« 家具のお話 | トップページ | 『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』初日・よこすか芸術劇場 »

2009年2月25日 (水)

『おくりびと』

おくればせながら、『おくりびと』観て来ました!
私ってすごくヘソ曲りだから、たくさんの人から勧められたり、オスカーも獲っちゃったりでこんだけフィーバー(古)してしまうと、逆に「なんだ、たいしたことないじゃん・・・」って思っちゃうかも、なんて思っていたけど・・・

すごくよかったーーーーー!!!

“死”というテーマを扱っているにも関わらず、重すぎもせず、かといって軽すぎもせず、絶妙なバランスを保った映画でした。
いろんな方面から、いろんなことを考えさせてくれました。
親子のこと、夫婦のこと、友だちのこと、自分の人生のこと・・・。
100人の人生があれば、100通りの旅立ちがある。悲しかったり、やりきれなかったり、そしてときには笑って送り出せる旅立ちもあって・・・。人間って、当たり前に誰でも死んで行くもので、当たり前にそれを仕事にしている人がいて、そう、いてくれなければ困るわけで。時には腐敗した遺体に接しなければならないし、悲しむ遺族の目の前で“作業”しなくてはならないのはとても大変なことだと思うけど、映画の中のモックンや山崎サンの所作は、とても美しく見えました。

この仕事を汚らわしいと言っていた妻を主人公が説得したりケンカしたりとか、そういう言葉のやりとりはなくても、気持ちが通じていく場面はとてもよかった。“石文”、いいね。
そして山形の自然がいい。それから日本の風土、食べ物や風習など・・・。もしかしたら、いい意味で外国の人好みの映画なのかもしれません。日本に住んでいる外国人の家ってすごく日本的なものが多いし、日本的なものを大事にしていますよね。外から見てあらためてわかるものってあるのかもね。

私、モックンの映画とかドラマって今までひとつも見たことなかったような気がするんだけど、カレの演技すごく好きかも!嫌味がないというか・・・。ヒロスエも、舌足らずなしゃべり方がこういう映画ではちょっとソンなのかもしれないけど、よかったと思う。そして山崎努。やっぱり最優秀助演男優賞だわ!あの役はこの人じゃないとイメージ湧かないもん。余貴美子はふつーにあれぐらいは軽くこなすでしょ、って気もするけど・・・。

平日の昼間でもさすがにほぼ満席でした。観終わってなんか気持ちよかった。勧めてくれたみなさんに感謝です。

ところで、あの映画見ていたらケンタッキーフライドチキンが食べたくなって(和音0323さんも言ってた)、買って帰っちゃった!まさやんライブがすぐそこだからダイエット中なんだけど、ケンタッキーって時々どうしても食べたい!っていうことがあるのです。
おいしいんだよね。「困ったことに」!






|

« 家具のお話 | トップページ | 『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』初日・よこすか芸術劇場 »

コメント

タケちゃん、お久しぶりです。お元気ですか。やっと「おくりびと」観ましたか。私は公開直後に観ました。直感的にこれはいい映画だと思い、今年の映画賞で何か取るなと思っていました。

亡くなった人の体を清め、棺に納める「納棺師」の仕事を通して、人の生死に真摯に向き合う姿は感動的でした。かといってユーモラスな場面もあり、タケちゃんの言うように「重すぎもせず、軽すぎもせず」というバランス感覚が素晴しいとも思いました。

死を扱った映画でも心が癒されるんですね。「納棺師」の日本的な所作も美しい。「アカデミー賞外国語映画部門」では、「戦場でワルツを」が大本命だったそうですが、この大不況で殺伐とした世の中、従来の社会派映画より心の救いを求めた作品が評価されたのではないでしょうか。日本映画も今年は大ブーム、捨てたものではないですね。

ところで全く別の話題、タケちゃんが連ドラについて書かないので、私の感想だけ書いておきます。結論から言って「ありふれた奇跡」がダントツです。

過去に心の傷を持った男女が偶然出会い、不器用に交流し、お互いに心を開くことで明日を見出していく様を描いています。山田太一が12年ぶりに脚本を手がけた連ドラ、メールの文章と台詞が、人間関係のヒダをなぞるようで秀逸です。ラブストーリーでもありホームドラマの要素も盛り込んだ上質な大人のドラマ、仲間由紀恵がしっとりとした役回りを好演しています。

その他にも今期冬クールは連ドラの話題作が豊富、「銭ゲバ」「ヴォイス」「トライアングル」「ラブシャッフル」「キイナ~不可能犯罪捜査官~」など毎日連ドラを見ているミーハー状態です。タケちゃんは、何見てる?

投稿: むろちゃん | 2009年2月25日 (水) 21:51

私もいろんな人に勧められながら、未だ観に行けていないの~。
でも、「そのうちテレビでやるか」と、思っていたりもして・・・。
映画館で見るべきモノと、テレビでもいいモノってあるでしょ?
迫力ある映像のものは、ストーリーがイマイチだったとしても、映画館で観ると「ま、いっか」と思うけど、迫力もなくてストーリーも冴えないモノを観終わったあとは「損した」って思う。
で、「おくりびと」は、迫力満点!!て内容じゃないっぽいから、テレビでもよいかと・・・。
でもでも、やっぱり映画館で観ると集中できるからいいんだよね~。


あ。ちょっと自慢。
モックンは、私の小中学校の先輩です!

ヘッ!(←オードリー春日風)

投稿: りょう | 2009年2月25日 (水) 22:04

>むろちゃん

むろちゃん、ご無沙汰じゃないですか!お元気ですか?コメント下さいよ!

「おくりびと」こんなに騒がれてやっと観ました。
よかったです。

むろちゃんがおっしゃるように、日本的な美しさも素晴らしく、癒されましたね。見終わったあと、清らかな気持ちになりましたもん。
「死」って決して汚らわしいものではないんですよね。
「死=旅立ち(Departure)」という感覚は、もしかしたら日本より宗教を持つ人が多い海外のほうが受け入れられやすいのかもしれないけど、それを一番美しくして見送る「納棺師」という職業は、非常に日本的なものなのかもしれません。

ところで!そうです、ドラマですよ!そろそろ書こうと思ってたのです!
今回は、私いっぱい見てますよ~!
「ヴォイス」「メイちゃんの執事」「トライアングル」「神の雫」「ラブシャッフル」「キイナ~不可能犯罪捜査官~」「Q.E.D.証明終了」「必殺仕事人2009」などなど・・・「銭ゲバ」は全部録画しているけど、コワそうなので見るかどうか思案中。見すぎですよね~!?
それなのに、「ありふれた奇跡」だけは見てない!!!
そんなによかったんですか?失敗したぁ~~~!!!


投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2009年2月25日 (水) 23:11

>りょうちん

う~ん、そうだね~~・・・。
まぁ「スター・ウォーズ」とか「バック・トゥー・ザ・フューチャー」とか「スーパーマン」とか「ダイ・ハード」とかのSFものやアクションものはスクリーンで見たいよねぇ。
「おくりびと」はテレビでもそこそこいけると思うけど、CM入ると幻滅だから、DVD借りたほうがいいよ。
でも自然とかもきれいだし、やっぱり映画館にはかなわないけどね~。

モックンって先輩なの~!?
シブガキから出世したよねぇ。ホントに演技よかった。
これでりょうちんのヤツ、モックンのことえらい自慢するようになっちゃうだろうなぁ・・・。

投稿: タケちゃん→りょうちん | 2009年2月25日 (水) 23:24

食べたくなるよね〜!ケンタッキー。
同意見の人がいて嬉しい。

いい映画(だけじゃなく、いい娯楽全般)は人間の本能を刺激するんだ!

ところでまさよし初日までちょうど1週間だね。愉しんで来てね!
マイ初日は11日の宇都宮です♪

投稿: 和音0323 | 2009年2月26日 (木) 08:04

>和音0323さん

うんうん。ケンタッキーは時々無性に食べたくなるんだけど、あの映画の中でみんながホントにおいしそうにガツガツ食べてたから。
ウチのダンナは、トシとってきたらケンタッキー食べられなくなってきた!って言うけど、私は若いからまだ全然イケる(笑)

和音さんの初日は宇都宮かぁ!
私はあと1週間・・・う~緊張してきた!!!

投稿: タケちゃん→和音0323さん | 2009年2月26日 (木) 20:40

出遅れながら(^ ^;
タケちゃん、ついに見ましたねっ♪そうでしょよかったでしょ~♪♪
そう。「死」を扱った話なのに、見た後はなんとも気持ちいいんですよぉ。
ケンタッキーも食べたくなるし(でもワタシも2個までしかイケないぃ)ほんと
「困ったことに」。
あれがなぜ海外で評価されたのかと思ったけど、山形っていう、まさに日本
的な場所と、空気感だったんでしょうね。
東京が舞台じゃ、ああは描けないもんなぁ。
ワタシは公開してすぐ見てしまったから、だいぶ記憶が薄れてて。
ココを読ませてもらって、いろいろ思い出しました。ありがと~♪

ところでドラマ「ありふれた奇跡」確かにとてもよいですよん。
ワタシには若干、古めかしい言い回しとか展開とか、気になる点もなくはない
けど、大人向けの素敵な作品だと思います。
ワタシは、仲間由紀恵ちゃんの相手役、加瀬亮クンびいき。ていうか、激萌え(*^_^*)
ごくごくフツーの魅力というのかな。それがとても、たまりませぬ。

投稿: たま | 2009年2月28日 (土) 13:20

>たまさん

ハイ、ついに見ました~!
すごくよかったぁ~!
山形、よかったですね。雪景色も遠くに見える山も、畳の家のたたずまいとか7段飾りのお雛様とかも、確かに東京が舞台だったらああはいかないもんね。
おおげさな感動作!とかじゃないところが私好み!
今日滝田監督の「秘密」テレビでやってたけど見損なっちゃった。

「ありふれた奇跡」見てないんだ~~
やっぱりいいのね・・・。う~しまった。
加瀬亮クン、私は「めがね」と「ハチミツとクローバー」しか見たことないけど、わかる気がする。フツーだけど雰囲気あるよね。
再放送やらないか、期待してようっと!

投稿: タケちゃん→たまさん | 2009年2月28日 (土) 17:53

私も観てきた~~~!!

やっぱり映画館で観て正解。
どっぶり一人の世界に入り込んで、がっつり泣いてきました。
私のモックン(笑)も言っていたように、「君も死ぬし、僕も死ぬ」。
人は絶対死ぬんだよね。
その「最後」の場面に立ち会って、旅立っていく人と、見送る人との両方をとても大切に思いながら納棺のお仕事をする姿は、とても誠実で凛々しくて、優しい存在だなぁと思った。
ブログの方にもダラダラと書いたんだけど、納棺師の仕事って介護の仕事と通ずる部分があるなぁって思ったんだ。
旅立っていく瞬間だけでなく、その人の人生丸ごとを大切にしてるなぁって思って。

とにかく良かった。
さすがだよ、私のモックン(くどい?笑)

投稿: りょう | 2009年3月 4日 (水) 00:13

>りょうちん

おっ観たのね!!!
やっぱり映画館がいいよね♪
大感動巨編っていうのじゃなくて、しみじみ泣けるって感じだよね。
っつーか、私のモックンってのやめてくれる?
絶対そうなると思ったけどさ。チェッ

ウン、ほんとに、納棺師の仕事って、そのときだけのうわべの作業だけじゃなくて、その人の人生を丸ごと大事に思わないとできないのかもしれない。介護もそうなんだね。障害児の療育の先生も、その子の今だけじゃなくて、家族全体とか、過去や将来も見なくちゃダメなんだってよく言ってるけど、やっぱり通じるものがあるかも。

ところで、明日どうすんの?和広はーーーーー!!!???

投稿: タケちゃん→りょうちん | 2009年3月 4日 (水) 22:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/44173516

この記事へのトラックバック一覧です: 『おくりびと』:

« 家具のお話 | トップページ | 『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』初日・よこすか芸術劇場 »