« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月28日 (土)

『麒麟の翼』

今日はてっちゃんと映画『麒麟の翼』を観て来ました。

イヤ~東野圭吾って、すごいですね~。
このお話は『容疑者Xの献身』みたいな、いわゆるトリックはまったく使われていません。『新参者』シリーズは、推理物というよりは人間の姿を描いたヒューマンドラマなんですね。
人間の哀しさ、愛、信頼・・・いろいろな面からいろいろな人物を捉えた作品となっています。



↓ ネタバレあり

続きを読む "『麒麟の翼』"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月27日 (金)

お疲れ様でした、テリウス!

サッカー元韓国代表で、マリノスでも活躍したアン・ジョンファン選手が引退するそうで・・・

寂しいわ~~~・・・

日韓ワールドカップで文字通りにわかサッカーファンになった私。それは日本の選手や試合のおかげじゃなくてアンに一目ボレしたせいでした。ホントーにミーハーですみません!でも、なにしろどの韓流スターよりもカッコいいと思ってます。韓国では、「テリウス(日本のマンガ『キャンディ・キャンディ』の登場人物)」と呼ばれていました。
アメリカ戦でのゴールのあとのスケートパフォーマンスや、イタリア戦でのゴールデンゴールがあって、ペルージャの会長からクビにされたり、いろいろと非難されたりもしたけれど・・・当たり前だけどアンはサッカーが大好きだったんです。

アンの車を何百メートルも追いかけて「バイバイ」って手を振ってもらったり、トークショーに行ってサイン&握手をしてもらったり、ファン感で「テェ~リィ~~~!」って叫んで振り向いてもらったり、2004年の1stステージ最終節の鹿島戦でゴールしたのをスタンドで見て涙したり・・・いろんな思い出がありました。今でもアンのファンの有志でクリスマスにはお花を贈ってます。アンはちゃんとそのお花といっしょに写真に撮ってくれて、「ありがとう」というメッセージを送ってくれます。

奇しくも今日はアンの36回目の誕生日。
小さいころから苦労して、以前はお金のためにサッカーをやっていたと言っていたアン。でも一躍スター選手になって、元ミス韓国の奥さんとの間にふたりのお子さんに恵まれて、幸せになったんだろうな(一時離婚?なんていうウワサもあったけど・・・アンには幸せでいてほしい)。

もう一度アンがサッカーしているところを見たかったなぁ~。

お疲れ様でした。
アンのおかげで友だちもできて、サッカーを楽しむことができるようになりました。

サッカー選手としては36歳は引退してもしょうがない年齢ですかねぇ・・・。
ナカジには50歳までがんばってもらわねば!!!





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月17日 (火)

ドラマ!(2011.10~12)

わーーーーーん!もう1月からのドラマが始まっちゃってる~~~

でも書く。前クールのドラマは私的にわりと豊作だったので・・・。

というワケで、今さらですが、2011年10月から12月のドラマの感想です。


まず月曜日に見ていたのは・・・。
月9「私が恋愛できない理由」。
結末は予想どおりでしたが・・・なんか恵美(香里奈)が優(田中圭)より仕事を取ったのがちょっと唐突じゃなかったですか?あんなに好きだったのに、いっしょにアメリカ行くって言ってたのに。ほんの何分かの間で自分のやりたいことを決めたような感がありました。あと、ららちゃんママ(←いまだに倉科カナのことをウチではこう呼んでる・笑)も、優も、なんだそれ?って感じでした。自分から振っといて「やっぱりアナタじゃなきゃダメ」っていうの多いよね~~~。優も優よ。
それから白石(萩原聖人)・・・暗っ!どんなにつらいことがあっても、奥さんに申し訳ないと思っても、だからこそ幸せにしなくちゃダメじゃん。少なくともそう努力しなくちゃ・・・。でも咲(吉高由里子)みたいに、男の人にそういう弱いところを見せられると好きになっちゃう女の人っているんだよね、きっと・・・。
っていうか、いくら演劇部の後輩だからって、あんな簡単にいっしょに暮らそうと思うかなぁ・・・。
大島優子はAKBのときのほうがかわいく見えた・・・。木崎さん役の中村さんはもう34歳なんだね・・。平岡祐太クンがあんな役で悲しかった・・・。
とりあえず、やっぱり勝村さんはホッとするねっ!「奇跡の人」のときとは大違い。

火曜日は「謎解きはディナーのあとで」。
ああいう感じなら、翔クンと北川景子でもヨシでしょうか(毒)。原作も1、2とも読みましたが、謎解きの部分もちょっとお子様向けで、モエにちょうどいい感じでした。

「カレ、夫、男友達」。
たまさんが言ってた、NHKの火曜10時枠。ホント、あなどれません!!!
「ラストマネー」も面白かったし、そのあとのこれもよかったです!このドラマが一番楽しみだったかも。原作は江國香織の「思いわずらうことなく愉しく生きよ」。3人姉妹のそれぞれの恋と愛を描いています。
ユースケ・サンタマリアってあんな感じの人なのに、どうして暗い役多いんだろ。あの夫婦は悲しかったなぁ・・・。治子(真木よう子)の恋人・熊ちゃん役の徳井義実は役に合っていたように思いました。でもなにしろこの家族の一番の主役は母親の洋子(高畑淳子)なんですね。けっこう鬼気迫る演技でした。いろいろな思いを抱えながらも、3人の娘を見守り、理解してあげる母。娘たちが実家に帰ればおいしいお料理やお菓子を作ってあげて、ワインをいっしょに飲みながら夜中まで話を聞いてあげる。アコガレです!

そして「深夜食堂」。
これは相変わらず、おいしそうな料理(凝ったものじゃなくウィンナーとか缶詰とかなのに、なぜかとってもおいしそうに見える!)と、ホロッとくるような都会の片隅に転がってる小さなお話がいいです。あんなお店があったらいいなぁ・・・。口数は少ないけどやさしく見守ってくれて、時には厳しい一言を言ってくれるマスターがいて・・・。
文字通り、味わい深いドラマでした。

水曜日は・・・出た!「家政婦のミタ」。
イヤ~はじめ、怖いから見るのやめようと思ってたんだけど、みなさんのオススメに従って見てよかったです(笑)なぜミタさんは笑わないのか、ミタさんが笑う日は来るのか・・・という、ミステリーっぽいところが面白かったのですが、それぞれの俳優さんが熱演していたのも見続けた理由かな?特に希衣ちゃん役の本田望結ちゃん、我が家では今でも「ねぇ、○○ってなぁに?」となんでも人に聞くのが流行ってます(笑)。白川由美がいい味出してました(友里恵はキライだけど・・・)。
家族の抱えるものが一人の家政婦によって露呈し、各自がそれに立ち向かっていく・・・という設定はかなり斬新で面白かったです。あとせっちゃんの主題歌もよかった。しかし視聴率40何パーセントはすごいですね!

木曜日、「DOCTORS」。
病気してから、お医者さんモノはどうしても見ちゃう。沢村一樹わりと好きだし。まぁよくあるお話なんだけど、沢村さん演じる相良先生が、単なる熱血のイイ人じゃなくて(基本はそうなんだけど)時にはイヤなヤツを演じるというのがちょっと違うトコでしたかね。それにしても高嶋政伸はどこへ行ってしまうの・・・。

「蜜の味」。
応援できない主人公たちって珍しいかも・・・。最後の場面、どこか異国の戦地で指をからめあって目を閉じる2人。純愛を貫いた2人は美しいのかもしれないけど、そのためにどれだけの人に悲しい思いをさせたかと思うと・・・。愛は貫けばいいってもんじゃないと思う・・・。もちろん、普通の愛だって、それによって悲しい思いをする人がいるかもしれないけど、そういうのとは違うもん・・・。やっぱり「いけないものはいけない」ってあると思う。特に田舎の両親がかわいそうでならなかった。溝端淳平クンも怖かったけど、でも直子(榮倉奈々)ってば、彼と結婚の約束までしてたのに、逆上されたら逆ギレしちゃってさぁ・・・。結局、一番怖かった菅野美穂が最後には一番マトモだったことになっちゃいました・・・。私ってモラリストだからね(笑)

金曜日、「専業主婦探偵~私はシャドウ」は、途中で見るのをやめてしまいました。

土曜日、「妖怪人間ベム」。
これは録画してあるんだけど、実はまだ1回目しか見てないんです~!
1回目見たらあまりにかわいそうなので、きっともう見ていられない気がするの・・・。最後どうなるの!?かわいそうな結末なのはわかっているけど・・・。アニメは名作なので何回も見たのだけど、アニメはやっぱりアニメで、それでもかわいそうだったのに、実写版なんて耐えられないよ~!
それにしても杏が似合いすぎてる・・・

日曜日、「僕とスターの99日」。
これは楽しみでした♪西島秀俊、いいわ♪あのシュッとしたスタイルが好き♪タイトルバックでロケットにまたがってるトコの足の感じが、細くて長くてマンガに出てくる男の人みたい!カレは絶対「あすなろ白書」のころより、年齢を重ねた今のほうがよいと思います♪今まではけっこうクセのある役も多かったけど、今回みたいな役もよかった♪
最後は、たぶん愛し合いながらも、航平はユナをスターとして輝かせるためにユナと別れて、見つけた星に「ユナ」っていう名前を付けるんだね・・・なんてさっちゃんと話していたら、なんとハッピーエンドであった。でもドラマがああいう感じの作りだからそれもアリかな!
ガンモ(蔵之介)もせつなかったわね~!そして要クンですよ・・・絶対最後はいい人になると予想してたんだけど、いい人どころかお話のクライマックスのポイントだったんじゃん。片桐はいりも面白かった!
主題歌の「タイムトラベル」は、スピッツの草野さんが前から好きで歌ってたらしいですね。スピッツのはCDにならないのかな?カラオケも原田真二のしかなかったような。
そうそう、星座のキーホルダーも売れたらしい・・。さすがフジテレビですね。


という感じでした!けっこう見てましたね~。なんかドラマの内容に関係ない感想が多いな・・・。


そして1月からのドラマ。
月曜日「ステップファザー・ステップ」、てっちゃんが宮部みゆき好きで、モエも原作読んで面白かったらしいので。
「ラッキーセブン」、月9だから一応。
火曜日「ストロベリーナイト」、マルが出るから~!
「ハングリー!」向井クンが出るから~!(あとおいしそうだから・・・)
「本日は大安なり」、NHK火曜10時枠だから期待、と思ったら、これは次の枠だった!10時枠は「タイトロープの女」らしい。まだ始まってないけど、一応見る予定。
木曜日「最高の人生の終わり方」、山Pが出るから~!
「聖なる怪物たち」、岡田クンが出るから~!
「最後から二番目の恋」、45歳と50歳の恋愛を描いた、大人の青春ドラマだって。絶対見なきゃ・・・。(←真剣)
金曜日「恋愛ニート」、ラブコメディだっていうので、ラクに見られるかな、と。
土曜日「理想の息子」、涼介クンが出るから~!
日曜日「早海さんと呼ばれる日」、要クンが出るから~!

ってなカンジかな?
あと気になっているのが、「ティーンコート・10代裁判」と、「13歳のハローワーク」と「運命の人」なんでスガ・・・。もう一回目終わっちゃったよね?録りそこなっちゃったから、どうしようかなぁ・・・。

そして毎回悩む、あるいは途中で挫折する大河ドラマ・・・・・・今年はどーしよー!!!






| | コメント (6) | トラックバック (0)

2012年1月 6日 (金)

“ブリー生活”はお預け

昨日からてっちゃんとリョウヘイは出勤、モエは部活が始まり、また通常の生活に戻りました(ダラダラ気分は通常に戻ってないけども)。

お正月、2日は実家に年始に行って食べまくりしゃべりまくり駅伝見まくりで、3日はまたしてもセールへ。戦利品は白いシャツ一枚だけ。4日はのんびりしようと思ったら、プリンターが壊れて・・・パソコンが壊れて買い換えたばかりなのに、泣く泣くヤマダ電機へ。プリンターは5年前からだいぶ進歩してますね~。けっこう安かったし。しかしこの年末年始はいろんなものが壊れたなぁ。

今日は遅ればせながら昨年の冬ドラマについて書こうと思ったのですが、ナカジがヤンキースと交渉決裂してしまったのでこの話題に変更です。

昨日ナカジがニューヨークに向かったと聞いて、もしかしたら交渉がまとまるのかな?とも思いました。そのときはやっぱりちょっと寂しかった。でも交渉は不成立に終わりました。今朝そのニュースを聞いて、今度は本当に悲しくなっちゃって。ナカジの「残念ですが、ポスティングを認めてくれた西武球団と、入札してくれたヤンキースには感謝しています」というコメント見たら泣きそうになった。どんな気持ちでニューヨークから帰国するんだろうとか考えたらいたたまれないです。

だいたい、ポスティングなんていうシステムなくなってしまえばいいんだ!FAで自分でつかんだ権利ならそれはどう使おうと自由だけど、ポスティングってどうなの?自分で行きたいって言っといて、結局自分で選べない。入札した球団との交渉が決裂しても他の球団は手が出せない。
ダルみたいに何十億円で落札されるピッチャーはいいのかもしれないけど、日本人野手の評価なんてホント低いんだから。第一、せっかく育てた若い選手がどんどんメジャーに行っちゃって、日本の野球界はどうなるのだ!

野球選手となったからには、メジャーは夢。求めてくれるチームがあるなら行きたいのは当然のことなので、私はどんなに寂しくてもナカジの夢をずっと応援するって思ってたし、今も思ってます。
でもね~~・・・ライオンズの主力の人気選手がこの扱い・・・ちょっと悲しかった。日本でいくら実績があってもメジャーではまったくの未知数だし、今まで日本人の内野手でメジャーで成功している例がないことを考えれば妥当なのかもしれないけど。
でもヤンキースじゃなかったら・・・って思っちゃう。同じポジションにスーパースターのジーターがいるチームに、最初から控えとわかってて行くのはやっぱり西武ファンとしては悲しい。ってか、通訳もつけてくれないのなら、言葉が通じる自国の選手探せばいいじゃん(怒)
「どんな悪い条件でも夢なら行ってほしかった」って言う人もいるけど、メジャーに行ければそれで満足っていうワケじゃなくて、メジャーで試合に出ないと意味ないと思うし。
確かに、球団やファンはナカジの夢を後押しして、泣く泣く送り出したわけで、残留となると複雑です。すでにナカジはいないものとして次のシーズンの構想を組み立てていたから、クリのキャプテン・打順3番や浅村クンのショートの守備はどうなるのかとか、少し心配だけど・・・。

あ~それにしても疲れたわ。
ワタシなんて、もう去年のシーズン半ばからはプチ憂うつで、何につけても「これが最後・・・」っていつも思いながら見てた。この間とんねるずの「リアル野球盤」というゲームでナカジが決勝ツーラン打ったのでさえ、「これがナカジの日本での最後のホームラン・・・」って超感傷的になってたの。スポーツ新聞の記事にもいちいち振り回されて、一喜一憂して、もう体重が5Kgぐらい減ったわよ!(すみません、ウソです)

とにかく、ナカジは切り替えて、今年こそやっちゃって下さい。今シーズン、ライオンズを日本一にして、思い残すことなくFAでメジャーに行ってほしいです。

とりあえず、私のブリー生活はお預け。
(注:ブリーとは、アメリカのドラマ「デスパレートな妻たち」の登場人物で、家事全般において完璧主義のカリスマ主婦。野球のために家事をおろそかにしていた私はナカジの渡米を機にブリーを目指そうと思っていた。←笑っちゃダメ)

ってことで、ライオンズファンクラブの更新せねばっ!!!





| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

WELCOME 2012!

あけましておめでとうございます!

・・・と、あえて言います。今年はいい一年になりますように・・・。

ゆうべは紅白のあとジャニーズカウントダウンを見て、遅くまでお菓子を食べながらダラダラしてしまいました。紅白は、途中お風呂に入ったけど石川さゆりは見ました!歌うまいですね~!その次にSMAPってのもまた(笑)SMAPはそのあとの何かの番組でセロリも歌ってたけど、SMAPには難しいですね、あの歌は。
まさやんが疑問に思っていた(笑)松田聖子と彩也加のデュエットも見たわ!
ジャニーズカウントダウンは毎年変わらないのね~。剛と克ちゃんが太ってたのでビックリ。
ジャニーズで今お気に入りは関ジャニのマルとSexy Zoneの中島クン。笑顔のかわいい人に弱い私。でもカッコいいのは嵐の松潤ですね~。小さいころはちょっと濃すぎたけど、最近は大人っぽくなって何してもカッコいいわ。王子様みたいなファッションも似合っちゃうもんね。

今日は朝ゆっくり起きて、お雑煮とおせちを食べて、年賀状を読んで、初詣に行きました。
おみくじは吉でした。「病人本ぷくす」って書いてあった!

テレビでサッカーの天皇杯を見てから(ユ・ミョンおめでとう!)、よせばいいのにまたしてもららぽーとのセールへ。すんごく混んでいました。
バッグとセーターを買いました。
トシをとって着るものが少なくなってきたなぁ~と感じます。好きなものは高校生のころからほとんど変わっていないのに(フードのものとかボーダーとかチェックとかデニムとか)、似合うものが年々減ってきている!着たいものを着ればいいとは思うんだけど、やっぱりトシ相応かって考えちゃう。特にモエの保護者会のときなんかに着る服がなくて、美容師のたくじぃさんには「タケちゃんさんらしいものを着ればいいんじゃないですか?」って言われるんだけど、やっぱりボーダーとジーンズってわけにはいかないじゃない?ホント悩みます。

夜は、昨日作ったローストビーフを食べて、テレビを見ています。これから明日実家に持ち寄るものを作らなくちゃ。

今年の目標は、元気でいること。あと何か1つ勉強したいです。あ、ビューティー大作戦も!家事もがんばる!(毎年言ってるが・・・)ナカジがメジャーに行ったら、少し落ち着いた生活をして、家事を楽しもうと思っているのだけど、メジャー行きどうなったのかなぁ・・・
それから・・・今年は銀婚式なので、何か記念になるものを買いたいです。お金ためなきゃ。
そして、やっぱりまさやんのライブ!
制作の年にするようなこと言っていたけど、ライブもよろしくお願いします。

あ!そうだ!今年は、毎日とはいかないまでも、もう少したくさんブログを更新したいと思います!(ホントか?)

こんな私ですが、今年もよろしくお願いしま~す!




| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »