« LIONS THANKS FESTA 2012 | トップページ | 私の青春ソング。 »

2012年11月25日 (日)

『綱引いちゃった!』

映画『綱引いちゃった!』を観て来ました。

大分が舞台なんだから大分出身のてっちゃん見なくちゃダメでしょ!ということで、内容をよく知らずに観に行きました。

そしたら、もう~号泣しちゃった。

てっちゃんが実家に帰るとしゃべっている大分の方言や話し方だ~!





↓ ネタバレ

大分市役所広報課で働く西川千晶(井上真央)は、全国的に認知度の低い大分市PRのため市長命令で女子綱引きチームを結成することに。彼女は、母親の勤め先で廃止寸前の給食センターの職員をチームに招き、全国大会出場まで勝ち進むことができれば廃止を撤回するよう市長に提案する。どうにかチームを結成するが、千晶自身もキャプテンとしてチーム入りするはめになり・・・。
                             (「シネマトゥデイ」より)



「綱引き」っていうスポーツを取り上げてるのがまず笑えるんですが、この設定が深いのです。綱引きってかつてはオリンピック競技だったそうですよ。
設定も配役も大分という舞台も地味で、お話としてもベタな感じなので、何も映画館で観ることもないのかもしれません。

でもね~沁みました。なんでこの映画でこんなに泣く!?っていうぐらい泣いてしまいました。
これ、たぶん私のこの年齢だからなんだろうな。

地味な配役と言いましたが、これがとてもよかったんです。
井上真央ちゃんは、市役所で働くマジメで一生懸命な女の子・千晶の役を好演していました。
それから綱引きのコーチの熊田(玉山鉄二)。キャラがかわいい!玉鉄って、クールな役とかちょっと陰があって暗い役のほうが多かった気がするけど、この役は純粋で、ちょっとおバカで、どこかボケてる、愛すべき人。こんな役もいいですね(イケメンですから)!
綱引きのメンバーとなる給食センターの職員の女性たちがまた個性があって楽しい。
千晶のお母さんの容子(松坂慶子)は、千晶が小さいころに夫を亡くして、ずっと女手ひとつで千晶を育てている人。松坂さん、美しいのにこんなに太っちゃって・・・と思っていたけど、明るく強いお母さん役にはこのくらい太目がピッタリ!
容子の親友の和枝(浅茅陽子)もサバサバした屈託のない人。「デート」なんて言って綱引き練習をサボりがちだけど実は夫がケガでリストラされたためにいくつも仕事を掛け持ちしていて・・・。ほかにも、ケラケラしてて食べてばっかりいるけど、実は認知症のお父さんの面倒をひとりでみていたり、競輪にハマっているけど実は亡くなった夫の連れ子を育てていたり・・・。

私的には、まず容子と和枝の友情にグッときた。
和枝は仕事をいくつも掛け持ちしなくちゃいけない事態になっても、それを表には出さずに「デート」なんて言って明るく振舞っていた。でも過労で倒れてしまい・・・。そのとき容子が後悔するシーン。「なんで和枝のSOSに気づいてあげられんかったんやろ・・・」。「でも何も聞いてなかったんでしょ?」という千晶に、「相手が何も言わんでも気づいて助けてあげるんが親友ってもんちゃ・・・」と言いながら泣くところ。
「私たちはひとりじゃない」
この映画のテーマが表れていたシーンだったと思います。

それともうひとつめっちゃ泣けたのが、絵美(西田尚美)と、息子のケンタ(齋藤隆成)の関係。夫の連れ子で血がつながっていないケンタを女手ひとつで育てているけど、ケンタは反抗期。・・・と思いきや、お母さんを自由にしてあげようと、高校に行かずに働いてお金をためようとしている・・・そのことがわかったときのふたりの演技もよかった。また綱引き大会で、ケンタがたまらず「お母さん、がんばれ!」と叫んだ場面も、よくある話ではあるけど泣けちゃいました。
ケンタ役はあの「流星の絆」でニノの小さいときの役や、「たったひとつの恋」で亀ちゃんの弟のレン君の役を演じた齋藤隆成クン。高校1年になったんだ~大きくなったね~!彼は小さいころ「光とともに・・・」っていう自閉症児のドラマで本当に上手に自閉症児を演じていました。これからも活躍してほしいわ。


この映画を観て大分のお義母さんを思い出しました。そりゃお姑さんだからね、もしいっしょに住んだらいろいろあるのだろうけど、でも私はお義母さんが大好きなんです。千晶のお母さんを見ていてなんとなくお義母さんに似てるなって思いました。
九州ってやっぱり基本男尊女卑。男の人はデンと座ってて女は働き者、のイメージ。若い人たちはそうでもないと思うけど、ある程度の年齢以上だとやはりこの傾向はあると思います。でも実は女のほうが男の人を手のひらの上で転がしてる感じがするのです。女のほうが強いんじゃないかなぁ。

若いときにはわからないけれど、トシを取ると、人生、いろんなことがある。表には出さなくても、みんなそれぞれいろんなものを抱えて生きている。
でもこの映画を観ると、ひとりじゃないんだ、人生は「団体戦」なんだ、って思える。「綱引きは、単に力が強いほうが勝つんじゃない。8人の心がひとつになったとき、その力は9人分にも10人分にもなる」という熊田のセリフが印象的です。
水田伸生監督の、「ある小さな地域の話でありながら、広い普遍性を持つ作品にしたかった」という思いがまさに表現されている、地味だけど笑って泣ける、いい映画でした。


・・というワケで・・・
本編始まる前に「ストロベリーナイト」の予告編流れなかったけど、いい映画だったので許します・・・。






|

« LIONS THANKS FESTA 2012 | トップページ | 私の青春ソング。 »

コメント

早いねぇ。

こういう映画って、割と「見たら予想外に泣いちゃった!」なんだよね~わかるわかる。

私、フラガールを観る前にちょっとなめてたけど、結構感動した記憶があるなぁ。

あったかい人情ものって、年々涙なしでは見られなくなってるのよねぇ 

ドラえもんでも泣くし 笑

ドライでスマートな人が増えてるだけに、逆にこういうじゃれつくようなコテコテした人間関係って魅力だわぁ。

私はお節介おばさんとか大好き。

投稿: さっちゃん | 2012年11月26日 (月) 17:40

>さっちゃん

どういう映画だか知らないで、ただ大分のお話だから行ったんだけど、すごく泣けたよ~
こういう地味なのが泣けるんだよね、オバサンは。
そうそう、ドラえもんで泣くよ!

大分はね、近所づきあいとかやっぱりこっちとは違うよ。
家族とか地域とかの絆が強い。
やっぱり今から住むのはきついだろうなぁ、とは思うけど・・・
でもなんか時々、あぁいいなぁ、こういうの・・・って思う。

投稿: タケちゃん→さっちゃん | 2012年11月26日 (月) 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106274/56187954

この記事へのトラックバック一覧です: 『綱引いちゃった!』:

» 綱引いちゃった! : この綱に思いを込めて!! [こんな映画観たよ!-あらすじと感想-]
 さあ、三連休がやってまいりました。連休の効果でしょうか、今週公開の映画は良作が揃っているようです。ちなみに、私は全て仕事ですが…。では、そんな中、本日観てきたこちら [続きを読む]

受信: 2012年12月 3日 (月) 16:16

« LIONS THANKS FESTA 2012 | トップページ | 私の青春ソング。 »