厳しいルール

今日、てっちゃんはキャロル・キングのライブに行って来ました。
実は私も行くはずだったんです。だけど、子どもを預かってくれることになっていたジジババの都合が悪くなったため、私は涙を飲み、他の人にチケットを譲るハメに・・・。
キャロル・キング、よかったらしいですよ(途中「休憩」ってのがあって笑ったって言ってたけど)。あ~あ、悔しいなぁ。

ライブに限らず、子どもを家に置いて、夜、主婦が外出する。
これって大変なことです。少なくともダンナといっしょに夜出かけることはできないワケで。昔はよくいろんな人のライブにてっちゃんと行きましたが、子どもが生まれてからはほとんどなかったもんね。今回のキャロル・キングだってすったもんだあったんだから。
考えてみると、私は結婚してから子どもができるまでが一番自由だったなぁ。実家にいたころは門限があったし親がいろいろうるさかったけど、結婚してからは門限もないし、遅くなっても迎えに来てくれる人がいて。ありがたかったわ~。

私のような親って、子どもにとってやっぱり悪い親なんだろうか?時々考えちゃいます。
私は、まさやんに会いに行く(笑)とき、てっちゃんのことはともかく子どもに関する最低限のことはきちんとこなした上で!というのを自分のルールにしています。
学校はもちろん、塾や子どものイベントを犠牲にしてまでまさやんのところに行く(だから笑)のはやめようと。当たり前?でもね。これがけっこう厳しいルールなんですよ。だってまさやんに会えるチャンスなんて限られてるんだもん。やっぱり会いたいじゃない!
一度だけ、ルールを破ったことがありました。
「コスモアースコンシャス アクト」っていうライブが4月22日にあるんですよね。モエの誕生日なんですよ。その年は、まさやん、シカオちゃん、杏子さん、COILが出演したんだけど、モエの3歳の誕生日だったのです。
いい席が取れたこともあってどうしても行きたくて・・・。翌日盛大に誕生祝いしたし、モエはまだよくわかっていなかったので、覚えてないと思いますけど。ライブ中はそんなことすっかり忘れて楽しんだけど、それは今でもけっこう気にしてるんですよね~。
今はモノもわかるようになり、親に対して非常にシビアなモエなので、そんなこときっとできないな。
でもたまには親だって息抜きしてもいいですよねぇ?

な~んて悩んでいたら、ママ友が、「だいじょうぶ、あと何年かしたら誕生日やクリスマスは彼氏と過ごすようになるんだから」って。

そうか。そしてリョウヘイがグループホームかなんか入っちゃったら、夜自由に出かけられるんだ。
う~ん、それはそれで寂しいのかもしれないなぁ~~~!






|

« 目の保養 | トップページ | TOKYO-FM 「DIARY CHIRISTMAS LOVERS」  at マルキューブ »

コメント

大変なことですよね。家を空けるのって。
高校生にもなって、お留守番もできない息子にちょっとため息が出ることあるけど、
息子がいい歯どめになってくれてるかも。
もしこれが違う状況だったら・・・あ~私は悪い母になっていたわ。笑。
たくさんライブにいける人って羨ましいけど、その一回にかける情熱は負けていませんよー!
チケット取れるかな?席はどこかな?何着て行こうかな?
ワクワクがいっぱいです。
最大の息抜き・・・いやいやこの一瞬だけちょっと若くなってるかも。笑笑

投稿: プーケイ | 2008年11月12日 (水) 11:21

>プーケイさん

確かに。
もし子どもがお留守番できるようだったら、私たちの欲望は果てしなく・・・
いつでもどこでもまさやんを追いかけて行ってしまうかもしれませんね(笑)
そんな自分を想像するとちょっとコワイわ(簡単に想像できちゃうだけに・・・・笑)。
やっぱり、自分に何かルールを課していたほうがいいのかも・・・
・・・と言いながら、息子と娘が自立したら・・・
やっぱり行っちゃうだろーなーーー!!!

投稿: タケちゃん→プーケイさん | 2008年11月12日 (水) 20:28

子供はなくとも、主婦が出かけるのって気使いますよ~。特に夜は。
ウチは親の責任がないだけに、どちらかの自由が過ぎると即、危機直面につ
ながる恐れが(汗)そういうストッパーもありますのよん♪
夫が最近釣りバカ状態だけど、彼の外出は早朝~夕方だから。
夜は品行方正ってのが困りものですわぁ。

ほんと、独身時代は親がうるさかったから結婚して自由になれる!と思ったの
にぃ。ワタシの場合、まーったく、変わってないかもー(悲)
それでもライブは行きますよっ。行ける限り。だって生き甲斐だもーん♪♪

投稿: たま | 2008年11月13日 (木) 15:20

>たまさん

「どちらかの自由が過ぎると即、危機直面」っていうのはわかる気が(笑)
やっぱりいくら大人どうしで責任がないといっても、いっしょに暮らしてる以上、自由過ぎるのもダメだし、お互い束縛しすぎるのもダメなんでしょうね。
そのへんの兼ね合いが難しいthink

私もこれでもオットには一応気を遣ってるんですよぉ~。
でもまさやんに関することでは何を言ってもムダって、最初からあきらめてるみたいだけど・・・(笑)

投稿: タケちゃん→たまさん | 2008年11月13日 (木) 21:54

確かに、主婦が家を空けるのって大変ですよね。
ライブだって飲み会だって、まず子供の行事を確認して・・・ダンナの都合を聞いて・・・ビューティ大作戦に加え(笑)子供達の体調管理にも気を使い・・・
なのにダンナは『○日、飲み会だから』の一言で済んじゃうんですからgawk
でも、そういう困難?を乗り越えるからこそ、愛は深まるというもの(もちろん、私とまさやん・笑)
まさやんと会っている時は現実を忘れ、どっ~ぷり、まさやんに浸りたいです。

でも、何だかんだ言っても、ライブに合わせて有給取ってくれたり、
飲み会に送り迎えしてくれるダンナには感謝しなきゃいけませんねconfident

投稿: シナモン | 2008年11月13日 (木) 23:59

>私のような親って、やっぱり子供にとって悪い親なんだろうか

分かります。
私も考えこんじゃう時あります。
欲望のままに行ってると、いまのところ、許す限り夫が協力してくれていけてますが、だから余計にああ、私ばっかりいいのかな~
って。
まあだんなは夜な夜な仕事の一環と称して飲みに行ったりマージャンしたりしてるからね・・・・(^^;)
でも、タケちゃんは少なくとも私よりは良い親ですよ、間違いなく。
私は、子供がまだ母を求めて泣くころからほっぽらかして、
ライブ行ってたからな~(まさやん限定ですが)
だって、より元気になれるんだもの。条件が許す限りは、参加し続けたいです♪

投稿: ゆう | 2008年11月14日 (金) 17:53

>シナモンさん

そうそう!!!
主婦は何をするにもダンドリが大変なんですよね・・・。
今回のキャロル・キングのライブだって、「子ども預けられなくなった!」って言ったら、「あっそ。じゃオレひとりで見てくるね」で終わり。くやし~!
私たち相当まさやんとの愛が深まってるかも(笑)

でも・・・。
丸ビルの点灯式行って来ました。
やっぱりダンナには感謝ですね。

投稿: タケちゃん→シナモンさん | 2008年11月14日 (金) 22:52

>ゆうさん

え~~そうですか?
ゆうさんこそいいママじゃないですか!
ゆうさんのブログ読むと、当たり前だけど「あ~ママは家族を愛してるんだな~」って感じますよ!
ウチは最近娘(5年生)が私に対してな~んか批判的なんですよね・・。
今んトコまさやんのライブなどに行くことに関しては「普通のこと」と思ってくれてるみたいだけど・・・(笑)

でも、ホント、子育てとか家事って煮詰まることが多いけど、ライブに行くとすっごく元気が出ますよね~!
これも家族のためなのよ!(都合いい~)

投稿: タケちゃん→ゆうさん | 2008年11月14日 (金) 23:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/43086335

この記事へのトラックバック一覧です: 厳しいルール:

« 目の保養 | トップページ | TOKYO-FM 「DIARY CHIRISTMAS LOVERS」  at マルキューブ »