« 学習して下さい! | トップページ | 男のやさしさとは »

2009年3月11日 (水)

最後の卒業式

今日はリョウヘイの卒業式でした。
療育センターも、小学校も、中学校も、卒業のときは泣けたけど、今日は学生生活最後の卒業式ということもあって、感慨もひとしおでした。

卒業証書授与のときは、卒業証書落っことしたりして、「はぁやっぱり」って感じで笑っていたのですが、PTA会長さんのお話になったらもうダメ。会長さんは私たちと同じ卒業生の親なので、もう話の最初から泣いてるんだもん。それで親たち一気にもらい泣きです。
現在のことだけ考えるなら全然泣きたくもならないんだけど、昔のことを思い出すから泣けちゃうんですよね。
なんだかおかしいなぁ、この子・・・と思い始めたころのこと。
自閉症です、と宣告されたときのこと。
普通の子を見るたびに、どうしてうちだけ・・・と悲観してしまったころのこと。
ギャーギャー騒いでよその人にじっと見られてしまうときのこと。
何度も何度も教えても、簡単なことができなくて落ち込んだときのこと・・・。

でも、その分、楽しかったこともいっぱいありました。
赤ちゃんのときはホントに愛想がよくてニコニコかわいくて。
障害児とわかってからも、何かができるようになるとどんな小さなことでも嬉しくて。
言葉もしゃべれないのに、突然まさやんの歌をはっきりと歌い出したり。
お友だちといっしょに楽しそうに笑っていたり。

障害児の親なら誰でも、子どもに対して「こんなふうに産んじゃって、ごめんね」と思ったことがあると思います。
私もそうです。
でも、ここ3年ぐらいのリョウヘイは、「そんなことないよ!けっこう楽しくやってるよ!」と言ってくれているかのようでした。
こんなことができるんだ!私より全然じょうずじゃん!と、たくさんの発見がありました。
もちろん「こういうトコ課題だよね・・・」というところもたくさんありますが、それよりも嬉しい発見のほうが断然多かった気がします。
今日も、突然サンダルをつっかけてダーッと家の外に走り出たので「どこへ行くのっ!?」とビックリしたのですが、塾に行くモエが携帯を忘れたのに気がついて、モエを追いかけて渡しに行ったのでした。何かができるようになるということだけじゃなく、そういう気持ちも育っているということに感動しました。
普通の子よりゆっくりかもしれないけど、確実に成長してるんだな・・・と実感しています。
そして、やっぱり本人と親のがんばりだけじゃここまで来られなかった。たくさんの人に支えてもらったこと、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この子たちは意地悪とかズルいことを知らなくて、本当に優しいのです。
今日の卒業式の途中、リョウヘイの隣りに座っていたYクンがワァワァと泣いていました。Yクンはいつもニコニコしていておとなしく、騒いでいるところなんて見たことがなかったので、どうしたんだろう?と思っていたら、お母さんが泣いていたから心配でたまらなくて、自分も泣いていたと言うのです。そして隣りに座っていたリョウヘイも、泣いているYクンのことを心配そうになだめようとしていました。

こんな純粋な愛すべき子どもたち。
4月からは社会に出て働きます。今までより大変なこともたくさんあるかもしれないけど、でも、元気でいてくれたらそれだけでいい。ママはいつでも応援してるから!
リョウヘイは近くの作業所で調理の仕事をします。まさやんみたいなお料理上手になって、ママのかわりにごはん作ってくれるようになるといいなぁ。

今日は涙、涙、の母たちでしたが、この母たち実に切り替えが早い。
帰り、しょんぼりしているママに「しんみりしてるね」と言ったら、「違うよぉ。明日から4月1日までずっとこの子が家にいるんだよ・・・?」だって。
そ、そうだった・・・・・。
リョウヘイがいるんじゃ、安心して遊びに行けないじゃん・・・!
そりゃ感激もフッ飛ぶかも・・・?






|

« 学習して下さい! | トップページ | 男のやさしさとは »

コメント

ご卒業おめでとうございます。
そして、タケちゃんお疲れさまでした。ひと区切りですね。
読んでいて、息子とダブってしまいボロ泣きです。(うちは来年卒業。)
18年間、長いような短いような・・・。
大変なこともたくさんあるけど、とても小さな出来事が他の人の
何倍も嬉しく幸せに思えることがたくさんありますよね。
それにたくさんの人に囲まれ支えられていることにも気づかされ、それも感謝です。
子どもはいろんなことを気づかせてくれますね。

あ~書きたいこといっぱいなのに、泣けて泣けて。。。
息子の卒業式が怖い・・・メイクが・・・写真撮影が怖い。笑

投稿: プーケイ | 2009年3月12日 (木) 00:04

ご卒業おめでとうございます (^o^)
私もなんか泣けてきちゃった。
ふとしたときに成長や優しさに気づくことありますよね。
スッゴクうれしいの、そういうとき(*^_^*)

投稿: こめ | 2009年3月12日 (木) 11:29

>プーケイさん

ありがとうございます!
やっぱり、これで学生も終わりと思うと寂しいです。
ここまで来たな~という気持ちと、これからだ!という気持ちと・・・。
プーケイさんもきっと来年の息子さんの卒業式は号泣ですよ~。

でもホント、プーケイさんがおっしゃるとおり。
つらいことも多かったけど、だからこそほんのささいなことが嬉しかったり、感謝できたり。
子どものおかげで親も成長できてるんだと思います。

ところで私も昨日はマスカラつけないで行きました(笑)
式が終わったときは、ライブ後と同じく?スッピンだったと思う・・・

投稿: タケちゃん→プーケイさん | 2009年3月12日 (木) 17:05

>こめさん

ありがとうございます~!
なんだかあっという間でした。ついこの間入学したと思ったのに・・・

そうなんです。
いつもいっしょにいすぎてわからないけど、ふとしたときに成長や優しさに気づく・・・嬉しいですよね。
悪いところばかりに目を奪われてしまいがちだけど、確実に成長してるんだな~って思って、昨日はちょっと感激でした。
これからも元気にがんばってほしいな!

あ!こめさんも一般発売、がんばって!


投稿: タケちゃん→こめさん | 2009年3月12日 (木) 17:08

ご卒業、おめでとうございます。

息子の通う養護学校は、おとついが卒業式でした。
入学してから、早くも一年経って。
彼の社会への旅立ちも、もうじきなんだなーーと思うと
やはり不安な気持ちは隠せませんが、今を楽しく過ごす彼に
エールを送ってやりたいな、と思う毎日です。

タケちゃん、お疲れ様でした。
これからも色んなことがあるだろうけど、その都度泣いたり
笑ったりしながら生き生きと、子供達と共に歩んでいきましょうね!

リョウヘイくんのお料理、私もご馳走になりたいな!

投稿: 月ママ | 2009年3月12日 (木) 20:25

りょうへいくん卒業おめでとう。
私は親になったことないから、タケちゃんの本当の気持ちはわからないのかもしれないけれど「成長していく瞬間」を目の当たりにする感動は判るような気がする。

なんだか一杯言いたいことはあるのだけれどとにかく、とにかく、とにかく卒業おめでとう。新しい世界でりょうへいくんがもっともっと笑っていられますように。

投稿: 和音0323 | 2009年3月12日 (木) 21:38

>月ママさん

ありがとう~~!
卒業シーズンですね。
高校の3年間はあっという間でした。

リョウヘイの場合は、こんなんで社会に出て大丈夫なのかな・・・とか、進路を選ぶことすらできずに社会に出なくちゃいけないのか・・・とか、ついネガティブなことも考えてしまうんですが・・・
でもリョウヘイなりに一生懸命生きているんだから、月ママさんの言うとおり、親は、彼が元気に楽しく過ごせるようにエールを送るのみですよね。

リョウヘイがまさやんみたいなお料理上手になったら、横浜に食べに来てね!

投稿: タケちゃん→月ママさん | 2009年3月12日 (木) 22:08

>和音0323さん

ありがとう~~!
「成長していく瞬間」を目の当たりにする感動・・・
和音0323さんならよくわかると思う!

普段いっしょにいると成長ってあまりよくわからないんだけど、ある日ふと気づいてびっくりするんですよね。こんなに成長していたんだって。
そして、あれができない、これができないって焦ってた親のほうも、元気でいてくれさえすればいいって、心から思えるようになってきて。悲観ばかりしていたのが、みんなに感謝できるようになって。
自分で言うのもナンだけど、こんな私も成長してるんだろうな。
・・・ということで、私の成長していく瞬間も見守っててね(笑)


投稿: タケちゃん→和音0323さん | 2009年3月12日 (木) 22:18

りょうちゃん ご卒業 おめでとう!!!!
りょうちゃんをみていると
魂の位が 一番上だと実感します。
たけちゃんも ブログを通して
私に元気をくれて ありがたい。
これからも 共に 楽しく行きましょう!!
また 一歩 宜しくお願いいたします。

投稿: ちいちゃん | 2009年3月13日 (金) 00:23

ご卒業おめでとうございます!
進路も決まって良かったですね!調理の仕事なんて良いわ~
やっぱり「料理上手な男性」はポイント高いですからねwinkリョウヘイ君頑張れ!!

先日、6年生最後の保護者会がありました。色々話してるうちに泣けてきちゃって。他のお母さんももらい泣きしてましたが、私があまりにも号泣するものだから最後はドン引きされてしまいました(笑)
こんなんじゃ、卒業式も絶対に泣くな、私(笑)
子供の成長って普段は気付かなかったりするけど、少しずつ成長してるんですよね。見逃したくないな・・・と思います。

投稿: シナモン | 2009年3月13日 (金) 11:08

>ちいちゃん

ちいちゃん、ありがとう~~!!!

あの大騒ぎだった小学校の入学式から早12年・・・
みんながありのままのリョウヘイを受け止めてくれて、当たり前に普通に付き合ってくれたことがどんなにうれしかったか・・・。
本当にお世話になりました(ってまだまだお世話になるけど)。
Aクンやちいちゃんたちがいるから、リョウヘイも私も楽しい学校生活&地域での生活が送れているんだな~といつも思っています。

これからもずっとよろしくね!

投稿: タケちゃん→ちいちゃん | 2009年3月13日 (金) 18:33

>シナモンさん

ありがとう~~!!!

そうそう、料理上手な男性はセクシーというのが私の持論(笑)
まさやん目指してがんばります!

シナモンさんの息子さんも卒業ですね。おめでとうございます!
来週あたり卒業式かな?
普段はどうということはなくても、色々話してるうちに思い出してきて泣けちゃいますよね~!

シナモンさんがこのブログに来てくれるようになってからだけでも、息子さんのお話聞くたびに、成長したな~って思いますよ。
そしてこれからまだまだいくらでも成長しますから・・・。
私も「せんえつながら~♪」応援してます!
これからもお互い励まし合って、そしてまさやんの歌で元気をもらって、がんばろうね!!!


投稿: タケちゃん→シナモンさん | 2009年3月13日 (金) 18:39

りょうへい君卒業おめでとう。
タケちゃんお疲れ様でした。
タケちゃんのりょうへい君への愛をいつもこのブログで感じてた。
読んでて泣いちゃった。
うちの弟のりょう君も(りょうたろうなのよ 笑)ちっちゃい時全くしゃべんなかったけど、すっごい可愛い子だったの。今はちっとも可愛くないけど~~(笑)
だけどやっぱり純粋で優しくて、そして偏ってる部分がたくさんだから一度変な方向に向くと大変です。でもあーちゃんの事とっても可愛がってくれるんだよね。そういう面は育ってるのかな?ってね。

りょうへい君もタケちゃんもまた新しいスタートだね。
もしかして今までより大変な事もあるかもしれないけど、タケちゃんの持ち前の明るさとパワーで照らしてあげて下さい。
りょうへい君おめでと~~!!!

投稿: のん | 2009年3月13日 (金) 21:28

>のんさん

ありがとうね~~!!!

弟さんもりょう君なんだ!
「りょう君」にはかわいい人が多いのよ!(笑)
そして本当にやさしいよね。
きっとりょう君もあーちゃんのこと大好きなんだろうな~。
ウチのリョウヘイもね、モエのこと、妹と思ってるのかどうかわからないけど、大好きみたい。いくらイジワルされても?やっぱりモエにはやさしい。

4月からまたスタートです。
映画の「おくりびと」で、死んで行くことも「旅立ち」って言ってたから、考えてみると人ってずーっと旅立ちを繰り返していくんだね。

ここでこうして励ましてもらって、私もパワーもらってる。
これからもヨロシクね!

投稿: タケちゃん→のんさん | 2009年3月14日 (土) 08:32

おつかれさま、長かったようで、短いようで…やっぱり色んなことがあって18年は長かったのかな。
私はお腹にいるときに障害もって生まれてくるのがわかってたから、帝王切開で先生が取り出して、弱弱しくも産声聞いたとき、
「あぁ、なんの罪もないこの子の人生が始まってしまった。」って
思ったよ…。
生後すぐに数回の手術や自分の3時間おきの搾乳、帰宅後も週一で遠い大学病院への通院。毎日5回のボイタ訓練。自分の母としての自覚も育たないうちに、毎日怒涛のように通り過ぎていった気がする…18年後の姿なんてとても想像つかなかったよね。

でもりょうちゃんも携帯忘れたもえちゃんをとったに追いかけていくなんてなんかとっても感動したよーー!りょうちゃんはやっぱりとっても優しいんだね。

みんなホント純粋。誰かをだまそうとか、損得をはかりにかけるなんて黒い部分なんてないんだよね。
先に逝くことになるだろう親からしてみれば、
子供達、それぞれが自分なりの幸せみつけてその子なりの充実した人生が送れることが親としての願いです。

投稿: Koni | 2009年3月18日 (水) 10:26

>Koni

お互いに、18年、あっという間だったようにも感じるけど、思い返すといろんなことがあったよね。

私は初めてKoniと飲んだ日のこと、すごくよく覚えてるんだよ。
まだお互い「○○さん」って呼び合ってた頃。
夏休みに子どもたちのお泊りがあって、その夜、母親たちみんなで飲みに行ったとき、子どもの障害がわかったときの話になって。
「私はおなかにいるときに子どもの障害がわかって、階段からわざと落ちてしまおうかと思ったこともある」って言ってたKoniのことばが忘れられなかったんだ。
その後も、入院して休会したり、いろいろ大変だったよね。
きっとあの頃は無我夢中で、大変って思うヒマすらなかったと思う。
でも、今すっかり立派に育ったみーちゃんを見ると、ホントによくやったね!って思う。
普段、まさやんの話とか恋バナばっかりしてるけど、あらためて考えると、Koni、よくがんばったよ!(今さら?笑)

子どもたちもこれから社会人になって、だんだんと親から巣立って行くけど、とにかく元気で、彼らなりの充実した人生を歩んでほしいと思うし、ずっと応援していきたいね。
それには私たちもなるべく長生きしないと。
それには私たちもおおいに恋をして、おおいに人生を楽しまないと。
それにはまさやんにたくさん会って・・・・・・・・・・・・・・(以下省略)

投稿: タケちゃん→Koni | 2009年3月18日 (水) 17:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/44313514

この記事へのトラックバック一覧です: 最後の卒業式:

« 学習して下さい! | トップページ | 男のやさしさとは »