« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月19日 (火)

やっぱり楽しい野球観戦

今日は神宮球場に東都大学野球~青山学院vs国士舘~の試合を観に行って来ました!

青山学院大学にはママ友のナウシカさんの息子さんKクン(リョウヘイの同級生のRクンのお兄ちゃん)がいます!
それもキャプテンで四番を打っているのですよ!しかもイケメン!きゃぁ~♪楽しみ!

試合前に選手のお母様方に紹介してもらってご挨拶。選手は全国から集まっているので、遠くてそうそう観に来られないお母様もたくさんいらっしゃるようですが、今日は仙台や群馬からも見えていました。自分の息子が大学野球に出ていたら絶対応援に行きたいですよねっ!!!くぅ~羨ましい!
青学の選手の中には、有名な元プロ野球選手の息子さんもいるし、卒業して現在プロ野球選手になっている方もいます。
我らがライオンズにも青学出身の選手いますよ!大崎クン、早くまた一軍に上がっておいで!

Img_0818b
神宮球場。ヤクルト対阪神の試合以来かな?

Img_0804b
入口のところに2009年侍ジャパン戦士のサインが!

Img_0805b
ナカジのサインはカッコイイからすぐわかる♪

Img_0811b
ところで、青山学院のユニはライオンズブルー!めっちゃ親近感♪
(ちなみに現在のライオンズユニはレジェンドブルーです)


スタンドには、選手の家族、大学の応援団やチアガール、プロ野球のスコアラー(スカウト)の方々、選手たちのファンとみられる女子グループ、大学のOBらしきおじちゃん、そしてちいちゃんと私のようなミーハーなオバサン(笑)・・・いろんな人が来ていました。

試合は、左ピッチャーどうしの対決で始まりました。立ち上がりは両者なかなかのピッチングで点が取れませんでしたが、4回に青学がホームランと犠牲フライで2点先制!ところが5回と8回にミスがらみで1点ずつ取られて追いつかれてしまいます。そして同点のまま延長へ。
お互いあと1本が出ませんでしたが、ついに延長12回の裏、青学がフォアボールで出塁したランナーを進めて、代打井上クンがタイムリー!!!
サヨナラで青学が勝ちましたーーー!!!やったぁ~~~!!!
私ってば関係ないくせにすごーく嬉しかったわ。


私はしみじみ、思いました。
今日で終わったプロ野球パ・リーグのCSでもそうだったけど、やっぱりスポーツってミスが命取りなんだなぁ。それから、バントや犠牲フライがきっちり打てるかとか、確実にゲッツーが取れるかとか、そういった基本のプレーがホントに大事。プロもアマもそれは同じですよね。去年、今年のライオンズ・・・そういったセオリーどおりのプレーができなかったもんなぁ・・・。などと、反省も入ったりして。

そうそう、Kクンは2安打だったのですが、その上守備でもビッグプレーがありまして。2塁に相手のランナーがいて、バッターがセンター前にヒットを打ったのですが、それをKクンがホームに好返球でタッチアウト!ナウシカさんはああいうのはどこの学校の外野手でもみんなできるって言ってたけど、ライオンズファンからすると羨ましかったです(笑)求ム、肩がいい外野手。

それにしても、スポーツをやってる青年って、みんないい顔してる。確かに青学にはイケメン君が多かったですがそういう意味とは別に・・・。
小さいころから厳しい練習を積んできて、もしかしたら苦しいときのほうが多かったかもしれないけど、それでもみんな野球が大好きなんでしょうね。
Kクンも白い歯が爽やかな、ステキな笑顔が印象的でした。

ライオンズが優勝を逃し、CSでも敗退し、ナカジはメジャー行きや結婚のウワサで、凹みまくっていた私、もう野球なんていいや・・・と思っていたのですが、今日野球を見て、やっぱり野球は楽しいな~と思いました。


・・・というワケで。
Kクンは将来モエのお婿さんに決定なのだ~~~!!!





| | コメント (6) | トラックバック (1)

2010年10月 7日 (木)

『大奥』

原作は、私が好きな「きのう何食べた?」を描いているよしながふみさんのコミックです。
発想が斬新ですごいし、これがまたよくできているお話なんですね。
男女逆転の大奥の物語。


【ストーリー】
男だけが患う謎の疫病が席巻した江戸、徳川の時代。
多くの男が死に至り、その数、実に女の4分の1に減少していた。
全ての重要な仕事に女が就き、男が体を売る男女逆転の浮世。
大奥は、1人の女将軍に、3000人の美しき男たちが仕える女人禁制の男の園だった。
貧しい家を救うため、また幼馴染との身分違いの恋を断つために大奥へ上がった水野は、その容姿と腕と侠気から昇進を遂げていくが、それは大奥総取締の藤波の策略でもあった・・・。




以下ネタバレ↓




続きを読む "『大奥』"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

凹んでる理由

9月の終わりに、サイバーナイフセンターでMRIを撮って、照射1ヶ月後の経過を聞きました。
今のところ腫瘍の大きさは変わっていないとのこと。腫瘍そのものに関しては、サイバーナイフの効果は2~3ヶ月たたないとわからないそうです(そんなの事前に聞いてないし。全然効果なかったのかと思って焦ったじゃん)。
そのときに見たかったのは他の組織に後遺症が出ていないかということだったらしく・・・それは大丈夫でした。
なので、また2~3ヶ月後にMRIを撮って、今度は腫瘍の大きさの変化を見るみたいです。
サイバーナイフセンターのT先生は、「今のところ順調です!」とおっしゃっていました。
そうかもしれません、先生的には・・・。

治療自体はうまくいっているらしいので、ありがたいことなのですが・・・。
実は私、今たいそう凹んでいることがあるんです・・・。
それは、放射線治療をしてから・・・髪の毛がおそろしく抜けてるんです!!!
まぁ、ぶっちゃけて言うと「ハゲ」ができてるんですよ。
初め、サイバーナイフが終わってから2週間ぐらいたったとき、シャンプーのときにやけに髪の毛が抜けるなぁ~と思ってたんです。それから1週間ぐらいで、10円玉ぐらいのハゲ発見。その後3つぐらい発見して・・・。
放射線だから、髪の毛が抜けることもあるだろうとは思ってました。でも、こういう形でいわゆる「ハゲ」ができるとは思ってなくて・・・。
やはり放射線というのは相当強烈なものなんですね・・・。

脳腫瘍の手術をして、放射線治療をして、いろんな後遺症が残るかもしれないって覚悟はしていたつもりでした。そして、こうしてまた野球観戦にも行けて、おいしいものも口から食べられて、ライブにも行けそうだということ、感謝しなくちゃって思ってます。
でも、いざなってみると・・・やっぱり、ショックでした。白髪もないのが自慢だったのに・・・。
今はどうにかまだごまかせるけど、これ以上抜けたら帽子をかぶらないとなぁ。

今日、Y市大病院の主治医のK先生にMRIの結果とサイバーナイフセンターの先生からのお手紙を持って行き、その話をしたら、「1年ぐらいで生えてくるよ!まぁ、暗く考えても明るく考えても結果はいっしょなんだから、それだったら明るく楽しく生きようよ!」って言われました。
1年かかるんかいっ!!!まさやんのツアーのときにはハゲてるってことね!!!
あーあ、メゲるなぁ・・・。


ライオンズがリーグ優勝を信じられない展開で逃しまして。放射線のせいじゃなくてそのストレスでハゲたんじゃないかって言われるんですが(笑)、まさやんが結婚してもハゲなかった私がそんなことでハゲるワケがないと思うのです。

でも・・・
クライマックス・シリーズで負けて私のハゲがますますひどくなったら、やっぱりライオンズのせいですからね!!!





| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年10月 2日 (土)

アナタでなくちゃ・・・

家の近くのハナミズキ並木の葉っぱも色づいて、秋らしくなってきました。

この季節はあまり得意ではない私ですが、今年はいつにも増して気分が落ちています。
その理由についてはまたゆっくり書きます・・・。


『花火』聴きました!いいですね~!
一瞬迷ったけど、やっぱり指輪のほう(初回限定盤)を予約しましたよ(笑)
いつもは通常盤も買うんだけど、もうこれからは初回限定盤しか買わないもんね。
“花火”って“桜”と同じで、日本人にとってのワビ・サビなんでしょうね。華やかで美しいんだけど、それは一瞬で散りゆくからこそ・・。特に花火の終わりは夏が終わる寂しさと重なって、独特の寂寥感がありますよね~。この曲も優しいけどせつないです。
『君と見てた空』もメロディーとリズムと歌い方が好きです。
でもさ~~~。どうしてもまさやんが結婚してから、歌詞を深読みしちゃう・・・というか、これはどういう心境を歌ってるんだろうとか、誰のことだろうとか考えちゃう・・・私だけ?
もう前とは違う形の(どんな形だ)ファンになろうと思ってるのになぁ。
まさやんの歌と声からは離れられないのは間違いないんだけど、でもそれだけが好きなワケじゃなかったから、やっぱりツライのです。ゴメンネ、しつこくて・・・。

それから、『HOME~山崎まさよしトリビュート~』のほうですが・・・。
すみません、私は守備範囲狭いので意外とダメでした・・・。
本人が歌う原曲が当然一番イイとわかっていても、「へぇ、この人が歌うとこうなるんだ」とか、「ほぉ~こうきたか」とか思いながらそれを楽しめばいいんだろうし、アレンジや歌い方などが全然違っていることがカバーの面白さなんだろうけど。
でも、あの事務所ならではの「オーガスタキャンプ」というライブでやるのはいいけど、CDを何度も聴きはしないかな~って思いました・・・。実際Disc2ばっかり聴いてしまう私を許して下さい(卓弥クンの『全部、君だった。』とヨースケさんの『ガムバタ』は好きです)。
まさやんが誰かの曲をカバーするのは大好きでワクワクするのになぁ(『あなたに会えてよかった』なんかはキョンキョンのあの声であの程度の歌唱力で歌ったほうが魅力的だとか思っちゃうけどね)。
まぁそんなこんなを含めてあれこれ感じたり考えたりするのもカバーの楽しさなのかもしれません。

このトリビュートアルバム聴いてよかったのは、やっぱり私、まさやんの歌が好き♪ってあらためて実感したこと(笑)

やっぱりやっぱり・・・
まさやんじゃなくちゃダメなんだよーーーーーーーーっ!!!
・・・とココロの中で叫んでみるワタシなのでした・・・。





| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »