« ついに… | トップページ | 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 »

2011年3月 2日 (水)

『あしたのジョー』

タイガーマスク運動も一段落した今日この頃ですが・・・最近、原作の「タイガーマスク」も脚光を浴びているそうですよ!
小学校3年生の読書感想文で「タイガーマスクを読んで」を書き、「私の理想の男性は伊達直人!」と言っていた私としては嬉しい限りです。


さて、「タイガーマスク」と同じく梶原一騎原作の「あしたのジョー」(この作品では高森朝雄という名前を使っていますが)の映画化。
この作品も私の青春の1ページ(笑)。アニメは3~4回は見てます。
主人公矢吹丈を演じるのは山P。これは見なくちゃでしょ!!!




↓ 以下ネタバレ






まず、叫ばせて下さい・・・
山P・・・

めっちゃカッコイイーーーーーーーッ!!!!!!

でも、このカッコよさが裏目に出たような気がします。
すごくカッコよくてクールなジョー。
うーん、私のイメージの中でのジョーって、もっとユーモアもあるし、人間的なんだよね。それとアニメでは、あおい輝彦の声がもうこの人以外考えられないってほどハマっていたのですが、その声でジョーがよく「へへっ」って笑うんです。山Pのジョーはそういうニヒルな笑いがなかった。単にクールなヤツって感じで、人としての魅力が描き切れていない気がしました。
そしてなんというか・・・どうも“ハングリー”さが足りない。時代も時代だったんでしょうが、もっともっとハングリーさが欲しかった。「立て、立つんだ、ジョ~~~!!!」っていうあの丹下段平の名ゼリフも、あの時代のハングリーなジョーだからこそ生きるセリフなのではないでしょーか?山Pの顔がキレイすぎるのがイケナイのね。

だいたい、このお話を2時間で収めようってのがムリなんだよね。2時間の映画では、あまりにも単純でシンプル過ぎるお話になってしまった。
ジョーと力石の、“宿命のライバル”ぶりも、なんかフツーな感じ。もっと深く描いてほしかった。

そして、力石が死んで抜け殻となってしまったジョーが、帰って来るまでの1年間何をし何を思っていたのか?またボクシングに戻ろうと思ったきっかけは何だったのか!?そこんトコをムシしていいのかしら?単純なストーリーなんだから、そのあたりはていねいに描いてほしかったなぁ。

結局は脚本なのかな。

丹下段平役の香川照之と、力石役の伊勢谷友介はよかったと思います!
でも白木葉子役の香里奈が・・・。香里奈って、どっちかというとサバサバした男前の、ちょっと“はすっぱ”っぽい役が多いせいか、黒髪のお嬢様役がかなり違和感でした・・・。


・・・と、まぁ、思い入れのあるマンガなだけに厳しい目で見てしまったかもしれませんが、山Pと伊勢谷クンはカッコイイし、あの肉体はスゴイ。それから、クロスカウンターが決まった場面の構図なんかはマンガやアニメと同じで見てて楽しかったです。


「あしたのジョー」はあおい輝彦の声じゃなくちゃダメだから、映画を実写でって聞いたときは絶対ありえないって思ってたけど、見てみたら意外に拒絶反応はなかったです。
そういえば「愛と誠」のヒデキも意外と受け入れられたし・・・。

でもさすがに「タイガーマスク」の実写はムリだよねぇ・・・。







|

« ついに… | トップページ | 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 »

コメント

ヒデキの「愛と誠」にえらく笑ってしまった(^ ^ゞなつかしすぎる。
実写のあしたのジョー、思ったよりはかなりよかった(香川氏の段平ぶりがハン
パなかったし)けど確かにそうですねぇ。
山Pには、ハングリーさとか野性味が見えないんですなぁ。
美しいと、なんでもやたらと清らかに見えちゃうというか。
そうそう、あおい輝彦の「ヘヘッ」好き好き~~♪ジョーはあぁでなくちゃ。
ワタシ的には、マンモス西のエピソードがほとんどなかったのもちと不満で。
けどまぁ、2時間ちょっとでよくまとめたともいえますね。
クロスカウンターキマったし♪

で、梶原一騎といえばタイガーマスク(わは)
う~~む。これもそのうち実写化したりするのかしら。伊達直人ブームで。
それは、ナシにしてほしいなぁ。

投稿: たま | 2011年3月 5日 (土) 12:28

>たまさん

やった~たまさんと私、同世代に認定(強引)
「愛と誠」のヒデキに反応してくれるあたり・・・(笑)
梶原一騎ってすごいよね!

香川氏の段平さん、よかったですねぇ。
そうそう!マンモス西、存在感なさすぎだよねぇ~!
山Pは美しいのに加えていつも淡々としてる感じだから、そういうイメージがついちゃってるのかもしれないですね~。

あ~それにしてもあおい輝彦の「ヘヘッ」わかってくれるなんて嬉しすぎる~♪
あとたまさんがお返事くれた「宇多田ヒカルちゃんの歌は・・・」っていうのも激しく同意!歌自体は悪いワケじゃないけど、やっぱりジョーは尾藤イサオの「サンド~バックに~」よねっ!!!
たまさんと語り合えて嬉しいわぁ。

タイガーマスクは実写はムリかな?
今はCGとかでできるのか?
私の好きなナカジが伊達直人役にいいと思うんだけど・・・マッチョだし顔もいいし子ども好きだし(だから野球選手だってば・・・)

あーーーサントリーホールは残念!私5日だ~~(涙)

投稿: タケちゃん→たまさん | 2011年3月 5日 (土) 22:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/51016300

この記事へのトラックバック一覧です: 『あしたのジョー』:

« ついに… | トップページ | 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 »