« 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 | トップページ | 4月ですね~ »

2011年3月20日 (日)

一歩ずつ・・・

3月11日、スーパーで買い物をしていたら、棚の上からクッキーの缶がバラバラと、私の1m左に落ちてきて・・・「あぶなっ」と思ったそのときグラッときて、ちょっとして地震だとわかりました。ワインやらジュースやらも落ちてきて、ガラスが割れて、足元が水浸しになって、買い物客はみんな外に出されました。
知らない人どうしが抱き合っていました。スーパーの隣りの美容院からは頭にカーラーを巻いた人や髪の毛が濡れている人が外に出てきて震えていました。

たまたまてっちゃんもモエも休みで、いっしょにスーパーにいました。そのあとすぐにリョウヘイを作業所に迎えに行って・・・幸いにも我が家はスムーズに事が運んで、大変なことはひとつもありませんでした。
が・・・。テレビには恐ろしい光景が映し出されて、まるで映画でも見ているかのようでした。時間がたつにつれて、それがまぎれもない現実であり、自分の想像をはるかに上回る被害の大きさだということがわかってきました。

夜に、ご主人が単身赴任中の近所のママ友から電話があり、仕事先から246を歩いて帰る途中と知って迎えに行きました。でも246は大渋滞。裏道を行ったけど、そっちも渋滞。停電もあったから信号が作動していなくて、お互いに譲り合って交差点を通って・・・。携帯電話もメールもつながらなくて。文明の利器なんて、本当に自然の脅威の前には無力でした。



その後、被災地のニュースを見れば見るほど、何も言えなくなってしまって。
何を言っても薄っぺらなものになってしまうような気がして。
ブログも書けなかったけど・・・


でも、自分にできることをひとつひとつやっていこう。
一歩ずつ歩いて行こう。
今、そう思っています。





|

« 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 | トップページ | 4月ですね~ »

コメント

本当に怖かったね・・・。
ひとりだったから泣きそうになったよ・・・。
自分の部屋はめちゃくちゃだったし・・・。
うちはすぐ停電になって夜中の2時ぐらいまで真っ暗で
ラジオだけの情報だったから、
テレビを見て茫然としちゃった・・・。
私も上手く言葉に出来なくて、
上手くなんて言う必要もないよね。

こういう時に言葉の怖さも感じるの。
何か、自分の思いを言うと「それ、今言うの!?」とか・・・。
でも言う!!
計画停電もACのCMも私、どうにかなりそうなの。
違うの、節電とかもちろん協力するよ。
「計画停電も自分だけじゃないでしょ?」
「あのCMが嫌ならテレビ見なければいいじゃん」
そうなんだろうけど、どうしても言いたかったの。
私は募金とかそんな事ぐらいしか出来ないし・・・。
実はタケちゃんのブログにコメントするの悩んだんだ。
悩んでこんなで、、、すみません・・・。


投稿: ユ・ミョン | 2011年3月23日 (水) 20:41

>ユ・ミョン

今でもまだ余震があるね・・・。
ユ・ミョンの部屋、こまごましたものがいっぱいあるから大変だったでしょ。
そちらは停電がちょくちょくあるみたいだけど、こっちは全然ない。
ありがたいといえばありがたいけど、いいのかな・・・って思う。

今は何を言っても「不謹慎だ」って言われちゃうから言葉を発するのも難しいけど、被災地を案じたり、胸を痛めたりしない人なんていないんじゃないかって思う。
もちろん被災地の状況は、被災してない私たちの想像を絶するものなんだろうとは思うけど・・・。
「なるべく普段の状態を保つのも、被災してない人の役目」って今日の新聞に書いてあった。
その上で、自分に何ができるのか、今やるべきことはどういうことなのかを考えていくしかないよね。

ユ・ミョンもまずは自分の体調に気をつけてね。

投稿: タケちゃん→ユ・ミョン | 2011年3月24日 (木) 16:51

ほんとに、何をどう語ったらいいのか。
タケちゃんとこにも、何度も書いては消し~を繰り返してました実は(^ ^ゞ
とにかく、やれること、やるべきことをひとつずつ・・・ですね。

今、ワタシも含めて(うん、やっぱ停電はしんどい)皆が何かを「我慢」してる。
そしてこの状況も、すぐには変わらない。てか、きっと当分続く。
ならば、慣れていくしかないのかなぁ。この状況があたりまえになるまで。
今が辛抱のしどころかっ(>_<)
共に乗り越えましょねぇ。

投稿: たま | 2011年3月25日 (金) 15:40

>たまさん

そうだったのか~~~
なかなかコメントも難しいですね。言葉って難しいから・・・
でも、自分に何ができるのかっていろいろ考えたり、どれだけ大変なんだろうって心配したりする気持ちはみんなあるよね。

私も毎日考えてはいるもののなかなか行動に移せないけど・・・

電気やガスや水道があって当たり前の生活をしていたから、あらためて私たちって便利に暮らせていたんだな~って思います。
・・・といっても、なぜかウチのほうはまだ一度も停電がないんです。申し訳ないっ!
がんばって節電しますっ!

投稿: タケちゃん→たまさん | 2011年3月25日 (金) 23:44

地震の日、私は学校で仕事してた。夜中に電車が動き出したからホントは帰れたんだけど、帰れない学生がいたから朝まで一緒にいたの。
他の先生は帰っちゃった。ものすごく無責任だなぁって思った。私だって会いたい人はいる。もしかしたら二度と会えないかもしれないって思ったら、学校に居ても涙が出そうだった。
帰った先生が後から言ってた。「私は教員であることよりも、母の立場をとっちゃった。子どもたちの顔が見たかった」って。ペットと二人暮らし?の先生も、「あの子がいなければ学校に残ったんだけど」って言ってた。その先生は歩きと、途中で自転車購入して10時間かけて帰ったの。
非常時の判断て、いろいろだなぁって思った。守りたいものとか。
別に私だけ教員としての役割をちゃんと果たしたなんて思わないけど、なんだかものすごくがっかりしたのは事実。

ミクシィに日記書いてみたんだ。よかったら読んでみて。

投稿: りょう | 2011年3月28日 (月) 23:01

>りょうちん

日記読んだ!
「真剣にしたあらゆる判断は尊い」
そうだね、たとえばまさやんがこの状況の中ライブをすることに批判もあるけど、私はまさやんが一生懸命いろんなことを真剣に考えて、その結果あえてやる!って決めたことだから、いいと思う。

地震の日に友だちを迎えに行って、そのときその友だちの友だちもいっしょに車で送ってあげたの。その人の息子さん(中学生)が帰れなくて中学に留まってたので、その子の学校にも寄って迎えに行ったんだけど、先生方は夜遅くまで生徒を守ってて、帰れない子は泊りだからもちろん先生方も泊まりで・・・。先生ってえらいなぁ~って思ったよ。
小中高とは違うとはいえ、やっぱりりょうちんのとった行動は立派だったと思う!

非常時って、いろいろなことを考えるし、いろいろなことに気づくときでもあるんだね。

投稿: タケちゃん→りょうちん | 2011年3月29日 (火) 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/51173152

この記事へのトラックバック一覧です: 一歩ずつ・・・:

« 「YAMAZAKI MASAYOSHI 15th ONE KNIGHT STAND TOUR 2010-2011」・鎌倉芸術館 | トップページ | 4月ですね~ »