« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月26日 (金)

もうすぐ春ですね~♪

フィギュア女子の報道はこの間からずーっと食傷ぎみですが、今夜もやるんでしょうね~。もう見ないっと。

真央ちゃん銀メダル、おめでとう!・・・と言っていいのかなぁ。私は立派だと思いますが。
男子も4回転やらなかったライザチェックが金メダルだったし、そのような評価傾向にあることは当然承知の上で、4回転やトリプルアクセルなどの高度な技を磨き、果敢にトライする高橋選手や真央ちゃんに拍手を送りたいです。この今の採点方式である以上、キム・ヨナの作戦勝ち。そして、あの流し目とかの“表現力”はあんまり好きじゃないけど、それでも韓国の期待を一身に背負って、プレッシャーの中完璧な演技をしたキム・ヨナもやっぱりすごい選手だと思います。ショートの007は確かに見ていて楽しいし振付もカッコよかったもんね。
でも・・・。フィギュアはバレエなどと違って、れっきとしたオリンピック種目の「スポーツ」なのだから、得点を決める要素の一番目はやはり「技の難易度」であってほしいなぁ。これは負け惜しみじゃなく、以前からずっと思ってます。

ところで話は変わって!
「グッド・バイ」のまさやん、かわいすぎじゃないですか!?
ちょうどそれを見る直前に、「SALUS」という東急沿線のフリーペーパーに「月とキャベツ」について載っていて、「まさやん、若っ!かっこいい!」と思っていたところだったので、あのおっさんっぽくてダメダメなまさやんを見て笑ってしまった!でも、そこがかわいいのです!あの若さとかカッコよさを必死でキープしようとしないトコがまた潔いというか・・・(笑)
演技も相変わらずな感じでよかったです♪そこここに、「あ、今の言い方かわいい~!」「私も言われた~い(笑)」などという場面があって、そういう場面の発見も楽しい。そしてまさやんの音楽はああいう雰囲気に合ってます。
他のシリーズは見てないので、映画も楽しみです。
さて、も一回見よっと。


それにしても、もう2月も終わりなんですね。冬季オリンピックも終盤、もうすぐ春です。
今月は本当に忙しくて、精神的にもしんどくて・・・非日常なことが多かった月でした。
3月4月はモエの卒業・入学もあって慌ただしくなりそうですが、春に向かって元気にいきたいです!





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年2月22日 (月)

Quality of LIfe

私の入院中に叔母(母の妹)が亡くなり、今日、告別式に行って来ました。
小さいころから隣りに住んでいて、仲良しの叔母でした。
彼女の人生の終盤は病気との闘いでしたが、彼女は「QOL(Quality of Life)・・・生活の質」を重んじて、あえていろいろな治療を拒んで来ました。ちなみに彼女の夫も息子(私がいろいろ相談に乗ってもらってるイトコ)も医者です。

“QOL”とはよく聞く言葉ですが、特に今の私には非常に関係のある言葉であり、この言葉の意味について、つくづく考えてしまいます。

私の腫瘍は、とても難しい場所にあり、全摘出しようとすればいろいろな後遺症が出ることが予測されます。先日も書いたように、顔面麻痺だったり、飲み込みができなくなったり、声が出なくなったり、まぶたが閉じなくなったり。
果たして、一時的であるにせよ、口から物を食べられなくなっても全摘出したほうがいいのか?もちろん、そうしなければ命に関わる場合は致し方ありませんが、私の場合は極端な話、「何もしない」という選択も有りなのです。もし何もしなくても、今のまま元気に、たまにめまいを感じるくらいで生活できるかもしれないのです。そのかわり腫瘍が大きくなってしまう可能性もありますが・・・。
あるいは、後遺症が出ない範囲で腫瘍を取って、経過を見つつ、再発した場合にはまたそこでどうするか考えることもできます。
全摘出した場合の後遺症についても、何か月かリハビリすれば元通りになる人もたくさんいるし、でも絶対ではないし・・・。
一番大きな問題は嚥下神経がやられることによる後遺症です。
ものを食べることは、人間にとってとても大事なことであり、大きな楽しみでもあります。
入院中だって、食べることだけが楽しみでした。食べられるというだけで、とても恵まれている患者でした。
それが、できなくなる。

実は、私の主治医であるK教授でさえ、私の腫瘍をどうするか、なかなか判断できないようなのです。医学的に言えば、腫瘍を全摘出することが最良のようにも思えますし、極力後遺症を残さないように全摘出することが脳外科医としての腕の見せ所なのでしょう。でもそれでも、多かれ少なかれ後遺症の残る可能性は高い。確かに腫瘍再発の可能性は低くなる、でも、後遺症を残してまでそれをすることがその患者の“QOL”を守ることなのかどうか。それが医者としてすべきことなのか。迷っているとおっしゃっていました。
そんな迷いを患者本人に言うなよ・・・という見方もあるかもしれませんが、私はそれを聞いてK教授を信頼できるドクターだと思いました。いくらベテランのスペシャリストだって、患者のために迷ったり悩んだりしないお医者さんなんて信じられません。

私にも答えは出せません。再発を恐れながら暮らすほうがいいのか、リハビリでつらい後遺症と闘うほうがいいのか・・・。

プロのドクターの意見はもちろん一番貴重ですが、少なくとも、「先生におまかせしますから先生が考えてやって下さい」とは言えない。
やはり最終的に決めるのは私自身なんだろうな・・・。

3月8日、検査結果を聞きに行って、それをもとに納得いくまで先生と話して来たいと思います・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月21日 (日)

バンクーバーオリンピック

バンクーバーオリンピックも前半終わりましたね~!!!
もう何十回も同じ映像見てるけど(笑)

一番の楽しみはやっぱりフィギュアなんだけど、例の國母選手のおかげでハーフパイプも真剣に見たし、カーリングもだんだんルールがわかるようになってきました!

ハーフパイプのショーン・ホワイト選手ってすごいですねーー!私感動してしまった!だって見た目はロック歌手みたいなのに、あの期待の中で最高点出すなんてすごすぎる。高さが違いますもんね。
國母選手は悪い人ではないんでしょうね。すごい不良っぽい子がリョウヘイみたいな子に優しかったりしますから、見た目で人を判断することはできないと思う。けど、TPOはあるにせよファッションはまぁいいとして、やっぱり「態度」は大事なんですよね。中高生じゃなくて一応成人だしね。そんなこともあってなおさら注目して見てました。

フィギュアは男子が終わりました。高橋選手、銅メダル、おめでとうございます!
会見でのプルシェンコとライザチェックの闘いは面白かった!
私は4回転やってほしい派だけど、結果は4回転やらない派の人が勝っちゃったからな・・・女子もキム・ヨナに有利なのかなぁ・・・。
織田クンは残念だったけど、がんばりましたね!小塚クンも4回転成功、すごい!
女子も楽しみです。

しかし!
オリンピックも楽しいんだけど、オリンピックのせいでスポーツニュースでプロ野球のキャンプ情報やらないじゃない!雄星クンはたまに見るけど・・・ナカジはどうしてるの?
木曜日の「フレンドパーク」は見ました♪ナカジ、カワイイにもほどがある!
あの観覧が当たらなかったのってやっぱ年齢のせいなのかなぁ・・・(笑)

というワケで、オリンピックの次はプロ野球の開幕をとっても楽しみにしていますが・・・
プロ野球開幕の日はまさやんに会いに行きまーーーす!



| | コメント (2) | トラックバック (1)

2010年2月20日 (土)

とりあえず退院

午前中に、てっちゃんとモエが迎えに来てくれて退院しました。

公立だからか、看護師さんたちお菓子も受け取ってくれなかったから、自分でいっぱい食べちゃった。入院中より確実に太るなぁ~。

お風呂のとき足の付け根を見たら青あざになってた。これは止血のときに思いっきり押さえていたからで、しばらくはとれないって先生に言われました。

ちょっと微熱あり。
でもやっぱり家はいいなぁ~~!!!
まだこれからいろいろと検査に行ったり結果聞きに行ったり忙しいけど、とりあえずはモエの卒業式と入学式に備えたいと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月19日 (金)

脳血管撮影検査

検査入院5日目。

いよいよ今回の入院の一番の目的である、「脳血管撮影検査」の日です。

16年前にも同じ検査はやったことがあるのですが、そのときはたぶん何か精神安定剤のようなボーッとする薬を投与されていたと思うのです。だって全然記憶がないんですもの。

この検査は、鼠蹊部(足の付け根)に局部麻酔を打ち、そこの動脈からカテーテル(細い管)を入れて、それに造影剤を流し、脳の血管の様子を撮影するものです。今は腕から入れる場合もあるようで、そのほうが患者の負担は軽くなるのですが、岸クン@Y先生によると、鼠蹊部から入れたほうがより詳しく見れるとのこと。

ちょっとヘンな話なんですが・・・。
鼠蹊部から管を入れるので、そのまわりを剃毛しなくてはなりません。
前日に看護師さんより、お風呂のときに毛を剃ってね~と言われており、お風呂の前にシェーバーを借りに行って、「どの辺まで剃ったらいいんですか?」と聞きました(16年前は看護師さんが剃ってくれた・・・それも恥ずかしいけど)。そしたらその看護師さんがどうも新米の方だったようで、ハッキリしなくて、「とにかくテープを取るときに痛いのでなるべく剃ったほうが・・・」と言うので、私はお風呂のときにほとんど全部剃っちゃったんですね。そしたらその日担当の看護師さんが慌ててお風呂に来て、「すみません!そんなに剃らなくてもよかったんですけど!」って・・・。もう遅い。「イヤ、まぁ全部剃るに越したことはないんですケドね・・・」って、なんか笑いをこらえている感じでサ・・・。

で、検査ですが。
なんか広い実験室みたいな検査室で、手術台のような狭いベッドに寝て、点滴をします。先生方は3~4人いたのかな・・・?ガラスの向こう側が撮影室だったのか、そっちにも人がいました。
看護師さんに下着をズバッと脱がされ、T字帯みたいなのをつけられたけど、そんなの何もつけてないのと同じ(笑)岸クン@Y先生、若い男の先生なんだけど・・・。ま、あっちはそんなの気にしちゃいないんだけどさ。
いよいよ岸クン@Y先生が鼠蹊部に痛み止めの注射をします。コワイ・・・どんだけ痛いんだろ・・・と思っていたら、意外に痛くなかった!手首に点滴の針を入れるときのほうが痛かったです。
そしたらすぐに「ちょっと押される感じしますよ~」と言って、グイグイ!と鼠蹊部を押したと思ったら、どんどんカテーテルが入っていくみたいなんです!意識はハッキリしているから、先生の押してる感じもよくわかるし、鼠蹊部が押されてるのも感じます。局部麻酔って、麻痺してて押してる感じもわからないのかと思った・・・。あとで岸クン@Y先生に聞いたら、麻酔というより痛み止めだから、痛いのは感じないけど押されてるのとかは感じるんだって。コワッ!

そのうち、「じゃ、検査始めま~す」という声がして、造影剤を入れたら、体中がカーーーッとして、頭がボーッとしてきました。全身がしびれる感じ。
でも、確か16年前もこんな感じになったなぁ~と思い出して、別に具合が悪くなったとは思ってなかったのだけど・・・。
途中で先生方が、「血圧下がってる!」「いくつ入れた!?」「どう?続けられる?」「今血圧どれくらい!?」「もともと彼女は血圧低いんだよね?」とか、バタバタ相談しています。
自分ではわからなかったけど、どうやら血圧が急に下がってしまったらしい。
「大丈夫ですか!?気分は?」と聞かれ、気分はいいワケないけど、ここまで来て「検査できない」なんて冗談じゃない!と思い、「平気です」と答えると、先生方、「じゃ少し血圧上げる薬入れて様子を見よう」と・・・。

結局、そのまま続行。私は気分が悪いというよりは、固定されている頭が痛かったです。それにパニック障害ぎみなので、同じ姿勢でずっと寝ているのもつらい。
それからどれくらい撮影したっけ・・・撮影するたびに目の奥にチカチカッと火花が飛びます。造影剤の通る道がわかる感じで、目をつぶっていても白い筋が通ります。
1時間半ぐらいたってやっと終了・・・ホントは1時間足らずで終わるって言われてたのだけど、具合が悪くなったせいでだいぶ長引いてしまったようです。
カテーテルを抜いた部位を15分ぐらい岸クン@Y先生が押さえて、止血しました。どうもそこに小さいビンを入れて押さえておくらしい・・・。その間、岸クン@Y先生がいろいろ話をしてくれていたので気がまぎれました。15分たったらその上に太いテープをバシッと貼られて、そのままストレッチャーで病室に運ばれました。

10時半ごろに検査に入って、病室に戻ったのは12時半ぐらいでした。
てっちゃんが待っていました。私は右足を固定されて仰向けのまま4時間安静にしなければいけないので、お昼ごはんをてっちゃんに食べさせてもらいました。
1時間して点滴が外されましたが、それからが長かったな~。その間動けなくてヒマだろうからテレビ見たり本読んだりしようと思っていたのですが、だんだん具合が悪くなって、吐き気はするわ、腰は痛いわで・・・つらかったです。腕からならこれがないのでラクなんですけどね・・・。

やっとのことで4時間がたち、岸クン@Y先生が管を入れた部分の様子を見て、動いていいことになりましたーーー!!!
その際テープを剥がすとき、「かなり痛いと思いますよ・・・・・・あれ?なんかスムーズにはがれる?肌の質なのかなぁ?」と感心していて、昨日の看護師さんがまた笑いながら私の顔を見るので、「私が思いっきり剃毛したからですよ!」と言ったら岸クン@Y先生も笑って「ご協力ありがとうございます(笑)」と言っていました。あーあ、恥ずかしい・・・
ん~それにしても自由に動けることって素晴らしいですね。

ただ夜になぜか熱を出してしまい、アイスノンをもらいました。せっかく動けるようになったのに、夕食もあまり食べられませんでした・・・。

でも、明日は退院。今夜は病院で過ごす最後の夜です。







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

珍重すべし

検査入院4日目。

今日は午前中耳鼻科の聴力検査。
検査後の診察で、左耳の聴力はもうほぼ全滅だと言われました。腫瘍を取ったとしても、もう聴力は戻らないだろうとのこと。フン、そんなことわかってたよーだ(涙)。
右耳の聴力はとてもよいらしい。そういう場合、補聴器はあまり役に立たないんですって。そ、そんな~~!ホント、何度も言うけどン十万円返して(また涙)。

しかも、耳鼻科の先生、耳の中を見るなり、「わっ!もうそこまで(腫瘍が)来てるね!」だって・・・。もう~わかってるから追い打ちかけるなっつーの!!!その上いきなり内視鏡鼻から入れられて・・・「え!コワイ!」と言ったら、「子どもでもやってるんだから!」と怒られました(笑)だって怖がりなんだもん・・・。
そして、耳鼻科でも脳外科とは別に耳のCTを撮りたいと・・・。まぁ私の腫瘍は、脳と耳のどちらの領域にも入る場所にあるんで、耳鼻科のほうでも興味あるものなんでしょう。
でも入院中にはもうCT検査が入る余地はないし、3月も予約でいっぱいなんですって。この病院、大きい割にはCTとかMRIが少なすぎるみたい。
結局退院してから3月31日にまたCTを撮りに来るハメに・・・。なんのための入院だったんだろ。病院の事情もわかるんですが、患者の都合ってものももうちょっと考えてほしい・・・。近所の病院ならまだしも・・・。
でも先生に、「3月末までなんてのんびりしていて大丈夫なんでしょうか?」って聞いたら、「まぁ急がなくてはいけないような命に関わるものじゃないからね」とおっしゃいました。ホント!?信じていいのね!?

このことを脳外科の担当の岸クン@Yドクターに報告したら、「なんで耳鼻科でCT撮りたいんだろ・・・耳鼻科の先生誰だったかわかります?先生なんて言ってた?」・・・と、なにやら不審がっていました。
脳外科と耳鼻科でちゃんと連絡取り合ってよね!!!

いずれにしても、とても珍しいという私の腫瘍ならば・・・
珍重してお姫様のように扱ってほしいもんです!!!




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月17日 (水)

白い巨塔風

検査入院3日目。

この病棟は、脳神経外科と形成外科の病棟です。私の部屋は、脳神経外科の患者は私だけです。

岸クン@Yドクターの回診はほぼ毎日ありましたが、今朝は脳神経外科の教授回診があり、K教授が見えました。
教授回診というとあの「白い巨塔」風です!
ゾロゾロと何人もの先生が付いていました。
またK教授が背も高いし、雰囲気も迫力あんだなコレが・・・。

おとといK教授の前で泣いてしまったので、「どう?落ち着いた?」と聞かれました。「はぁ・・・」と答えたけど、ホントは全然落ち着いてないっつーの!

しかもMRI検査はいつやるのか聞いたら、MRIはこの病院より詳しく撮れる最新のやつが近くの病院にあるので、退院してからそっちで撮るんだって!
えーーーっ!?MRIもこの入院中に撮れないの!?なんのために入院したんだよ~!
やっぱり今回は脳血管撮影のためだけに入院したってことか・・・。
あーんこちとら入院中のリョウヘイやモエのことをどうするかすごく大変で、やっとのことで入院してるっていうのに~!どうせなら一度の入院で全部済ませてよ!

今日はCT検査のみ。さっさと終わりました。


ところで突然話は変わりますが・・・。
冬季オリンピック。いよいよフィギュア男子始まりましたね~!
今日のショート、日本の3選手イイじゃないですか!!私はイケメン好きなのでランビエールとジュベールも応援してるんだけどね!ジュベールはかなり残念・・・。それから、プルシェンコも確かにすごいけど、ライザチェックのなめらかな美しい演技も捨てがたい・・・(スタイルがいいっていうのも大きいですね)。
でも私は基本的には、難易度の高い技に挑んで欲しいと思いますけどね!だってフィギュアは芸術性が高いとはいってもやはりバレエなどと違ってオリンピックの種目となるような「スポーツ」なのですから!

って、もうこの今日のショートも何回も見たのでプログラム覚えちゃったよ(笑)
皆さん、ぜひフリーもがんばってほしいです!






| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月16日 (火)

ヒマです・・・

検査入院2日目。

目が覚めてもう朝かと思ったらまだ夜中の12時半でした。そりゃそうだ・・・ゆうべは頭痛くて8時半ごろ寝ちゃったから。

今朝、筋電図検査というのをやりました。
耳にイヤホンを入れて、いろんな音を聞きます。寝てもいいということで、なんとなくウトウトしてるうちに終わりました。

その後、ずーーーっとヒマです!!
本を読むか、テレビを見るか、ipod聴くか、売店に行くかぐらいしかすることないもん。
もうお風呂にも入っちゃったし、オリンピックも同じ映像何十回も見たし・・・(笑)
要するに検査入院って、血管撮影検査のための入院なんです。そのほかの検査は、検査室が空いたら呼ばれる、ということで、もともと検査の予定が入ってるわけではないんです。常に待機状態で、空きが出なければただヒマなだけなのです。

動かないからおなかもすかないけど、上げ膳据え膳は嬉しいです。
私はもともと好き嫌いはないし、グルメでもないし、なんでもおいしく食べられる人。そしてこの病院の食事は味付けも悪くありません。
でもそれでも、やはり病院の食事は味気ないですよね・・・。なんかこうガツンとしたものが食べたいわ・・・(2日目でこれじゃ手術で入院したらどうなるのか・・・)。
あ~焼き肉食べたい・・・(肉食女子)。
今一番食べたいのはイチゴのショートケーキ!

・・・お家へ帰りたいよぉ・・・。





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月15日 (月)

検査入院

モエの受験も無事終わり(無事でもないけど・・・)、予定どおり、検査入院しました。

この病院、車だと家から45分くらいでした。
午後1時に入院して、2時に看護師さんから入院中の予定についての説明があり、その後担当のおひとりのYドクター(ちょっと岸クン@西武ライオンズ投手似の若い先生)から検査についてのお話がありました。

4時近くなって、K教授が見えてお話したのですが・・・。
私の腫瘍って、とにかく超珍しいんですって!!なにしろ大量に出血するし、神経にくっついているので、全部摘出しようとすると、顔面神経と飲み込みの神経はまずやられるって・・・も~わかったよぉ・・・。
そうするとかなりの間(リハビリをして口から食べられるようになるまで)、おなかに穴を開けて胃に直接食べ物を入れるんだって。それは前に聞いていたけど、たぶんそうなるってこと?そういう可能性もちょっとはあるってこと?どちらにしても、程度の差はあれど、後遺症は残るらしいです・・・。

また泣いちゃいました・・・。
K教授、泣いている私を見て慌ててもう一回飛んで来てフォローしてくれたけど・・・。

しかも一番コワイ検査の「脳血管撮影」は、腕からチューブを入れるって岸クン@Y先生(笑)は言ってたのに、K教授は「僕は“腿の付け根から派”だから変えてもらうね!」って・・・。わーん!やだよーーー!腿の付け根からのほうが患者にとっては断然負担が大きいんです・・・。

あ~ユウウツだ・・・。
山Pのようなドクターもいないし(オイ)、入院早々かなり凹んでます・・・。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年2月 4日 (木)

やっと終わりました・・・

久しぶりの更新です。

モエの受験がやっと終わりました・・・。
中学受験って、思ったより過酷でした・・・。
地獄を見ました・・・。
おおげさでなく、夜眠れないことがないのが自慢の私が、全然眠れなくて、何も食べられなくなって、夜中に吐いたりして、今日のお昼まで、ひとりになると泣いてました!

だってだってモエってば1日に受験した学校に落ちるんだもん・・・。
この学校の1回目の試験は今年は志願者が減って倍率が低かったのもあって、受かるだろうと思ったんです。ここに受かれば、2日目のチャレンジ校に落ちたとしても、とりあえず受験は2日で終わる予定でした。
しかし、予定どおりにいかないのが受験というものらしく・・・。
1日校に落ち、チャレンジ校ももちろん不合格。
3日に1日校の2回目を受験しましたが、この日のほうが1回目より倍率も高いし、モエも「1日より難しかった・・・たぶんダメ・・・」と言ってました。
今日4日、モエが第3志望校の受験に行っている間に合格発表掲示を見に行く予定でしたが、モエが「どうせ落ちてるからわざわざ行かなくていいよ」と言うので、ネットで見ました。
そしたら、奇跡的に受かってたのです!!!慌てて書類をもらいに行きました。
私としては1回目がダメなら2回目はもっとダメだと思っていたので、このまま全落ちもあるかも・・・と覚悟してました。
塾の先生もそう思っていたみたいで、今日「受かった~」と報告に行ったら、「オマエふざけんなよ~!」と言って怒られたらしい(笑)
そして夜、今日受けた学校からも合格をいただき、モエの受験は終わりました。

とにかく、落ちるというそのこと自体よりも、モエが泣いたり食欲がなかったりして、どんどん追いつめられて自信を失っていくのを見るのがつらくて、かわいそうで・・・。12歳の子どもにとってはあまりにも大きな試練だと思い、その試練を背負わせたのは私なんだ・・・と自分を責めてました。中学受験なんてしなければよかったのかなとも思いました。もちろんみんなはもっとたくさん勉強したとは思いますが、3年間、モエなりにドラマもマンガもゲームもガマンしてがんばってきたのに・・・。それなのに私は6年の夏までまさやんに夢中で、秋まで野球に夢中で、全然モエのこと見てあげなくて・・・それも後悔しました。

1日はモエの学校のクラスの友だちも受けていて、その子は受かっていたので、それもモエにはつらかったようです。そして3日4日と日程が進むにつれて、「もうみんな決まってるだろうな・・・私だけだろうな・・・」と思っちゃうみたい。

私はモエに、泣いたり落ち込んだりしてるところを見せられないので、必死に「絶対このつらい経験はモエの宝になるから!ママはいつもモエの味方だからね!」と言い続けていました。でも私もそんなに人間できてないしね・・・。そこで被害に遭うのはもちろんてっちゃん(笑)てっちゃんがホントにがんばってくれたのでできたと思います。

あーーーーーもう絶対に受験なんてヤダ!!!まぁ高校大学受験ならこんな思いをすることもないのかもしれませんが・・・。
幸いモエが進学する学校は大学附属校なので普通にいけばもう受験はありません!!!


モエが言うならともかく、私が言ってどうすんの、ってカンジですが、

「さぁ、遊ぶぞーーーーーーーーっ!!!」






| | コメント (18) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »