« 街めぐりの目的 | トップページ | ずっと忘れない・・「背番号3」 »

2011年8月 1日 (月)

ドラマ!(2011.4~6)

むろちゃんにお叱りを受けまして(笑)・・・ドラマのお話です!

春ドラマで最後まで見ていたのは、「名前をなくした女神」、「グッドライフ」、「BOSS2」の3つです。「JIN2」は録画してあるのですが、てっちゃんが一緒に見たいと言っていて時間がなくていまだに見てません。
他のものも1回目はだいたい見ましたが、リタイア。
個人的にとにかく吉瀬美智子にああいう役をやらせないで欲しい(笑)>「ハガネの女」

まず「名前をなくした女神」。
ほとんどサスペンス感覚で見ていました(笑)
絶対最後にりょうが何かしでかすと思っていたら案の定・・・
あんなことってあるワケないよ~と思っていたら、幼児教室の先生をしているmikanちゃんによると、似たようなことはあるそうです。コワッ!
でもね、侑子(杏)はKYじゃないですか!?いい人なのはわかるけど、口も軽いし、ちょっと無神経かと思っちゃった。
あと、つるのパパ。リストラされてんのにお受験って・・・甘いというか、絶対ムリでしょ。
木村佳乃や倉科カナ、尾野真千子はピッタリでした。特に倉科カナ。もうあのイメージがこびりついてしまった~!逆にダンナ役の五十嵐クン、若いけどちゃんとした価値観の持ち主のパパ。よかったです。
私はママ友どうしであんな思いをしたことはないけど・・・でもママ友って、「自分の」友だちではなくて「子ども」を通じた友だちだから、子育てのしかたをはじめ、きっと自分の価値観とは違うこともあるかと思うし、付き合い方も難しいところがあるのは確かだと思います。その反面、同じ境遇にいてお互いに助けあったり励ましあったりもできるので、すごく身近な友だちであることも確か。ワタシの場合は、本当に親子ともどもお世話になって今はかけがえのない「自分の」友だちになってますね。

次に「グッドライフ」。
正直、あのお父さんがあんまり魅力的に思えず・・・。設定が悪いのか反町が悪いのかわからないけど・・・。息子のわっくん役のコがかわいいのと、自分が病気をしてからなんとなく病気ものは見るようになったので、見てましたが。お母さん(井川遥)の気持ちもよくわからなかった。私だったら子どもとあんなふうな別れ方はできないけどな~。
自分の病気がわかったときに、息子のために息子と離れることを決めた澤本(反町)が、わっくんに対して「きらいになった」って言ったけど、あれはナイ。自分だってお父さんの真意がわかったのは最近になってからで、ずっと長い間トラウマになってたわけでしょ?それなのに、息子のためにしたこととはいえ、子どもにはそんなことはわからないのに傷つけるのはひどいと思う。あの場面はわっくんがかわいそうで号泣しました。

そして「BOSS2」。
これは楽しんで見ていました。結果がわかっているから気楽に見られるし。西田敏行が黒幕ってことも読んでたからね。
でもとにかくキャスティングが目の保養過ぎて(笑)これが一番楽しみだったかも。

友だちの話によると、「鈴木先生」「アスコーマーチ」「高校生レストラン」「下流の宴」も面白かったそうです!見てた方、いかがでした?


さて、夏ドラマも進んでいますね。
今回は、「全開ガール」、「ブルドクター」、「名探偵コナン」、「美男(イケメン)ですね」「チームバチスタ」を見る予定で、まだ「全開ガール」と「美男(イケメン)ですね」しか見てません。
「全開ガール」はベタな展開になりそうでワタシ好み(笑)錦戸クンは、「ラスト・フレンズ」のときなんかはすごく怖い役であれはあれで合ってる気がしたし、今回の人の好い役も合ってるし、演技がうまい人なんですかね?
あとユ・ミョンからの課題で(笑)韓国版の本家本元の「美男(イケメン)ですね」を見てます。グンソクさんは全然ワタシのタイプではないんだけど、あの役は日本版よりユーモラスで優しい感じもして、魅力的ですね。

「下流の宴」ってまだ続いてるんだ。今から見ても面白いかなァ?
あ、「デスパレートな妻たち」もたまってる!
プロ野球のシーズンはドラマを見るのも大変なのだ~~~!!!





|

« 街めぐりの目的 | トップページ | ずっと忘れない・・「背番号3」 »

コメント

名前をなくした女神、かなり面白かったですよね(怖いけど)

私はママではないのでママとも関係のことはよくわからないけど、
やっぱ都内とかの都会で、お受験が激しい地域はああいうことあるって友人が言っていました。

今私のいる環境ってまさにオンナの世界っていうか(^_^;)
ちょっと違うけどドロドロ感とか足の引っ張り合いとか表面上の付き合いチックな怖さ陰険さがあって、なかなか身につまされました・・
うんうん、杏はKYすぎ(笑) あれもウザいタイプだよなぁーーと思ったーー。


下流の宴ってちょっと前に終わりませんでしたっけ?
あれも見てた(笑)


今は瑛太の辛気臭いドラマ見ています(笑) 見ごたえあるんで・・。

投稿: ツバッキー | 2011年8月 2日 (火) 17:59

>ツバッキーさん

「名前をなくした女神」、怖かったですね~~~!
現実に似たようなことがあるってのがもっと怖い・・・ドラマの中のことかと思っていたのに。
ツバッキーさんの今いる環境もドロドロなんですか!?
そういう中でうまく過ごしていくのって疲れると思うけど、ツバッキーさんなら大丈夫!私はブログのツバッキーさんしか知らないけど、ドロドロを賢明にサクッとかわしていけるタイプとお見受けしてます。

「下流の宴」は終わったのですか?
なんか友だちがすごく面白いって言ってたんですけど・・・

「瑛太の辛気臭いドラマ」(笑)
ワタシは見ごたえのないドラマばっかり見てる・・・(笑)
また感想聞かせてね!


投稿: タケちゃん→ツバッキーさん | 2011年8月 2日 (火) 22:14

そうそう「下流の宴」は先々週終わったのですわ。
すごいハマった~!差別意識バリバリ主婦の黒木瞳が新鮮で。
タケちゃんにも見てほしかった~。どなたか録画してないかしらん。
あと「鈴木先生」も、想像以上におもしろかったんですよぉ。
長谷川博己氏がよくてね「セカンドバージン」よりずっと。前クールはこの2作推し♪
テレ東の月10枠は侮れませんぜ。それと、NHKの火10枠も(^-^)v
あ「JIN」ももちろん見てた。いい結末でした。ダーリンと、ゆっくり楽しんでねぇ。

ワタクシめの今クールドラマは「全開ガール」「IS」「胡桃の部屋」「華和家の四姉妹」
それから「瑛太の辛気臭いドラマ」(爆)←いい表現だぁ♪
「美男ですね」はオリジナルがミョーにはまるのよねぇ。
ユ・ミョンちゃんのおっしゃるとおり、日本版の前にこっちをぜひ。
俺様なチャン・グンソクくん、好みじゃないけどいいわぁ。

投稿: たま | 2011年8月 3日 (水) 12:50

>たまさん

えーーーやっぱり「下流の宴」は終わっちゃったのですね(;ω;)
みんな面白いって言ってたので・・・よーし録画してる人探していなかったらDVD借りる(笑)
長谷川博己氏、「セカンドバージン」で人気急上昇だったけどそれよりよかったのね~♪コメディもできるのね(コメディだよね?)。
テレ東の月10枠とNHKの火10枠ね、ハイ、チェックします!!!
「JIN」は夏休みにじっくり見ることにします。映画にもなるんだっけ?

チャン・グンソクくん、ワタシも好みじゃないんで、なんでこんなに人気なの?って思ってたけど、「美男(イケメン)ですね」を見たら、役がいいのかなんか魅力的でした♪
早く全部見ないとユ・ミョンに怒られる~(笑)

夏ドラマもまた感想聞かせてね!


投稿: タケちゃん→たまさん | 2011年8月 3日 (水) 22:00

タケちゃん、叱ってないですよ~(笑)。ただずっと続いてきた記事が途切れるのがもったいない気がして・・・

僕が今春見続けた連ドラは、「JINー2」「幸せになろうよ」「グッドライフ」「BOSSー2][生まれる。」の5作品。「遺留捜査」「高校生レストラン」は途中でリタイアしてしまった。この中では、「JIN-2]が圧勝、他を寄せつけない地位を築いた。

初回から23.7%の高視聴率を獲得すると、以降も20%前後の視聴率をキープ、最終回は2時間特番だったが26.1%と圧巻の視聴率だった。トータルの平均視聴率は21.3%、ちょうど2年ぶりに平均20%超を記録したドラマだ。

これだけ多くの視聴者を惹きつけたのは、江戸幕末という設定の新鮮さと、大沢たかお扮する南方仁の熱情溢れる真摯な医者としての姿勢が魅力的だったからだろう。それとともに、内野聖陽の坂本龍馬始め脇を固めた分厚いキャストとの総合力から生まれた魅力があった。毎回、次回の放送が待ち焦がれるドラマだった。

「BOSS-2]は、前回の「特別犯罪対策室」のメンバーが2年ぶりに戻ってきた。BOSSの天海祐希始めおなじみのメンバーは一癖も二癖もあるキャラの集まり。その役どころだけ見ていても面白い。ただ、視聴率では、トータルの平均視聴率で「JINー2」に5ポイント以上離された15.1%と完敗。まあ、相手が強すぎた。

「幸せになろうよ」は、恋愛ドラマの草分け「月9」枠放映、低迷する同枠を救ったかといえば、答えはノーだ。二転三転する恋模様を描こうとしたのだろうが、その展開に見ている方がいらいらする。最後の香取慎吾のプロポーズだけ突出している印象で、全体として現実離れしている。

「グッドライフ」は、韓国でベストセラーになった原作の”韓流”ドラマ化ということで期待したが、期待はずれに終わった。物語が単調で、これといって泣かせるところがない。父・反町隆史が自分の病気のせいとはいえ、最後になってまた一人息子を手放すというのも理解できない。せめて死に際でも、せっかくなった良き父親をつらぬいてほしかった。

さて以上が11年春クールの観戦記だが、夏クールは今のところ毎日1作は見ている。「華和家の四姉妹」「全開ガール「チームバチスタ3」「ブルドクター」「それでも、生きてゆく」「美男(イケメン)ですね」「ドン★キホーテ」だ。タケちゃんと4作重なっているね。夏の夜、おおいに連ドラを楽しみましょう!

投稿: むろちゃん | 2011年8月 5日 (金) 00:25

>むろちゃん

えへへ、ですよね~!
ワタシもドラマの話は毎回書きたいのでちょうどよかったです(o^-^o)

春ドラマはやっぱり「JIN-2]が圧勝だったのですね♪
てっちゃんの夏休みが終わるまでに一話ずつ見ていくつもりです。そんな視聴率よかったんですね!楽しみ♪

今回はパート2とかパート3が多かったんですよね。
シリーズになっちゃうと面白くなくなるドラマも多いですが「BOSS」なんかはパート3パート4になっても面白くできるかもしれないですね。

「幸せになろうよ」は見てなかったけど今ひとつでしたか。
なんか香取慎吾のしゃべり方が普通のバラエティのときもあんなふうになっちゃった気がするんですけど・・・(笑)

「グッドライフ」はむろちゃんと同意見。
イヤ、私は泣いたんですけどね(笑)
あの父親が最後に息子を突き放すところは病気のためとはいえやっぱり理解できなかったです。
あと息子が白血病などという重大な病気になったら、いくら夫婦は離婚するとはいってももうちょっと協力できないものか・・・

あ!そうだ夏は「ドン★キホーテ」も見る予定だったんだ!
むろちゃんとたくさん重なるのでまたむろちゃんの感想を聞くのが楽しみです♪
夏の夜はドラマですねっ!

投稿: タケちゃん→むろちゃん | 2011年8月 6日 (土) 00:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/52368271

この記事へのトラックバック一覧です: ドラマ!(2011.4~6):

« 街めぐりの目的 | トップページ | ずっと忘れない・・「背番号3」 »