« 洗脳作戦進行中 | トップページ | 今期のドラマ(09.4~6月) »

2009年6月 1日 (月)

最後の親バカ運動会

カ・・・カラダ中が痛い~~~!!!
そう、覚悟はしていたけど、昨日の綱引きのせいです。

昨日はモエの小学校最後の運動会でした。
もともと運動会大好きな私ですが、最後とあれば保護者競技には絶対に参加しなければ。校門で役員さんが配っていたハチマキの最後の1本をなんとかゲットしました。
我が家はみんな形から入るタイプなので、モエの組の色に家族3人のTシャツの色を合わせます。
私は、モエが赤組のときはアンの韓国代表Tシャツ、青組のときはマリノスユニ、黄色組のときはタイガースユニ。去年から赤白の2組になって、今年モエは白組なので、買ったばかりの中島クンのフェイスTに決定。モエは「ママ、それ着るの?」と不満気な様子でしたが、「まさやんの顔が入った白いTシャツもあるけど・・・」と言ったら「イヤ、中島クンでいいよ」と・・・(どういうことよ?)。

Dscf5043b_2
↑野球少年には好評でした♪


保護者競技の綱引きは子どもたちの点数には関係ないのだけど、それで勝ったほうの色の組が優勝するというジンクスがあり、けっこうプレッシャー。しかし!Tシャツの“ナカジパワー”のおかげで?見事我々白組が2連勝しました!親たちも楽しんでやるどころか真剣そのものでした。
てっちゃんとリョウヘイは生徒たちと保護者と地域の人たちが協力して行う「大玉送り」に参加。これも白組が勝ちました。

モエは応援団で、応援合戦、エールの交換などがんばっていました。徒競走は惜しくも2着だったけど、騎馬戦は勝ちました。
各学年の“演技”は楽しいです。1、2年生はまだ本当にかわいいし、3、4年生ぐらいになるとだんだん難しいダンスとか組体操とかも上手になってきます。そして5年生以上になると私の運動会の楽しみであるイケメン君探しが大変(笑)

6年生の演技は「ソーラン節」の踊りです。これは毎年、6年生が運動会、市の体育大会、文化祭で披露するもので、年によって少しずつ踊りのアレンジは変わるのですが、なかなか迫力があって楽しみなのです。
モエにしつこく言っておいたんです。「踊りっていうのは、ちょっとでも恥ずかしがっちゃダメ。足を開くところは思いっきり開いて、動きを大きく!」って(アンタが踊りを語るな!)。
そしたら本番では、ちゃんとダイナミックに一生懸命踊っていて、私ちょっとグッときちゃいました。
以前も書いたのですが、このソーラン節はリョウヘイが6年生のときにももちろんあって、リョウヘイもみんなといっしょに、お友だちを見ながら一生懸命踊っていました。ウチの小学校では卒業する直前に「巣立ちの会」という先生と生徒と保護者の親睦会みたいな会があるのですが、リョウヘイのときには私たち親が、このソーラン節を踊ったのです。事前に何度も、子どもたちには内緒で夜学校に集まって練習しました。当日、商店街のハッピを借りて、母たちがそれを着て踊ったとき、誰からともなく子どもたちもワーッとこちらに来て、親と子みんなでもう一度踊ったのは、今から6年以上前のことです。
そのときモエはまだ保育園児で、夜の母親のソーラン節の練習にいっしょに付いてきて、私の踊りを見て「ヘンなの~」と笑っていました。
そんなおチビだったモエが、今度は自分がソーラン節を踊る学年になったなんて、時が過ぎるのは本当に早いものです。

そのモエの最後の運動会は、ジンクスどおり、親たちの綱引きで勝った白組が優勝しました。モエはとっても喜んでいました。負けた赤組もがんばりました。
今年の運動会はなんとなく感無量でした。最高学年になって、低学年の面倒を見たり、準備や後片付けをしたり、いろいろな係の仕事をこなしたりしながら、応援や競技、演技をがんばった6年生。モエが小学校に入るとき、「また6年間運動会やるのか~~」と思いましたが、もうこれでいっしょにお弁当食べたり思いっきり親バカに応援できるのも最後なのかな~と思うと、ちょっと寂しいです。みんなも、ママたちも、お疲れ様。

でもママは、モエが中学生になっても、運動会のイケメン君探しだけはがんばるからね~~!!!






|

« 洗脳作戦進行中 | トップページ | 今期のドラマ(09.4~6月) »

コメント

タケちゃん。そのオチはないよ・・・・・
せっかく感動してたのに。


ソーラン節のあたり、思わず涙がこぼれてしまったよ。
モエちゃんとは会ったこともないんだけど、子どもの成長の力強さと、大変なこともある中で楽しみながら子育てをしてきたタケちゃんのことを考えたら、なんだかホロリと。
しかし、ずいぶんTシャツにこだわったんだね。
タイガースユニも登場したとは、モエちゃんもさぞや恥ずかしかったでしょうよ(笑)
年頃の女の子だものねぇ。

それにしても、中学生のイケメン君探しもしちゃうんだ・・・

ちょっと羨ましいかも。

投稿: りょう | 2009年6月 1日 (月) 20:51

わかるわ~~。タケちゃん。
ウチも今年が最後の小学校の運動会だもん。
一緒に親子でおべんと食べるのも、もうないんだよねー。ぐすん。
アタシも張り切って、親子競技は参加するよ!
だって漏れなく「ゴミ袋」を参加賞でもらえるんだもん。
夫婦で毎回、参加してるわ。大玉送り。
ソーラン節かー。そっちは6年生なのね。ウチは5年でやったよ。
すごく張り切って、頑張ってたなー。うるうる。

中学は中学で、オトコの子がなかなかイケメンになってるので、
母としては見所満載ですよ!
考えてること、一緒だったりしてーーー!

投稿: 月ママ | 2009年6月 1日 (月) 21:27

>りょうちん

あれ?失敗した?せっかく感動してくれたのに・・・?
でもね、りょうちん!イケメン君探しは中学生からが本番なのれすよ!!!
少年と青年の中間っていうのがまたイイのよ!楽しみ~~!!!
なんとしてもモエは共学に入れるわっ!

ところで・・・。
りょうちんが子どもの成長のことや、母の気持ちをそういうふうに考えられるっていうのは、もちろん性格もあるけど、仕事柄もあるのかな?なんか嬉しいよ。
私もさ、リョウヘイの障害がわかった当時はマジで死にたい!って思ったこともあったけど、でもやっぱり死ねないし、どうせ生きていかなければならないなら、楽しく生きていかなきゃソンだ!って思ったんだよね。
私がこんなふうにミーハーになったのはリョウヘイのせいかもしれないね・・・(違?)

投稿: タケちゃん→りょうちん | 2009年6月 1日 (月) 21:56

>月ママさん

そうか、月ママさんトコの下のお子さんも小学校最後の運動会かぁ。
時にめんどくさい・・・と思ってたいろんな学校行事も、最後だと思うと寂しいね。
保護者競技の参加賞「ゴミ袋」なんだ、いいなぁ~!
ウチの学校はお名前ペンだった。すでにモエに取られたし。

ソーラン節って、全国の小学生がやることになってるのね!
ほかの所のも見てみたーい!
男の子のソーラン節はダイナミックでカッコいいよね。

そうそう!中学生のオトコの子って、小学生のとき目立たなかった子がけっこうイケメンになってたり、急に身長が伸びてたりして、またそれはそれで見どころ満載!

しかし女親って考えることは一緒なのね・・・(笑)


投稿: タケちゃん→月ママさん | 2009年6月 1日 (月) 22:08

私もね、教員やってた頃に学生たちに常々言ってたことのひとつが「楽しむ力をつけよう!」だったの。卒業前日にも改めて、みんなに伝えた言葉のひとつ。
まさにタケちゃんと同じで、どうせやらなきゃいけないなら楽しんだ方がトクだもんね。

子どもの成長や、お母さん方のことへの考え方については、う~ん・・・仕事柄そういう思考になったのかな。かもね。よくわからん。

教員やってても、介護やってても、人間の可能性ってものをものすごく感じるの。特に教員の頃は、どんな学生でも「学生の力を信じる」というのが私の中で決まっていることで、信じて待っていると、本当にすばらしいものを見せてくれるんだよ。で、何度となく驚かされて、感動させられたの。
そういうので、基本的に「人ってすげー」ていうのが私の中にあるのかな。
だからなのか、「子どもってすげー」って思うし、「お母さんてすげー」って思うんだよね。

あとは、前にも言ったことあるけど、タケちゃんの文章って、字を目で追っているだけなのに、映像が頭の中に浮かぶの。大玉転がしをしているリョウちゃん、てっちゃんや、大声を出して応援団として頑張っているモエちゃんとかが。その映像に、字のナレーション、みたいな感じなんだよね。おわかりいただけるかしら。
だから、タケちゃんのブログを読んだ後って、ひとつのドキュメント番組を見た後のような感動があるんだ。


あ、褒めすぎた。

投稿: りょう | 2009年6月 1日 (月) 23:55

>りょうちん

そうだよね。同じことをやるのでも、「イヤだなぁ・・・」と思ってやるよりも、「どうせやるなら楽しんじゃえ!」と思ってやったほうがいい。
実際やってみて楽しめたかどうかは別として、そういうふうに気持ちを持っているだけでも違うと思うもん。
それに、まさやんや、五十嵐クンや、中島クンとか見てると、本当にまず自分が音楽やバスケや野球が大好きで楽しんでいるからこそ、私たちを楽しませたり感動させたりできるんだと思うのよね。
「楽しむ」って大事なんだね。

あと、りょうちんの書いたものを読むと、学生さんや利用者さんや子どもたちに対しての「信じる」気持ちっていうのがすごく伝わってくる。
自分の子どもですら信じるのが難しい時って多々あるけど、そういうときりょうちんの文章読んだりするとハッとさせられるの。
自分のことで精いっぱいなことが多いこの世の中、「人を信じる」ってすごいことだと思うよ!


あ、褒めすぎた。(笑)


投稿: タケちゃん→りょうちん | 2009年6月 2日 (火) 07:36

運動会おつかれ~^^
綱引きは燃えちゃうよね!そして全身筋肉痛なるなる☆
ソーラン節は感動するね!モエちゃんのダイナミックな踊りみたかったなぁ。
ちゃんと踊ると子供でもハァハァしちゃうもんね。
うちもエリナが6年のときの運動会はジーンときちゃった。
小学校最後の…ってなんか感慨深いものがあるよね。
あれ?もしかして運動会に双眼鏡持ってったりした?(笑)

投稿: Koni | 2009年6月 3日 (水) 12:49

>Koni

運動会の朝、「ママ、双眼鏡持って来るのはやめてよね!」とモエに釘を刺された(笑)
モエの同級生はみんな知ってるし、あとは下級生しかいないからいいか・・・と思って双眼鏡持って行かなかったんだけど、あとで聞いたら、ひとつ下の5年生に転校してきた大人気のイケメン君がいたらしい!!!すごーく悔やまれるわ(笑)

エリナちゃんも「ソーラン節」上手そうだけど、リョータクンもカッコよさそう♪

小学校最後の運動会が終わって、モエより親のほうが寂しがってるよ~~。

投稿: タケちゃん→Koni | 2009年6月 3日 (水) 16:12

イケメン君探し・・・(笑)
中学校はさらに楽しいですよぉ~♪
どなたかがコメントされてたけど,「少年と青年の中間」!いいわぁ(危)
でね,この間出先から帰ってきたら家の前に白いシャツが二つ。
今日は娘が彼氏と一緒に帰ってくる日だった!どーしたらいいんだろ,
化粧はげてないかしら,髪ぼさぼさじゃないかしら,なんて言おう・・・!
で,「母です」「あがってお茶でも飲まない?」「今度ゆっくり遊びにおいで」かなんかしゃべって,家に入りました・・・緊張したぁ,母は。
彼氏はやはりすごくかっこよく,生まれ変われたらこんな彼氏のいる女子中学生がいいなと真剣に思いました。はぁぁ~
一緒に帰ってくる日は家の前まで送ってくれて,しばらくそこでしゃべってるので,いつもはカーテンの陰からこっそりのぞいて「あぁかっこいい~かわいい~」と癒され,充電完了!してます。危ない??

投稿: こめ | 2009年6月 5日 (金) 09:37

>こめさん

こめさん、アブナイ!!!(笑)
・・・けど、その気持ちすっごくよくわかりますよぉ~!!!

お嬢さんとまさやん似の彼氏、相変わらず仲良しなのですね!
私までドキドキ!
娘の彼氏に会うのに緊張してお化粧気にしちゃうママ・・・かわいい!
私も絶対そうなる・・・。彼氏を家にあげてお茶なんか出して、緊張で逆にしゃべりまくってしまいそう・・・。娘に「ママ~もういいから!」とか言われそう・・・。
まぁモエもそれくらいカッコいい彼を連れて来てほしいもんだわ・・・。

カッコいい彼氏にかわいいママ。お嬢さん、幸せですね!
タケちゃんも陰ながら応援してますよーーー!!!

投稿: タケちゃん→こめさん | 2009年6月 5日 (金) 14:48

うるっときました。
懐かしい あの頃ですね。
もうあれから6年 そして 入学から12ねんですものね。
あの時のそうらん節の練習の時のもえちゃん
かわいかったななあ~
てのひらを大きく開いて 口の前に持っていき
必死で 笑うのをこらえてた。 
相当不気味な私たちだったのでしょう。
二つにわけて ゆわいた髪の毛のちょんちょりんが
今でも 忘れられないです。
そうね もう ご自分が 踊るまでに成長されたのね。
私も 感無量です。 自慢だけど
もえちゃんが お腹の中にいる時も知ってるんだから!!

投稿: ちいちゃん | 2009年6月 8日 (月) 09:03

>ちいちゃん

ホント懐かしいわね~~~
まだ保育園の制服を着て、多目的室の棚の中にすっぽり入って私たちの必死の踊りを見てたっけ・・・
あれから6年。モエが踊る年齢になったなんてね。
しかしあのときは私たちもがんばったよね!

私たちの初めての出会いのころはモエが私のお腹にいたんだもんね~~。
そのあと生まれてからはカゴに入れて学校に持って行ってたっけ(笑)
モエはAクンの同級生たちとそのママたちみんなに可愛がられて育ったのよ。それが自慢です!

投稿: タケちゃん→ちいちゃん | 2009年6月 8日 (月) 15:42

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 最後の親バカ運動会:

« 洗脳作戦進行中 | トップページ | 今期のドラマ(09.4~6月) »