« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月22日 (月)

お願い(^人^)

携帯から投稿しています。
とうとうパソコンが壊れてしまいました。
修理に出そうとするとなぜか立ち直ったり、カスタマーサービスでなんとかなったりして、結局ちゃんと修理に出さずに騙し騙し使っていたんですが…
もうこの際きちんとメンテナンスしてもらおうと思います。一週間から10日かかるとのことです。

まぁ~パソコンがないと不便なこと!
そうそう、先週てっちゃんの実家に帰省してたんですが、イナカ過ぎてなんと携帯が「圏外」で、先週は携帯が使えずホントに不便でした。
普段どれだけ文明の利器に頼ってるかってことですね…。

ところで、まさやんのスタンディングツアーですが…
事情があってZeppTOKYOのチケットを2枚探しています!余っている方がいましたら譲って下さい~!お願いしますm(_ _)m

たまの投稿がこんなんですみません(-.-;)
パソコンが直ったら毎日書きます~!(←殴)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年8月11日 (木)

ずっと忘れない・・「背番号3」

8月4日に、サッカー選手の松田直樹選手が急性心筋梗塞のため亡くなりました。

今でも、信じられないんです。
あの、マツが・・・。もうこの世にいないなんて。

マツは、このにわかサッカーファンの私がマリノスのファンになってからずっと見てきた選手です。2002年の日韓ワールドカップのとき、私はまだサッカー選手なんてほとんど知らなかったけど、マツのことはとても印象に残っていました。
マツは「ミスターマリノス」という感じで、本当にマリノスサポーターに愛されていました。「マツ信者」みたいなサポーターもたくさんいました。
喜怒哀楽を素直に出す人で、お茶目でやんちゃな性格。とにかく「熱い」選手でした。だからこそケンカっ早いところもあって、ハラハラすることもたくさんありました。ディフェンスなんだけど攻撃的で、「上がり過ぎだ!」などと監督やサポーターから言われることもよくありました。欠点もいっぱいあるんだけど、魅力的な人でした。
マツは、私のアン様がマリノスに入ったとき、「チャラチャラしたヤツが入ってきた」って思ったそうです。でもすぐにサッカーに対する強い気持ちがわかったって言ってました。マツはサッカーが大好きだったから、同じようにサッカーが大好きでサッカーに真摯に向き合っている人のことは認めているんだなと思いました。
マリノスを愛し、マリノスのために一生懸命だったマツ。引退するまでずっとマリノスで活躍すると思っていました。

だから、マツが戦力外通告を受けたと聞いたとき、耳を疑いました。「マリノス、何考えてんの!?」って思いました。「もう今年は捨てて一からチームを作り直すつもりなのかな」と思ったけど、マツが抜けたそのマリノスが今首位争いをしているのだから皮肉なものです。

マツは自分がJリーグの下のJFL松本山雅に行っても、ずっとマリノスのことは応援すると言っていました。亡くなる5日前にも、マリノスの試合を観に、日産スタジアムに元気な姿を見せていたそうです。
それなのに、あまりにも突然過ぎました・・・。

今でもマツの話になるとどうしても涙が出てしまいます。
前節のJリーグの試合を見ていたら、マツは本当にたくさんの人に愛されて、たくさんの人に影響を与えていたんだな・・・と、あらためて思いました。


30代で心筋梗塞になる例はあまりないそうです。
そして、自分も病気になって思ったけれど、病気って必ずしもいわゆる「身体の弱い人」がなるわけじゃないんですよね。いつ誰が病気になってもおかしくない。だから、今一日一日を大事に生きなくてはいけないんだなぁ、と思います。


マリノスではマツがつけていた「背番号3」を永久欠番に、という話も出ています。
現在はマリノスの選手ではなかったから、いろいろな意見はあると思いますが・・・。
いずれにしてもマツがずっと応援していると言っていたマリノスには優勝してもらいたいし、マツが絶対Jに上げたいと言っていた山雅にはJ2に上がってもらいたい。だからといって変に意識し過ぎたり背負い込んだりし過ぎずに、前を向いて自分たちらしくがんばってもらいたいです。

永久欠番になってもならなくても、「背番号3」は、ずっと忘れません。





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年8月 1日 (月)

ドラマ!(2011.4~6)

むろちゃんにお叱りを受けまして(笑)・・・ドラマのお話です!

春ドラマで最後まで見ていたのは、「名前をなくした女神」、「グッドライフ」、「BOSS2」の3つです。「JIN2」は録画してあるのですが、てっちゃんが一緒に見たいと言っていて時間がなくていまだに見てません。
他のものも1回目はだいたい見ましたが、リタイア。
個人的にとにかく吉瀬美智子にああいう役をやらせないで欲しい(笑)>「ハガネの女」

まず「名前をなくした女神」。
ほとんどサスペンス感覚で見ていました(笑)
絶対最後にりょうが何かしでかすと思っていたら案の定・・・
あんなことってあるワケないよ~と思っていたら、幼児教室の先生をしているmikanちゃんによると、似たようなことはあるそうです。コワッ!
でもね、侑子(杏)はKYじゃないですか!?いい人なのはわかるけど、口も軽いし、ちょっと無神経かと思っちゃった。
あと、つるのパパ。リストラされてんのにお受験って・・・甘いというか、絶対ムリでしょ。
木村佳乃や倉科カナ、尾野真千子はピッタリでした。特に倉科カナ。もうあのイメージがこびりついてしまった~!逆にダンナ役の五十嵐クン、若いけどちゃんとした価値観の持ち主のパパ。よかったです。
私はママ友どうしであんな思いをしたことはないけど・・・でもママ友って、「自分の」友だちではなくて「子ども」を通じた友だちだから、子育てのしかたをはじめ、きっと自分の価値観とは違うこともあるかと思うし、付き合い方も難しいところがあるのは確かだと思います。その反面、同じ境遇にいてお互いに助けあったり励ましあったりもできるので、すごく身近な友だちであることも確か。ワタシの場合は、本当に親子ともどもお世話になって今はかけがえのない「自分の」友だちになってますね。

次に「グッドライフ」。
正直、あのお父さんがあんまり魅力的に思えず・・・。設定が悪いのか反町が悪いのかわからないけど・・・。息子のわっくん役のコがかわいいのと、自分が病気をしてからなんとなく病気ものは見るようになったので、見てましたが。お母さん(井川遥)の気持ちもよくわからなかった。私だったら子どもとあんなふうな別れ方はできないけどな~。
自分の病気がわかったときに、息子のために息子と離れることを決めた澤本(反町)が、わっくんに対して「きらいになった」って言ったけど、あれはナイ。自分だってお父さんの真意がわかったのは最近になってからで、ずっと長い間トラウマになってたわけでしょ?それなのに、息子のためにしたこととはいえ、子どもにはそんなことはわからないのに傷つけるのはひどいと思う。あの場面はわっくんがかわいそうで号泣しました。

そして「BOSS2」。
これは楽しんで見ていました。結果がわかっているから気楽に見られるし。西田敏行が黒幕ってことも読んでたからね。
でもとにかくキャスティングが目の保養過ぎて(笑)これが一番楽しみだったかも。

友だちの話によると、「鈴木先生」「アスコーマーチ」「高校生レストラン」「下流の宴」も面白かったそうです!見てた方、いかがでした?


さて、夏ドラマも進んでいますね。
今回は、「全開ガール」、「ブルドクター」、「名探偵コナン」、「美男(イケメン)ですね」「チームバチスタ」を見る予定で、まだ「全開ガール」と「美男(イケメン)ですね」しか見てません。
「全開ガール」はベタな展開になりそうでワタシ好み(笑)錦戸クンは、「ラスト・フレンズ」のときなんかはすごく怖い役であれはあれで合ってる気がしたし、今回の人の好い役も合ってるし、演技がうまい人なんですかね?
あとユ・ミョンからの課題で(笑)韓国版の本家本元の「美男(イケメン)ですね」を見てます。グンソクさんは全然ワタシのタイプではないんだけど、あの役は日本版よりユーモラスで優しい感じもして、魅力的ですね。

「下流の宴」ってまだ続いてるんだ。今から見ても面白いかなァ?
あ、「デスパレートな妻たち」もたまってる!
プロ野球のシーズンはドラマを見るのも大変なのだ~~~!!!





| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »