« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月28日 (木)

絶対元気!

今日、リョウヘイは職場の旅行で、「スパリゾートハワイアンズ」というところへ出かけて行きました。
お風呂もプールも大好きなので、きっと大喜びしているでしょう。「ハワイのチョコをお土産に買って来てね!」と頼んだけど、わかってくれたかな?
送りに行ったら、お母さんたちはこのときとばかりに旅行に行ったり買い物に行ったりするらしく、楽しげでした。

さて、ここのところリョウヘイのことでアタマを悩ませていることといえば、私の入院期間にリョウヘイをどうするかということです。
もしサイバーナイフでいいということになれば2~3泊の入院で済むと思うのですが、開頭手術となれば一か月ぐらいの入院になるとのこと。その間てっちゃんだけでは無理だし、ジジババももうトシとっているので、一か月リョウヘイの面倒を見てもらうことはできないでしょう。そうなるとリョウヘイをショートステイという形でどこかの施設に預けることになります。健常の子ならば今頃大学生だから「モエを頼むね」って言えるんだろうけどねぇ。
ショートステイの際、そこでも日中過ごす場はあるのですが、できれば普段と同じようにいつもの職場に通って好きな調理の仕事をさせたい。でも、ショートステイ先から職場までひとりで通うにはまた何週間かの練習が必要ですし、私やてっちゃんが尾行などする時間もありません。

役所のケースワーカーさんに聞いてみたら、親身になっていろいろなサービスを探して紹介してくれました。職場の職員さんたちも、自分たちが通所のための練習をしてあげられるかもしれないと言ってくれました。
また、職場の先輩たちや同期入所のママたちもとても心配してくれて、みんなで考えてくれて、昔通っていた訓練会の先生に相談してくれたり、「私たちが交代で送り迎えするよ!」と言ってくれたり、ご主人にまで頼んでくれたり・・・訓練会の先生も「遠慮しないでいつでも言って!お役に立てるなら嬉しいから!」と言ってくれて・・・。
みんなの気持ちが本当に嬉しくて、涙が出ました。感謝の気持ちでいっぱいです。
こんなとき、小さいころから通っていた訓練会や、学校時代のママ友、そして今の職場の先輩ママたちとのつながりは、私たちにとって宝物だなぁ、と思います。

先日、訓練会時代いっしょだったママ友が亡くなってしまいました。たぶん私と同い年くらいだと思います。
障害児仲間で、病気で亡くなったママ友が3人います。子どもによるストレスが直接の原因ではないと思いますが、子どもに障害があることで、家族、特に母親は大変なことが多いのも事実です。もちろん、子どもが健常であっても、精神的に大変なことはいっぱいあると思いますが、子どもに病気や障害があると、実際に親の肉体的負担が大きいと思います。

でも、だからこそ、親が元気でいること、これが一番です。
映画「マラソン」のお母さんの願いのように「この子より一日だけ長く生きる」ことは無理だとしても、リョウヘイとモエが自立して、安心して死ねるまで、絶対元気でいる!がんばって早くよくなるぞ!と心に誓っている私です。

そのためにも、やっぱりまさやんに会うことは必要不可欠・・・?





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月19日 (火)

脳外科のドクター

昨日、「経口食道造影検査」の結果を聞きに行きました。
特に異常はなかったとのこと。

脳腫瘍のためにある日突然何も飲み込めなくなって、自分の唾液さえ嚥下できなくなったという方のブログを拝見したら、飲み込みができないということは壮絶な苦しみのようです。ずっと、何か月何年も口から物を食べることができず、苦しいリハビリを経て、今はやっと柔らかいものなら食べられるようになったそうですが、そのリハビリたるや、本当につらそうで、読んでいるだけで苦しくなります。

私の腫瘍はこの飲み込みの神経のすぐそばにあるようなので、その神経を傷つけないように腫瘍を取ることが最大の難関なのだとか。もちろん顔面神経などもそうですが。

お医者さんはみんなすごいけど、特に脳外科のドクターってすごいなぁと思います。
脳ですよ、脳。人間のすべてをつかさどっている脳をいじるわけで、しかもそこは、まわりには大事な神経やら血管やらがたくさんある場所。ひとつ間違えると、死に至るか、生きてはいてももう自分ではなくなってしまう・・・。
だから、技術はもちろん、精神的にも肉体的にも強くなければ脳の手術なんてできないんじゃないかな。集中力もハンパじゃないんでしょうね。例の「神の手」と呼ばれる福島孝徳先生などのオペをテレビを見ても、すごい緻密さですもんね。それで十何時間のオペをいくつもやるなんて、並のタフさじゃないでしょう。


先日、「医者が末期がん患者になってわかったこと」という本を読みました。
著者の岩田隆信さんは、脳外科医でした。患者に慕われ、腕も確かで、大学病院でこれからを期待されているドクターでした。
その人が、自分が悪性脳腫瘍にかかってしまったのです。今まで脳腫瘍患者を何人と治し、また見送ってきた当人が、脳腫瘍になって初めてわかった患者の恐怖やつらさ、家族への思い、医療の抱える問題点、そして仕事への情熱・・・そんなことが書かれた本です。


51fbbjwx39l__sl500_aa240__4   


医者だから自分のこれからがわかってしまうからこその苦しみ。それでも彼は、最後まで仕事に復帰したいと願っていて、その気持ちがそこここに表れていて、胸を打たれました。やっぱり男の人は違うなぁ・・・(もちろん女性でもそういう方は多いと思いますが)。

「チームバチスタの栄光」などでも描かれていましたが、医者の職務がハード過ぎるということが問題になっています。特に大学病院などでは、患者を診ることのほかに相当な仕事量、そしてストレスがあるのでしょう。
でも自分が元気でないと人を元気にすることは難しい。
「医者の不養生」と言いますが、お医者さんは特に健康であってほしいとつくづく思います。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月18日 (月)

「炎の背番号19」逝く・・・

日本ハム投手コーチの小林繁さんが心不全のため、昨日の朝死去されました。

残念で残念でなりません。

私が阪神ファンになったのは、まさに小林さんが例の「空白の一日」事件で江川とトレードになって阪神に来たあの年です。あのときのことは今でもとてもよく覚えています。
それまでは、好きだった江本さんが投げるときは応援していたけれど、特に阪神ファンというわけではありませんでした。
でもあの年、小林さんがあんな形で入ってきて、さらに田淵さんとのトレードで真弓さんや若菜さんが入ってきて、イケメン度がアップした阪神。私は熱狂的阪神ファンとなりました。
・・・と、あくまで見た目から入るヤツですみません。でもたぶんそれは単なるきっかけで、小林さんの「巨人には絶対負けたくない!」というあの気迫とプロ意識が、阪神を熱狂的に応援する私にしたのだと思います。
当時、阪神タイガース日記をずっとつけていました。
そのたびに私も、「巨人にだけは絶対に負けたくない!」と書いていました。

小林さんは水嶋ヒロ似の甘いマスク。トレードの会見での男らしくプロスポーツ選手らしい発言もカッコよかった。当時まだ25か6だったはずだけど、大人の対応をしました。
細い身体で巨人から無傷の8連勝、22勝をマーク。2回目の沢村賞を受賞しています。ダンディで実力も十分、人気がないわけがありません。投げ終わるときに帽子が飛ぶあの独特の投球フォームはみんながよく真似していました。
当時は巨人が、そして江川が大キライでした。ラインバックが江川からホームランを打ったとき涙を流したのを覚えています。

でも、昨日、江川さんの話を聞いていたら、やっぱり江川さんも苦しんでいたんだろうなぁ・・・と思いました。「怪物」と呼ばれるルーキーがいきなり「ダーティー」なイメージのプロ野球選手になってしまい、そのイメージはどんなに活躍しても、イヤある意味活躍すればするほど、ずっと消えなかったのでは・・・。小林さんは小林さんで、ずっと「悲劇のヒーロー」と言われ・・・。ふたりとも、ずっとあの日のことを背負ってきたのかなぁ・・・。
お酒のCMでふたりが共演したときは、郷ひろみと松田聖子がデュエット曲を出したときより驚いたけど(笑)、あれがきっかけで江川さんが謝罪のひとことを言えて、和解できたのなら、よかったと思います。

小林さんは岩隈さんや糸数くんを指導した人だそうで。まだまだこれからというときに本当に残念です。

でもあの頃の「炎の背番号19」を私は絶対に忘れません。

ご冥福をお祈りします。





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年1月13日 (水)

経口食道造影検査

Y市立大のK教授から、「検査を受けて2月15日の入院時に結果を持ってくるように」と言われていた、「嚥下機能」の検査をS大学病院に受けに行きました。「経口食道造影検査」というもので、バリウムを飲んで、それが飲み込まれて喉から食道を通って胃に落ちていく様子を写す検査です。
今は特に飲み込みに違和感とか不都合を感じていないんだけどな・・・。

前の晩の9時以降は何も食べてはいけない、12時過ぎたら飲み物もダメ、と言われていました。普段私はあまり水分を取らないほうですが、ダメと言われると喉が渇きます(笑)

バリウムを飲むのは初めてでした。
胃の検査の場合はあの数倍の量を飲んで、しかも発泡剤が入っているんでしょ?それでゲップしちゃダメとか。うわ~無理だ。今日はゴクッと一口を数回飲んだだけなので大丈夫でした。その後全然トイレに行きたくなくて焦った~~。おなかの中で固まっちゃったらどうしよう!って。

検査は10分ぐらいで終わっちゃったかな。思っていたよりラクでした。
18日に結果を取りに行きます。

それにしても、ここ最近、腫瘍が大きくなっているんじゃ?と感じることがあります。
体調が悪いわけではないのですが、なんとなく左耳の後ろに違和感というか・・・ひどい凝りも感じます。あと関係ないかもしれないけど、味覚がヘンなときがあって・・・。喉の左奥に酸味がいつまでも残るんです。何でも結びつけちゃってるのかもしれないけど。
早くモエの受験が終わってさっさと検査入院したい気分。怖いけど。

つくづく、病気というのは、ほとんどはメンタルの問題なんだと思います。
病気で実際に身体がつらい方もたくさんいると思いますが、私の場合は身体は元気。とにかく精神的につらいです。
でも、精神的に負けてはいけない。
「病は気から」と言います。もちろん「気」だけではどうしようもない場合もありますが、やはり「気」は大事だと思います。

絶対に負けるもんか!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月 3日 (日)

年賀状

年賀状・・・1日に着かなかった方、すみません・・・。今年は私にしては早く準備したほうなんですけどね~。

最近はパソコンで作る年賀状や印刷の年賀状がほとんどで、手書きのものがなくなってきて寂しい・・・と世間でよく言われていますね。
我が家の年賀状もパソコンで作った家族の写真入りです。
家族写真の年賀状は賛否両論ですが、私は写真の年賀状、けっこう好きです。
特に普段あまり会えない友人の年賀状の写真で、「何よ~この風景海外じゃん・・・いいなぁ~」とか、「お!○○クン、イケメンになったじゃない!!!」とか、近況がわかるのは楽しいものです。それから好きな人の写真入りの年賀状もすっごく嬉しい!!!

私なんか毎年友だちから「よく自分の写真載せるな!」とか言われるんだけど、ホントは私だって自分の写真は載せたくないんです!でも、私には親戚のオジサンオバサンが多くて、みんなもうトシなので、姓が変わった私の名前(もうン十年たつんだけど)だけじゃ誰からの年賀状かわからない人がいるんですよ!
で、てっちゃん宛てに返事くれたりするトンチンカンな人もいるもんだから・・・。
さらに口の悪い友人からは、「オマエの写真、一番よく撮れたヤツを修正してんだろ!」とか言われますが・・・当たり前じゃん(笑)
まさやん仲間には毎年まさやんを載せた年賀状を送っていたけど、年末に何種類も作れなくなって今年は結局我が家の年賀状を送ることになってしまいました。ゴメンネ。


ところで、コレ↓はナカジからの年賀状です♪
しっかり元日に届きました!ちゃんと私の宛先と名前と、差出人にナカジ本人の名前が入って郵便で届いたのがなんだかウレシイ♪

0005_3  B_2 


そしてコレ↓が今日届いた会報に入っていたまさやんからの年賀状。

Photo_2

シ、渋いな、オイ・・・
さすがウィスキーが似合う男!って感じです。
まさやんの年賀状は毎年とっても楽しみ!
嬉しいですよね!!!さっそく飾ろうっと!


ところで我が家では、年賀状を作るのは毎年なぜか私の役目になっています。いくら写真の印刷でも、必ずひとことは書きたいのですが、年末の主婦は忙しくてなかなか書けないのです。それなのにてっちゃんは私が仕事をしている間に、私がやっと作り上げた年賀状に自分だけさっさとひとこと書いちゃって、「じゃ年賀状出して来るね~」って・・・。てっちゃんの年賀状はちゃんと元日に届いているらしいです。
それで毎年ケンカになるのです!なんか納得いかないんだよね!
まぁもっと早く始めればいいんだけどさ・・・。

今年の年賀状は25日までに出せるようにがんばります!!!





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

A HAPPY NEW YEAR~!!!

あけましておめでとうございます。

2010年になりました。

今年はどんな年になるのでしょうか。

今日は、のんびり起きて、お雑煮を食べ、近くのお寺に初詣でに行きました(近所には神社もあるのですが、このお寺にはモエが通った保育園があるので・・・)。
お参りして、おみくじを引いて、お守りを買って、おしるこを食べました。

おみくじは、てっちゃんと私が大吉、リョウヘイとモエが吉!
幸先いいです!私は今年、3つのお願いが一度に叶うらしいです。3つのお願い・・・どうしようかな!年末ジャンボ宝クジもかすりもしなかったから、お金持ちになれるように・・・とお願いしたいトコだけど、やっぱりアレとアレとアレにしよう!

帰ってからはサッカー天皇杯!
モエはハユマのいる名古屋を応援してたけど、結果はガンバが優勝。やっぱりガンバのほうが力があったかな。うーん、ヤットはすごいね~~~。
あ~あ、来年の今日はマリノスに国立にいてほしいなぁ。

これから昨日の紅白で見逃した人を見ようと思います!レミオロメンとか清史郎クンとかファンモンとか。
てっちゃんが、石川さゆり、絢香、ドリカムがめっちゃ歌がうまかったから紅組が勝つ!って言ってたけど、残念ながら白が勝ちました。嵐と永ちゃんが出たからね~~。福山ちゃんも来年の大河の主演だし・・・。ってか永ちゃんって紅白断ったんじゃなかったっけ?モエが永ちゃんのせいで嵐の話が途中になったって怒ってた(笑)
しかしやっぱり私は紅白といえばサブちゃんだわ~~~(笑)うますぎる!

とまぁ、毎年変わらずの年末年始です。

今年もどうぞよろしくお願いします!!!





| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »