« 花のOL時代 | トップページ | ドラマ!(2012.4~6) »

2012年6月 3日 (日)

『テルマエ・ロマエ』

映画『テルマエ・ロマエ』を観て来ました。

ヤマザキマリさんの原作のマンガ、私もてっちゃんも大好きなので、映画になると聞いて絶対観に行こうと思ってました。




↓ 以下ネタバレあり

古代ローマの浴場設計技師ルシウス(阿部寛)は、生真面目すぎる性格から時代の変化についていけず、職を失ってしまう。落ち込んだ彼は、友人に誘われて公衆浴場を訪れるが、そこで突然、現代日本の銭湯にタイムスリップしてしまう。そこで出会ったのは、漫画家志望の真実(上戸彩)たち“平たい顔族”、つまり日本人だった。
日本の風呂文化に衝撃を受けたルシウスは古代ローマに戻ると、そのアイデアを利用して大きな話題を呼ぶ。タイムスリップを繰り返すルシウスは、ローマで浴場技師としての名声を得ていくのだが・・・。
風呂を愛する2つの民族が時空を超えて出会った時、世界の歴史が大きく動き出す。
                                 (Movie Walkerより)



単純に、面白かったです。
難しいこと抜きに、ただ楽しめばいい、そんな映画でした。
真面目くさった阿部ちゃんが滑稽で笑える。そして「平たい顔族」のおじいちゃんたちがかわいい!
上戸彩の役は原作にはないのだけど、あのキャラクターがいないとちょっと映画にはしづらかったのかな。

まぁそれにしてもこのキャスティング、すごいです。ハマってました。
みんな眉毛濃い・・・
時々阿部ちゃんがまさやんに見えてしまった・・・(阿部ちゃんゴメンね・笑)

お風呂同様、疲れたときにリフレッシュできる映画かもしれません。


『テルマエ・ロマエ』のマンガを読む前は、古代ローマにあんなお風呂屋さんがあったなんて知りませんでした。お風呂屋さんって日本独自の文化だと思ってた。やっぱりお風呂で疲れを取って、癒されたいのは世界共通なんでしょうか。
昔のお風呂やトイレはこんな感じだったんだ~と勉強になります。あの時代からすれば、古代ローマはお風呂に関してかなり進歩していたのかもしれないなぁ。
今や多種多様のお風呂があって、機能もいろんなものがあって、お風呂文化もものすごく発達していますが・・・私が小さいころは薪でお風呂を沸かしていた覚えがあります。
それから、静岡の母のお友だちのおうちに遊びに行ったとき、五右衛門風呂というのに入ったことがあって、すごく印象に残っています。木のふたの上に乗って湯船に沈むんです。お風呂の底が鉄だから、そうしないと足の裏をやけどしちゃうの。
アタシってば何時代の人間だ?ってカンジですけど(笑)

私もお風呂は大好き。
我が家のお風呂で今お気に入りは、ジョンマスターオーガニックのシャンプーとコンディショナー(↓左2本)。これはユ・ミョンがいいと言っていたのでマネしてみました。ノンシリコンなので洗うときはキシキシするけど、コンディショナーを使えばサラサラ。
同じくジョンマスターのボディソープ(↓右)。これはホワイトデーに美容院のたくじぃさんからいただきました。疲れたとき、バニラの甘い香りに癒されます。

P6030011b

入浴剤は大好きでいろいろ使っていますが、今はアユーラのウェルバランスナイトリートバス(↓左)というのと、メディテーションバス(↓右)というのがお気に入り。

P6030009b


お風呂って、汗を流して身体をキレイにするだけじゃなくて、本を読んだり歌を歌ったり考え事したりと、のんびりできて自分に戻れる大事な場所ですね。

私も今日はアロマキャンドルかなんかをゆらめかせて音楽でも聴きながら、ゆっくりお風呂に入りたいなぁ・・・
・・・・・・ってガラじゃないよね・・・。







|

« 花のOL時代 | トップページ | ドラマ!(2012.4~6) »

コメント

五右衛門風呂かぁ・・・

私の祖母の家(岡山の田舎)は、100年前ぐらいに建てた民家だったの。だから、最近まで五右衛門風呂。しかも、薪で炊いてたの。

小学生の時、夏休みはここで過ごしていたんだけど、朝は早くに起きて乳搾り。畑で野菜を取って洗って食べる。昼は川で遊んだり魚を捕ったり。で、夕方は薪でお風呂を沸かす。
その灰は畑の肥料。

今考えると、すごい貴重な田舎体験だったかも。

たけちゃん、おしゃれなバスタイムだね~
私はお風呂に長くいるとのぼせます。
入浴剤はバスクリンです・・・(^_^;)

投稿: さっちゃん | 2012年6月 4日 (月) 14:23

テルマエは原作で満足してしまって映画見てません・・
テレビではやくやらないかな(^_^;)
確かに、あれは難しいこと考えず笑うためにあるような作品って気がしますよねーー

阿部ちゃん、CMで見まくってると本当にルシウスっぽくなってきますよねーー、日本人なのに。

私も子どものころ五右衛門風呂みたいな風呂でした。
底は、プラスティックの丸いのいれてて
一度いれると浮いては来なかったなぁ・・・・
あれあったまるんですよね。

お風呂やさんに行くのも好きでしたーーーー。

投稿: ツバッキー | 2012年6月 5日 (火) 10:34

>さっちゃん

えっ!五右衛門風呂が最近まであったの?
そうなんだ~!ワタシもう一回入ってみたい♪
築100年の民家なんてステキだね!
その田舎体験、貴重だと思う。そういう生活って、人間の原点って気がする。

我が家のお風呂、別にオシャレじゃないのよ!
モエが中学生になったらやたらシャンプーとか入浴剤とかボディソープとかに凝るようになってさ~。
変なにおいのボディソープ買って来たり。某せっけん屋さんの入浴剤を買って来たときなんか、入れたらひどい目に遭ったのよ(小さなハート型の紙みたいなのがいっぱい出てきて、掃除がえらい大変だった)。
だからそれ以来入浴グッズは私が選んでいるの。

入浴しながら野球観れたらいいんだけどな~~~!

投稿: タケちゃん→さっちゃん | 2012年6月 5日 (火) 14:48

>ツバッキーさん

原作おもしろいですよね!ツバッキーさんとはけっこう読んでるマンガが同じ気がする(笑)早く次のが出ないかな~。
映画も笑えました。
阿部ちゃんも北村サンも市村サンもみんなそれっぽかったです!

え!ツバッキーさんも五右衛門風呂入ったことあるの!?
意外にも五右衛門風呂体験者多いな!ワタシだけかと思ってた。
あれって底は鉄じゃないの?プラスティック溶けないの?あーますますもう一回入りたい!

お風呂屋さん、私も好きでした。あの「カコーン」っていう桶の音とか、お風呂上りのジュースやアイスとか(映画ではルシウスがフルーツ牛乳に感動してました)。
実家の近くにあったお風呂屋さんは車の販売店になっちゃったなぁ・・・(寂)

投稿: タケちゃん→ツバッキーさん | 2012年6月 5日 (火) 15:01

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/54868922

この記事へのトラックバック一覧です: 『テルマエ・ロマエ』:

« 花のOL時代 | トップページ | ドラマ!(2012.4~6) »