« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月31日 (金)

嵐の一年

ただ今「紅白」中。
熊倉サンがゲゲゲの歌を歌ってます。今年はゲゲゲの一年でしたねぇ~。

2010年は・・・
モエの中学受験、私の入院・手術、親しい方のご不幸、そしてまさやんの結婚(笑)・・・と、心身ともになかなかキビシイ一年でした。

モエの受験は、去年の今頃が一番つらかったです。秋以降、成績が落ちる一方でしたから・・・。ポジティブで脳天気なモエも、模試の結果が出るたびに「もうダメかなぁ・・・?」と言いながら泣いていて、そのたびに私は「受験なんかさせるんじゃなかった・・・」と思いました。
何がつらいって、自分のことじゃないからつらいんですよね。子どものことだから、自分がいくら努力したって自分の思い通りになんていかないし、大げさじゃなく、子どもが苦しんでいる姿を見るのは親として胸が張り裂けそうでした。
2月の4日までに2回不合格を経験して、それでも毎朝5時起きで、食欲なんてまったくないのに力を振り絞って合格を得たことは、モエにとって本当に大きな財産になったと思うし、褒めてあげたいと思います。
まぁそのあとのモエを見ているとそんな感慨深さも吹っ飛んじゃうというもんですが。

私の脳腫瘍の手術から半年過ぎました。
頭を切って頭蓋骨開けて脳のあたりをいじったなんて、なんか信じられません。しかもおなかを切って脂肪を出したってことも違う意味で信じられない(笑)
今も頭の左半分は麻痺したままだし、再発のおそれもあるけれど、今、こうしてブログを書いたり、普通にごはんを食べたり、野球を観に行ったり、ライブに行ったりできること。それってすごいことです。
不安がないといえばウソになるけど、先のことをあれこれ考えるより、今を大事に生きたいと思ってます。そう思うと、毎日の面倒なこと(要は家事ね)も、楽しんでやれるんじゃないかな・・・(イヤそれはないな、やっぱ)。
トシを取ったのもあって、これからの毎日はていねいに過ごしていきたいし、楽しく暮らしていきたい。なんか聞いたことがあるんだけど、楽しくなくても笑っていると、脳が本当に楽しいと勘違いするらしいじゃない?笑うことって健康にホントにいいらしいですよ!
だからなるべく怒ったり泣いたりして暮らすよりは笑って暮らしたいですね。

しかしなんといっても今年の一番の衝撃はまさやんの結婚でした。
結婚したそのこと自体よりも、その後の言動にショックを受けたという感じだったような・・・。
でも・・・やっぱりまさやんの音楽が好きだし、ライブが好きだし、結婚してよくなったなぁと思うところもあるし。今でもフクザツですけど、少しずつ私も変わっていけるかなぁ、って思ってます。いつか、本当に心からやっぱりまさやん結婚してよかったね!おめでとう!って言える日が来ると信じたい・・・(って、みんなもうとっくに言えてる!?)
でもね、本当に福生に行った日は感動でしたよ。あ~私またまさやんの声を生で聴いて、まさやんの笑顔を生で見れてるんだ~って。

ま、来年の春、ツアーが終わったらそのあとは秋まで身も心もナカジに捧げるけどねっ!(笑)


とにかく、こんな嵐のような一年でしたが、たくさんの人たちに支えられたことに感謝しています。ここでのみなさんの励ましもとても力になりました。
本当に本当に、ありがとうございました!

こんな私とこんなブログですが・・・来年もどうぞよろしくお願いします!

今、紅白は水樹奈々です。新しい年まであと3時間。

みなさん、どうぞよいお年を!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月28日 (火)

ドラマ!(2010.10~12)

今回の秋ドラマは「秘密」がまだ4話ぐらい残っていますが、「流れ星」「フリーター、家を買う。」「ギルティ~悪魔と契約した女~」「セカンドバージン」を見終わりました。あと「Q10」もモエが見ていたので何気に見てたかな。

まず月9「流れ星」。
初め見るつもりじゃなかったけど、1回目見たらハマってしまった。
臓器移植がテーマになっているからただでさえドラマにするのは難しいと思っていたけど、契約結婚となるとますます・・・。うーん。謎が多かった。吾郎ちゃんがこわかった・・・。最後は改心したのよね?松葉づえを道に置きっぱにしてスタスタ行っちゃったけど(笑)あんな借金まみれだったのに入院費用はどうやって支払ったのか?海外に行くお金なんてあるの?あと夜のギャラリーとか水族館って勝手に入れるの?
まぁそれはいいとして・・・。臓器移植のテーマは別としてただの恋愛ドラマとしても、私としては脚本がイマイチだったと思います。すんごい期待して見てたんだけど、最終回でガッカリ。だって、最後に偶然会えたから「いっしょに帰ろう」じゃなくて、やっぱり健吾に梨沙を迎えに行ってほしかった。あの日までにも、追いかけるチャンスや迎えに行くチャンスは何度かあったはずでしょ?梨沙からは戻れるワケないじゃない?そしたら自転車でおでこ丸出しにして全力でペダルをこいで迎えに行ってほしかった(花火@月キャベのように・笑)。それに最後水族館で抱き合って、その後CMになってからのエンディングがダサかったような・・・。最後の最後まで、もっとていねいな作りにしてほしかったなぁ~。
でもま!それもこれも竹之内豊と翔太クンのカッコよさで全部許しますけどねっ!(笑)

「フリーター、家を買う。」
ニノってすごく演技が評価されてるけど、私的には今までよくわからなかったの。でもこのドラマの、苦しい気持ちを涙をこらえながら話すところなんかはよかったわ~!「流星の絆」の最終回の屋上の場面もそうだったけど、時々ニノはとてもかっこいい。やっぱりうまいなって思いました。香里奈とじゃ弟みたいだけど・・・(笑)
キャストでは、社長役の大友康平と、哲平役の丸山クンがよかった!急きょマルのファンになりました(笑)役もよかったけど、顔の上半分がナカジになんとなく似ているの!やっぱり私はお目めクリクリでカワイイ感じのコに弱いみたい(笑)。
ストーリーはイライラしました・・・。お父さんガンコ過ぎだし、お姉ちゃんのお姑さんも極端過ぎる。あんなキレイなお嫁さんだったらいいじゃん(キレイだからますますいじめるのか・・・)。

「ギルティ~悪魔と契約した女~」。
これもハマってた。面白かった!でもツッコミどころは満載でした。あんなにあんなに苦しんだ家族の崩壊だったけど、最終回で母親との確執があっさり解消(私が母親なら娘を信じるけどな~)。それから、一番憎い真犯人への復習が落とし穴ってのもちょっと・・・。で、最後拓朗はキスして死んだの?
なんかお義兄さん親子を殺した真犯人の動機がイマイチだったけど・・・。ペットショップのオーナーの最後の告白のくだりはそのイマイチの動機を強調するために必要だったのかなぁ。まぁ横山めぐみだし、やけに親切だから、何かあるのか?とは思ってたけど・・・。そういう軽いノリでやったことが人の一生を狂わせるような悲劇になることもあるってことを言いたかったのかな?あと警察の人が悪者って最近多いけどいいのかな・・・。宇喜田サン、悪すぎるでしょ・・・。
でもキャストがよかったです。玉木宏・菅野美穂もよかったけど、なんといっても吉瀬美智子がカッコよかったわ~♪彼女、せつなかったよね。でもいい女っぷりでした。あんな女刑事ホントにいるのかしら・・・。そして唐沢寿明・・・不気味だったけど、さすがにいい味出してたな~。
見終わって気持ちいいドラマじゃないってわかってたけど、なぜか見てしまったドラマでした。

「セカンドバージン」。
このドラマ、「火曜日の夜は街から女が消える」と言われたくらいブームになったようです。そしてあの鈴木行役の長谷川博己って俳優さん、今大ブレーク中みたい!私は全然タイプじゃないけどね・・・。鈴木京香はトシは取りましたがスタイルもいいしキレイです。さすが昔まさやんが好きだっただけある・・・。ああいう役に合ってますね。深キョンも役に合ってる。あのヘタウマ加減がたまらん。
ストーリー的には・・・。前半はすごくよかったんですよ!17歳も年下の既婚男性と恋に落ちて、その罪悪感と年齢から来るコンプレックスに悩む40代の女。めっちゃ共感できました!(鈴木京香とはかなり違うけど・・・笑)でも、後半、彼が仕事に失敗してチャイニーズマフィアに追われて死んじゃうってくだりになると、「こうでもしなくちゃ納まりがつかないか・・・」って感じになってしまう。もっと、恋愛そのものだけを描けないかな・・・(ドロドロになりすぎちゃうのかな・・・)
前半のるい(鈴木京香)にはすごく共感してたけど、後半の彼女には全然共感できなかった。なんか開き直ってる。どんないきさつがあろうと、どんなにお互い愛し合っていようと、不倫相手の奥さんに「彼は私を愛していた」みたいなことを言うのはよくないと思います!しかもなりふりかまわずその恋敵だった奥さんに仕事を依頼するなんて、いくら社員を食べさせていかなくちゃいけない社長だとしても・・・うーんと思ってしまいました。自分がフッた相手とか、ケンカした相手とかにも仕事頼むのはまぁいいのだけどね。
そうそう、布施明が意外によかった(笑)
見終わったあと、あんまり気持ちよくはならなかったなぁ。

「秘密」はまだ途中だけど、蔵之介(だからナレナレシイ)は違う役のほうがいいなぁ~。ってか原作もあんなだっけ?なんであの事故起こした運転手さんの奥さんのとこ行くの!?担任の先生との関係もよくわからない・・・。
てっちゃんが東野圭吾好きで、さらにてっちゃんの会社が撮影場所として使われているので見てますが・・・。

なんか文句ばっかり!
じゃ~今季のドラマでどれがよかったのよ!?と言われるとよくわからない・・・
でも文句ばっかり言ってても、楽しんで見てたことに間違いはないです。ドラマはいろいろダメ出ししながら見るのもオツなもんだしね!!(?)
みなさんの感想はどうかな~?


さぁ~来年はどんなドラマが始まるのでしょう!
イケメン君を出さないとバンバンダメ出しするかんね~~~!!!





| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年12月24日 (金)

サンタを信じてる

今日はクリスマス・イブ。

まさやんは今年は誕生日とクリスマス、別々に祝ってもらえるのかな。
・・・う。やめとこ。想像するの。
でも、一日遅れたけどお誕生日おめでとう。そしてメリークリスマス!


イブと言っても、てっちゃんとリョウヘイは仕事だし、モエは部活なので、私はひとりケーキを焼いたり、お料理しながら、のんびりと過ごしました。
夜は家族で食べて、写真撮って、Mステ見て(笑)・・・明日が休みだからこれまたのんびりと。


Img_1361b
いかにもホームメード(笑)


今年はモエもサンタさんが来ないとわかっているので、プレゼントのラッピングをバタバタとする必要もないし、サンタさん用のクッキーを用意する必要もなく・・・ラクだけどちょっぴりサミシイ気もするかな。

そういえば、東京のある小学校の朝礼で校長先生が、「サンタクロースは本当はいないんですよ」って言って、大問題になっちゃったらしいです。高学年だけならともかく(それでもダメだけど)、1年生もいるのに・・・。なんでそんなことを朝礼で話す必要があったのかしら!?どういう狙いがあってそういうことをあえて言ったのか?何か思惑があったとしても、やっぱり子どもの夢は大事にしてほしいなぁ~。

モエが塾に行き始めた4年生の頃(正確には3年生の終わりごろ)にも、こんなことがありました。
塾から帰って夕食を食べながらモエが、「ねぇママ・・・サンタさんって本当はいないのかな?」と聞いてきたのです。「なんで!?」と聞き返すと、「だって、今日塾でやった文章に『サンタクロースなんていない』っていうのが出てきたの」と言うのです。
その教材を見ると、小松左京氏の短編で、「サンタクロースなんていないということをいつかは娘もわかるだろう」とお父さんが思っているお話で、しかもその「サンタクロースなんていないということ」という部分を答えさせる設問だったんです。
私は、「なんでわざわざ子どもの夢をつぶすような教材を選ぶの!?」とアタマに来て、たまたま数日後に予定のあった塾の先生との面談で、「絶対言ってやる!」と思っていました。
・・・が、面談したらあまりのモエの成績の悪さに、ションボリしてサンタの話なんてとても言い出せませんでした・・・。
あの教材毎年使ってるのかなぁ・・・。

前にも書きましたが、私は今でもサンタクロースってホントにいるかもしれないって思ってます。だってそう思ってたほうが楽しいじゃない?
ソリに乗って来なくても、煙突から入って来なくても・・・。
パパでもママでもダンナでも友だちでも、誰でもいいんです。想像のサンタでも、絵本の中のサンタでも、街でティッシュを配ってるバイトのサンタでも・・・。もしかしたらそれが私のサンタかもしれない。

でもやっぱり「恋人がサンタ」が一番いいかな~!!!
サンタさん、いいコにしてるから、私のところにも来て~~~!!!


あれからいくつ冬がめぐり来たでしょう
今も彼女を思い出すけど
ある日遠い街へとサンタが連れて行ったきり・・・


                      (byユーミン「恋人がサンタクロース」)



なにはともあれ、メリークリスマス!!!




| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年12月22日 (水)

カレンダーショック

ふと気がつけば年末ではありませんか・・・
まだ何も準備してません!

先日、やっと来年のカレンダーを買いに行ったら・・・

なんと、10年以上使っていたinnovatorのカレンダーが廃番になってしまったとのこと!!!ウソ!!!大ショック!!!

Img_1274b










この大きさ、字体、スペースの広さ、色、破らなくていいデザイン、すべて気に入っていたのに・・・

しかたがないので、似たような「伊東屋オリジナル」を買いました。
innovatorのカレンダーはファンも多かったようで、そういう人にはコレを薦めていると伊東屋のお姉さんはおっしゃっていましたが・・・





Img_1275b












全然違うよーーーーー!!!(涙)










なんで廃番になっちゃったんだろう・・・



ナカジのカレンダーも買いました。

Img_1276b

















Img_1277b_3











ファンのコールに応えて、帽子を取ってそれを胸に当ててお辞儀をするナカジが大好き♪




でも・・・ライオンズのナカジのカレンダーはこれが最後みたいです・・・ショック。



まさやんのカレンダーは・・・買ってません。
でもとっても“買い”なんですよね!?
来年になったら買おうかと思います・・・(笑)

まさやんのカレンダーはショックなことがありませんように・・・。




| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »