« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月27日 (金)

女ですもの。

昨日は年に一度の「三人会」でした(モエに「三者会談」とどう違うんだ?と言われました・笑)。
「三者会談」は中高大学時代の友だちで、「三人会」はOL時代の友だちです。

年に一度なので、ランチもちょっと奮発します。
昨日は表参道駅から徒歩10分弱ぐらいのところにある、「ミュージアム1999 ロアラブッシュ」というフレンチのお店に行きました!


P4260021b
大正時代に建てられたという館。
内装はアール・デコ調です。


写真を撮ってもいいかどうか聞く雰囲気じゃなかったので、写真は断念しました。
代わりにメニューだけ。

P4270027b

ちゃんとしたお店はあまり行かないので、緊張しました(笑)
でも家族では絶対に行けないお店ですからね~。

お味は程よく上品で、決してコッテリしつこくないのに、しっかり食材のお出しが効いていて、お肉もお魚もやわらかくて、見た目も春らしくてとっても綺麗で、きめ細やかな工夫が施されており、どれも本当においしかったです。
しかも、デザートが選び放題♪私は、抹茶とホワイトチョコとあづきのムース、いちごのタルト、アプリコットのタルト、ガトーショコラ、プチシュークリーム、牛乳のシャーベットを少しずついただきました。おいしかった!

友だちとのランチは、おいしいものをいただきながらのおしゃべりが楽しみです。
同じ世代の友だちどうしだと、「最後から二番目の恋」のあの3人じゃないけれど、その年代ならではの話題が多くなります。健康の話とか、親の介護の話とか、老後の話とか、子どもたちの将来(進学ではなくその後のこと)の話とか。
お互いに相談したり、愚痴をこぼしたり、もちろんそのほかのたわいない話もして、とても楽しいひとときでした。


それにしても、ふたりとも昔とあまり変わらなくて、会うたびに、いい感じでトシを重ねてるなぁと思います。

思うに、私の世代の女性って、難しいんですよ!
というのは、このトシで、どこまで「女性」を意識していいものかと悩むのです(え?私だけ!?)
たとえば病院にて。若い男の先生に診てもらうのに、「お腹が出てて恥ずかしいわぁ」とか「胸がなくてイヤだわぁ」とか思うワケですよ。周りは、「ドクターがいちいちそんなの気にしてるわけないでしょ」「オバサンなんだから当たり前でしょ」って言うし、それはそうなんだけど、自分自身が気になるワケ。でもこのトシでそういうのを恥ずかしがったり気にしたりしてる自分って逆にイタイのかな~とも思うの。以前友だちに話したら、「イヤ、恥じらおうよ。いくつになったって女なんだから」って言われて、「そうだよね!」と安心したのですが。

日本では、ある年齢を過ぎると「おとなしくしてなきゃ」的な傾向がありますよね。そういう世代の女性が異性を意識したり、綺麗になりたいと一生懸命努力したりすることを、ちょっと揶揄するような目線もあるじゃないですか。「いくつだと思ってるんだよ」みたいな。
でもアメリカのドラマの「デスパレートな妻たち」なんか見ていると、デスパレートな世代でも、ファッションや恋愛や仕事に対してアグレッシブで(よくも悪くも)、すごく楽しんでいて、「私なんかもうトシだから・・・」みたいな感覚って日本ほどにはない気がするんですよね。

いくつになっても、自分が「女性」であることを意識してなくちゃダメだよね?

・・・と、まさやんやナカジやマルを好きな私は思うのでありました(笑)
やっぱりまた「ビューティー大作戦」開始しようっと!!!





| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年4月21日 (土)

東京六大学野球

今日は神宮球場で、東京六大学野球・東京大学VS早稲田大学を見て来ました!

リョウヘイの小学校の同級生のYちゃんが東大のチアガールをしているので、そのママに誘われて、ちいちゃんと3人で行って来ました。



P4210003b_2 


もちろん東大の応援です。ええ、息子が東大なので・・・とか言ってみたい(笑)
Yちゃんは小学生のころからズバ抜けて頭がよかったのですが、中高は“女子御三家”のO学園、そこから現役で東大に入り、チアガールに。すごいっしょ?(←自分の娘のように自慢)

東大の野球部員って普通に受験して東大に入った人ばっかりなんですって。だから、早稲田実業をはじめ天理や智辯和歌山など全国から集められた選手が多い早稲田に対して、出身校が麻布とか日比谷とか筑駒とか!応援団長も灘高出身で東大の医学部の学生さんなんだって。ひぇ~~~!!!

なのでやっぱり正直、野球の精鋭たちが集められている早稲田とは、実力的に差がある感はイナメナイのですが・・・。身体つきからして、早稲田の選手のほうがガッチリしているのですわ。
0-13の完敗でした。

でもすっごく楽しかった!
まず目的のYちゃんがとてもかわいくて、踊りもじょうず!100万ドルの笑顔で大きな声を出して応援するYちゃんを見て、なんだか涙が出そうでした。すっかりキレイになっちゃって・・・なんて、まるで親戚のオバサン気分。写真撮影禁止だったのが残念過ぎる。
それから応援団の団員さんたちが、自分の学校が打たれても打たれても、打てなくても打てなくても、休むヒマなど1分もなく、声を枯らして一生懸命応援している姿に感動しました。一生懸命だけどとても楽しそうなんです。観客のところに、「あきらめてませんよね~?」とか「ちょっと暗い雰囲気になってませんか~?」なんて入れ替わり立ち替わり応援要請に来ます。私たちもがんばって応援しました!
ちいちゃんの一番のお気に入りの応援は、「ゲッツー(チャチャチャ)!ゲッツー(チャチャチャ)!ゲッツ~~ハイハイハイ!!!」というやつ。2アウトのときもやりたがっておりました(笑)
私が気に入ったのは、相手の攻撃で満塁のピンチの場面で「おーい○○(←ピッチャーの名前)~~!満塁だよ~~!アウトが~~取り放題~~~!!!」っていうの(笑)
アウトを取るたびに椅子からジャンプするんだけど、そのタイミングが難しくて、ひとりだけ飛び上っちゃったり(笑)
そうそう!もちろんイケメンチェックもね(笑)
でもホント青春だなぁ~~。スポーツとかで自分の学校の応援ができるのって愛校心が一段と強まりますよね~!あ~~やっぱりモエも男女共学に・・・(以下略)


さて、思いっきり応援したあとはランチです。


P4210022b_2

外苑前の銀杏並木沿いの「SELAN」。
ドラマで使われていそうなテラスのあるイタリアンレストランです。
私は「サーモンのカルパッチョ」と「春キャベツと生ハムのペペロンチーノ」をチョイス。

そのあと、ちいちゃんに連れて行ってもらったお店でトリーバーチのサングラスを超おトクなお値段でゲット。
というワケで、今日はとっても満足の一日となりました。


それにしても、試合に負けても楽しいのは、アマチュアならではですよね。
プロ野球で0-13で負けてたら、応援も途中で怒りや悔しさや絶望感が入り混じって、最後はヤケッパチになっちゃう。
ゴールデンウィークに観に行くときは楽しい応援をさせてよね、ライオンズ!





| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012年4月17日 (火)

KARA 1ST JAPAN TOUR 2012 『KARASIA』・4/14横浜アリーナ

土曜日、冷たい雨の中、KARAのコンサートのために横浜アリーナに行って来ました!

横浜アリーナはまだ結婚して間もないころユーミンを見に行ったのが最後だから、22~3年ぶりでした(横浜市民のくせに・・・)。
KARAの初めての日本でのコンサート、しかも初日とあって、チケット取るのはけっこう大変でした。

少女時代派とKARA派がいるとしたら我が家は断然KARA派♪少女時代のほうがスタイルはいいし、あの統率のとれたダンスは素晴らしいですが、KARAはなんか愛嬌があってかわいらしい。人数が5人というのもちょうどいい。それぞれの個性がよく出ていて、わかりやすいし見ていて楽しいのです。カッコいい曲はカッコいいしね。
男の人は美脚の少女時代、女の人はかわいいKARA・・・って感じなのかと思ってたら、めっちゃ男の人多かった!!!半分ぐらい男の人だったかな・・・?しかも中学生ぐらいの子からオジサンまで・・・。私ぐらいのオバサンは少な目(笑)。

当日はグッズを買うのに長蛇の列!いったいどこにグッズ売り場があるのかわからないまま並んでいましたが、いつ買えるのかもおぼつかないうちに開演時間が近づいてきたので、てっちゃんにそのまま並んでもらって、モエと私が先に会場に入りました。そしたら会場内のグッズ売り場では10分ぐらいで買えました。まぁ初日とはいえ、もうちょっと係員を増やすとかインフォメーションを出しておくとかしてほしかったな。グッズ買うのに膨大な時間がかかるなんていうことに慣れてないもんで(笑)


↓ 以下ネタバレ。注意!

続きを読む "KARA 1ST JAPAN TOUR 2012 『KARASIA』・4/14横浜アリーナ"

| | コメント (6) | トラックバック (1)

2012年4月 9日 (月)

ドラマ!(2012.1~3)

1月から3月までのドラマが終了しました!

今回見ていたのは・・・

月曜日。

◆月9「ラッキーセブン」
これは普通に面白かったかな。ストーリーはともかく、大泉洋がやっぱり面白いなぁ。あと松潤がカッコいい。回し蹴りのトコとか・・・。松潤って、昔は濃すぎてあんまりいいと思わなかったんだけど、だんだんカッコよくなってきたと思います。このドラマの主題歌「ワイルドアットハート」の踊りがめっちゃカッコいい。嵐の中で松潤が特に好きというわけじゃないんだけど、嵐が歌ってるとき、なんか気づくと松潤ばっかり見てしまってるのよね~。
「ステップファザー・ステップ」
マンガちっくなお話なのでツッコミを入れたらキリがないのですが、けっこう毎回泣いてました(笑)大人びた双子ちゃんと、ニヒルぶってるけどホントは情にもろい泥棒の関係が微笑ましかったです。我が家では上川隆也の株がちょっと上がりました。てっちゃんは平山あやがカワイイカワイイとうるさかったですが・・・。トータスの主題歌もよかったです。

火曜日。

「ストロベリーナイト」
オープニングの曲やタイトルバックが不気味で、コワイんだけどイイ!
姫川玲子シリーズは全部原作を読んだのですが、原作とは違うところもありました。両方見て納得できるところもありました。スペシャルドラマの「ストロベリーナイト」がホントに怖くておどろおどろしかったので、今回見るのをためらっていましたが、マルちゃんが出るので(笑)見ました。
被害者のために一生懸命な熱血刑事が描かれることが多い中、ほかの班を出し抜いて手柄を立てようと一生懸命な熱血女刑事・姫川玲子(竹内結子)は、「このヤマ、絶対取るわよ!」が口癖のちょっとヤなヤツ(けどやっぱりホントはいいヤツ)。でも嫌いなものは嫌いで言いたいことをハッキリ言う彼女、案外気持ちよかったりして。
今までの刑事ものとは違う切り口で描かれていて、警察内のしがらみや仕組みがいろいろわかって面白い。キャスティングもピッタリ!ただ、玲子を支える菊田(西島秀俊)だけが合ってなかった。だって原作のイメージじゃなくてカッコよすぎる!(好きだからいいけど♪)けど署内であんなことしていいのか・・(笑)
映画化されるので楽しみです!マル~~~♪
「ハングリー!」
う~~~ん・・・向井クンとSexyZoneの勝利クンが出るから見たけど、最後がちょっとなぁ~~~・・・。私、主人公の男の子と女の子が結ばれない結末はダメなんだぁ(ハッピーエンドを匂わす終わりは好きなんだけどね)。最後は彼女のまりあ(国仲涼子)もいい人になっちゃったからなぁ・・・。あと吾郎ちゃんはいったい何だったんだ・・・。
「タイトロープの女」
一回目で挫折。この枠期待してたんだけど・・・。
「本日は大安なり」
結局最後まで見てしまったけど、う~ん・・・。何が言いたいのかよくわからなかったのね。

木曜日。

「聖なる怪物たち」
打ち切りになったなんていうウワサもあって、視聴率はイマイチだったようですが、私はけっこう楽しみに見てました。キャストも、岡田将生クンはじめ、長谷川博己サン、小日向サン、勝村サン(やっぱりいいヤツ)、渡辺いっけい(呼び捨て)とか、ワタシ的にはけっこうよかったんですが・・・。代理出産というテーマがドラマには難しかったのかな。それとも実は一番のポイントだった有馬三恵(鈴木杏)がちょっと役に合ってなかったのか、それとも中谷美紀がコワすぎたのか(笑)。岡田クンは熱演だったと思うけどなぁ(←ひいき目?)。
それにしても、いっけいは売れっ子ですね!今回、「ステップファザー~」にも「ストロベリーナイト」にも出てました!味があっていいよね~!このドラマでは最後助かったのよね?ほかのドラマで忙しくて最後まで演じるヒマがなかったとか?(笑)
「最高の人生の終り方~エンディングプランナー~」
これも視聴率はいまひとつだったようで・・・。人の死を通して、その人の人生と命に向き合うといったお話なのだけど、ちょっといろんな要素を入れ過ぎだったかも?山﨑努が幽霊だったっていうのはなぁ~~~。長峰先輩(水上剣星)が殺されちゃったのもやり過ぎじゃない?あと山Pもっと髪の毛すっきりしてほしい(笑)
「最後から二番目の恋」
これが今期一番楽しみでした。中井貴一がめっちゃオモロイ。大河ドラマの中井貴一もいいけど、ああいう普通のおじさんの役いいなぁ~!「淋しくない大人なんていない」本当に、このトシになるとつくづく思いますよ。千明(キョンキョン)と友達との3人の会話が・・・お墓の話とか更年期の話とか。わかる~~(私のほうが年上だが)。
ただ、千明が「真平と別れよう」と思った心理をもう少していねいに描いて欲しかったような気がします(十分想像はできるんだけど)。「やっぱりこういうのってよくない」「でも愛してくれる人と別れるのは淋しい」などと悩む部分をもう少し見せてもよかったのでは?
そして真平が死なないのはよかったのですが、「最高の人生の~」の健人(反町隆史)と同じく、真平クンも脳腫瘍。手術したけど再発する可能性が高く、検査のたびにビクビクしてる・・・って、アタシじゃん。脳腫瘍ってドラマによく使われますよね・・・(-_-;)
しかし、このドラマは、カフェや古民家のインテリアや雑貨、鎌倉の観光、お料理、千明のファッションなど、見て楽しい要素がいっぱいあったので、我が家の保存版に決定です。ちなみにてっちゃんは「キョンキョンはトシ取ってもカワイイ~~」を連発してました(笑)
挿入歌はよかったんだけどあゆのエンディングの曲は残念だった・・・。もっとオトナの音楽にしてほしかったな。

金曜日。

「恋愛ニート」
イライラして2回で挫折。蔵之介は脇役のほうが絶対イイ。
「13歳のハローワーク」
一回目見逃しちゃったので見ませんでした。最終回だけマルが出たので見ましたが(笑)
タイムトラベルものって面白いんだけどね。

土曜日。

「理想の息子」
このハチャメチャなドラマに鈴木京香はギャップが激し過ぎた(笑)。沢村一樹は全然OKなのですが。
ストーリーはコメディだし土9なのでこんなものなのかな・・・。でもこれって野島伸司が脚本だったのね!ビックリ。
藤ヶ谷クンの役がカッコよかったです(ついでに吾郎役の武田クンも)。

日曜日。

「早海さんと呼ばれる日」
要クンが出るから見ようと思ったけど、一回目で挫折。松下奈緒はこういう役多いな~~。
「運命の人」
一回目で挫折。ワタシ、もう大作はムリ。意外にも視聴率イマイチだったようですね・・・。


こんなトコでした。
今回のドラマはどれも苦戦したようです。視聴率がよかったのはラッキーセブン、ストロベリーナイトぐらいかな?まぁ、前クールにモンスタードラマがありましたからね・・・。
あと、複数のドラマに出ている俳優さんが多かったように思います。やっぱりいっけい・・・。


さて、4月からのドラマですが・・・。
まだざっと調査しただけだけど、なんかコレ!といったのがないような気が・・・。

あ!あったあった!
「デスパレートな妻たち・7」が~~~!!!





| | コメント (12) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »