« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月31日 (火)

宴会

「春も嵐も」。フラゲ&ヘビロです~!

ライブで聴いたときはローリングストーンズの「Brown Sugar」っぽいイントロに聞こえて、ポップでカッコいいロック調と思っていたのだけど、その後ラジオで聴いたら、もっと昭和風味だったのね。なんかテンポというか拍子が違う感じ。CDのももちろんこれはこれでいいし、ライブでもう一回聴いてみないとわからないけど、ワタシはライブバージョンのほうが好みかも。
でも、PVには昭和風味?のほうが合ってます。


今回のまさやんの「春も嵐も」のPVは、宴会場です。
ああいう宴会の席ってOL生活にはつきもの。新入社員の女子がちやほやされてさ。
昔は(私だけかもしれないけど)、OLには合コンってなかった(合コンは女子大生がやるものだった)から、OLの飲み会といえば、ああいった、上司にお酌、そして上司とカラオケ(しかも「銀座の恋の物語」なんて歌わされる)でした。
でも、私が勤めていた部署は非常にアットホームで上司と部下の仲がよかったので、私は会社の飲み会が苦痛だと思ったことはあまりありません。
でもやっぱり気は使います。ピエロ体質だから、座がしらけてるとなんか居心地悪いのです。それでなんか必要以上にはしゃいでしまったりして空回りする。
なのに、前にも書いたけど、ただおとなしく座っているだけでやたら男性がちやほやしてくれる女の子がいるんですよ!
それがさ、そういう子がすっごく美人っていうのならまぁ許してもいいんですけど、それほどカワイイって感じでもないのよ。それなのになぜか男の人が気を遣ってくれるんですよね~。そういう子は、席も動かずに、お酌をするわけでもなく、話題を提供するわけでもなく、それでも男の人がいつもまわりにいるの。で、知らない間に帰ってたりする。ワタシなんて、「なんか芸やれ~」とか言われたり、イッキさせられたりするのに・・・。
あれは不思議でしたね~。持って生まれた雰囲気なんでしょうか?得だよな~。

もう今は、仲のいい友だちと飲む宴会しかないから、そんな疑問を持つこともないけど。
やっぱり気の合う仲間と飲むのが一番です。

そうそう、学校の保護者の親睦会はあんまり得意じゃありません。どんな話をしたらいいのかわからないんだもん。片方の耳が悪いから話がよく聞こえないっていうのもあるのかもしれません。
てっちゃんに言うと、「世代が違うからじゃない?」って言われるんだけど!(怒)






| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年3月30日 (月)

裏方の胴上げ

侍ジャパン熱も一段落の今日この頃。侍たちも各自自分のチームに戻って、開幕に備えているようです。
ウチの球児も、WBCで出番があまりなかったから心配していたけど、昨日のオープン戦ではキッチリ押さえたようです。ホッ。
私のイチオシ西武の中島クンも、昨日の試合では逆転ホームラン含め大活躍だった様子。ほかの侍たちもがんばっているようで、開幕が楽しみです。

ところで、27日付の新聞の投書欄に、「WBCの放送を見ていたら、投手の投球練習の相手をしていた捕手が小山良男クンだった」という内容の投書が載っていました。

小山クンといえば、あの松坂クンが一躍有名になった、春夏連覇の横浜高校の主将だった選手で、松坂クンの女房役だった人。あの大会で選手宣誓もしました(ちなみにあの年横浜高校が2回戦で戦った鹿児島実業の杉内投手はこの間WBCでも活躍しました)。
今は日テレアナの上重さん擁するPL学園との歴史に残る死闘でも、ホームランを打ったし、決勝戦はノーヒットノーラン達成、これもピッチャーだけの力ではないと思います。
小山クンのお父さんとウチの父が友だちなので、私はあの年の高校野球、いつにもまして力を入れて見ていました。
小山クンは、優勝してからお父さんといっしょにウチに遊びに来てくれて、優勝メダルを私の首にかけてくれたり、写真を撮ってくれたり、いろんな話を聞かせてくれたりしました。本当にスポーツマンらしく、男らしい青年でした(体格が大きいので、まだ小さかったモエが大泣きして大変だった)。気を利かせてくれたのか、頼んだわけでもないのに松坂クンのサインや写真などもくれました。
私は、松坂クンの今があるのは、本人の才能はもちろんですが、高校時代の捕手の小山クンの力も大きかったと思うのです。松坂の女房役は上地雄輔だったということが今や有名になってますが、小山クンを忘れないでほしいです。
小山クンは亜細亜大学に進んで、卒業後、JR東日本から中日に入りましたが、やはりプロとは厳しいもの。昨年現役のプレーヤーを引退して、ブルペン捕手となったそうです。

最近はその小山クンのお父さんとお会いする機会もなく、小山クンがWBCに参加していたとは知りませんでした。同級生でバッテリーを組んでいた松坂クンは今やメジャーのエースで、小山クンはブルペン捕手。でも、その投書を出した人は、「とてもいい笑顔で選手の投球を受けていた」と書いていました。

あらためて、侍ジャパンって、試合に出た選手だけじゃないんだって思いました。ベンチにいた選手も、コーチやトレーナーも、その他のスタッフも、そしてブルペンで選手の投球を受けるキャッチャーも、みんながいたから日本一になれたんだと。
今日父から聞いた話によると、小山クンもシャンパンファイトでみんなに胴上げされたとのこと。すごく感動しました。


どんな世界でも、裏方の仕事はとても大事。
小山クンにはこれからも、日本の野球のためにがんばってほしいと思います。






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月28日 (土)

ドラマ!(2009.1~3)

やっと3月までのドラマを見終わったので、感想を。
ただし、私の見方はストーリー云々より、キャスト重視ですから!

まず月9「ヴォイス~命なき者の声~」。
法医学者って志望者が少ないそうですね。確かに、医者は病気を治すのが仕事で、法医学者というのは「医者」とは何か違うものという感じがしますよね。でも法医学はなくてはならないもの。人の死には必ず原因があるのだから。実際はあんなドラマティックなことは多くはないのだろうけど、設定は面白いと思いました。生田斗真クンのファッションがよかったな。大学生になって付き合うならあんなアメカジファッションの男の子がいいわ(何考えてんだ・・・)。あと、佐藤智仁クンの声が好きです。

火曜日に見ていたのは「メイちゃんの執事」「トライアングル」「神の雫」。
「メイちゃんの執事」は、モエに付き合って見ていたという感じで、あまりにもくだらな・・・もとい、あまりにもマンガちっくなので、まぁ気軽に見ていたのですが、ちょっと泣けたトコもありました。ヒロ君とタケル君、そして向井クンなど、イケメン君を見るだけで目の保養でした(笑)私もイケメン執事がほしい・・・。
「トライアングル」は面白かった。小日向さん・・・やっぱり。一度疑って、それが違うと思ったらもう二度と疑わないというのが人間の心理なんですかね~。しかし他にも大杉漣、堺雅人、佐々木蔵之助、谷原章介などなど・・・怪しすぎる人ばっかりで、それが面白かったな。江口洋介がサングラスかけて黒いトレンチコート着て歩く姿はカッコよかったです。もうちょっと髪が長いほうがいいんだけど。
「神の雫」は・・・5回目でリタイア。最終回だけ見ました。自分がワイン飲めないからかなぁ・・・亀ちゃんだから、と思ってがんばったんだけど、ちっとも面白いと思えず。田辺誠一の「おおぉぉぉ~~」っていうのはちょっと我が家で流行りました(笑)

水曜日、「キイナ~不可能犯罪捜査官~」は、一話完結で気楽に見られました。平岡祐太クン好きだし。お話はちょっと「ガリレオ」っぽい感じもあるけど、キイナのキャラがかわいかったです。沢村一樹はいつもと違ってクールな役。カッコいいです。

木曜日の「ありふれた奇跡」がよかったらしいのだけど、残念ながら見てませんでした。ウチが見てたのは「Q.E.D.証明終了」。こういう少年ドラマシリーズみたいなの、夫婦とも好きなのです。あと天才少年が次々に事件を解決していくってそういう設定も好き。原作はすごく人気があるらしいですよ。天才少年の燈馬クン役の中村蒼クンはジュノンボーイだそうで。最初は「う~ん・・・」と思っていたのですが、だんだん慣れて(失礼?)、カッコよく見えてきました。私、高橋愛の「燈馬クン」っていうしゃべり方のモノマネ、うまいです(笑)。

金曜日は「必殺仕事人2009」と「ラブ・シャッフル」。
「必殺仕事人」のほうは、大倉クンが出るので見ました。長年の必殺ファンであるてっちゃんに言わせると、「仕事人はもっとひっそり仕事しないとダメ。あんな町中で立ち廻りしちゃダメなんだよ」とのこと。私は、「陰の仕事だけに命かけすぎ!陰の仕事をしなくても済むくらいに、表の仕事をもっとがんばらなくちゃダメじゃん!」とツッコんで、「オマエは必殺シリーズ見る資格なし!」とてっちゃんから言われていました。
「ラブ・シャッフル」は、ありえないでしょ・・・という設定だったので、途中でやめようかと思ったのですが、結局最後まで見ちゃった。玉木宏には今まで興味なかったのだけど、このキャラはけっこう面白かった・・・カモ?(キイナ風に)最終回のキスシーンが、どのカップルのもみんなステキでした。

土曜日の「銭ゲバ」、全部録画してあるんだけど、見てないんです。だって・・・マンガは読んでるんですよ・・・あのとおりだとしたら、救いがないでしょ・・・?見た方がいいですか?(笑)
「RESCUE~特別高度救助隊~」は要クン出るので迷ったけど結局見ませんでした。意外に?面白かったらしいです。
あとはやっぱりこれでしょ!「赤い糸」。こんなドロドロあるか?って感じで、主題歌「366日」もドロドロしてて怖かったけど、なぜか耳につく・・・。溝端淳平クンかわいい♪さっきの中村蒼クンといい木村了クンといい平岡祐太クンといい、ジュノンボーイ大活躍ですね。

そして、日曜日はやっぱり「天地人」だし!

なかなか充実してました(笑)


4月からは櫻井翔クンの「ザ・クイズショウ」、平岡祐太クン&要クンの「ゴッドハンド輝」、藤木直人の「夜光の階段」、淳平クンの「BOSS」、松田翔太クンの「名探偵の掟」・・・などを見る予定です(どんだけヒマなんだ・・・)。

でもでも、一番楽しみなのはなんといっても、「デスパレートな妻たち・シーズン4」!!!
春が楽しみ~~~!!!






| | コメント (17) | トラックバック (1)

2009年3月25日 (水)

すごく悔しい・・・

日立サンロッカーズ、優勝ならずでした。

私、応援しているチームが勝って泣くことはあっても負けて泣くことはあまりないんだけど・・・今日は泣けました。単純に、すごく悔しかった。アイシンに負けるのは、他のチームに負けるより倍悔しい。本当に残念です。

実力は拮抗しているけど、やはり底力はアイシンのほうがあったと思う。最後の最後に日立らしいプレーができず、シュートもことごとく決まらなかったのは、そういうことだと思います。アイシンは本当~に(プレーの上で)憎たらしい選手が多い。
ディフェンスでは絶対負けてないけど、やっぱり相手は身体的に大きいから日立の選手がいくらがんばっても、チャージング取ってもらえなくて、こっちのファウルになっちゃう。何度も何度も倒されて、腕つかまれたり肘打ち食らったり(アイシンの選手が悪いという意味ではなく)、それでも文句言わずに立ち上がって、懸命に向かって行く姿を見ていたら、泣けてきました。

日立の人気選手の五十嵐クン、とてもキレイでカワイイ顔をしています。でも、プレーは鋭い。小さな身体だけどすごいスピードで、大男たちに立ち向かって行くんです。リバウンドもルーズボールも、必死で追うんです。
五十嵐クンだけじゃなく、今シーズンの、特にセミファイナル&ファイナルの日立の闘いぶりには本当に感動しました。

と同時に、バスケットボールってすごーく面白いスポーツだなぁってあらためて思いました。
スピード、技術、戦略、身体能力。そして最後の1秒まで駆け引きがあって。
日本では野球やサッカーの人気には遠く及ばず、テレビ放送はほとんどなし。セミファイナルだってスカパーで録画放送。ファイナル2戦目からやっとLIVE放送です。スポーツだけは全部LIVEで見たいよねぇ。とりあえずスカパーでいいから、全試合放送してほしい。いくら面白いスポーツでも、一般の人が試合を見れないんじゃ知るきっかけもないしなぁ。WBCなんて、野球にそれほど興味ない人でもみんな見るもんねぇ。

それに、バスケがうまい人ってカッコいいんです。
今日mikanちゃんトコのお嬢さんの高校の卒業アルバムを見せてもらったんだけど、バスケ部の男の子ってけっこうイケてる子が多いんです!
私もモエに、共学の中学に入ったらバスケ部の男子をチェックせよ!と言い渡してあるのです(笑)たぶん、バスケがうまい男子って、本人の「ルックスの実力」以上にカッコよく見えると思う!五十嵐クンはもともとホントーにカッコいいけどね。
あ、そうそう、まさやんファンに告ぐ。
アイシンの小宮選手をチェックです!まさやんに似てるんです。本当に敵としては憎ったらしい選手なんだけど、顔が、特にふとしたときの表情が似てるんです。どうも目が行ってしまうの。


すごくすごく悔しいけど、去年から考えると今年は本当にがんばったと思います。
来年はガンガン観戦に行きます!来年はサッカーも行くから土日は一年中スポーツ観戦?え?ライブと重なっちゃうから行けないじゃん!なんて、嬉しい悲鳴になったらいいんだけどな~。

とにかく、来年こそアイシンを破って優勝だ!がんばれ、サンロッカーズ!






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月24日 (火)

息苦しい~~~

WBC、日本優勝しましたねーーー!!!やったーーー!!!おめでとうーーー!!!

もう~決勝戦は息苦しくなりました。いいゲームでした。
でも、でも、やっぱりイチローなのです!あんなに今大会調子悪くても、あそこで打つのがスターですよ。シビレました。涙出ました。

しかし、MVPが松坂っていうのには、今回はちょっと納得できないんだな。だって、松坂って確かにすごいピッチャーなのかもしれないけど、最近は、絶対的に頼れるっていう感じしないんですよね~。打たれても最終的には勝っちゃう。調子悪くても帳尻は合わせちゃう。それが一流なんだと言われればそうかもしれないけど、なんかオイシイとこ持ってってる感がイナメナイんだよな~。太ったしね~(関係ない?)。

それより、私がMVPをあげたいのは、中島クンです。ま、このMVPはかなり個人的な好みが入ってますが(笑)
アメリカに行ってから発熱しちゃって、何試合か出られませんでした。でも、出られるようになってからの中島クンは、本当に野球を楽しんでいるようで。試合に出られる喜びをかみしめているようで。そして休んだ借りはちゃんと返す(あれ?なんかまさやんっぽい)。本当に好感の持てる選手です。なんたって顔がかわいいのよ~~~!
西武では主軸でありながら、今大会では2番。バントも犠牲フライもしっかり打つし、盗塁もするし、内野安打も放つし、四死球も多いですよね。そしてもちろんタイムリーも打つし、守るポジションはショート。カッコよくない?出しゃばらないのに、みんなといっしょに盛り上がってて、見ててほんわかしちゃう。
最後の場面でなぜ韓国バッテリーがイチローを歩かせなかったのか、ラッキーだった、ってアナウンサーとか解説者は言っていたけど、後ろは中島クン、さらには青木だもん、敬遠してもどうなるかわからないし・・・。韓国チームが、イチローから逃げて勝つより、勝負して負けるほうを取ったんだって言うけど、どうなんだろ。
そうそう、同じチームと同じ大会で5回対戦するってどうなんだ・・・。まぁいいけど。
いずれにしても、韓国も素晴らしいチームでしたね。

ひとつ心残りがあるとすれば、ウチの球児ですよ・・・。
今回はリベンジだったんだけど・・・調子悪かったんだね・・・。残念だな。
でも最後すっごく嬉しそうにみんなの輪の中にいた。原監督が球児を抱きしめてくれて、それを見て、原監督っていい監督なんだな、って思った。昔バカにしててゴメン、って(笑)


さてさて、WBCは終わったけど、これから明日あさってと、JBL(バスケね)のファイナルがあるんですよ。日立対アイシン。五十嵐クン擁する日立は明日負けたら終わりです。また明日も息苦しい一日になるのかぁ~~・・・
でも、息苦しさを味わえるのは幸せなことなんだよね。
今年はJリーグでも2004年のときのように、こんな息苦しさを味わいたいものだわ・・・






| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年3月23日 (月)

大宮ライブ感想 byてっちゃん(ネタばれあり)

今夜9時15分のてっちゃんと私のメールのやりとり。

てっちゃん 「終わったよ~。あっ!アンケート書いて来るの忘れた!」
タケちゃん 「バカ!今から書いて出して来い!で、声出てた!?」
てっちゃん 「もう電車に乗っちゃった。声は後半ちょっと苦しそうなトコもあったけどまぁ出てたよ。『ツバメ』がよかったな~」
タケちゃん 「声出てた?よかった~・・・」
てっちゃん 「あれ?『ツバメ』に反応すると思ったのに」
タケちゃん 「あ~!そう!『ツバメ』やったの!?いいなぁ~」
てっちゃん 「いいだろ~~」

私が岡山のレポ読んだときに「『ツバメ』も聴きたかったな~」って言ってたものだから、自慢したかったみたいです(笑)

楽しいライブだったのですね。よかった。それにうらやましいなぁ。私も仲間に入りたかったなぁ。
まさ友さんからのメールによると、まさやん元気だったようで、本当にホッとしました。
まさやんのライブの日は、自分が行かないときでも「今頃は・・・」って思っていますが、今回は今までで一番気になって、夕方からずっと落ち着かなかったから・・・本当によかったよ~~(涙)


さぁて、てっちゃんが帰って来ました。
感想ですが、語る語る・・・。

帰って来るなり、「山崎のギターやっぱりよかったね~!アコースティックもよし、エレキもよしで。なんかエレキが好きになったんだな~って感じがした」って。わーい!やっぱりギター誉められた♪
曲は「『ツバメ』もよかったけど、2曲目の新曲と、ジュリーっぽい新曲(ってどれ?『深海魚』の次に歌ったやつのことだよね?)が非常によかった!」とのこと。ウンウン、そりゃ、てっちゃんの好みですよ、あの2曲は(もう忘れちゃったけどカッコよかったもんね?)。
あとスライドギターがカッコよかったって。『ただ ただ・・・』ですよね。私のママ友もあの音はすごいよかったって言ってた。それから「『振り向かない』も沁みたな~」って。
それと「あのジェフ・ベックの『哀しみの恋人達』をイントロでちょっとだけ演るやつ、なんだっけ?あれめちゃくちゃカッコいいな!」って言うのですが、『アンジェラ』のことですかね?自信ないんだけど、すごい音が重いやつだよ~って言うからそうかな。もう~曲名覚えてよ・・・。
そしてMCに関しては「なんか声が出なくなったのがよっぽどショックだったらしいな。いろいろ言い訳してて笑った」って。
それから「今日はコントとかなくてよかった!やっぱりさぁ、ミュージシャンのライブは面白くなくてもいいけどカッコよくなくっちゃダメだね!あの3人カッコいいのに2~3曲ソンした気分だったんだよね、今まで!」
それからそれから、「ロバート・プラント(レッド・ツェッペリンのボーカル)だって今まで何回も声出なくなって延期になったりボロボロのライブやったりしてさ、ミュージシャンってそうやって失敗してだんだん成長していくんだよ!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

なんか聞いててだんだん腹が立ってきた。すんごい偉そうなんですケド。

いったい何サマのつもりっ!?(怒)







| | コメント (22) | トラックバック (0)

2009年3月20日 (金)

何サマ!?(怒)

ちょっとだけまさやんツアーのネタばれあります。


私最近、ジミヘンとかジェフ・ベックとかのライブDVDを時々見ています。
てっちゃんは「やっとオマエもその気になったか!」って言うけど、もちろんてっちゃんじゃなくてまさやんの影響。てっちゃんといっしょに見るとウンチクがうるさいので、昼間ひとりで見ています。
結婚前にてっちゃんに無理やりクラプトンのライブなどに連れて行かれたときは別にどうとも思わなかったのだけど、今はやっぱりギタリストってカッコいいと思います。こう思うようになったのもまさやんの影響でしょうね。私は守備範囲が狭いので、てっちゃんがこれもいいぞっていう人の半分ぐらいしかいいと思わないんだけど・・・。

そんなギタリスト好きのてっちゃんとの、私がよこすかから帰った日の会話。

てっちゃん 「今回はどうだった?」
タケちゃん 「めちゃくちゃカッコいい!ギターすごいからてっちゃんも好きだよきっと!」
てっちゃん 「ふーん。でもあの3人のときは女こども向けのお笑いコーナーとかあるじゃん?オレあれ苦手なのよ」
タケちゃん 「それが今回はないんだよ!今回は徹底的にカッコいいんだから!」
てっちゃん 「へぇ~そうなんだ。行こうかな」
タケちゃん 「えっっっ!!!???ひとりで!?」
てっちゃん 「ママも行く?」
タケちゃん 「でもどっちかが子ども見ないといけないしねぇ・・・」
てっちゃん 「じゃオレひとりで行く~!大宮ない?」
タケちゃん 「今月23日に大宮ソニックシティである・・・」
てっちゃん 「オォ~いいじゃん!会社の隣りだし!」

・・・こんなふうに、トントン拍子に?てっちゃんがひとりでまさやんライブ@大宮に行くことに決まったのです!チケットも無事ゲット。えーん!それだったら私が行きたいよ!
大宮に行く方。1階の真ん中辺で腕組みして聴いている中年男がいたらそれはウチのダンナです(笑)。


夜子どもを留守番させるのはまだ怖いので、ふたりでライブはなかなか行けません。どっちにしても私はまさやんのライブにてっちゃんといっしょに行くのはイヤなの。だって私、まさやんとの世界に浸りたいんだもん。だからいっしょに行っても別々の席です(笑)。
でもね。あれだけ音楽好き、ギター好きのてっちゃんに、まさやんのライブを見てほしい気持ちもあるんです。特に今回のツアーは・・・。
月曜日、帰って来たらなんて言うかな?たぶん、素直じゃないから「すっげーよかった!」とは言わないと思うけど、「山崎のギターはまぁ確かにいいわな」って感じかな。何サマだっつーの。

今朝、ゆうべの話をして、私が心配して「無理しないで大宮も延期だっていいよねぇ」と言ったら(大宮行く方すみません)、
「えーー?そうだったの?せっかくオレが行くんだから万全で演ってほしい!延期でいいよ!」だって!
いったい何サマだっつーの!?(怒)





| | コメント (8) | トラックバック (0)

疲れたじゃんか~

はぁ~~~

今夜はホント疲れたわぁ~~~!
まったく、まさやんってば。

でも、いつものあの癖のある字を見たら、せつないけど、なぜだかちょっとだけ安心したような気もするよ。ふぅ。

風邪なのか、疲れなのか、はたまた飲み過ぎなのか?わからないけど、とにかく、ゆっくり休んで、早く元気になってね。
まさやんの声は、神様がくれた人類の宝なんだからさ。






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月17日 (火)

男のやさしさとは

昨日Koniから聞いたんだけど、今「黒執事」っていうのが流行ってるんですって。
アニメなのかな?どんなものかはよく知りませんが、ドラマ「メイちゃんの執事」もヒットしているらしいし、なにやら“執事ブーム”が来ているようです。そりゃ、水嶋ヒロくんみたいなイケメン君に「お嬢様」なんて呼ばれてかしずかれて、いろいろサービスしてもらったらいい気分でしょうね~!
先日テレビでやっていたのは、“執事バー”だか“執事カフェ”だかなんだかで、外国人のイケメン執事がお客さんを「マイプリンセス」なんて呼んでて、お姫様だっこなんかしてくれちゃうんです。ま、そこまでいくとこっぱずかしいですが・・・。

でも、以前も書きましたが、「愛してる」と言ったり女性にサービスしたりすることが苦手な日本男性に慣れている日本の女は、実はそういうふうにチヤホヤされることを望んでいるのでは?と思うのです。だから韓流ドラマの俳優に恋い焦がれたり、ホストクラブが繁盛したりするのではないでしょーか!

先日モエから塾でのこんな話を聞きました。
モエが教室で一番後ろの席に座っていたとき、先生が「後ろにまわして」と言って一番前の席の子に配ったプリントが、モエの前の席の男の子Oクンでなくなってしまって、モエの分が一枚足りなかったらしいのです。するとそのOクン、その最後の一枚をモエにくれて、自分が「先生、一枚足りません」と言って取りに行ったと言うのです。普通小学生の男の子だったら、自分が最後の一枚をもらって、モエに「足りないよ」とか言うと思わない!?
私、それを聞いてすっかりOクンのファンになってしまいました。モエもそんな小さな出来事を私に話すぐらいだから、感動したんだと思います。しかもそのOクン、そこの塾で1、2を争う秀才で、しかもしかも少年野球の選手で、しかもしかもしかも、背が高くて顔もまぁまぁだってゆーじゃないっ!!!「ねぇねぇ、その子と仲良くなっちゃいなよ~」と言う母に「また始まったよ・・・」と冷たい視線を送る娘なのですが・・・。
しかし世の中の男性諸君!こういったほんのささいなことでも、女子はチェックしているのです!!!

私、昔は見るからにソフトでやさしい男の人より、一見無愛想でもホントはやさしいっていう少女マンガの王道の男の子が好きでした。
でもトシのせいなのか、最近はやっぱり女性に紳士的でスマートな対応ができる男の人っていいなぁ~と思うようになりました。それは、いつもいつも女の子のことを考えている男の人っていう意味ではありません。そういうヒトはイヤ。
そういうことではなくて、要は気配りができる人ってことですよね。
まさやんはまさやんを好きな女の人からしたらある意味冷たいかもしれないけど、気配りはできる人なんじゃないかなぁ~と思うんですよね~(イヤあくまで想像ですが)。前~に杏子さんが「シカオくんよりヤマのほうがやさしい」みたいなこと言ってなかったっけ?それはきっと甘えん坊のシカオちゃんより、まさやんのほうが気を遣う性格なのではないかと推察するのであります(ツバッキーさんゴメンね~)。

ところがウチのてっちゃんときたら。
スーパー行って私のほうが重い荷物持ってても、「ねぇ、持ってよ」って言わないと気がつかないし、すごく混雑した駅なんかでもひとりでズンズン先行っちゃうし。ホント気がつかないヤツなんだよな~。本人、「オレって会社では女の子にすごーく気を遣ってるんだよね~」って言うんだけど、ホントかなぁぁ~?

そんな父を持つモエには、ぜひともOクンのような紳士的な人と結婚してもらいたいものです!
紳士的で、そして頭がよくてスポーツマンで、もちろん顔も・・・・・・・・・・・・・・・。






| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年3月11日 (水)

最後の卒業式

今日はリョウヘイの卒業式でした。
療育センターも、小学校も、中学校も、卒業のときは泣けたけど、今日は学生生活最後の卒業式ということもあって、感慨もひとしおでした。

卒業証書授与のときは、卒業証書落っことしたりして、「はぁやっぱり」って感じで笑っていたのですが、PTA会長さんのお話になったらもうダメ。会長さんは私たちと同じ卒業生の親なので、もう話の最初から泣いてるんだもん。それで親たち一気にもらい泣きです。
現在のことだけ考えるなら全然泣きたくもならないんだけど、昔のことを思い出すから泣けちゃうんですよね。
なんだかおかしいなぁ、この子・・・と思い始めたころのこと。
自閉症です、と宣告されたときのこと。
普通の子を見るたびに、どうしてうちだけ・・・と悲観してしまったころのこと。
ギャーギャー騒いでよその人にじっと見られてしまうときのこと。
何度も何度も教えても、簡単なことができなくて落ち込んだときのこと・・・。

でも、その分、楽しかったこともいっぱいありました。
赤ちゃんのときはホントに愛想がよくてニコニコかわいくて。
障害児とわかってからも、何かができるようになるとどんな小さなことでも嬉しくて。
言葉もしゃべれないのに、突然まさやんの歌をはっきりと歌い出したり。
お友だちといっしょに楽しそうに笑っていたり。

障害児の親なら誰でも、子どもに対して「こんなふうに産んじゃって、ごめんね」と思ったことがあると思います。
私もそうです。
でも、ここ3年ぐらいのリョウヘイは、「そんなことないよ!けっこう楽しくやってるよ!」と言ってくれているかのようでした。
こんなことができるんだ!私より全然じょうずじゃん!と、たくさんの発見がありました。
もちろん「こういうトコ課題だよね・・・」というところもたくさんありますが、それよりも嬉しい発見のほうが断然多かった気がします。
今日も、突然サンダルをつっかけてダーッと家の外に走り出たので「どこへ行くのっ!?」とビックリしたのですが、塾に行くモエが携帯を忘れたのに気がついて、モエを追いかけて渡しに行ったのでした。何かができるようになるということだけじゃなく、そういう気持ちも育っているということに感動しました。
普通の子よりゆっくりかもしれないけど、確実に成長してるんだな・・・と実感しています。
そして、やっぱり本人と親のがんばりだけじゃここまで来られなかった。たくさんの人に支えてもらったこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この子たちは意地悪とかズルいことを知らなくて、本当に優しいのです。
今日の卒業式の途中、リョウヘイの隣りに座っていたYクンがワァワァと泣いていました。Yクンはいつもニコニコしていておとなしく、騒いでいるところなんて見たことがなかったので、どうしたんだろう?と思っていたら、お母さんが泣いていたから心配でたまらなくて、自分も泣いていたと言うのです。そして隣りに座っていたリョウヘイも、泣いているYクンのことを心配そうになだめようとしていました。

こんな純粋な愛すべき子どもたち。
4月からは社会に出て働きます。今までより大変なこともたくさんあるかもしれないけど、でも、元気でいてくれたらそれだけでいい。ママはいつでも応援してるから!
リョウヘイは近くの作業所で調理の仕事をします。まさやんみたいなお料理上手になって、ママのかわりにごはん作ってくれるようになるといいなぁ。

今日は涙、涙、の母たちでしたが、この母たち実に切り替えが早い。
帰り、しょんぼりしているママに「しんみりしてるね」と言ったら、「違うよぉ。明日から4月1日までずっとこの子が家にいるんだよ・・・?」だって。
そ、そうだった・・・・・。
リョウヘイがいるんじゃ、安心して遊びに行けないじゃん・・・!
そりゃ感激もフッ飛ぶかも・・・?






| | コメント (16) | トラックバック (0)

2009年3月10日 (火)

学習して下さい!

いきなりですが。
やはりいつまでたっても男と女はわかり合えないものなのでしょうか?

ゆうべてっちゃんとケンカしまして。
若いころはしょっちゅうケンカしていたけど、トシとってからはあまりしなくなっていたのですが・・・。
それはお互い丸くなったとか、わかり合えるようになったとかでは決してなく、逆に、わかり合えないものなんだ!ということを悟ってきたからだと思うんですね。いい意味でのあきらめというか。男と女って、根本的に違うものなんだな~ってことを、つくづく経験してきたからだと。それと体力の低下もありますが・・・(笑)。ケンカって体力いるもん。
でもそれでも、「もう何十年もいっしょにいるんだから、いい加減学習してよ!」っていうことがあるのです。むこうもそう思ってるんだろーな・・・。

てっちゃんはまぁ基本的にマジメですし、家族は大事にしてくれるし、束縛もしないでライブにも行かせてくれるし(笑)。感謝してるトコも尊敬できるトコも好きなトコもいっぱいありますよ。
でもね~やっぱり、「なんでここのポイントを押さえてくれない?」って思うことが多いんですよね~。それもポイントとなることは20年間ずっと同じことなのよ。
20年間同じことを言い続けてきて、そのたびに「わかった」って言うんだけど、次の日にはやっぱり同じことやってくれちゃう。それで私が「もういっか、しょうがない」ってあきらめればいいんだけど、私もそこは譲れないと思っちゃう。お互いガンコなのね。
これって、もともと同い年で友だち関係だったふたりだからなのかな?私のほうから恋い焦がれて好きで好きでたまらなくて、やっと結婚できたっていう相手だったら、こちらが折れることができるのかな?相手がまさやんだったら・・・?(笑)


先日、『夫婦って何?「おふたり様」の老後』という本を読みました。イヤ~私がこんな本を読むようになったんだということにビックリした(笑)
「老後」なんてまだまだ先の話かもしれない。でもね、今私の両親を見ていて、つくづく、結婚相手選びって、そのときの「好き」という感情だけじゃなくて、老後のふたりを想像できないとダメだ!と思いましたね。でも普通結婚するときは老後のことなんか考えないよね・・・。
男と女はわかり合えないということを大前提として、ではどうしたらお互い快適に過ごせるのか、どこまで歩み寄れるのか、どの部分は妥協できるのか。ホントに真剣に考えて、“努力”しないといけないことなんだな~としみじみ感じております。
もちろん、老後をふたりとも健康で迎えられるということ自体、幸せなことなのでしょうけど。


てっちゃんは今でも、「何がオマエを満足させる答えなのか、本当にわかんないんだよ!」と言います。
・・・えーーーっ!?まだわかんないの!?20年間、ずっと言い続けてきたよねぇ!?しかも、答えは自分で考えなさい、じゃなくて、ハッキリ教えてあげたよね、何百回も!まだわからんのか!?
もう最低限、「ツマはどうしてそうなのか」はわからなくても、「確かこうすればいいんだよな」っていうやり方ぐらいは覚えなよ!って思っちゃう。

モエの算数の勉強で、「なんでこうなるのかわからなくてもとりあえずこうやって解く」ってことを覚えなさい、ってのと同じだと思う!(違?)






| | コメント (8) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

『ヤッターマン』

今日はモエとの約束で映画『ヤッターマン』を観に行きました。もうちょっとまさやんライブの余韻に浸っていたかったのに、家族って容赦ないわ・・・。

いつも空いている映画館は満席でビックリ!まぁ、相当宣伝してましたからねぇ。

モエが嵐ファンで、特に翔クンが好きなので、連れて行けってうるさかったのです。で、ちゃんとやるべきことをやったら連れて行くと約束をしまして・・・。
たとえば、朝起きたらパジャマを片付ける、学校から帰ったら遊ぶより先に宿題と明日の準備をする、週末には体操着やうわばきを洗濯ものに出す、塾から帰ったら空のお弁当箱を出す、など・・・。
・・・って、当たり前のことばっかじゃん!!!
まったく、誰に似たのやら・・・。
なんて、私も金曜日、前日から熱に浮かされていてモエのお弁当作るのすっかり忘れてて、モエに「もうまさやんのライブ行っちゃダメ!」なんて言われてましたが・・・。



↓ ネタばれです。

続きを読む "『ヤッターマン』"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2009年3月 6日 (金)

まだまだよこすかライブ

すみません、横須賀のライブの話はまだ続きます。


昨日のライブは、Koniと私の両方がチケット当選したのと、友だちが急に行けなくなったのとで、2組分チケットが余分にありました。しかし前の記事でも書いたように、ネットでチケットが余っているように私は感じていたので、ネットに出すのはやめて、日頃からまさやんのライブに一度行ってみてほしいな、と思っていたまさやんファンじゃない友だちを2組、誘うことにしたのです。(実際は、3階以上はわからなかったけど1、2階は満席に見えました。はじめ前の方に空席があったように見えたけど、遅れて来た人も多かったみたいで・・・本当はどうだったのかな。)
ひと組はリョウヘイの小学校時代からのママ友(ニコニコ仲間)でもありブログ仲間でもあるちいちゃんと、ちいちゃんを通じてお知り合いになったダージリンさん。
そしてもうひと組は、先日TRUCKの記事でも書いたのですが、リョウヘイがおなかの中にいた母親学級時代からのママ友で、インテリア・雑貨という共通の趣味がある、ピーママとみさママ(普段は苗字呼び捨てなんだけど)。
はたしてまさやんファンじゃない人たちのまさやんライブの反応はいかに?これはとても興味深いものでした。

終わってから、ちいちゃんとダージリンさんとはすぐに別れてしまったのでまだ感想は聞いていないのですが(ちいちゃんたち、私がファイヤーキング好きだからってマグカップ買ってくれた・・・)、ピーママとみさママとは、久しぶりで積もる話もあるからと車でいっしょに帰り、途中「環2家」というラーメン屋さん(女3人でラーメン屋・・・でもおいしかった)に寄って感想を聞きました。

イヤ~このふたり、けっこう思ったことをズバッと言うし、ってか、ハッキリ言って毒舌家なんです!でもそれなりに言うことがけっこう的を射ていたりするのですよ。だから何を言われるのかちょっぴり怖かったのね(笑)



↓ 以下、ネタばれあり




続きを読む "まだまだよこすかライブ"

| | コメント (14) | トラックバック (0)

『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』・よこすか芸術劇場レポ

見事な晴れ男&晴れ女ぶりを発揮したまさやんとタケちゃん。連日雨で今日も雨だけど、昨日は晴れていました。

昨日家を出る段階では、HPでUPされたグッズを見られなかったので、開場前並んでいるときに双眼鏡で会場の中のグッズをチェック(笑)。
パンフ、ツアーT、ストラップ、マグカップ、ハンドタオル、クランチチョコを買いました。Tシャツですが、まさやんはたぶんブラウンかオートミールのTシャツだろーなーと思って、迷ったんだけど、席が割りと前のほうだし今回は目立とう!ということで(笑)緑(濃い黄緑)のツアースケジュールのTシャツを選択。マグカップはちょっとファイヤーキングのジェイドな感じで気に入っちゃった!


さてさて、定刻より少し遅れて、いよいよ開演です!

注:セットリストはメモったのでたぶん合っていると思うのだけど、MCは違っている部分があるかもしれません・・・。



↓ 以下、ネタばれです!

続きを読む "『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』・よこすか芸術劇場レポ"

| | コメント (12) | トラックバック (0)

『Yamazaki Masayoshi Walkin' in my shoes Tour 2009』初日・よこすか芸術劇場

いよいよ初日を迎えたまさやんの2009年ライブツアー。
会場はよこすか芸術劇場です。

まさやん・・・やっと会えたね。
もうホント、今までのツアーで一番待ち遠しかったかもっていうぐらい、楽しみにしてました。朝からソワソワドキドキ・・・
今度はどんなステージを見せてくれるのか。

その期待をまさやんは裏切りませんでした。
イヤ、いい意味で裏切ったのかな?
だってだって・・・まさやんカッコイイーーーーー!!!(意味不)
新曲もいっぱいで、マニアックな曲もいっぱいで、久しぶりの曲もいっぱいで、セクシーなギターソロもいっぱいで、100万ドルの笑顔もいっぱいで。
ホントに楽しかったーーー!生きててよかった!!!
嬉しいことはたくさんあったのですが・・・
それはまた明日・・・

あーーーやっぱりまさやん、世界で一番大好きだ~~~・・・





| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »