« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月23日 (月)

サイバーナイフ1日目

今日はサイバーナイフ1日目。

治療の時間の40分前に安定剤を飲みました。
先生の診察(現在の腫瘍の大きさや、照射の強さなどの確認・・・意外にもまだ腫瘍は2cm近くあって、少しショックでした)のあと、いよいよまさやんのCDを持って治療室へ。
CDはさんざん考えたあげく「ドミノ」にしました。バラード系の曲が多いものにしようと思っていたのだけど、最終的に「初心に戻ろう!」と思って(なんなんだ・・笑)、好きになった頃のアルバムにしました。

広い部屋の真ん中に検査台とコンピューターロボットみたいな機械があり、着てきた服のまま台に寝ます。左手の人差し指には酸素量を計るセンサーがつけられ、右手にはナースコールを持たされました。それから例のネットのマスクをかぶり、固定されます。けっこうギュッと固定。いや~ん、鼻がつぶれるぅ。技師の先生が、「照射時間は25分です。途中で何度か、あと何分とお知らせします。何かあったらナースコールして下さい。知らせてくれればお話することもできるし、具合が悪くなったら途中で休憩することもできますから心配しないで下さいね」と言ってくれたので、安心しました。
そのあと5分間ぐらいで位置決めをして、いよいよ照射。
「では始めます」と言われてすぐに、「僕はここにいる」が流れてきました!けっこうな音量。私・・・なんだかすごくおかしくなって、笑うのをこらえていました。だって、まさやんが結婚してからほとんどまさやんのCDを聴いていなかったんです。なのに、なんでこんなところでまさやんの曲聴いてるんだろう。
安定剤のせいか、ところどころ聴いてなかった気がする。その間にも、放射線を照射されていたのだろうけど、何も感じず、痛くもかゆくもありません。
「苦悩のマタニティ」が始まるころに、「あと3分です」というアナウンス。昨日のKoniとのコメントを思い出してまたおかしくなりました。曲の途中で治療が終わりました。

待合室に戻ったらてっちゃんが「もう終わったの!?」って驚いていました。先生の説明では、10人に1人ぐらいは吐き気などの副作用が出るらしいけど、私は全然平気で、帰りにパフェを食べて帰りました。
ただ、安定剤のせいなのか副作用なのか、眠くて眠くて、帰ってからしばらく寝てしまいました。

あんなふうに痛くもかゆくもなく、まさやんの歌を聴いている間に腫瘍がやっつけられているなんて・・・すごい、すごすぎる。医学の進歩ってホントにすごい。
どれくらい効果があったのかはまだ終わってみないとわからないけど、普通に服を着たまま普通に音楽聴きながら、普通に終わって普通に帰れて・・・。これで腫瘍が小さくなっているとしたら、本当に素晴らしいことです。

もし今病気になった人でも、がんばって病気と闘っていれば、そのうち、今よりもっといい医療器具や機械や薬ができるのではないかと思います。初めて病気が発覚した17年前と今とでは全然違う、それを私は身をもって感じています。





| | コメント (12) | トラックバック (0)

2010年8月22日 (日)

『ハナミズキ』

「う~すべ~にい~ろのぉぉ~♪」

ええ、歌いますとも、カラオケで。
この歌、歌っててすっごい気持ちよくなるのよね(笑)


で、この一青窈のヒット曲「ハナミズキ」をモチーフにして作られたこの映画。
向井クン好きの母娘は「観に行こうね~!」って約束してたんだけど、昨日の朝「王様のブランチ」でガッキーを見てたてっちゃんが「ガッキーってカワイイ!この映画観たい!」と言い出し(堀北真希もそうだったんだけど、突然カワイイとか言い出すことが多い)、モエが部活に行ってる隙にふたりで観に行きました(モエ、当然怒る・・・『BECK』をいっしょに観に行くことで納得させる)。


【ストーリー】
北海道で母・良子(薬師丸ひろ子)と2人で暮らす紗枝(新垣結衣)は、東京の大学に進学することを夢見る高校生。若くして亡くなった父(ARATA)が紗枝へのメッセージとして庭に植えたハナミズキに見守られながら受験勉強に励む紗枝は、ある日、漁師の跡取りで水産高校に通う康平(生田斗真)に出会い、互いに恋に落ちる。やがて紗枝が大学に合格し、遠距離恋愛が始まるが……。




↓ 以下、ネタバレありなので注意です。






続きを読む "『ハナミズキ』"

| | コメント (10) | トラックバック (1)

2010年8月21日 (土)

マスク作り

昨日、サイバーナイフセンターに行って来ました。

来週の月曜日から3日間サイバーナイフを受けるのですが、昨日はそのためのマスク作りと検査でした。

「マスク」って何ぞや!?

サイバーナイフはX線の照射によって腫瘍部分のDNAを破壊し、腫瘍の成長の進行を止めるものらしいのですが、その際、健康な細胞には当たらないように、患部のみにピンポイントで照射することが何より大事です。なので、頭をしっかり固定し、動かないようにするために、その人専用のマスクを作り、そのマスクをかぶってマスクをベッドに固定するのです。

マスクはネット状の、プラスチックみたいな素材のもの。温めて柔らかくしたそのネットで顔を覆い、すぐに冷たい布をかけて冷やすと、私の顔の形のマスクの出来上がり。ほんの数分・・イヤ数秒でできます。

そのままベッドに固定されて・・・
ネット状なので息は苦しくないのですが、いろいろ話しかけられても返事もできないくらいピタッと顔に密着しています。

昨日はその状態でCTを撮りました。
CTはすぐ終わるので全然大丈夫でした。
実際の照射は30分から1時間ぐらいかかるらしいから、そんなふうに固定されてじっとしていられるか、ちょっと心配だったんですが・・・。

前回の診察&説明のときに、先生から「じっとしているの大丈夫ですか?」と聞かれたので、「苦手です。」と言ったら、「じゃ安定剤出しますね~」って言われて、精神安定剤みたいな薬をもらったんです。昨日の分と照射3日分と計4錠。
で、昨日検査とマスク作りの前に飲んでみたら、これが効いちゃって効いちゃって・・・。
行きの車の中でてっちゃんから、「ママ、なんかろれつが回ってなくない?」って言われて、「イヤ~今日モエの部活でお弁当作るんで早起きしたから眠くてさぁ」って言ってたんだけど、どうも安定剤のせいだったらしく・・・。
なんかヘラヘラ~ってしてたみたい。
私ってすっごく緊張しぃで怖がりなんだけど、昨日はマスク作るときなんか全然平気でむしろ楽しかったくらい。恐るべし、安定剤。
これなら照射するときも大丈夫だと思います。もちろん一応まさやんのCDは持って行きますけどね。あ~でも今ちょっとまさやんのことでモンモンとしてるからどうしようかなぁ・・・(笑)。


ところで、説明の際先生から、ネット状のマスクで固定するので、終わったあと顔に網み目の跡が残るけど、しばらしくしたら消えますから・・・と言われていました。
私は寝相が悪いと、枕の跡がなかなか消えなくて、「はぁ・・・トシだわぁ」といつも思ってたんだけど、昨日は編み目が30分ぐらいで消えたのです!
もしかして手術してお肌が若返ったのかしら~~~!?(ンなワケないだろ・・・)





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年8月16日 (月)

お盆休み最終日に思う・・・

てっちゃんの夏休みも今日で終わり、モエも部活が始まったので、明日からは普通の毎日に戻ります。
この夏休みは私がまだ入院している予定だったため、何の計画も立てておらず、とってもヒマでありました。まぁもともと、夏休みは大分に帰省するぐらいで、特に旅行というのもあまりしない家庭なんですけどね。

私の実家に行ったり、買い物に行ったり、横浜美術館に行ったりして終わりました。

昨日は西武ドームに野球観戦に行きました。
昨日といえばオーキャン2日目・・・。
早く退院できたし体調も普通なので、オーキャン行けたじゃん!って思ってたのですが、さすがに普段はライブを勧めてくれるてっちゃんも、今年は病み上がりだから炎天下はダメ!と言うのであきらめました。
でもね~。西武ドームも炎天下に負けてないぐらい、キツかった。西武ドームってあんなに暑かったんだっけ・・・?2年前はよくあんなトコで8時間も過ごしたよなぁ~・・・。
もう試合始まる前に倒れるかと思ったわ。
でもナカジを見たら元気になった♪
試合中もオーキャンのことは気になってたけどね・・・。


Img_0731b

↑13日から15日までの対オリックス戦に行った人だけがもらえるナカジの1000本安打記念ピンバッジ。知らないでチケット取ったんだけど・・・やっぱりナカジと私は運命の糸で結ばれてるのね♪


Img_0721b Img_0722b

↑「ナカジスペシャルBOXバージョン3」は和風。
バージョン2の中華風は入院やらなんやらで残念ながら食べられなかった・・・。

試合は西武が勝って8連勝!
ゴキゲンなタケちゃんでした♪


・・・が。

てっちゃんの夏休み最終日の今日。
いつもてっちゃんの長期の休みの初めには、「ケンカをしないようにしようね」って約束するんですが・・・。
やっちまいました。

ケンカの原因っていうのが、珍しいことに「モエの教育方針」について!こんなことでケンカしたのは初めて。
イエね、私はモエに楽しい青春時代を過ごしてほしいってずっと思っているじゃないですか。中学受験の志望校もそういう視点で考えていたんです。
勉強ももちろん大事だけど、学校行事とかクラブ活動とか友だちと遊ぶとか・・・そういう面で思い出に残る生活をしてほしいと思っているのです。私自身、勉強は全然だったけど、中高6年間で大切な友だちもできたし、苦しかった部活も貴重な経験だったし、いろいろな行事は本当に楽しい思い出になっているのです。
でもてっちゃんは、もっと勉強させないとダメだって言うの。
私も、モエの学校は附属校で大学受験がない分、何かひとつ自分の好きなことを見つけて本当の勉強をしてほしいとは思っていて、それはてっちゃんと一致していました。
でも、それは中高6年間でいろんなことを経験していく中でゆっくり見つければいいと思っているのです。今はまだ中学生活が始まったばかりで、長い通学時間、たっぷり出る宿題、体育会系の部活、女子だけの新しい友人関係・・・まだまだ慣れない毎日でいっぱいいっぱいなんだもの。
ってか、基本的に私は、中学に入ったらある程度はモエ自身で考えさせて、親はなるべく口出ししないで見守ったほうがいいんじゃないかと思ってます。
でもてっちゃんは、中学時代こそ、親がいろいろチェックしてアドバイスしてあげるべき、自分で考えられるようになるのはもっと大きくなってからだって言ってて・・・。
確かにウチのモエはホントになんにも考えてないヤツなんですけどね・・・。
そういう子に親が手を差し伸べすぎるとよけいに考えないヤツになってしまいそうな気がするんだけどねぇ・・・。うーん、でもいろんな方向性や選択肢を示してあげることは必要なのかなぁ・・・。

子どもの教育方針ってけっこう自分たちの親の教育方針が影響している気がします。
私は、親に「勉強しなさい」って言われたことがなかった。宿題だって親に見てもらったことなんてありませんでした。だから「タイガーマスクを読んで」なんていう感想文を出してしまったことは前にも書きましたが。でもてっちゃんの家はお父さんが校長先生でおばあちゃんも教師だったせいか、けっこう教育熱心で勉強には厳しかったみたいで、悪い点を取ると怒られたらしいです。
どっちがいいのかはわからないけど、これからまたモエの教育方針をめぐって意見が対立することもあるかもしれないというのは、ホントにすごく意外なことでした。リョウヘイにはこういう心配がなかったからね(笑)

まぁ、モエが「翔クン!きゃぁきゃぁ!」って騒いでいるのを見ると、「私の二の舞にはなってほしくない・・・」とは思うんですけどね・・・。





| | コメント (8) | トラックバック (0)

2010年8月 5日 (木)

高校野球シーズン到来!

高校野球の季節がやってきました。
今年の神奈川代表はあの原辰徳サンの母校、東海大相模です。神奈川の決勝で横浜高校を下しました。相模が夏の大会33年ぶりだったなんてすごく意外!
私は常々自慢しているように、横浜高校の主将だった小山クンと知り合い(まぁ本人は覚えてないと思うけど・笑)で、しかもママ友のナウシカさんの息子さんKクンが横浜高校で甲子園でも活躍したので、いつもは横浜高校を応援しているのですが・・・。33年ぶりの出場とあらば、今年は東海大相模を応援しようじゃありませんか!
しかし甲子園でこの一番暑い時期の真っ昼間の試合・・・選手はすごいですね~~~!!!イヤ、スタンドで応援する人たちもすごい。熱中症にならないように気をつけて下さいね。
でもさ、自分の母校が出てるとか、ましてや子どもの同級生が出てるとか、さらにましてや自分の息子が出ていたら、どんなに炎天下でも倒れるまで応援するよね!

ワタシのナカジは高校時代甲子園には出ていません。それでもドラフトにかかるということは、その地区でかなり目立っていたんだと思う、とナウシカさんは言っていました。エヘヘ(照)。
ナカジはドラフト5位だったんだけど、西武のスカウトさんはその素質を見抜いていたらしいです。ドラフト当時の評価はたいしたことなかったけど将来性という欄にはほぼ全員が「A」とつけていたと、以前NHKの番組でやっていました。ダイヤモンドの原石を見つけるってすごいですよね♪
でも甲子園に出ていないと、特に最近ではプロ野球中継もテレビでないので、イマイチ知名度は上がらないんだよね~。WBCにも出て侍JAPANトップの打率だったのに。やっぱり日本人って「にわか」だから、WBCであんなに盛り上がっても今覚えているのはイチローとダルとマー君ぐらいなんだろうな。西武ファンの間では、ナカジの限定記念Tシャツ発売なんかあると前日から徹夜する人もいるくらいの人気なんですが・・・。アイドル雑誌プロ野球版の「プロ野球ai」だってずーっと人気ランキング1位だし。
・・ま、ワタシも北京オリンピックまでナカジのことほとんど知らなかったんだけどね(笑)

今年の甲子園のテーマ曲はファンモンの曲だそうで。PVにマー君出てますね。ジャケットもマー君。
このファンモンというグループ・・・最初は全然興味なかったんですよ。中高生向けのアツいガンバロウソングを歌うコたち?ぐらいの認識でした。
それが、「ヒーロー」という曲のPVに私の好きな羽鳥サンが出てたので聴いてたら、なんか泣けてきて。それでアルバムも聴いてみたら、けっこういいんですよ。確かに若くてちょっと恥ずかしくなる感じもあるけど、若いがゆえのストレートさが潔いというか。歌い方もそう。ストレートでシンプル。ラップはどちらかというと苦手なんだけど(というか飽きる)、メロディー部分はしっかりしているし。なにしろ一生懸命な感じがいいですね。こういう見方をするってことは、私もトシとったってことかな。

ちょっと話が逸れました。
今年の甲子園ではどんなドラマが待っているのかな。楽しみです。

プロ野球のほうも佳境に入ってきましたが・・・
ライオンズは今一番苦しいところです。そりゃそうだ、ケガで主砲と表ローテーションの投手が2人も離脱してるんだもん。ナカジが4番でがんばっているけど、ナカジも今年はケガが多いですからね・・・。もうタケちゃん見ていて胸が苦しいッス。祈るような気持ちで見ています。
もちろん目指すは優勝だけど、悪くても3位に入ってくれれば、CSのころにはケガ人も戻ってきてくれるはずだから・・・もう少しの辛抱よ、ナカジ~~~!

・・・ところで、オリックスのT-岡田が秦クンにそっくりだと思うのはワタシだけ!?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年8月 2日 (月)

109!

昨日、何年ぶりかで渋谷の109に行きました。
正確には、飲み会のときなどにトイレにだけ寄ったりしたことはありますが、お店をじっくり見たのはホントに何年ぶり・・・イヤ何十年ぶりって感じ?
そもそも渋谷っていうところにめったに行かないし・・・。CCレモンホールとかNHKホールとか代々木体育館とか行くときぐらい。
学生のころはよく遊びに行ったものですが・・・。OL時代は渋谷に勤めていたしね。

Dscf6283b

モエが友だちの誕生日プレゼントを買うというのでつきあいました。
うへぇ~・・・なんだこれ。全然ステキな服がない。私がオバサンだから!?
若いうちは高価なブランド物の服なんか着るべきじゃないと思うし、安い服をオシャレに見えるように工夫して着るのは大事だと思う。若ければ安いTシャツだってかわいく着ることができるし。
でも・・・あまりにもTooMuchな感じじゃない?もうちょっとシンプルで学生らしいかわいい服はないの?モエにああいう服は着てほしくないんだけど~。
「SBY」という雑貨屋さんに「Pure Berry」というカフェが併設されてまして、そこでPure Shake(フローズンヨーグルトのシェーク。カルピス味を選択)を飲んで一息つきました。
そこにはメイクルームっつーのがあって、なんか女のコたちがいっぱいいて、メイクしてました・・・「ひとり10分でお願いします」って書いてあったよ・・・。ヘアアイロンとかも置いてあるみたいです。

しかしまぁ考えてみればね。
トシとって冷めた目で見ると「なんじゃこりゃぁ~」って感じだけど、あの年代の女のコというのは、髪の毛とかまつ毛とか体型とかファッション、そして男のコのこと・・・で頭がいっぱいなんですよね(ン?アタシ今でもあんまり変わってないじゃん)。子どもを大人目線だけで見ないで、同じ年代のころの自分を思い出してその上で意見することは心がけなくちゃね。
それにしてもあのファッションとメイクを好きな男のコっているのかしらん・・・。

私は木曜日のズームイン!の「バードウォッチング」のコーナーを楽しみにしていて(羽鳥サンが好きだからってのもある)、今女子高生の間で何が人気なのか、何が流行っているのかをチェックするのが大好き。
そのもの自体が好みかどうかは別として、流行を知っておくのはいいと思うし、その中で自分に合ったものを取捨選択していくことが大事だと思います。
モエが今109に興味を持ち始めているのは普通のことで、しょうがないことなんでしょうねぇ。この親の娘だし。

昔も今も、親が気に入るような服が流行するわけじゃないのよね。
そういえば、私も中高時代にスリムのジーンズとかはいてたら親に「そんな格好するな」とか言われたっけ。
そうそう、学生カバンちょっとつぶしてたら怒られたしな・・・

・・・って、いつの時代だ!?





| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »