« お疲れ様でした、テリウス! | トップページ | 中学受験まっただ中 »

2012年1月28日 (土)

『麒麟の翼』

今日はてっちゃんと映画『麒麟の翼』を観て来ました。

イヤ~東野圭吾って、すごいですね~。
このお話は『容疑者Xの献身』みたいな、いわゆるトリックはまったく使われていません。『新参者』シリーズは、推理物というよりは人間の姿を描いたヒューマンドラマなんですね。
人間の哀しさ、愛、信頼・・・いろいろな面からいろいろな人物を捉えた作品となっています。



↓ ネタバレあり

東京・日本橋で男性が殺害される事件が発生。被害者はカネセキ金属の製造本部長、青柳武明(中井貴一)。彼は、腹部を刺されたまま8分間も歩き続けた後に、日本橋の翼のある麒麟像の下で力尽きていた。
なぜ、誰の助けも求めず、彼は一体どこへ向かおうとしていたのか。
一方、事件の容疑者、八島冬樹(三浦貴大)は現場から逃亡しようとしたところを車に轢かれて意識不明の重体だった。報せを聞いた八島の恋人、中原香織(新垣結衣)は、彼の無実を訴えるが・・・。
この難事件の捜査に当たるのは、日本橋署の切れ者刑事、加賀恭一郎(阿部寛)。
やがて捜査が進むにつれて、それぞれの家族や恋人の知られざる一面が明らかになってゆく。命が終わるその時に、青柳は誰に何を伝えようとしていたのか?愛する人に何を残そうとしたのか?加賀は事件の裏に隠された謎を解き明かし、真実を見つけ出すことができるのか・・・?
                                    
(Movie Walkerより)

正直、映画館で見なくてもDVDでもいいとは思っていました・・・。不謹慎な言い方ですが、事件はセンセーショナルな事件ではなく、言ってみればごく地味な事件です。派手なアクションがあるわけでもない。でも、すごくうまくできてるんです。やっぱり、泣いてしまいました。JUJUの主題歌がまた泣けるんだよね~。
中井貴一いいなぁ~。普通の、不器用なお父さん。息子の悠人役は松坂桃李クン。桃李クンってキムタクと小出恵介を足して2で割ったような感じ。容疑者役の三浦貴大は百恵ちゃんに似てます。

日本橋にある、翼をつけた麒麟像。瀕死の状態で被害者がそこまで歩き、そこで伝えたかったメッセージとはなんだったのか。
日本橋はその昔、五街道の起点であったというところから、翼のある麒麟像は「そこから飛び立つ」という意味があるとのこと。これが物語の重要なテーマとなっています。
刑事の加賀恭一郎は、一見クールで自分勝手なようで、本当はひとりひとりの人間に寄り添う捜査をする人なのだなぁ、と思いました。そうでないと見えてこない真実がある。
このお話は、中井貴一演じる父親と、松坂桃李君演じる息子・悠人との関係がポイントです。そして、「一度公式を間違えて覚えてしまうと、その後もずっと同じ間違いをしてしまう」という加賀の言葉。なるほどな~と思いました。

殺人のトリックではなく、人間ドラマとしての謎解きがとても興味深い映画でした。
DVDになってからでもいいので見て下さい。オススメです!

さて、これからまだ見ていない今週の『最後から二番目の恋』を見ようっと。
今日の映画の中井貴一とのギャップが楽しみだわ!!!




|

« お疲れ様でした、テリウス! | トップページ | 中学受験まっただ中 »

コメント

この映画は、前評判が高いよね。


キャストも、演技派が多いしね。

・・って私は邦画は映画館ではみないのだけど(字幕がないからね)、最近は邦画に人気があるね。

夫婦で映画デートなんて、素敵だね。


投稿: さっちゃん | 2012年1月29日 (日) 20:30

>さっちゃん

確かに~私もセリフを聞き逃すから、ほんとはDVDで繰り返し見れるほうがいいんだよね。ドラマもその場で見ないで録画して見てるし。
この映画よかったよ♪DVDになったら見てみてね。

映画デートっていってもね~・・・
実は前々日に大ゲンカして、私大泣きしたんだよ!
でも土曜日はこの映画見る約束でチケットも予約してたからしょうがなく(笑)
ウチのダンナは大ゲンカしてもすぐケロッとできる人なのでうらやましいよ~。

投稿: タケちゃん→さっちゃん | 2012年1月29日 (日) 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/53846550

この記事へのトラックバック一覧です: 『麒麟の翼』:

« お疲れ様でした、テリウス! | トップページ | 中学受験まっただ中 »