« クリスマスも終わり・・・ | トップページ | 来年もよろしく »

2011年12月29日 (木)

『WILD7』

えーと、今日は12月の29日・・・あと3日で今年も終わり・・・。
映画なんて観ているバアイじゃないよね・・・。イヤね、てっちゃんもモエも『WILD7』観たいって言ってて、今日しかなかったのよ、みんなが揃う日が・・・。
・・・ハイ、現実逃避です・・・。だって掃除したくないんだもん・・・。

で、『WILD7』。
丸山クン(関ジャニ)が出ているということで観たので、マルの話中心になっちゃうかもですが許してね♪あ、あと要クンも出てます♪めっちゃ楽しみ♪


法律で裁けない犯罪者はいっそその場で消去してしまうべき―。そんな過激な発想から生まれた超法規的警察組織、通称“ワイルド7”。凶悪犯を裁く彼らもまた、選りすぐられた犯罪者たちだった。飛葉大陸(瑛太)、セカイ(椎名桔平)、パイロウ(丸山隆平)、ソックス(阿部力)、オヤブン(宇梶剛士)、ヘボピー(平山祐介)、B・B・Q(松本実)。いずれ劣らぬ犯罪歴と、犯行のために身につけた特殊技能をあわせ持ったプロフェッショナルな7人。そんなある日、指揮官・草波勝(中井貴一)のもと、“ワイルド7”の出動が要請され、メンバーたちは事件の犯人を追い詰める。だがその瞬間、謎のスナイパーが現れ、犯人を射殺して逃走する・・・。
                            (Movie Walkerより)



↓ 以下、ネタバレ







ストーリーは、まぁ予想どおりなので配役中心に感想を。
なんといってもマルがかっこよかった~!モエは椎名桔平ファンなんで「桔平かっこいい~!」って言ってました。「謎解きはディナーのあとで」の桔平さんとのギャップがいいですね。

“さまざまな特殊技能を持った人たちの集まり”っていう設定、好きなんです。「必殺仕事人」みたいな。
“ワイルド7”の7人は全員、凶悪犯の前科者。たとえば主人公の飛葉(瑛太)は、恋人を守るために暴力団の団員3人を殺害。セカイ(椎名桔平)は刑務所を脱走して警察官を殺害、パイロウ(マル)はメカや爆薬の扱いに長けている爆破魔、ソックス(阿部力)は、天才的な詐欺師でマフィアの追っ手を殺害・・・など。
でもその7人の個性をもっと出してほしかったなぁ。それぞれの特技をアピールできる場面がもうちょっとあってもよかったのでは。パンフレットでそれぞれの経歴を読めば、「あぁ~なるほど~」ってわかるところもあるのですが、映画だと7人の過去も今一つわかりませんしね。
そういう意味で、マル演じるパイロウは、劇中、得意技の爆弾で活躍できたのでよかったです。

ヘボピー役の平山祐介さんって、どっかで見たことあるな~って思っていたら、てっちゃんが読んでる雑誌「OCEANS」のモデルさんだった。
この映画の一番の悪人である桐生役の吉田鋼太郎さんはドラマ「ギルティ」でも警察なのに一番の悪人だったっけ。
それにしても中井貴一はやっぱ存在感あるわ。
そして要クン、「僕とスターの99日」では悪い役だからちょっと心配してたけどよかった♪要クンって記者の役が多いよね。

ツッコミどころはいろいろあったけど・・・でも私はけっこう面白かったです。
単純明快なお話、私は好きなんです。てっちゃんは原作のマンガを読んでいるだけに、「子ども向けだ」とかいろいろうるさかったけど、でもバイクアクションなんかは楽しめると思うし、「あんなに銃撃していいのか?」という意見は置いといて、悪人をやっつけてスカッとするし、友情とか声高に言うわけじゃないけどそこはかとなくそういうものも感じられるしね。単純に楽しんでスッキリしたい人にはいいんじゃないかな。
そうそう、エンドロールが楽しいので、最後までしっかり見ること!

マルのこと、監督が「一度いっしょにやってみたかった」と言っていたようですが、マルは役者に向いているのかもしれないですね。
パンフレットを読んでも、監督やスタッフからマルはすごく褒められていましたよ~。バイクの免許を持っていなかったのは7人の中でマルだけだったそうで、この映画のために中型と大型バイクの免許を取ったそうです。運動神経もいいし、バイクのセンスがあるそうですよ。
あの癒し系のかわいい笑顔のマルがワイルド7の一員って、オファーが来たとき本人が一番驚いたそうですが、ホントかっこよかったです。

・・・って、やっぱりマルのことばっかりになっちゃった(笑)
1月からのドラマにも出るみたいなので、皆さんぜひ見ましょう~!


・・・明日は掃除しよ・・・。





|

« クリスマスも終わり・・・ | トップページ | 来年もよろしく »

コメント

どーしよう・・・私も掃除したくない・・・。
でも家に居たい。出掛けたくない。
考えてみたら映画館に一度も行かなかったの・・・。
タケちゃんのレビュー読んだら映画館に行きたくなったよ~!!
つまりはマル(※ナカジに似てる)がカッコカワイイ☆って事ですよね?
了解ですっ(笑)

投稿: ユ・ミョン | 2011年12月30日 (金) 23:52

>ユ・ミョン

あは♪ユ・ミョンにはバレてたんだっけ!マルがナカジに似てるから気になってたこと・・・
モエも「やっぱりマルってナカジに似てるね」って言ってたよ。
でもね、今回の映画、マルはマルでカッコかわいかったの。
これからもドラマとか映画とかいっぱい出てほしいな~!

ところで、ちゃんと掃除してるか!?
私は今日午前中ちょっとやったけど、もうあきらめた!
だって新しい年になるといっても、いつもと同じ夜が明けるだけじゃん?(←完全にキレてる)

あーーーーーどうしよう!

投稿: タケちゃん→ユ・ミョン | 2011年12月31日 (土) 13:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/53600115

この記事へのトラックバック一覧です: 『WILD7』:

« クリスマスも終わり・・・ | トップページ | 来年もよろしく »